FC2ブログ

ETCケースとラウンドファスナー小銭入れの修理

 昨年のカニ・ツーのときにヨシさんから頼まれていたETCケース。もともとどこかの既製品を使っていたそうですが、さすがにバイク用は雨ざらしで付けっぱなしとなるため、劣化が激しいようです。

20190224KC3Z2835.jpg
▲カチカチでひび割れています。

20190224KC3Z2837.jpg
▲中パーツも欠損有りのボロボロです。

 基本的に同じで良いということなので、分解して採寸します。家にある余り革でパーツを切り出していきますが、蓋だけはちょっと良いところを使いました。

20190224KC3Z2842.jpg
▲欠損部分も再現します。蓋はETCのケーブルを簡単に通すため、片側を革ひも留めとしました。

20190224KC3Z2841.jpg
▲コンチョ類は再使用しました。

 この前の河津でのキャンプの時に、無事納品できました。

 もうひとつは、こちらも昨年からの預かりものです。以前私のところでプレゼント用にとオーダーを受けたラウンドファスナーの小銭入れです。かなり使い込まれていて、中パーツは破れや穴が開いています。なんとか修理できないかとのことでした。

20190224KC3Z2861.jpg
▲気に入っていただいているようで、外側は再利用を希望されていました。

20190224KC3Z2860.jpg
▲伸びや曲りが生じているので、分解したパーツから採寸して、形から縫い穴の位置までそっくり写します。

20190224KC3Z2862.jpg
▲ファスナーも新品にして仕立て直します。

20190224KC3Z2863.jpg
▲中パーツは、ほんの少し皮を厚くしました。

 新規で作る方が易しいのですが、オーナーの拘りもあると思いますので、出来る限りご希望に添えるように頑張りたいと思っています。
スポンサーサイト

2019年 第1回シーマ・キャンプ

2019.1.19~20
 いつもなら、この時期は静岡の先輩、シマさん主催の伊豆は河津でのキャンプのはずなのだが、残念ながら昨年でファイナルを迎えてしまった。昨年のカニ・ツーの時に、そのシマさんから「来年も河津でキャンプするよ~」とお知らせが。それじゃ場所を変えて続行するんですか? とオレ。「いーや。同じ時期に同じ場所でやるよ~」とシマ先輩。となんだか分からないが、とにかく河津でのキャンプが続くということなのだ!

 二つ返事で参加を決め、8時半にひとり柏を出発。首都高~東名とひた走る。土曜のこの時間は全く混雑することなくスムーズに沼津ICに到着。そのまま伊豆縦貫~伊豆中央~修善寺道路で市街地の渋滞を抜け、R414を南下する。毎年のろのろの天城峠も、今年はクルマが少なく、割とスムーズだ。キャンプ場の前の交差点を会場とは逆の右に曲がってR414は一気に狭小路のワインディングへと姿を変える。最近はのんびりと走ることが多かったのだが、久しぶりにグリグリと走り回り、峠を楽しむ♪ 道が広くなったところでクルマの列に追いついちまったが、もうすぐ下田の道の駅だ。

20190119KC3Z2845.jpg
▲1年ぶりの下田港

20190119KC3Z2844.jpg
▲今年も金目フライとカマンベールチーズの下田バーガーを食らう♪ すげー旨い♪

 ボリューム満点な昼食の後は、昨年同様R135で海岸線を東に向かってバイクを走らせる。相模灘の雄大な景色をしばし楽しみ、K14で内陸に戻る。一旦、キャンプ場への交差点を通り過ぎ、近くの日帰り湯へ。そこにはHJ氏はじめ、ヨシさん、ハマちゃん、K村氏の姿が。みんなで西伊豆を走って行くというのは聞いていたけど、ほぼ同じ時間に到着したようだ。

 温泉を上がったあとは、4人は給油してから会場入りするとのことで、一足先にひとりで会場入りする。既にシマさんは食事の支度をしていた。そしてシマさんのお客さんがひとり、外で火に薪をくべている。HJ氏達が何度か会場の前を通り過ぎ、軽く迷子になっているバイクの音を聞きながら、お先に失礼と缶ビールをプシュッと開ける♪

20190119KC3Z2847.jpg

 HJ氏達一行に続いてT樫さん、P氏、K太郎が到着。いつものメンバーであるイケちゃんもやって来た。さらにシマさんのお客さんがもうひとり、そしてすっかりバイクを乗らなくなったM女史がクルマで到着し、すべてのメンツが揃ったようだ。まず、シマさんから昨年までのキャンプと何が変わったのか説明があった。シマ先輩、富士見市でシーマ・ワールドというバイクショップをやっている。んで、今までのメンバーに加え、そこのお客さんも交えて楽しみたいということで、「シマ・キャン」改め「シーマ・キャンプ」に変わったということでした。う~ん、よくわかんないけど、シマさんが変わったというなら変わったということなのでしょう。もともとバイクを通じて新たなひとと話したり飲んだりするのが好きなオレとしては大歓迎だ。

 それにしても今年の冬は暖かい。天城峠には全く雪が見られず、指先が痛くなるような寒さもここ数年経験がない。今年は随分遅くまでみんなで外で火を囲んで飲み交わす♪ 

20190119KC3Z2846.jpg

 いい加減遅くなってくると寒くなってくる。会場をティピの中に移し、焚火の暖かさを享受する。今回は持参の薪を使っているせいか、煙に燻されることなく、とても居心地が良い♪ シマさんとイケちゃんによる料理に舌鼓を打ち、用意してもらった大量の酒を消費していく。それにしても自分を含めて酒を飲んで寝る時間が早くなったのは、久々にバイクに乗ったせいなのか? 歳のせいなのか・・・と気分が良いところで自分の寝床へと着き、冬用の分厚いシェラフに潜り込み就寝~♪

20190120KC3Z2849.jpg

 翌朝はすっきりとした目覚め! 既にシマさんは朝食の支度をしてくれている。なんてタフな先輩なのだろう。毎年恒例のコンビーフとチーズのたっぷり入ったホット・サンドを頬ばる♪ さて帰路は、今回は帰宅後にちょっと用事があったため、沼津ICから高速で直帰することにし、久しぶりに全員で沼津ICへとツーリングする。途中伊豆縦貫では雨が降ってきたうえ、かなりの渋滞が発生していて焦ったが、P氏を先頭に新東名へ抜け、足柄SAで解散となった。

20190120KC3Z2850.jpg

 シマさん、今年も例年通り河津でのキャンプに参加できて楽しかったです。今年も色々とお世話になりますんで、よろしくお願いします。ところで、会場入りの際、迷子になったHJ氏一行のK村氏、Uターンの時にバイクをこかしてしまったそうで、むき出しのクラッチのボルトがつぶれてしまった。幸いクラッチの動作に支障はなかったが、クラッチシェルを交換するというので、帰りに我が家によって工具を貸りていくことになった。工具をバックにしまいまがら「実はリアブレーキが利かないんですよ」・・・それはいけないでしょ! そんな状態で送り出すことはできないんで、早速リンケージをチェックして、ボルトの緩みを発見。ちょっと造りに?な部分があったけど、取りあえずブレーキは復活。K村氏も無事帰宅したとのことでした。めでたしめでたし。

2019 新春ツーリング

2019.1.2
 毎年恒例の新春ツーリング。今年も晴天に恵まれツーリング決行です♪ 目的地は、これも毎年同じく飯岡バイパス沿いのラーメン屋「地雷や」。
 朝8時半の柏の集合場所に集まった今年のメンバーをご紹介。

20190102KC3Z2814.jpg
▲毎年参加の不良のカリスマJ氏のバットボーイ

20190102KC3Z2809.jpg
▲J氏繋がりのナオキさんのエボ・ソフテイル

20190102KC3Z2807.jpg
▲同じくJ氏繋がりの飛ばし屋N村氏のFXR

20190102KC3Z2813.jpg
▲地元の先輩HJ氏のショベル・リジット

20190102KC3Z2812.jpg
▲新調した風防が何ともレトロな地元の後輩Y1氏のツインカム

20190102KC3Z2811.jpg
▲昨年、誰よりも行動を共にしたヨシさんのツインカム・ダイナ

20190102KC3Z2810.jpg
▲これまた昨年は一緒にツーリングをする機会の多かった職場の先輩Iさんの48

20190102KC3Z2816.jpg
▲地元のバーのマスターのショベル・リジット。途中までのお見送りです。

20190102KC3Z2815.jpg
▲同じくバーの常連イタルさんも途中までのお見送りで顔を出してくれました。

20190102KC3Z2808.jpg
▲そして、今年も先導を務める私、ユタカのショベル・リジット

 このメンバーで柏を出発。利根川の土手沿いを快走していきます。途中から成田方面に向かうため、軽くワインディングを抜けていきます。途中のコンビニには既に途中合流のメンバーがお待ちかね。

20190102KC3Z2820.jpg
▲今年も健在。伝説の男N氏のアーリーショベル

20190102KC3Z2819.jpg
▲およそ1年ぶりの再会、T1氏のローキン

20190102KC3Z2821.jpg
▲すっかりお馴染みのS藤さんのスポーツスター

20190102KC3Z2822.jpg
▲エンジン始動に手こずったタガイ君もここで合流。

 全員揃ったところで、再び裏道満載のローカル・ランを始めます♪ 比較的クルマも少なく終始快走♪ あまりの快走に途中、後ろ半分とはぐれてしまったりと、色々ありながらも「地雷や」入店前には全員揃い、無事入店となりました。

20190102KC3Z2826.jpg

 昨年同様、帰路の途中で滑川観音に立ち寄って初詣。今年1年の皆の無事を祈って、走り初めも無事終了となりました。

2018年を振り返る

 しばらく休止状態だったローカルズ通信です。2018年中のアップし損ねた内容をここでざっと拾い上げてみようと思います。

 まずは真夏のころ。8月22日から23日の平日2日間に渡って行われた地元の後輩タガイ君主催の奥久慈でのキャンプツーリング。初日は残念ながら仕事終わりからの参加だったオレが到着したころには半数のメンツが既に酔いつぶれていました。翌日は素晴らしいツーリング日和で、普段なかなか一緒に走れない地元の自営業のバイク仲間との楽しい時間を過ごすことができました♪

20180821KC3Z2730.jpg

20180821KC3Z2731.jpg

 お次は絶好の行楽シーズン、10月28日に職場のI先輩と元クルマ仲間の太氏と行った銚子漁港ツーリング。お目当ては白身のトロこと油ぼうず。見た目はクエみたいな深海の地魚だ。照り焼きでいただきました。バイクの写真が無いのはご愛敬。

20181028KC3Z2768.jpg

 続いては11月10日から11日に渡って行ったカニ・ツーリング。新潟のチョップ君、静岡の先輩シマさんはじめ、ヨシさん、K村氏と5人での宿泊ツーリングでした。2日間に渡り絶好のツーリング日和で、ツーリング、食事共に最高の時間を過ごすことが出来ました♪

20181110KC3Z2773.jpg

20181110KC3Z2774.jpg
▲八幡岬から勝浦灯台を望む

20181110KC3Z2776.jpg
▲道の駅「ちくら・潮騒王国」

20181110KC3Z2777.jpg
▲ホテルの部屋から見る野島崎灯台

20181110KC3Z2779.jpg
▲カニ、刺身、ステーキなどなど食べ放題のバイキングでお腹一杯♪

20181111KC3Z2783.jpg
▲内房富津岬が最後の休憩ポイント

 取りこぼしネタ最後は11月25日に行った房総半島の山中にあるピザを食べに行くツーリング。出発時にちょっとしたハプニングがあった。メンバーは職場のI先輩と地元の先輩HJ氏。このふたりは今回が初対面だった。当日の朝、仲介役のオレのバイクがまさかのトラブル。ふたりをそれぞれ紹介し、送り出したものの大丈夫だろうか・・・と、バイクを直し、高速で追いかけ(二人は下道を走って行った)、市原SAにてなんとか合流し、3人で美味しくピザを食べたという。めでたし、めでたし。

20181125KC3Z2800.jpg

20181125KC3Z2797.jpg

 そして、バイクネタではありませんが、年末にレザークラフトもしていました。本当に久しぶりでしたが、ラティーゴというカービングが出来る柔らかい革を使い、大振りのフラワーをあしらったウォレットを訳あって突貫で作成し、大みそかに納品となりました。

20190103KC3Z2830.jpg
20190103KC3Z2831.jpg

20190103KC3Z2832.jpg

20190103KC3Z2834.jpg

 以上、駆け足で2018年の取りこぼし記事をまとめての回想でした。また今年も新春ツーリングを行いました。参加出来ない仲間もいましたが、12名参加の2人見送りという大勢が集まりました。この話はまた次回に。









大阪バイブズへ行ってきた~2

20181007KC3Z2747.jpg

 前日は早々に寝てしまったせいか、2日目の目覚めは早かった。崩壊したタープの跡地からペグの回収などをして、湯を沸かしコーヒーを飲む。買っておいたパンで適当な朝飯を取ると、ヨシさん、K村氏も起きてくる。今日は風もないようだ。早速タープを立て直す。気持ちはホームレスからキャンパーに変わり? キャンプを楽しむ体制もバッチリだぜ。

 ヨシさん達のクラブは、みんなで会場の外に出かける予定だそう。ところで、昨日の入場の際、そのヨシさんのバイクのチェンジペダルが何故かぷらぷらになってしまったとのこと。早速、ヨシさんのバイクのペダルを外してみると、スプラインの溝がすり減っている。普通に乗っていてこんなことがあるのか~と驚くも、出店エリアから中古パーツを探し出し交換してやるとバッチリ直る。安心して出かけるヨシさん達にロックアイスのお土産を頼み、1日中会場で過ごすオレとK村氏は乾きものをつまみにお酒を飲んでダラダラとする。

 今日は飲食の出店エリアを回ってみよう! とK村氏と共に探検に出かける。

20181007KC3Z2749.jpg
▲飲食のエリア。こんな通りがもう一つある。

 大阪と来れば「粉もん」やろ! とお好み焼きとたこ焼きを探すが何故かお好み焼きの店がない。それでも広島焼は売っていて、広島焼とたこ焼きをゲット! さらに焼きカキを発見。こんなところでカキが食えるとは♪ とかなりの大粒を二つ購入してタープに戻る。

20181007KC3Z2748.jpg
▲出店で飲食を賄うのも大型ミーティングの楽しみ♪ どれも旨いっす~♪

 青空のもと、ステージから流れるライブのリハの音や告知、会場を盛り上げる関西弁の女性司会者のおしゃべり(ほぼ下ネタで関西パワーを知らされる)を聴きながら、粉もんとカキを肴にビールを摂取。ヨシさんのコットに横になりうたた寝したりと怠惰な時間を過ごす♪ あ~ぁダメ人間になったみたいで楽しい~♪

 15時ごろになるとヨシさんが戻ってくる。早速ヨシさんを誘って再び「おやつ」と称して飲食エリアに向かう。

20181007KC3Z2750.jpg
▲再びたこ焼き、広島焼、焼きガキを購入♪ 今度はいっぱい購入♪

 美味しい食事に舌鼓を打ち、今日もライブ観戦に向かう。

20181007KC3Z2751.jpg
▲数組のバンドが出演する中、抜群に上手かった彼女は六本木?で活躍中(だったかな)

20181007KC3Z2756.jpg

20181007KC3Z2758.jpg
▲その後も続く怒涛のライブ!

 ライブを満喫した後は、テントサイトに戻り飲み直すことに。そして隣のヨシさんの所属するクラブ・タープにお邪魔する。久々に会ったTさんとも夜遅くまで大いに話が盛り上がり、気持ちよく寝床に着く♪

 さて、翌朝。普通ならこの日のうちに千葉まで帰らなくてはならないのだが、オレとK村氏は普通ではないので、このまま真っすぐ帰るか、回り道をするかを朝食を取りながらミーティングする。そこに「私は帰りますけど、寄り道するならご一緒しますよ」という新たな意見をもってヨシさんが加わる。

 できれば紀伊半島を回ってみたいが、それは時間的に無理。間を取って和歌山街道を走って伊勢からフェリーで渥美半島へ渡ることにして、早々に会場を後にする。ちょこちょと迷子になりながらも阪神高速に乗り、近畿自動車道~阪和自動車道~南阪奈道路とスイッチしながら和歌山街道ことR166を快走する。休憩を予定していた道の駅「茶倉駅」手前は通行止めになっていたが、なんてことはなく、進むことが出来た。

20181008KC3Z2759.jpg
▲茶倉駅からの景色 ここで昼食を取る。

 ここから伊勢自動車道で一気に伊勢市街に出るが、ここでまた道を見失う。鳥羽に向かうK37が見つからないのだ。ヨシさんのフォローで伊勢志摩スカイラインを走ることにする。かなり急なワインディングでクルマはとても遅いが、かえって安全にはプラスかもしれない。

20181008KC3Z2761.jpg
▲途中のパーキングで景色を見る。

20181008KC3Z2762.jpg
▲さらに山頂の展望台から伊勢湾を望む

 急な下りのワインディングを下りきるとフェリー乗り場がある鳥羽の港だ。残念ながら次のフェリーまで約2時間近く待つことになった。

20181008KC3Z2763.jpg
▲そしていよいよ乗船だぜ

 約1時間の船旅だが、オレはキャビンの中でうたた寝中♪ 丁度良い休憩だ。そして今にも陽が落ちる寸前といった夜の帳が下りる間際に伊良湖に到着する。ここから浜名湖のR1バイパスまで、ほとんど明かりのないローカルなR42を延々と走ることになる。前には微妙な速度のクルマ、周りはほとんど暗闇、時間も距離感も全く分からない。何の変化もなく、ただただ冷えていく空気に体が冷たくなっていき、とてつもなく長い時間走っているような気がしてくる。

 そしてようやくR1バイパスに入る。さっきまでと打って変わり流れの良い、照明のある道に気分が紛れる。目指すは浜松ICだが、なかなか着かない。大きなセルフのGSを見つけてガソリンを入れる。この時点で、オレは半分、この日のうちに帰路に着くことを考えていた。浜松ICから東名に乗り、健康センターがある清水IC手前の日本平PAに入る。現在およそ20時といったところ。腹も空いてきたんで、軽く食事をする。もうすっかり疲れてしまったオレは、何の迷いもなく清水にて一泊することにした。K村氏はオレと共に泊り、ヨシさんは予定通りこのまま帰路に着くという。なんてタフな人なのだろう。

 ヨシさんと別れ、21時ごろ健康センターに到着。風呂に入って疲れと埃を落とし、軽い食事をつまみに乾杯する。そして日付が変わる前にヨシさんから無事帰宅とのメールが入る。ツインカムに乗るヨシさん、いつもはオレたちに合わせてゆっくり走っているけど、ひとりの時は凄く早いのかも、なんてK村氏と盛り上がる。

 次の日は9時には出発したい。バイキング形式の朝食をしっかり取り、出発する。

20181009KC3Z2764.jpg
▲バイキング形式の朝食。清水だけに和食にしてみる。なかなか美味しかったぁ♪

20181009KC3Z2765.jpg
▲帰りは新東名を使う。往路同様、連休明けの平日の昼間にバイクはほとんどいない。

 ほぼ全線高速を使って帰るも、昼を大きく過ぎての帰宅となった。本当にヨシさんはとんでもなく速いのだろうか・・・。結局のところ4泊5日の大阪バイブズとなってしまった。新幹線なら片道2時間ちょっとのところを2日掛けて移動するなんて・・・まぁそれがオレのペースということか。そんなペースにお付き合いいただいたK村氏、会場や帰路をともにしてくれたヨシさん、とても楽しく、よい旅が出来ました。次はカニ・ツーですんで、よろしくお願いします♪
プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR