河津キャンプ・フィナル!~2日目

2018.1.20~21
※今回もP氏から提供の写真を掲載してます。P氏、ありがとうございます。
20180121DSC_0135.jpg
▲主催シマさんのウルトラ 毎年ひとりで大変な準備をしてオレたちを迎えてくれる

 予定通り暗くなる前に会場に到着したオレ、P氏にT樫さんと入場直前に合流したF氏だが、ほかのメンバーが一向に来ない。すでに日は落ち、気温も下がってきている。しばしばシマさんに入ってくる電話の会話から、誰かトラブっているようだ。まだ会場入りしていない旧車乗りといえばK村氏。最近調子の良かったK村氏のパンチョッパーだが、どうかしたのだろうか。

 時計のないオレは何時だが分からないのだが、7時くらいだろうか、バイクの音が近づいてくる。ヨシさん、K村氏、ハマちゃんの登場だ。てっきりひとり走ってお風呂に入ってくるだろうと思っていたヨシさんが一緒なのには少々理由があるようだ。東名高速をひとり走っていたヨシさん。海老名を過ぎたあたりでHJ氏の病欠により不安いっぱいで先導しているハマちゃんと一緒に走るK村氏を発見! そのまま何事もなかったかのように追い越していこうとしたヨシさんを離すまいとハマちゃんが追走してきたとのこと。なるほど・・・

 その後、K村パンがバッテリートラブルでエンジン始動困難に。たまたま自身のバッテリーに不安のあったヨシさんが携帯していたバッテリーチャージャーを使ってやってきたそうだ。それでも前向きなK村氏のごはんとお風呂のリクエストをこなしてきたため、こんな時間になってしまったとのこと。お疲れさまでした。

 そんな話を聞いてると最後のひとりT氏登場。自由なT氏は来るの?来ないの?と誰も確定的な話を聞いていなかったが、これで今年のメンバーは全員集合した。

20180121DSC_0118.jpg
▲火を囲んで団らんのひととき♪

20180121DSC_0123.jpg
▲でかい肉の塊を切り分けてもらう♪

20180121DSC_0132.jpg
▲〆はお馴染みカレーリゾット焦がしチーズのせ♪

 まだ半数以上が飲みながら歓談しているなか、一足先に寝床を用意したティピに向かう。既にP氏とT樫さんが火を起こし、寝床に入る準備をしている。大きな寝袋のお陰もあって、朝までぐっすりと寝ることができた。どうも夜中に数回、P氏が薪をくべていたようだ。P氏、ありがとう。

 翌朝、いつものようにコーヒーを飲み、シマさんの作るホットサンドを頬張り、腹を十分に満たす。片づけを済ませ、パッキングし、いよいよシマ・キャンのラスト・ランとなる。

20180121DSC_0137.jpg

F氏の先頭で天城峠に向かって走り出す。シマ・キャンとして走る本当の最後だ。修善寺でシマさんとお別れ。ここからは引き続きF氏の先導で山伏峠から伊豆スカイラインンに入り、横浜新道へと走って行く。これがまぁ寒いのなんの! それまであまり寒いと感じなかったのに、指先は痛くなり、SUキャブもぐずり始める。それでも小田原厚木道路を走るころには復調! 途中ボリューミーな昼食を取り、それぞれ家路に着いたのだった。

 オレ自身は14年間、参加させてもらった冬のシマ・キャンプ。毎年それぞれに思い出はあれど、終わってしまうと瞬く間だったようです。一番はじめに参加したときは天城山でしっかりと雪に降られ、ゲレンデのようになった道を不安いっぱいに走ったことが一番の思い出でしょう。これからもカニ・ツーほかキャンプ、MTGなどでも積極的に関わってくださればと思っています。シマさん、長い間ありがとうございました。
スポンサーサイト

河津キャンプ・フィナル!~1日目

2018.1.20~
 静岡の先輩シマさんが主宰してくれる1月恒例の伊豆は河津でのキャンプに今年もお邪魔した。毎年、参加者はそれぞれ好きな道を走って来て、現地に集合するというスタイルもすっかり定着している。このキャンプ、今回が最後と聞いていたので、伊豆半島の西側を半周し、会場入りしようとひとり計画を立てていた。

 1週間ほど前になって、町屋のM先輩から一緒に行くとの連絡があった。ひとりは一人の、ふたりには二人の楽しさがあるってことで、楽しみにしていたのだが、なんと直前にM先輩がインフルエンザに罹ってしまったとの連絡が。そんな時、確か青梅のP氏が初参加だったのでは?と思いだす。

 会場のCYCLE:YA!への入り口はちょっと分かりにくい。ってことでP氏を誘って一緒に行くことになった。更に、仕事の関係でなかなかご一緒できないT樫さんも一緒だというレアなメンバーで西伊豆ツーリングすることになった。

 朝7時半、柏を出発。首都高はいきなり三郷料金所で渋滞。ちょっと雨がパラついてきた。C2は問題なく流れるが、板橋JCTとその先の山手トンネル内は渋滞。それでも3号線、東名も流れはよく、集合場所の足柄SAには予定の30分前の9時半に到着した。が、ここで携帯を忘れたことに気が付く・・・そんなことで、今回の写真は全てP氏から送ってもらったものだ。P氏、ありがとう。

 約束の10時にP氏とT樫さんというオレの知る中でもかなりの大男二人がローキンとウルトラというこれまた大きなバイクで登場。今回のオレは完全に捕まった宇宙人サイズだ。

captured_alien01.jpg

 そんな凸凹トリオで、いざ出発! 沼津ICで下車し、混み合うR414を南下、沼津マリーナのある江浦湾からK17にスイッチし、ひたすら海岸線を進んでいく。交通量はぐっと少なくなり、道も海岸線でありながら房総半島のような直線ではない。かなり連続したカーブが続く変化に富んだ道で、飽きることがない。

20180120DSC_0105.jpg
▲そして夕映えの丘で駿河湾越しの富士山を堪能♪ 左の小さい坊主がオレ、右の大男がT樫さん。

 丘を下った戸田で昼食を取る。西伊豆ならではの深海魚でも食べよう!と「ゆうなぎ」へ。

20180120DSC_0108.jpg
▲オレは煮つけ定食 本日はイサキとブダイ。深海魚?じゃないけど旨い!

20180120DSC_0107.jpg
▲P氏は刺身定食 いろんな種類で旨そう。でも魚の種類の説明はなし

20180120DSC_0110.jpg
▲T樫さんは天丼大盛!

 丁度昼時で、隣の有名店は駐車場もいっぱい。でもこっちは余裕で食事に有り付くことができた♪ さて、この後も土肥、宇久須、松崎といった市街地を繋ぐR136をひたすら南下していく。特に松崎から石廊崎にかけての約30kmは自然の中を走るワインディングで貸し切り状態♪ 3人で程よいペースでツーリングを楽しむ♪ 

20180120DSC_0112.jpg
▲そして石廊崎

 伊豆半島最南端の景色を楽しんだ後は、道の駅開国下田みなとへ。ここでのお目当ては下田バーガー!

20180120DSC_0115.jpg
▲金目のフライとカマンベールチーズの乗った下田バーガー(左上) P氏は生ハムと何とかのバーガー(右上) T樫さんは天丼の胸焼けが残り、ソフトクリームの予定が何故かフライドポテト?

 ここで時間は3時半。海岸沿いのR135を東に進み、河津からK14に入る。会場はすぐそこ。会場手前のコンビニでF氏とばったり会う。毎回、ここで誰かと会うのもお約束。もうみんな来てるかな? なんて言いながら会場入りする。

 主催のシマさんとクルマで参加のM女史がお出迎え。えっ まだ誰も来ていないんですか? とちょっと驚くが、取りあえず乾杯させてもらいましょう! 

 ~次回 2日目へと続く~

D-ミーティング 2017へ行くぜ!

2017.11.14~15
 のっけから愚痴だが、相変わらずクソのような仕事が続いている。まぁ仕事なんて大方の人にとってはそんなもんだろう。9月は大炎上で多忙だったが、それなりに休みはエンジョイ♪ 10月は仕事内容は落ち着いたが、拘束時間が長かった。ってことで、VMにも行けずじまい。

 地元のバーでそんな話をしている流れで「今年はD-ミーティング、行っちゃうぜ!」なんてことになってしまった。D-ミーティング、毎年1回、平日である火曜、水曜に渡って開催されるバイカーズ・ミーティングだ。オレはもう何年も行っていない。だって平日なんだもん。そんなわけで、地元のバイク仲間たちと行ってきました!

 当日は今にも雨が降りそうな残念な天気。会場である本庄サーキット近辺は終始曇り!との天気予報を信じて少々早い8時にイタルさん、Y1氏と共に柏を出発した。外環~関越と進み、花園ICで下車。本庄へ行く前に、せっかくの平日、秩父は野坂で豚みそ丼を食べていくのだ♪ 

 いつもの裏道を快走♪ 皆野寄居有料道路の無料区間は延長されていて終点まで使うが、どこに出たのかいまいち分からず、軽く迷子になる。それでもミューズパークの看板を頼りに見事リカバリー! 10時半に豚みそ丼の名店、野坂に到着した。平日にも関わらず長蛇の列。それでも30分ほどで店内に案内された。今回はバラ肉を注文!

20171114KC3Z2513.jpg
▲イタルさん、Y1氏と3人で出発。高速走行後ネジの緩んだイタルさんのショベルをイタルさんとY1氏でメンテ中の図

20171114KC3Z2514.jpg
▲脂たっぷりのバラ肉が旨い!

 食後はR140を花園まで戻り、R254で本庄を目指す。途中、ついに雨がパラパラと降ってきやがる。大した降りじゃないんでそのまま走る。買い出しを予定していた会場近くのスーパーは、見事に食材の品ぞろえが悪く、どうにもならないんで、ここから少年探偵Y1氏のナビ検索により本庄児玉IC周辺のスーパーをぐるぐると巡ることになった。

 苦心惨憺で買い出しを済ませ、いざ会場入りだ! あんまり混んでいないとの前情報とは裏腹に、テントサイトは結構埋まっている。それでも、何とか良好な場所を見つけることが出来た。丁度雨脚も強くなってなってきたんで、Y1氏持参のタープをとにかく建てる。そしてしっとり濡れながらもテントも設営し、会場で合流した元アル中のK氏を加えて乾杯!(K氏は酒、飲まないぜ) 

20171114KC3Z2518.jpg
▲久しぶりのK氏はロードホッパーで登場。サーキットコース上に駐輪し、テントサイトはエスケープゾーン。

 結構な雨だな~なんてタープを叩く雨音を聴きながら適当に飲んでいると、遅れてきたマスターとA氏が到着。仕事の合間に立ち寄ったヨシさんを加えて、これで全員集合だ。今夜はカキ鍋をしよう♪ ってことで買い込んだ食材を鍋にぶち込み料理しながらビールを空けていく♪

20171114KC3Z2527.jpg
▲Y1氏持参のタープと焚火台で暖を取る。こいつのおかげでみんなハッピー♪

 良い感じで酔っぱらったんで、メイン会場へ赴く。バイク雑誌所属?のモデルのおねーさん達の踊り?をやってたりでヤローどもは盛り上がる♪ そのあとはY1氏と出店エリアを巡り、アパレルなど物色。結構、飲食の出店が多い。これなら調理しなくてよかったんじゃね? ってくらい。

20171114KC3Z2524.jpg
▲別に如何わしいショーじゃないぜ。V誌専属のおねーさん達

 賑やかな出店エリアからマイ・タープに戻り、近所ながら平日休みのため、なかなか一緒に遊べない面々と飲んで食って楽しく過ごし、日付が変わるころに就寝♪ 夜中は少々寒いような気がしなくもなかったが、問題なく朝まで熟睡できた。

 翌朝はすっきりと気持ちよい晴れ! 一足先に帰ると言っていたA氏は全く片付ける気配がなく、マスターの作ったラーメンを朝から食し、10時ごろの出発を目指して片付けるのであった。

20171115KC3Z2529.jpg
▲先に帰ると言っていたA氏。何故かみんなと一緒にパッキング中。隣はマスター。

 帰路はY1氏を先頭に、みんな揃って出発。本庄児玉ICから関越道に乗りK氏とはそのまま流れ解散。先頭のY1氏は無敵のツインカム、独走態勢で突っ走って行く。オレは2番手・・・といってもY1氏の背中すら見えない。そして3番以降の姿もオレのミラーには映っていない。みんなバラバラ。

 ちなみにY1氏以外のオレ、マスター、イタルさん、A氏のバイクはショベルだ。うちの界隈はマスターを見てハーレーに乗り出してる奴らが多いんで、何故かショベルリジットがスタンダードだ。皆同じようなバイクなのだが、高速道路の巡行速度はバラバラ。なかなか一緒にまとまって走らなかったりするのだ。一度三芳SAで集合して、そこからみんなで帰宅。A氏を除く4人で地元の友人の飲食店で昼食を取り、解散となった。約1年ぶりのご近所さんたちとのキャンプ、楽しく過ごせました♪ また、よろしく!

TLMファイナルへ行くぜ!

2017.9.9~10
 言わずと知れた千葉のバイカーズ・ミーティング「Thousand Leaves Meeting」。毎年楽しみにしていたのだが、今回で最後。これは是が非でも行くしかないでしょ!と予定していたのだが、なんと初日の午前中にクソ仕事が入りやがる。まぁしょうがいないってんで、14時半にひとり柏を出発した。

 TLMへの道は毎年同じ。淡々とR16を走り、穴川から館山道を淡々と走り、君津で下り、市街で買い出し。市街地から会場であるマザー牧場へ上る道が唯一、ツーリングらしさが感じられるくらいだ。そう、本来は会場で過ごすことこそが楽しみなのだ。

20170909KC3Z2482.jpg

 なんとか17時前には会場入りし、テントの設営を済ます。既にタープが張られ、仲間内の参加者はほぼ揃っているようだ。遅ればせながら乾杯! 少し肌寒いくらいで、飲んで語るには丁度良い気候だ♪ F氏の冗舌なトークが冴えわたる!

20170909KC3Z2483.jpg

 そしてじゃんけん大会。いつもどうり全く勝てない。というかS先輩としゃべっていてほとんど参加できなかった。それからタープに戻り、そこからはもう、お尻に根っこが生えちまって、ひたすら食って飲んでを繰り返す♪ みんなバラバラに買い出ししてくるんで、ついつい食材が多くなる。もうお腹いっぱいだぜ~なんていっていると、仕事終わりのナオキさんが、バイクで登場!なんと北海道から取り寄せたラム肉を2kgも持って着てくれた!

20170909KC3Z2486.jpg

 伝説の男N氏とナオキさんの登場で、今日集まる予定のメンバーは全員集合。ワイワイと騒ぎ23時位から、ぽつぽつと人影が減って行く。オレも24時には就寝~♪ ふかふかの牧草地のテントサイト、気持ちよく夢の中へ~♪

 そして翌朝。外では早起き組がおしゃべりの真っ最中。そんな声を聞きながらも、だるくて起き上がれない49歳。なんか朝ってだるいんだよなぁ~と7時になって起床する。朝食はナオキさん持参のラムの焼肉でスタートだ! めちゃ旨いっす!などとゆっくりと長い朝食タイムで全く帰る気配が感じられないオレたち。

 気づけば会場内は閑散として、ほとんどの参加者は帰ったようだ。ぼちぼち撤収しますか!と重い腰を上げる。

 F氏達茂原組とはここで別れ、柏組で帰路に着いた。今回で最後となったTLM。来年は会場を変えて新規のミーティングとしてやるとかやらないとか。スタッフの皆さん、楽しいミーティングをありがとう! 次も期待してますよ!

21616154_1654113901279010_816620218360467388_n - コピー
▲バイク仲間でもあるスタッフI氏の撮ってくれた写真。自分の乗ってる写真ってないんで貴重です。ありがとうございました♪

オレたちのオゾン・キャンプ 2017 後編

2017.9.2~3
 ぐっすりと眠って、次の日の朝。・・・テントを叩く雨音で目が覚める。なんとも残念だが、起床するときには上がってくれた。今回はスタートが遅かったせいか、2日目もなんだかスロースタートだ。朝食には昨夜出しそびれた厚切りベーコンとビーフステーキを焼いてみんなで食べる。なんとも勢いのある朝食だぜ。

20170903KC3Z2475.jpg
▲明け方は雨だったけど、すっきりと晴れた気持ちの良い朝!

 そして10時も過ぎたころ、ようやく出発することに。出発早々ちょっぷ君と別れ、関東組4人で走り出す。往路はほとんど高速道路を使ってきたんで、帰りはみんなでツーリングがてら、いつも往路で走るR401~R352を走ることにする。R352に入ると信号もなく、クルマもぐっと少なくなり、適度なコーナーが続く道を快走♪

20170903KC3Z2477.jpg
▲そして、丁度昼時ということで、いつも来るときに寄るそば処「曲り屋」で昼食を取ることにする。

20170903KC3Z2476.jpg
▲今年も「ばんでいセット」を注文♪

 R352を走っていて気付くのは、道の両側に小さな白い花が一面に広がっていること。昨年の「オレたちのオゾン・キャンプ」は9月初めに行い、そのときこの道を走って初めてこの白い花を見て、両側が蕎麦畑であることに気付いたのだ。

20170903KC3Z2479.jpg
▲近所では見られない一面に咲く小さな白い花をバックに一枚!

 R352からR121に入り、道の駅「たじま」で休憩する。この後は道なりにR400は千本松牧場手前まで進むのだが、まぁ流れが悪い!先頭はどんなヤツだよ!というくらいのダラダラ具合だ。今回はキャンプ道具を積んだバイク4台ということで、基本的に追い越しなどせずに、辛抱強くダラダラの流れに従った。

 んで、K30にスイッチしてようやく流れ出す。が、すぐにクルマが詰まってしまう。やっとのことで矢板ICから東北道に乗り、大きな渋滞もなく、そのまま帰路に着いたのであった。

 今年も心置きのないメンバーで、楽しく過ごすことができた「オレたちのオゾンキャンプ」。来年もこの時期に、この場所でまた会いましょう!

プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR