ふらっとツーリング~関宿城~

2017.10.1
 朝から天気が良い♪ しかしながら出かける予定もなかったんで、ゆっくりと起床。ぼへーとしていたが、あまりの気候の良さに「今日、乗らずしていつ乗るのか!」とバイクで出かけることにした。こんな時はそう、関宿城だ。

 思いっきりずれていたキャブレターのミクスチャーを調整したせいか、エンジン始動も軽やかに出発。ローカルな県道を走って関宿を目指す。止まっていれば、暖かな日差し。そして走っていれば少し冷たい風。道沿いのカキの木はたわわに実っていて、まさにザッ秋!といった感じだ。

20171001KC3Z2495.jpg
▲土手の上に建つ関宿城。風もなく穏やか♪

 温かいコーヒー休憩のあとは、境大橋を渡って茨城県側へ。再び県道を走るが、千葉県側ほど風情を感じる景色ではないのが残念。広いゆったりとした道から狭小路に入る。適当にクルマをパスして軽快に走り、向かった先はお久しぶりのビッグスマイル。

20171001KC3Z2498.jpg
▲昼を過ぎていたせいか、丁度空いていた。ラッキー♪

 本当に久しぶりだが、愛想よく対応してくれるオーナー夫妻。いつも美味しいハンバーガー、ありがとうございます。

20171001KC3Z2497.jpg
▲最近お気に入りのWバーガーWチーズをいただく。

 食後は布施の農道を走って帰宅。おだやかな日曜日のふらっとツーリングでした。
スポンサーサイト

久しぶりの房総ツーリング♪

2107.9.24
 現在、仕事が大変なことになっているが、そんな気分を綺麗に切り替えるには、やっぱりツーリングでしょ! 職場の先輩I氏がレブル250の新車を購入してライダー復活!とのことで、ツーリングにお誘いした。

20170924KC3Z2493.jpg

 朝7時半に柏のコンビニに集合。R16を千葉に向かう。さすがにこの時間の流れは良い。そして穴川から館山道で君津ICを目指す。途中、バイク仲間でナックルに乗るマッコイさんと遭遇。いや~偶然ですねぇなんて会話を交わす。

 最初、250ccということで、様子を見ながら先導していたのだが、これが全く問題ない。というより、うちのバイクが国産と比べて排気量分の仕事をしてくれないのだろう。君津ICでおり、房総ツーリングではかなりの確率で走る聖なる道を南下♪ ほとんど貸し切りの快走路を堪能~♪ ロンTに夏ジャケというスタイルだったが、走っているときは少し涼しいくらいで丁度良い♪

 途中、鴨川に抜ける県道に舵を切り、再び快走路を堪能~♪ R128を少し東に走ると、ご存じ「なかむら」に到着。

20170924KC3Z2492.jpg

 オレが最初に房総ツーリングに誘うときは、必ずと言ってよいくらい案内するお薦めの店なのだ。軽快に走ってきたせいか、開店時間前に着いてしまった。もちろん今回も一番乗りだぜ。

20170924KC3Z2490.jpg
▲今回も海鮮丼、いただきました!

 帰りは、R128を少し戻って、奥さん思いのI氏が、お土産を購入♪ そして天津小湊から大多喜へ抜ける県道を使って内陸に入って行く。この道も、オレの房総ツーリングの定番の道だ。信号もなく、交通量も少ない♪ だいぶI 氏の走るペースも分かってきたんで、たまに追いつく前を走る車をパスしながら快走~♪ 木更津東ICから高速に乗り、千葉北ICまでワープし、大渋滞のR16を走って柏に戻った。I先輩、楽しんでもらえましたか? また走りに行きましょう!

房総半島縦断とメンテ不足

2017.8.6
 今年の夏は暑い!蒸し蒸しと湿気が多いせいか体がだるくて、なかなかバイクで出かける気にならない。こんなことは今までなかったのだが、家にいてもだらだらゴロゴロして何もせずに1日終わってしまう。これではいかん!と前の週に館山にあるレストラン目指して走ろうと決めたのであった。

 朝7時半の出発予定が少々遅れたが、R16は概ね順調に流れ、蘇我辺りから館山道に乗った。ここまで激しい走り方をせず、安全に淡々と走って来た感じだ。なかなか気持ちよい♪ 市原Pでトライアンフに乗った方と少し会話し、君津ICで下車、いつもの聖なる道を目指す。

 珍しく、速そうなバイク数台のツーリンググループが走っているのを見かける。そしてあっという間に見えなくなる。やっぱ全然違うねぇ。こちらはマイペースで聖なる道に入る。さすがにここは貸し切り状態♪ 今日は目を三角にして走るようなことはなく、ほどほどのペースで気持ちよく快走♪ 市原Pからおよそ1時間半で道の駅「三芳村 鄙の里」に到着。

 もうちょっと早く着くかと思っていたのだが、ここで11時。休憩もそこそこにグリーンラインを走る。ここでもブルブルするハンドルを押さえつけるような走り方ではなく、大きなカーブを悠々と泳ぐように走り抜けていく♪ 視界に映る景色は、空の色も素晴らしいのだが、何しろ暑い! バイクで走っていても熱気がまとわりついている。

20170806KC3Z2458.jpg
▲とりあえず野島崎灯台をバックに1枚

 房総半島最南端から今度は県道で館山市街を目指す。あまり使わない道だが、信号もなくゆるゆると走り、目的地のレストランに到着~! このレストランはとある世界では大変有名な方がやっているお店なのだが、その話はまたの機会に。

 食事とおしゃべりのあと、14時前にレストランを後にしたのだが、エンジンがばらついて、エンストしてしまう。気を取り直して再始動し出発したのだが、前の車に映ったオレのバイクのヘッドライトが、アイドリングのバラツキと連動して激しく点いたり消えたりしているじゃないか! 前回の伝説の男とのキャンプの帰りにも同じ症状が出たのだが、てっきりパーコレーションだと思って、全くメンテしていなかった。これはまずい状況だ。

 それでも鋸南の道の駅でビワアイスを食べ、バッテリーをチェック。12.5Vある。取りあえず行けるところまで行こう!と来た道を戻ることにした。そして聖なる道を戻り、君津IC6kmほど手前のコンビニで再びバッテリーチェック。今度は11.5V・・・うーん。更に休憩後、エンジンが掛からなくなってしまう。レギュレターを調べたいが、エンジンが掛からないことには、チェックできない。

20170806KC3Z2462.jpg
▲のんきにアイスを食べてる場合じゃないが、やっぱビワアイスを食べるぜ。

 時刻16時。しばらく格闘してみるもかかる気配がないので、レッカーを手配する。が、黙って待っていられる性格じゃないんで、取りあえず予備のレギュレターに交換する。交換したところで、バッテリー点火のハーレーでは、エンジンが掛からなければ同じことなのだが・・・ダメもとでキック! すると掛かったぜ! 予備レギュレターは古い中古品なんで、エンジンを回していくと発電量がドロップしてしまうという不完全品だけど、ヘッドライトを切って、回転数を抑え気味にして走れば帰宅出来るはず!ということで、レッカーをキャンセルしたのだった。

 高速道路を80km程度で巡行し、途中のPではバッテリーは12.5V。よしよし、このままゆっくり行こう。19時、なんとか無事に帰宅。ふ~疲れたぜ。暑さのせいか、興味の主体がオーディオに移って?いるせいか・・・心が離れると機械がへそを曲げる典型的なパターンだ。ほったらかしで機嫌よく走ってくれる奴ではないので、今度しっかりメンテしてやろう。

秩父で豚みそ丼を食う!

2017.6.11
 オレがクルマ遊びに夢中だったおよそ20年ほど前に知り合った千葉のS番長。バイクを復活させたのを機に、同じく元クルマ仲間の太氏と共にツーリングすることになった。言いだしっぺは太氏。お肉大好きな太氏の選んだ目的地は群馬の永井食堂。言わずと知れたモツ煮の店だが、予定していた日曜日は定休日であることをバイク仲間から教えてもらう。太氏だめじゃん! ということで、次に候補に挙がったのが秩父の豚みそ丼! 秩父の豚みそ丼なら「野坂」だろう。裏道も大体わかるし、オレが引っ張るよと当日を迎える。

 が! 太氏、まさかの病欠。ということで朝7時にひとり柏を出発。日曜の朝ということで、外環は順調に流れ、1時間ほどで関越道三芳SAに到着する。既にS番長、M王くんとそのお友達2名が待っていた。目指せ花園ICということで国産バイクを従え関越道を北上してゆく。う~ん気合が入るぜ!

20170611KC3Z2412.jpg
▲一番奥がオレのバイク。その手前がS番長のZZR。そしてM王君とお友達のGSX。一番手前がS番長のお友達の後輩君のCBR。

 花園からは、秩父ミーティングに行くのと同じルートで、国道と並走する渋滞知らずの県道を走り、秩父の山並みを見ながら快走~♪ いや~秩父はまだ肌寒いぜ~。

20170611KC3Z2413.jpg
▲「野坂」には予定より30分早い9時半に到着。さすがに早かったな。

 普段は満車で入れない駐車場もガラガラ。一瞬定休日か? と思っちまったぜ。10時半から順番待ちのボードが出るんで、駐車場でしゃべって時間を潰す。バイクを降りると、夏日の日差しが暑い! みんなでしゃべってるとあっという間にボードが出る時間になり、11時の開店後、第2陣で店内に案内される。

20170611KC3Z2414.jpg
▲そして久々の豚みそ丼! 待望のバラとロースのハーフ!

 以前はなかったハーフ。バラは旨いが後半もたれる。ロースでは少々脂が足りない。そう思っていたのはオレだけではなかったということだな。外には沢山の順番待ちの人たちがいるんで、早々に店を出る。

 そして向かったのは道の駅「あしがくぼ」特に用事はなかったのだが、バイク乗りとしてはちょっと寄ってみたいのだ。

20170611KC3Z2416.jpg
▲この日はバイクは少な目。というより時間の問題か?

 ここからは、R299を東に進み、正丸トンネルの手前から山伏峠へ向かう。少々狭いタイトカーブの下り坂は、なかなかスリリング♪ 結構長い下りを走りきると、緩いコーナーが続く道になる。そんな楽しいツーリングルートも飯能市街が近づくと緩慢な流れになる。コンビニでの休憩ののち、狭山日高ICから高速に乗り、流れ解散となった。久々の秩父ツーリング、久々の野坂、普段とは違う仲間とのツーリングを満喫した1日だった。今度は太氏の調子の良いときに行きますか!

長野~富山の旅(2日目~3日目)

2017.5.2~3
 ホテルのカウンターでお薦めの居酒屋を聞いて、富山駅前の繁華街にくりだした。目的は、もちろん旨い富山湾の魚介を堪能するため、そして地元の人たちとのコミュニケーションを求めてだ。

 お薦めの店1件目は既に満席。暗くなるのを待って、少し時間が遅くなってしまったか。次の店は比較的大きく、カウンターへ案内された。左隣には若いカップル、右隣はオレより一世代上のご夫婦。まずは旬の魚介でも楽しみますか♪

20170502KC3Z2389.jpg
▲旬の白エビは、昼食も軍艦でいただいた一品。甘くてねっとり♪

20170502KC3Z2390.jpg
▲同じくホタルイカも刺身でいただく♪

 ビールを飲みながら、美味しい魚介に舌鼓を打っていると、右隣のご婦人から話しかけられる。それを切っ掛けにそのご夫婦との会話が始まる。既に退職されたご主人とビジネスホテルを利用してあちこちと旅行しているとのこと。やはり、この方が地元の人たちとの触れ合いが出来て楽しいそうだ。ということで、オレも隣のご夫婦も地元民ではなく、同じ千葉県民ということで、地元の人との触れ合いにはならなかった。しかも同じホテルだった!
 左隣のカップルも関東からの旅行者、その後独りでやってきたお兄ちゃんは埼玉県民と、なんだかんだで富山の居酒屋で関東の人間ばかりが集まってしまったようだ。まぁ楽しく飲めればそれで良い!ってことで、時間を忘れて語らってきたぜ。

 そして翌日。この日から世間はGW後半の休日が始まる。オレは富山ICから北陸自動車道、上越から上信越道を通り、藤岡から関越道で真っすぐ帰宅する予定でホテルを後にした。

 左手に日本海を見ながら新潟に向かって順調に進む。ところが、上信越道通行止めの表示が出てるじゃないか! JCTの手前にあるSAに入り情報収集。通行止め区間は上越高田~中郷の1区間。とりあえずJCTまで行ってみるが、上信越道への分岐にはクルマが溢れている。ここはパスしてそのまま先に進む。何故ならその先の上越ICから続いているR18が、上信越道と並行していることは調査済みだからだ。

 案の定、ガラガラのICを出て、同じくガラガラのR18を南下する。やっぱ正解だったなぁ~なんて思いながらしばらく進むと渋滞が始まりだす。というより突然始まる。見通しの良い一本道の視野の届く限り先までクルマが列を作って動いていない。幸い路肩は十分広いので、当然路肩を走る・・・走る・・・永遠と走り続ける。

 ざっと10km以上渋滞の路肩を走り続けると、通行開始区間の始まりである中郷IC入口まで来る。オレもここから乗るつもりだったのだが、ICへの入り口である右折車線がクルマでいっぱいで、全くらちがあかない様子だ。なのでここもパス。なぜならこの先の妙高高原ICまでR18が並走していることを知ってるから。

 しばらく走ると渋滞は解消♪ 予定通り妙高高原ICから上信越道に乗る。しかし、1日に出発して以来、インナーダウンにライダースとネックウォーマーという出で立ちのままだ。もう少し暖かくなると思っていたのだが、高速道路沿いの桜並木は満開だぜ。

20170503KC3Z2394.jpg
▲上信越道沿いに数キロに及ぶ桜並木はちょうど見ごろの満開♪

更埴JCT辺りまでくれば、もうインナーダウンとネックウォーマーは要らない。GWに気候の変わり目を感じるのも毎年のことだ。このまま一気に家を目指した。連泊独りツーリング、ノントラブルで無事終了~♪
プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR