2017 河津キャンプ!~その2

~2017.1.22
 さて、前回からの続きだ。続いて東伊豆周りでやってきた東京のヨシさんが到着する。途中、温泉に寄ってきたそうだが、そこでHJ氏達ご一行と出くわしたとのこと。次に来たのはクルマで参加の平塚のM女史。やはり途中、温泉に立ち寄ってきたそうだ。今年は風呂人気、凄いな。ここで、参集時間である16時になったので、シマ先輩からにごり酒が振る舞われ、HJ氏達を待たずに乾杯となった。その後すぐにHJ氏、K村氏、HM氏が到着して、今年のメンツが全員そろった。それぞれが思い思いの道を走って、現地集合というのも、なかなか良いもんだ。

20170121KC3Z2251.jpg
▲メイン会場となるティピのなかでは、シマ先輩が料理に励んでくださる。真ん中に起こされた焚火を囲み、お酒を飲みながら歓談♪

 相変わらず、何を話したのか記憶に残っていない。ほぼF氏の下ネタ話全開!だったと思う・・・まぁ楽しければよいのですよ♪ いつもどおりバイクやキャンプの話なんてのは出ずに、いっぱい笑って楽しいひと時を過ごす。

20170121KC3Z2255.jpg
▲そして〆は、毎年お馴染みの「カレーリゾット焦がしチーズ乗せ」! ひとつひとつシマさんが炙ってくれます。

 いっぱい食べて、飲んで、笑ったところでそれぞれのティピに戻り就寝~♪ 寒さに不安があったが、冬用の寝袋を持参したせいか、朝まで熟睡♪ できた。

20170122KC3Z2257.jpg
▲翌日も素晴らしい天気!

 オレたちがコーヒーを飲んで、ぐだぐだしている間、シマ先輩はホットサンドを焼いては、次々に回してくれます。これもシマ・キャンの名物ですね。いつもの朝食4日分くらいのホットサンドをいただき、撤収。帰路は、クルマのM女史以外の全員で、今回、小型バイクでやってきたシマ先輩を先頭に、修善寺まで一緒に走ることに。

20170122KC3Z2262.jpg

 125cc(だと思う)とは思えないほど軽快に天城峠を走ってゆくシマさん。ハーレーより早いんじゃないですか? ってくらい。そして、修善寺でシマさんとイケちゃんと別れ、ここからF氏の先導によるローカルな道をぐりぐりと走るツーリングとなる。F氏、ヨシさん、HJ氏、K村氏、HM氏にオレと、いつになく大勢でのツーリングとなった。途中、オレの荷物が落ちてしまって・・・拾ってくれた皆さん、ありがとうございました。

 修善寺から山伏峠を横切り、熱海へ抜ける。しばし海岸線をクルージング♪ 道が混んできたところで、一旦山に入る。ちょっと小腹が空いてきたね、ってことで、峠の上にある小洒落たレストランに入る。

20170122KC3Z2267.jpg
▲窓からは相模湾を眺望できるレストラン。小さいお子様お断りだ。じつは2回目だったりする。

20170122KC3Z2266.jpg
▲パンをくり抜いた器に盛りつけられたグラタンを注文♪

 優雅な昼食タイムの後は、小田原・厚木道路から東名海老名SAまで走り、一応ここで解散。それぞれ家路に着いたのであった。

 いつもながらシマさん、ありがとうございました。今年も楽しいキャンプ初めとなりました。イケちゃんも調理ごくろうさま。今年も千葉にお迎えしての宿泊ツーリング、やりますからね。また楽しみましょう♪
スポンサーサイト

2017 河津キャンプ!~その1

2017.1.21~
 毎年恒例、今年も静岡の先輩、シマさんからお誘いを受け、伊豆は河津を目指し走ることとなった。毎年お馴染みのメンバーも、もちろん参加するようなのだが、それぞれが好きなルートを好きなように走ってくるとのことで、8時前にひとり柏を出発した。

 首都高速~東名は渋滞もなくスムーズ♪ 給油休憩に寄った海老名SAには9時半ごろに着いた。そして、やはりここでメンバーとご対面!東京のヨシさん、K村氏と会う。ヨシさんは東伊豆周りで、初参加のK村氏はHJ氏の先導で行くとのこと。じゃあ、現地で!と一足先に出発した。

 強風のなか、沼津ICまで走り、そのまま伊豆縦貫から伊豆中央~修善寺道路と有料道路を乗り継ぎ、混雑する市街地をパス。そして天城峠、ループ橋辺りまでは結構クルマが繋がっていて緩慢な流れだ。ループ橋を抜け、R414が脇道的な狭小路になる辺りからは、交通量もぐっと減り、まずまずの快走路となる。

20170121KC3Z2243.jpg
▲伊豆半島最初の休憩場所は下田港。

20170121KC3Z2242.jpg
▲昨年に引き続き道の駅で金目とカマンベールチーズの「下田バーガー」を頂く。うまいっす~♪

 食後は、これまた昨年と同様に石廊崎へと向かう。やはり伊豆半島の先端までうちのバイクで来るには一泊はしたい。滅多にない機会だけに、ここは走っておきたかった。

20170121KC3Z2244.jpg
▲そして石廊崎

20170121KC3Z2246.jpg
▲木道の階段を上って、展望スペースへ。

 房総半島の海もきれいだが、伊豆の海は千葉の海とはまた違う色をしている。まだ時間は早い。なんとか時間を潰そうとするが、ひとりだとどうしても持て余してしまう。再び下田に戻り、そのまま河津に向かって海沿いを北上するように走る。初めて走ったが、信号の少ない一本道で、国道ながら海沿いの崖上を走る適度にカーブの続く楽しい道だ。

 軽快に走るクルマと共に14kmほど気持ちよく走り、そこから内陸に向けてK14を北上する。会場であるCycle:ya近くのコンビニでイケちゃんとバッタリ出くわす。イケちゃんは西側の海岸線を走り、松崎から河津に来たそうだ。この時点で15時だが、もう誰か来ているだろう、ということで一緒に会場入りすることにした。

 既に主催のシマさんは料理中、主催者以外の一番乗りは千葉県一の気配り男F氏。両氏に迎えられ、挨拶を交わした後は常設されたティピに寝床を整え、メイン会場となるティピに向かい、まずは4人で最初の乾杯をするのであった。

20170121KC3Z2250.jpg


 ~その2へ続く~

2016 ワンズ・キャンプミーティング!

2016.10.22~23
 青梅のP氏から「箱を取るんで、行きませんか?」と誘ってもらったワンズ・キャンプ。天気も良さそうなので参加させてもらいました♪

 箱というのはロッジのこと。つまりテントいらずということだ!これはでかい参加要素だぜ。この前のVM茨城で、なんとなく今年のキャンプも終わりかなぁ~なんて思っていたけど、箱なら参加です。会場の筑西までは下道で2時間ほど。P氏達とは現地で落ち合う約束をして、ひとり柏を出発した。

 下道といっても学園都市を抜けていく単調な道で、走りごたえはない。10数年前には毎週のように車を走らせてた学園都市の直線を飛ばしていく・・・って、ちょっと飛ばしすぎて青切符を進呈されてしまう・・・まあしょうがないか・・・。

 赤切符じゃないだけで、テンションは思ったほど下がらず、会場最寄りのスーパーで買い出しし、予定より遅い15時半くらいに入場した。テントサイトは沢山の来場者で賑わっていて、テントを張る場所を探すのも大変そうだ。同じ箱に泊まる栃木のI氏に導かれバイクを停めた。

 まだP氏達は来ていない。I氏も誰が一緒に泊まるのか知らないそうだ。荷物を降ろしたりしていると、P氏達ご一行が到着~ぅ! 荷降ろしもそこそこに出店エリアに誘いだし、スタッフT君からアルコールのサービスを受ける♪ テントエリアを巡るとさすがに知り合いが多い。とにかく一巡して箱に戻る。

20161022KC3Z2132.jpg
▲陽が落ちると全体ミーティングの開始だ! 今回で10回目のワンズ・キャンプ。最終回だそうだ。

20161022KC3Z2133.jpg
▲思った以上に出店エリアも盛り上がっている♪

 知り合いが多いだけに、P氏達もそれぞれの友人に会うたびに引っかかるもんで、散りじりになってしまう。オレはご近所の後輩カオル君を連れて、知り合いのタープ巡りだ♪ 中には数年前に会っただけで覚えていてくれる人もいたりする。ありがたいことです。そんな時、昔、一緒に走ったりしていた旧友にも再会! 子育て中でこういう場にはしばらく来ないと思っていただけに、嬉しかったぜ♪ さらに以前、飛騨チョッパーの帰りにバイクがトラブって難儀していたときに、唯一停まってくれて、世話になった長野のT氏にも再開! なかなかに濃いミートを楽しんで箱に戻った。

 箱には誰もいなかったが、二人で適当に摘まみながらアルコールをあおっていると、ぽつぽつとお客さんがやってくる♪ 箱のメンバー以外にも友人たちが代わる代わるやってきてくれて楽しい時間を満喫した。

20161022KC3Z2134.jpg

 箱の中でカオル君やR夫妻と話が盛り上がり、どうやら朝の4時、5時くらい(自覚なし)まで飲んでいたらしい。んで翌日。次々に出発していく友人たちを見送ってるオレは完全に酒にやられちまってる状態で出発できない。コンビニの駐車場で2時間ほどごろっと横になって寝てしまうというダメ具合。 それでもこんなことは時間が解決してくれる。ってことでなんとか無事に帰宅することができた。(もちろん血中アルコール濃度が規定値未満になって、酒気帯び状態じゃなくなってから帰宅したってことだぜ)

 最近、酒に弱くなった気がするけど、年のせいなのか・・・P氏、心配かけましたがオレは元気です。次回、カニ・ツー頑張って先導するんで楽しみにしていてください!

20161023KC3Z2135.jpg

バイブズミーティング in 茨城!

2016.10.8~10
 言わずと知れたバイブズミーティング。今年は茨城での開催ということで、会場まで約100kmとかなり近い。ということで、もちろん参加してきたぜ!

 朝6時、柏ICに乗り、途中のPAでP氏とK村氏と合流。恐らく混雑するだろうと、集合場所をSAではなくPAにしたのに、ほとんどバイクを見かけない。北関東道に入っても、ほとんどバイクが走っていない・・・? オレの予想では、この辺りはハーレーが隊列組んで繋がって走ってるくらい混雑してるはずなのだが、時間が早いのか?

 そして、下りるICを間違えて、何の買い出しもしないまま会場に入った。入場はスムーズ。全く待たされることなくバイクを止めることができたが、テントサイトは結構埋まっている。

20161008KC3Z2074.jpg
▲フェスのようにテントが沢山!

20161008KC3Z2073.jpg
▲メイン会場からかなり離れたところに陣取ることにした。

 歩いていけるところにスーパーがあるんで、設営したら買い出しに行こう!なんていってたのに・・・乾杯したら、動くのが面倒になっちゃった・・・ごめん。
 既にP氏がビールと炭酸水と氷を、オレもウイスキーを、K村氏もウイスキーとつまみを持参しているので、それらで飲み始めることにして、買い出しはあきらめてしまった。
 基本的に調理はしないぜ!ってことで、本当に何も持ってきていないオレに比べ、P氏がインスタントラーメンを作ってくれる♪ P氏、ありがとう♪

 オレ達よりもっと前に会場入りしていた近所のA氏が、オレたちの設営場所に合流し、一緒に飲み始める♪

 そして、天気予報どおり雨が降り出す。

20161008KC3Z2078.jpg
▲そして予報以上に雨脚は強くなり、大変なことに!

 雨が上がると、せっかくのバイブズミーティング、出店エリアを巡ることにする。

20161008KC3Z2081.jpg
▲足場の悪いところもあるが、出店エリアで飲み食いし、雰囲気を楽しんだ♪

20161008KC3Z2084.jpg
▲ステージではアイドルがライブをしていたりする。それを遠目で見る。なんか入り込めないぜ。

 夕方からはキヨ氏とCBRに乗るK女史が合流! そして隣も友人U氏夫妻、R氏夫妻がタープを張り、一気に顔見知りでいっぱいになる。R氏やU氏の好意で、ビールやつまみを買ってきてもらい、初日は全く買い出しに行かずに、日が暮れてからは椅子から立ち上がることすらなく、ぐだぐだと飲み食いして、オレは8時半には寝袋に入ってしまった。

 2日目は朝から雨・・・。やる気なくタープの下でボーと過ごす。K村氏が朝食にカルボナーラを作ってくれた♪ ありがとうK村氏。今日は地元のバーのマスターたちがやってくる予定だが、この雨じゃしばらく来られないだろう。長い、本当に長い午前中が終わり、小雨があがるころ、マスターたちが到着。オレたちのタープとテントひとつ離れた場所にタープを設営。さて、今日こそは買い出しに行かないと、本当に何もない。ってことでオレが買ったのはビールとワインと乾きもの・・・あとはお弁当を買って昼食を済ませた。キャンプ感ゼロだぜ。

20161009KC3Z2087.jpg
▲そして駐輪場にバイクを見て回る。あたり一面ハーレーだらけ。すげー

 日本一のメガ・ミーティングのイメージがあるバイブズミーティングだが、スタッフを務めるY氏の話では初日は延べ5000台だそうだ。やっぱ天気のせいかな。場所がら10000台は超えると思ったんだけどなぁ。

20161009KC3Z2089.jpg
▲2日目は綺麗な夕焼け空♪ もう雨も降らないだろう。

20161009KC3Z2093.jpg
▲悔いを残さないように、メイン会場を散策する。ステージ上にはねばーる君も登場!

20161009KC3Z2098.jpg
▲夜の出店エリアを歩く。完全に祭りだね♪

 そして、この日はオレたちのタープに、バイク&キャンプ仲間のヨシさんも遊びに来てくれて、大いに盛り上がった♪ が、しかし!オレは10時半に寝てしまう。寝てしまうというよりは、この日の夜から一気に気温が下がってきて、下半身の防寒対策ゼロ状態で、寒さに弱いオレはリタイヤしてしまった。寝袋の温かさ、最高です。

 そして3日目の朝、K村氏がフレンチトーストを作ってくれる♪ K村氏、ありがとう♪

20161010KC3Z2099.jpg
▲寡黙に料理する男、K村氏。

 P氏とK女史はお昼までには家に帰りたいとのことで、オレたちのタープはとっとと撤収し、P氏とK女史が一足先に帰宅。オレもマスターたちに挨拶を済ませ、キヨ氏、K村氏と会場を出発。下道で帰るキヨ氏と別れ、全線高速道路というオレらしからぬ道程でK村氏と帰路に着いたのだった♪

20161010KC3Z2100.jpg
▲マスターの友人はなんと四国からの参加!個性的なバイク、格好良い!

 ツーリングとしては、単なる高速道路の移動だけで終わってしまったが、これは場所的にしょうがない。目的は3日間、会場でだらだらと過ごすこと。目標達成のためにい精一杯ぐだぐだと過ごしたバイブズミーティング、見事に目的達成といったところか?

2016 TLM 10周年!

2016.9.24~25
 千葉で毎年行われているミーティング、TLM。今年はなんと10周年ということで、スタッフであり友人でもある宮崎に転勤になっている小ちゃんことY君もやってくる!

 毎年、顔を合わせる千葉のメンバーとは会場で落ち合うこととし、柏からはJ氏、ナオキさん、Y1氏の4人で、小雨パラつく中、R16を快走し、京葉道路は蘇我ICから高速道路に乗り、目指すは市原SA!

20160924KC3Z2059.jpg
▲市原で合流予定のK村氏はすでに到着。天気のせいかオレたち以外にバイクはなし!

 ここで昼食を済まし、あまりの雲の暗さにカッパを着て出発することにした。こいつは正解! まもなく本格的な雨模様になってきやがる~!せっかく乾かしたキャンプ道具が、また濡れちまうぜ~

 結構本気で雨が降る中を、会場であるマザー牧場オートキャンプ場に向けて、タイトな山道をグングン登っていく! そして会場に到着! 会場で合流予定のヨシさんは既に到着していた。

20160924KC3Z2060.jpg
▲時間が早いせいか、会場はガラガラ。今年は炊事場の屋根下に陣取る。

 さて、荷物を降ろしたら、ちょうど入場の時に一緒になった千葉組のK塚氏、T1氏達とともに再び麓まで買い出しに行く。これまた結構な勢いで山を下り、再び登って帰ってくる。ちょっとした山走りで結構楽しかった♪ その後、HJ氏とH氏が合流~!

20160924KC3Z2061.jpg
▲雨は止まない。広い会場はガラガラ。

 もう屋根の下にテントを張らしてもらい、適当に飲み始める。今年は身内が大勢集まっていて賑やかで楽しい♪ 

20160924KC3Z2062.jpg
▲日帰りでお酒の飲めないF氏だけが珍しく静かだが、日が落ちるとテンション上がってくるぜ!

 立派な屋根があるおかげで、ほとんど雨は気にならない。まぁ明日には止む予報だしね。そして仕事終わりから伝説の男N氏が車で到着!

20160924KC3Z2064.jpg
▲T1氏より焚火台をひとつ借りたのだが、炭の火の着きが悪い。とY1氏が豪快に着火!

 気が付くとひとり、ふたりと人が少なくなっている。残りのメンツも日付が変わるころに就寝~♪

20160925KC3Z2065.jpg
▲翌朝は久々の晴れ!

 本当、久しぶりのお日様だぜ。ていうか暑いくらいだ。ぐだぐだと撤収して、まずN氏とT1氏が帰路に着いた。K塚氏達はまだ帰らないとのことで、オレたち柏組も帰ることにした・・・が、いきなりハプニングだ! オレを先頭に8台が会場を出たのだが、最後の1台、H氏が転倒(したらしい)。しかも目撃者ゼロでだれも気付かなかった。途中でHJ氏が気づいて引き返したが、すでに別ルートでH氏は帰宅したとのこと。HJ氏とは市原SAで落ち合うこととした。

 で、オレたちはK93で鹿野山を下り、アカデミアを抜け、木更津北ICまでのツーリングを楽しんで館山道に乗り、市原SAで無事HJ氏と合流となった。

 しかし、ハプニングはまだ続く。SAを出発したオレたちは宮野木JCTでヨシさんと別れ、千葉北IC出口でみんなを待っていたが、J氏、ナオキさん、K村氏が来ない! どうも誰か途中で止まってしまったようだ。J氏と連絡を取ってみると、ナオキさんのバイクが電気系のトラブルでエンジン停止らしい。レッカーするとのことで、HJ氏、Y1氏と共にR16で帰宅したのだが、HJ氏のバイクもやや不調?のよう。オレのバイクもウインカーが着かないような状態。次は誰だ?のサバイバル・ツーリングとなってしまったが、何とか無事に帰宅することが出来た。

 千葉組のみなさん、柏組のみなさん、また東京からのみなさん、今年のTLMも盛り上がりましたね♪ K塚氏の言葉を借りれば「腹筋が鍛えられた」キャンプ、楽しかったです。次はツーリングでしょうか?キャンプでしょうか? 次回もよろしくお願いします。
プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR