TLMファイナルへ行くぜ!

2017.9.9~10
 言わずと知れた千葉のバイカーズ・ミーティング「Thousand Leaves Meeting」。毎年楽しみにしていたのだが、今回で最後。これは是が非でも行くしかないでしょ!と予定していたのだが、なんと初日の午前中にクソ仕事が入りやがる。まぁしょうがいないってんで、14時半にひとり柏を出発した。

 TLMへの道は毎年同じ。淡々とR16を走り、穴川から館山道を淡々と走り、君津で下り、市街で買い出し。市街地から会場であるマザー牧場へ上る道が唯一、ツーリングらしさが感じられるくらいだ。そう、本来は会場で過ごすことこそが楽しみなのだ。

20170909KC3Z2482.jpg

 なんとか17時前には会場入りし、テントの設営を済ます。既にタープが張られ、仲間内の参加者はほぼ揃っているようだ。遅ればせながら乾杯! 少し肌寒いくらいで、飲んで語るには丁度良い気候だ♪ F氏の冗舌なトークが冴えわたる!

20170909KC3Z2483.jpg

 そしてじゃんけん大会。いつもどうり全く勝てない。というかS先輩としゃべっていてほとんど参加できなかった。それからタープに戻り、そこからはもう、お尻に根っこが生えちまって、ひたすら食って飲んでを繰り返す♪ みんなバラバラに買い出ししてくるんで、ついつい食材が多くなる。もうお腹いっぱいだぜ~なんていっていると、仕事終わりのナオキさんが、バイクで登場!なんと北海道から取り寄せたラム肉を2kgも持って着てくれた!

20170909KC3Z2486.jpg

 伝説の男N氏とナオキさんの登場で、今日集まる予定のメンバーは全員集合。ワイワイと騒ぎ23時位から、ぽつぽつと人影が減って行く。オレも24時には就寝~♪ ふかふかの牧草地のテントサイト、気持ちよく夢の中へ~♪

 そして翌朝。外では早起き組がおしゃべりの真っ最中。そんな声を聞きながらも、だるくて起き上がれない49歳。なんか朝ってだるいんだよなぁ~と7時になって起床する。朝食はナオキさん持参のラムの焼肉でスタートだ! めちゃ旨いっす!などとゆっくりと長い朝食タイムで全く帰る気配が感じられないオレたち。

 気づけば会場内は閑散として、ほとんどの参加者は帰ったようだ。ぼちぼち撤収しますか!と重い腰を上げる。

 F氏達茂原組とはここで別れ、柏組で帰路に着いた。今回で最後となったTLM。来年は会場を変えて新規のミーティングとしてやるとかやらないとか。スタッフの皆さん、楽しいミーティングをありがとう! 次も期待してますよ!

21616154_1654113901279010_816620218360467388_n - コピー
▲バイク仲間でもあるスタッフI氏の撮ってくれた写真。自分の乗ってる写真ってないんで貴重です。ありがとうございました♪
スポンサーサイト

オレたちのオゾン・キャンプ 2017 後編

2017.9.2~3
 ぐっすりと眠って、次の日の朝。・・・テントを叩く雨音で目が覚める。なんとも残念だが、起床するときには上がってくれた。今回はスタートが遅かったせいか、2日目もなんだかスロースタートだ。朝食には昨夜出しそびれた厚切りベーコンとビーフステーキを焼いてみんなで食べる。なんとも勢いのある朝食だぜ。

20170903KC3Z2475.jpg
▲明け方は雨だったけど、すっきりと晴れた気持ちの良い朝!

 そして10時も過ぎたころ、ようやく出発することに。出発早々ちょっぷ君と別れ、関東組4人で走り出す。往路はほとんど高速道路を使ってきたんで、帰りはみんなでツーリングがてら、いつも往路で走るR401~R352を走ることにする。R352に入ると信号もなく、クルマもぐっと少なくなり、適度なコーナーが続く道を快走♪

20170903KC3Z2477.jpg
▲そして、丁度昼時ということで、いつも来るときに寄るそば処「曲り屋」で昼食を取ることにする。

20170903KC3Z2476.jpg
▲今年も「ばんでいセット」を注文♪

 R352を走っていて気付くのは、道の両側に小さな白い花が一面に広がっていること。昨年の「オレたちのオゾン・キャンプ」は9月初めに行い、そのときこの道を走って初めてこの白い花を見て、両側が蕎麦畑であることに気付いたのだ。

20170903KC3Z2479.jpg
▲近所では見られない一面に咲く小さな白い花をバックに一枚!

 R352からR121に入り、道の駅「たじま」で休憩する。この後は道なりにR400は千本松牧場手前まで進むのだが、まぁ流れが悪い!先頭はどんなヤツだよ!というくらいのダラダラ具合だ。今回はキャンプ道具を積んだバイク4台ということで、基本的に追い越しなどせずに、辛抱強くダラダラの流れに従った。

 んで、K30にスイッチしてようやく流れ出す。が、すぐにクルマが詰まってしまう。やっとのことで矢板ICから東北道に乗り、大きな渋滞もなく、そのまま帰路に着いたのであった。

 今年も心置きのないメンバーで、楽しく過ごすことができた「オレたちのオゾンキャンプ」。来年もこの時期に、この場所でまた会いましょう!

オレたちのオゾン・キャンプ 2017 前編

2017.9.2~3
 毎年恒例の「オレたちのオゾン・キャンプin奥只見」を開催した。新潟のちょっぷ君をはじめ、東京のヨシさん、K村氏、ご近所のHJ氏それぞれが好きな道を走って、現地集合するいつものスタイルだ。前日の天気予報では、夜のうちに雨は上がり、2日間晴れ! が! 土曜日の朝は雨音で目覚めた。

 結構な降りで、しばし様子見。そうこうしているうちに東京の二人が相次いで出発するとのメールがくる。その約1時間後、オレも意を決して出発する。いざ走り出してみると、途端に雨は上がり、青空が顔を出す♪

 予定より4時間も遅い出発となったため、今回は高速を使う。外環から関越に入り、ひたすら北上していく。家を出たときは、この時期にしては気温が低く、カッパのしたにインナーダウンを着ていたのだが、花園辺りでは日差しが強くなり暑いくらいになる。SAでカッパと共にダウンとロンTを脱いで、Tシャツに夏ジャケで出発! 関越トンネルを抜け、淡々と走り続ける。いや~なんだか遠くまできたな~って感じだぜ。

 小出ICまで行きたかったが、ガス欠に注意してひとつ手前の六日町ICで下車。R17を北上しR252に入る。ここから只見まで一本道だ! 冬季閉鎖になるR252。新潟側から行くと、最初は緩いカーブが続き、山深い景色を楽しみながら泳ぐように気持ちよく走っていける。交通量は少なく、続くスノージェット越しの景色が新鮮だ。

 只見までは約40km。道は進むほどにカーブがきつくなり、集中力はどんどん低下してくる。ペース良く走らせているだけに、油断してるとカーブが大回りになってしまう。おっとっと、集中集中! 眼下にダム湖が見えてくると、もう一息だ!

2017002KC3Z2467.jpg
▲田子倉ダムから越えてきた山々を望む。いつ見ても美しい景色♪

 午後4時、キャンプ場に入る。既にヨシさん、K村氏は到着している。一番乗りのちょっぷ君は片道60kmの買い出しに行っており不在。テントを立てて、ヨシさんと最寄りのスーパーに買い出しに行くと、そこでHJ氏とバッタリ会う! 今年もほぼ貸し切りのキャンプ場。オレたち以外には自転車旅のおじいさんとソロ・バイクのおじさんがひとりいるだけ。今年も東屋で盛り上がるぜ♪

20170902KC3Z2469.jpg
▲フリーサイトの一番奥、いつもの東屋で今年もセッティング♪

 ちょっぷ君が往復120km走って買ってきてくれた馬刺しをつまみに飲み始めると、開始時間が遅いからか、皆、どんどん調理を始める。オレも遅れマジと炭を起こし、焼き物の準備をする。今年は海産物をメインに買いだしてきた。

20170902KC3Z2473.jpg
▲陽が落ちて、暗くなってからが盛り上がる。会話の中身はほとんどない。

 今年は雲が出ていたり、逆に月明かりが明るくて星があまり見えない。そんなことでおっさん達の星空観察はなし。23時ごろ、珍しくヨシさんと、いつも通りHJ氏が一足先に就寝。オレを含めた残りの3人も24時には寝床に着いた♪

20170902KC3Z2474.jpg
▲時折、顔を出す月。雲が掛かったりで星は見えない。

大多喜キャンプ!

2017.7.16~17
 千葉を走る、生きる伝説N氏から、海の日に行われているキャンプに誘ってもらった。毎年何らかのイベントに行っていて参加できなかったが、今年は参加させてもらった。

 8時に柏のコンビニにJ氏達と集合し、そこから下道で一気にうぐいすラインとR410との交差点にあるコンビニに行く。ここを10時半に出発の予定だが、まだ9時半。結構早く着いちまったんで、炎天下の元、アイスを食ってN氏を待つ。ここでオレが声を掛けたヨシさんとS氏が合流する。

 そして、N氏の到着と共にR297を下っていく。が!大多喜市街手前の九十九折れの下り坂の上から大渋滞。やはり夏の千葉は観光シーズンなのだ。

 路肩をすり抜けして坂を下り、裏道を走り昼食と買い出しのために市街のスーパーに入る。ここでクルマ組のT1氏とヘリさんと合流。昼食後、買い出しを済ませ、いざ会場へ向かう。

20170716KC3Z2453.jpg
▲キャンプ場の一番奥のコテージがオレたちの場所

 荷物を下して、テーブルや焼き台の段取りをしたら乾杯だ! とにかく暑い! 冷えたビールを体に流し込むが、全部汗となって出てきてしまうような感覚だ。それでもT1氏が用意してくれた焼き台で肉を焼いては食べ、食べては飲むを繰り返す。そうそう、T1氏の用意してくれた大きなサーモンのお刺身もとても美味しかったですよ♪

 ようやく陽も傾き始め、気温も落ち着いてきたころ、場内のシャワーを浴びて汗を流す。これでなんとなくリセットされた感じがする。その後、いつものバーボンのソーダ割にスイッチし、酔いも回ったところでテント組とコテージ組に分かれて就寝。オレはコテージにマットを敷いて寝床としたのだが、途中、目を覚ますと田舎の田んぼのカジカの合唱のように、いびきが応呼しあっていた。

 次の日は若干の曇り空。キャンプの朝はやはり早く目覚めてしまう。バルコニーからは既にJ氏達の声が聞こえてきている。しかし、朝はつらい。仕事でも遊びでも朝はテンションが上がらないぜ・・・それでも朝食を適当に済ませ、本格的に暑くなる前に荷物をまとめてしまう。焼き台などは便利グッズの使用もあってか、オレのバイク用の時と違い、さっと綺麗に。そして分解せずにT1氏のクルマに収納された。

 さて、このあとのプランは? というところだが、特に決まっていないみたいだ。N氏はみんなで飯でも食べにいきたいようなのだが、何しろ移動時間が掛からないところにきて、開店まで時間がたっぷりある。時間の潰しようがないのだ。しかも月曜日ってことで定休日かも? ということで、これで解散となった。

20170716KC3Z2450.jpg

 キャンプやミーティングというやつは、不思議なものでそれなりに遠くに行った場合は、帰路はどうしようか? 途中の飯は何を食べようか? なんていろいろプランを考えるのだが、なまじ近いと全く何も考えてなかったりするものだ。それでも、久しぶりの千葉の仲間とのキャンプ、とても楽しかった♪ 誘ってくれたN氏、クルマで準備をしてくれたT1氏とヘリさん、お世話なりました♪

ミーティングはミートの場!

2017.7.8~9
 言わずと知れたバイカーズ・ミーティング「デイ・トリップ」。行きたいミーティングのひとつであり、今年は参加することができた。行きたい理由は二つ。ひとつはもちろんイベントそのもの。そしてもうひとつはそこへ至る道程だ。最短コースだと首都高を抜け、中央道河口湖ICで下りればすぐに会場だ。だがオレが走りたいのは雁坂道。富士山周辺に行くときくらいしか通らないだけに、ぜひここを走りたい! 猛暑が続く下界と違い、きっとヒヤッとするような冷気に満ちたトンネルなんかを走り抜けられるのではないか? なんて思いがあるのだ。そんなオレの計画に付き合ってくれたのはお馴染みのヨシさん。関越道下り高坂SAに9時半に集合し、みんなと逆方向にいざ出発!

 花園ICで下車し、豚みそ丼を食べに行った時と同じ県道を走る。この前は涼しいくらいだったのに今日はとても暑い! そして秩父市街をすべて県道でかわし、市街地を抜けた後のR140に出る。そしてどんどんと奥に進んでいく。山深くなっていくものの全く涼しくはならない。だが流れは悪くない♪ そして大滝ループ橋を上り、滝沢ダムで休憩だ。

20170708KC3Z2438.jpg
▲山深い景色で気分は良いが・・・暑い!

20170708KC3Z2437.jpg
▲ダム堤からループ橋を振り返る

 この後はさらに交通量が減り、ダム湖沿いにうねうね走るのもなかなか楽しい♪ そして全長6キロを超える雁坂トンネルに突入! 先が見えないトンネルの中、気温はグングン下がっていく。ちょっと肌寒いくらい涼しくなってもまだまだ先は見えない。これよこれ!求めていた涼を存分に楽しみ、道の駅「みとみ」で昼食休憩を取った。

 休憩後はぐんぐんと山を下り、甲府市内に入る。再び猛暑だ。高速道路のような高架バイパスを走っているのに熱気がまとわりついて息苦しい。GSの女の子に「バイクのひとは涼しそうですね!」なんて言われて、ニッと笑顔で返してみたが、さすが盆地、暑くてかなわん。

 甲府市内から精進湖に抜けるR358に入る。上りが続くワインディングを快調に飛ばす。さっきの暑さも忘れたころに黒煙もくもくのボロ・トラックに追いついてしまう・・・参った。素晴らしい道を黒煙一杯吸い込みながら精進湖まで到着。目指すフジテンは直ぐそこ! 麓のコンビニで渇き物とビール、氷を買って15時過ぎに会場入りした。

20170708KC3Z2440.jpg
▲テントサイトはアスファルトの駐車場。少々固いがバイクは横付け!

 微妙な曇りのせいか、それほど暑くはない。まずまず快適じゃないか♪ しばらく二人で飲んで、出店エリアをひと巡りする。そして再びテントサイトで飲んでいると、隣に設営していた人たちが、オレのバイクを見て何やら話している。「ナセル」って言葉が聞こえたんで、会話に入ってみる。

 彼らは長野からのご一行。一人はウルトラをストリップしてナセルをつけている。もう一人はエボのファットボーイと思われるが、これにショベルのナセルをつけようとしたところ寸法が合わないとのこと。そうそうショベルとエボのトリプルは一見同じに見えて、微妙に寸法が違うんだよねぇ~なんて話をしてお互いのバイクを見て回る。そして、直ぐ近くにいた、友人が日帰りして一人になった諏訪のヒッピー的な風情のベテランバイカーが会話に加わり、その方は、オレたちのテントで腰を据えて一緒に飲むことになった。こういう出会いが楽しいんだよね♪

 さらに少し前に、ヨシさんと「オレのブログ見ている人っているのかな?」なんて話をしていたのだが、ここデイトリップの会場で「ゆたかさんですか?」と見ず知らずの厳つい先輩から声を掛けられる。この方、オレのブログを見ていてくれて、バイクとテントで分かったとのこと。いや~嬉しいもんですね♪ やっぱりミーティングはミートの場。色々な人たちと出会える素晴らしい場なのだ! 

 さて日が暮れてきて、バンドも盛り上がってきている様子。ということでヒッピー先輩と3人でステージ見物に行く。

20170708KC3Z2444.jpg
▲最も印象的だった柳家睦とバッドボーンズ。演芸パンクな演奏と妙な節回しから放たれる決め台詞「運命なんかに負けてたまるか!」が耳に残り、後で自分でリピートしてはニヤニヤしてしまった。

20170708KC3Z2446.jpg
▲毎年トリのハッシュボール。観客と一体となった圧巻のステージでした♪

 この後、オレたちチーム「渇き物」は飲食の出店エリアに行きラーメンをいただく。出店とは思えないほど美味しかったです♪ 腹が満たされたところで、再びテントサイトに戻って3人で歓談♪ しかしながらそれほど若くない3人。日付が変わるのを待てずに就寝となった。

 翌朝も素晴らしい天気! さあ帰路はどうしようかな・・・ヨシさんは御殿場の魚啓に寄っていくというんで、今度はオレがヨシさんに付いていくことにした。樹海の中を抜けるK71。 この前の西湖キャンプでは車列の後を走るちょっと残念な走りとなってしまったが、今回は快走♪ 空気もまだまだ涼しく、クルマもほとんど走っていないぜ。この道本来の気持ちよさを満喫して御殿場市内へ。まだ開店まで30分くらいあるのだが、魚啓の前には既に行列が。まぁ想定済みだ。

20170709KC3Z2448.jpg
▲そして二人して日替わり丼とワタリガニの味噌汁を注文。ワタリガニ旨!

 帰路は大井松田ICから高速に乗って真っすぐ帰宅した。
 イベント型の大型ミーティング、デイ・トリップも今年で20周年だそうだ。年齢層と入れ墨率の高さが目を引くミーティングだが、「イベント型」の盛り上がりと、「何もしない型」の人との出会いの両方を満喫した2日間だった。
プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR