オーディオ雑記~名曲喫茶訪問~

 去る7月22日に越谷市にある「ブロッサム」という音楽喫茶(というのでしょうか)に行ってきました。ジャズ喫茶というのは、ちょくちょく耳にしますが、ここはクラシックを中心にジャンルにこだわらず、いろいろな音楽を聞かせてくれます。

 ここには牛乳ビンのような巨大な真空管845を用いたオリジナルのアンプでタンノイのオートグラフ・ミレニアムを駆動させています。オーディオ装置が奏でる音というのは、オーナーの嗜好であると思っていますので、今まで、よそはよそ!うちはうち!と思って、よそ様の音には余り関心がありませんでしたが、単純にオートグラフの音が聴いてみたくて訪れてみることにしました。

100825最初のSP設置

 2重のドアを開けて入る店内は30畳の広さに5mを越える天井高の完全防音で、コーナー型であるオートグラフのための贅沢な造りとなっています。お客は私ひとり。入店すると、オーナーである穏やかな老紳士が迎えてくれます。そして真空管アンプの電源をいれます。コーヒーとケーキをオーダーし、アンプが温まってくると「何かリクエストは?」と聞かれました。

owner_img07.jpg

 この日、私が掛けていただいたのはバッハの管弦組曲第2番とブラームスの交響曲第4番というかなり重い曲をリクエストしました。管弦組曲の第一声が鳴りだしたとき、私は戸惑ってしまいました。何故なら家で聴くのとは、まるで違う曲なのです。これが管弦組曲なのか? まるで宗教音楽のような重厚さ、重々しく、暗い音です。更に渦巻く低音の圧倒的なボリューム感が迫ってきます。

 これは、装置の違いだけではなく、こちらではリヒター指揮のものを、我が家ではガーディナー指揮のものといった演奏者の違いもあるようです。(我が家でもマリナー指揮のものは、近い雰囲気でした。)次のブラームスも同様に重々しい空気感を伴った低音をベースに積み上げられた音がオーケストラの迫力を感じさせてくれます。かなりの大音量ですが、全くうるさくありません。 

 こちらの音を聴かせてもらうと、良い音とは何だろう?と考えてしまいます。私の好みはやはり我が家の音なのですが、音像や定位、解像度といったオーディオ的な表現性とは違う、音場空間全体がひとつになって醸し出す再現力に浸っていました。この音は、オーナーが「音楽」を感じるために求めた音であり、「音楽」をより深く感じるためには、聴き手にも様々な人生経験が必要なのかもしれません。またお邪魔したいと思います。

※写真はオーナーのブログ、お店のHPから借用しました。店内のレイアウトは若干変更されています。
スポンサーサイト

オーディオ雑記~レコード再生の工夫~

 さて、書き留めておかなくては忘れてしまう・・・という理由で残しておきたいオーディオ雑記です。最近レコードブームということもあり、オーディオ雑誌でもレコード再生について特集していたりと、ちょっとした盛り上がりを見せていますが、我が家のメイン装置の音源は昔からレコードのみなのです。

 レコード再生というやつは、電気の知識がなくてもそれなりに工夫できることが色々あるものです。我が家でもより良い音を目指し、いくつか試してみました。まず、ひとつめはスタビライザーです。

 昔からあるオーディオ・アクセサリーですが、気を付けなければいけないのがその重さです。我が家のレコードプレーヤーはダイレクト・ドライブ式のうえ、ヤマハのGTのような強靭な製品ではありません。よそ様のブログを見ると、あまり重いものは故障の原因となるようです。

 そこで目に留まったのが、余っているトーンアームのカウンターウエイトです。重たいカートリッジを使うときのための交換用ウエイトが余っていたので、これにセンター部分にレザーでアダプターを作り、スタビライザーにしてみました。重さは170グラム程度とウエイトとしてはかなり軽いです。

20170730KC3Z2456.jpg

 こんな重さで効果はあるのか。ウエイトを乗せると僅かに低音の量感が増し、かつ引き締まった感じがします。まぁ僅かな違いですが・・・ないよりあった方が良いかな?という感じで、今は何時も乗せています。

 そしてハウリング対策としてレコードプレーヤーの足の下に冷蔵庫などの唸り音低減のための防振ゴム(のようなもの)を挟んでみました。挟んでみると、室内楽などでは各楽器のセパレーションが良くなった気がします。あくまで「気」がするという程度ですが。ただし、ハウリングマージンは僅かですが間違いなく改善方向であり、音としては悪くなってはいないので、これも常設となりました。

20170730KC3Z2403.jpg

 そんな地道な努力の積み重ねの結果、小編成のクラシックでは各楽器のセパレーションも良好で、ハモリの裏メロディー(?)もよく聞き取れるようになり、ポップスやロックなどではキックドラムとベースの音の違いがはっきりと認識できるようになりました。ドラムとベースの音の違いが分からないのか? と言われそうですが、明確に聞き分けられたときに、「一体、今まで何を聞いていたのだろうか・・・」と思ってしまうほどで、もう前の音では満足できなくなってしまいます。

 ところが、今まで艶やかに鳴っていたバイオリンの音が何となくザラついてきたような? そう思いだしてからあっという間に聴くに堪えない歪んだ音に聞こえだしてしまいました。これがオーディオマニアの性なのでしょうか・・・。

 それ以降なにをやっても全くダメ。どうしたものかと途方に暮れていたところ、ふと思いついたのが針の摩耗です。でもどう考えてもまだまだ使用期限に達してはいません。もしや針先の汚れか? 当然今までもこまめに針先はブラシで掃除していましたが、ゴミがこびりついている気がして、ガムテープで針先をペタペタしてみました。これは粘着材が針先に残ってしまったり、カンチレバーを折ってしまうこともあるので、自己責任でもお薦めしません。半分焼けくそです。しかし、これで嘘のように調子のよかった頃の音に戻ったのです♪ 

 そこで原因を考えてみました。針先の汚れはレコード盤の汚れに起因しているはずですが、レコードは掛けるたびに直接レコードに吹き付けるタイプのスプレー式のクリーナでクリーニングしていました。正直な話、吹き付けたクリーナーで盤面がうっすら曇ってきていたのですが、耐摩耗効果も謳っていた製品だったため、そのままにしていました。

 そして、そうやってクリーニングしているにも関わらず、レコード片面聴き終わると、針先にほぼ必ず黒い埃が付いてくるという有様。これってどうなんでしょう? そもそも盤そのもののクリーニングが出来ていないのでしょうか。そこで興味を持ったのがレコード洗浄です。これは予想以上の結果となりました。

 どのレコード洗浄方法も、主に埃によるスクラッチノイズの低減について効果を謳っています。その他にオーディオ誌では「一皮も、二皮も抜けた音」とか「ベールを剥いだように鮮明な」などと素晴らしい効果が書かれています。しかしバキューム式や超音波洗浄などの本格的なクリーナーは、ちょっとしたオーディオ機器本体より高価なものですし、設置場所を考えると手が出ません。

 ということで、やっぱりハンド・クリーナーに絞ります。私が購入したのはディスク・ユニオン公式クリーナーというやつで、専用のクロスと合わせて購入しました。クリーニング液は薬品ではなく、電解水を使っていて盤への影響がないとのこと。ユーチューブにアップされている手順で使ってみます。

 さて結果はいかに・・・スクラッチ・ノイズは盤によっては増えることも!? しかし1、2回針を通せば(つまりレコードを聴けば。ただし、針先に白い埃がもっさり着くことも)スクラッチ・ノイズはぐっと少なくなり、静寂性はまずまず。そして、まるでカートリッジのグレードを上げたかのように、今まで聞き取れなかった、まさにレコード盤に埋もれていた音の発掘に成功したという感じです。

 私はボヤけた音のレコードを聴くとき、トーンコントロールで高音を少々強くして、メリハリを出して好みの音にしていたのですが、これは表現が難しのですが、レコード洗浄後はトーンコントロールした音が嘘っぽく聞こえるようになりました。低音が・・・高音が・・・といったオーディオ的なことや、音調の好みといったものとは違う、説得力のある音? というのでしょうか。今はトーンコントロールをオフにして聞くことが多くなりました。レコード再生・・・今回は基本中の基本ですが、奥が深いです。

※当たり前ですが、音の印象は聴く人によって様々です。結果は個人の感想であり、万人に結果を保証するものではありません。

オーディオ雑記~スピーカーケーブル聞き比べ~

 個人的備忘録のオーディオ雑記ですが、今回はオーディオマニアといえばこの話題!というくらい昔から定番の話題であるスピーカーケーブルの聞き比べを行った結果を記しておきたいと思います。

 20数年、オーディオから遠ざかっていた私はすっかり浦島太郎状態。ネットで諸先輩方のブログなどを読んで、手軽な情報収集の結果、昔はケーブル変えて音が変わるのは当たり前!という感じだったのが、電気に対する知識のある方々の意見としては、基本的に変わらないし、変わったところで人が認識するのは不可能!といった意見(非常にざっくりと訳しています。)も多く見られます。

 それなら、安価な現行製品を購入して、聞き比べてっましょう。現在、我がシステムに使っているスピーカーケーブルは20数年前に一世を風靡した日立電線SSX102の外被覆をはがして寄り直し、銅線とブチルテープを巻いてダンピングしたいかにもマニアっぽいものです。音質に特に不満はなかったのですが、何せ古いものですので酸化などの経年劣化が気になってきました。そこで、どれを使っても同じであれば、現行製品の新品に交換すれば精神衛生上すっきりするし、経年劣化による音質低下がおきていれば、音もリフレッシュ!されるのでは? と考えたのでした。

 そこで、オーディオ製品も置いている家電量販店で、某社製のケーブルを購入してきました。OFCの芯線を透明のビニルで被覆した美しいケーブルでいかにも良い音がしそうです♪ 値段はm当たり300円台と非常にリーズナブル! しかも芯線の断面積は今私が使っているものより大きい!と良いことづくめ。端末を圧着端子と半田で処理し、熱収縮チューブで仕上げました。これはいま使っているケーブルと同じ条件です。切り口からの酸化を防ぐため、そして確実に機器と接続するために行っています。

20170422KC3Z2306.jpg


 準備が出来たところで、同じレコードを片面すべて聴いては、ケーブルを交換。これを数回繰り返してみました。私の予想では、新品のケーブルの方が、しっかりとしたかつ緻密な音がするのでは・・・というよりして欲しい。せっかく綺麗に端末処理したのだから。実際に試聴すると新品のケーブルは、ふんわりと柔らかな音、ホールの中でほわーと響きあうような感じに聞こえます。一方、古いケーブルは明瞭ではっきりした音で、新品に比べて明らかに低音楽器の音が大きくかつ引き締まっています。

 私の好みは、迷いなく古いケーブルを通した音でした。気のせいとか何となくといったレベルではなく、両者の音は明らかに違いました。また、ほわっとした、はっきりしたといった違いだけではなく、低音の量感が新品のケーブルでは圧倒的に貧しかったというのが驚きでした。

 職場の部下が貸してくれた現代のアンプ製作者の著書を読んだのですが、過去の機材や音源はソフトなものが多かったため、アクセサリーは、シャープな方向に向かうものが多く、音源がシャープな現代のものに対するアクセサリーはソフト方向のものが多いと書いてありました。古い機材には古いケーブルが合う。まさに聞き比べの結果と一致したのでした。

オーディオ雑記~リスニングポイントとスピーカの置き方~

 私的備忘録のオーディオネタです。前回の続きである最近、自身で感じた「オレってマニアだなぁ」の試行錯誤についてです。

~リスニングポイントとスピーカーの置き方~
 音楽を聴く時間が長くなると気になってくるのが椅子の座り心地です。もともと家にあった木製のフレームにビニルレザーを張ったものを使っていましたが、レコードを2枚も聞くとお尻が痛くなってしまいます。クッションなど敷いてみますが、改善されないので椅子を新調することにしました。

 安価なのと使わないときにコンパクトに収納できることからキャンプ用のリラックスチェアーを購入しました。座り心地はとても良く、気持ちよく音楽と向き合えそうだと早速レコード鑑賞です。ところが!なんだか今までと違います。はっきりわかりませんがメリハリの無い、ぼやけた感じでパッとしません。装置のほうは全く手を加えていないのに・・・

 こうなるともう音が気になって、音楽どころではなくなってしまいます。変わったのは椅子だけなので、座った時の姿勢が変わったのと、頭の位置が変わったことが原因ではないかと目星をつけます。同じレコードを繰り返し聞きながら椅子の位置を後壁に近い位置からスピーカーに近接した位置まで、最初は15cmくらいの間隔で移動させ、ある程度目安をつけたら今度は2~3cm単位で追い込んで自分好みの音に感じられるポジションを決定しました。ちなみに以前、スピーカーの位置も壁からの距離をいろいろ変えて決定した経緯があります。

20170226KC3Z2300.jpg
▲問題の? リラックスチェアー

 低音から高音までのバランスが改善され、しばらくはこれでレコード鑑賞を楽しんでいたのですが、今度は低音の締まりの悪さが気になりだします。やはり音楽に集中できなくなり、改善策を考えます。特別なことをするよりも、まず基本的な使い方が出来ているか見直してみます。オーディオ装置は基本的にしっかりとした床にぐらつきのないように設置するものです。我が家の場合、リスニングルームは和室。床は畳敷きのため、しっかりとした床とはいかず、スピーカーは少々ふらついてしまっていました。

 今までも、2×4材を台にしてふらつきを抑えるのと同時に、床から持ち上げることで、低音の量感を抑えていたつもりでしたが、これは改善しなくてはと18mm厚のパインの集成材(600×900)をスピーカーの下に敷いてみました。畳自体が完全に平らではないので、どこまで改善されるのか心配でしたが、意外なほどに安定し、スピーカーは微動だにしなくなりました。ちなみにこの時は板の上に直接スピーカーを置いています。2×4材の台は無しです。肝心の音のほうですが、改善されたような感じはしますが、今までとは違う響きが加わった感じです。嫌な響きではありませんが、やはり余計な感じです。

 オーディオマニアの先輩方は、18mm厚なんて薄い板を敷くから共鳴してるんだと言われるのではないでしょうか。実際、仮想床の材料選びはいろいろ悩んだのです。人造石のオーディオボードも考えましたが、正直なところ2階にあるリスニングルームにあまり重量のあるものを増やしたくないということもあり、また畳の上に敷くことから畳が鳴き止めになるのでは?使わなくなった時に工作用に転用しやすいだろうなどの理由から18mm厚の集成材にしたのですが、やはり共鳴しているようです。

 そこで、2×4材を使って板の鳴きを抑えてやろうと、スピーカーと板の間に台として挟み込みました。とりあえず、あるもので対策しようといったところです。完全ではないのでしょうが良い感じです。

20170226KC3Z2269.jpg
▲左から 畳の上に2×4材の上にSP(スピーカー)、 パインの集成材の上にSP、 集成材の上に2×4材の上にSP SPの位置がそれぞれ微妙に違っています。

 最後にもう一度、スピーカーの壁からの位置を調整して終了です。ぼやけた感じが払拭できたのか? 何がどう変わったのか、上手く表現できませんが、再び気持ちよく音楽を聴いているということは少なからず改善されたということなのでしょう。

 次回はもっともマニアらしいテーマ、スピーカーケーブルの聞き比べについてです。

オーディオ雑記~目的と決まり~

 毎度のことながら、前置きしなくてはならない。オーディオネタは完全な私的備忘録である。泥沼に陥ったとき、あの時はこう考えてたんだ~と振り返るためのものだ。うちのPCにはオフィスが入っていないので、記録としてブログを利用している。本来のローカルズ通信とは目的が違うのだが、悪しからず。

~オーディオ趣味の目的~
 脱オーディオマニアなどと言って、四半世紀ぶりにレコードを聴き始めましたが、当たり前のように「良い音で音楽が聴きたい」という思いはあるわけで、最近もその試行錯誤の方法がマニアっぽいなぁと思い、何故脱!マニアなどといったのか思い返してみました。昔と違い今マニアといえば相当な変わり者、変人というよりは変態に近いニュアンスがあるような気がします。私的備忘録といいながらブログに公開する以上、やはり変態扱いされたくないという心理が働いたのでしょうか・・・趣味はバイクツーリングにキャンプ、レザークラフトに音楽鑑賞です♪なんていうくらいのほうが健全な感じがしますが、やはり私のオーディオとの向き合い方は世間でいうところのマニアなのでしょう。

 オーディオという趣味は、受動的な音楽鑑賞に能動的な要素を加えた非常に素敵な趣味だなぁと思うのですが、目的を見失うと泥沼にはまってしまうという恐ろしい面をもってます。そもそも「良い音」という極めて主観的な他人に分かりずらいものを求めるにもかかわらず、オレの音は他所と比べてどうなのだろうという偏差値を気にするあまり、自分が欲する「良い音」の基準が他人の基準に左右されてしまい、その結果本来の目的を見失ってしまうのではないでしょうか。では私が求める「良い音」とは・・・これが私のオーディオ趣味の目的となるわけです。

 私の求める「良い音」。それは私個人が気持ちよく音楽を聴くことが出来る音です。それじゃなんだか分からんなぁ~と思うでしょうが、ここで言いたいのは、生に近い音や沢山の人が良いと思う音であっても、自身が良いと思えない音では個人の趣味としては本末転倒となってしまうのではないかということです。他人に聞かせる音づくりではなく、自己満足のためのオーディオ。趣味というものは競技を除けば多かれ少なかれ自己満足のためのもの。こう定義づける(開き直る?)とグッと気持ちが楽になりますし、向かうべき方向もわかりやすくなるのではないでしょうか。 

~決まり~
 目的を決めるだけでは泥沼化は避けられません。目的のために金に糸目は付けないぜ!といえるようなら嬉しいところですが、経済的な事情でそうもいきません。また、苦労して買った思い出の機材ということもあり、機材の買い替えは行わない!というルールを決めました。これで私の「良い音」は「今所有している機材で引き出せる自身が気持ちよく音楽を聴くことが出来る音」ということになったわけです。新しい機材が欲しくなった時は、今、現有の機材のポテンシャルをしっかり引き出しているのだろうか?と考えるとなかなか買い替えはできないものです。

 余談ですが、今使っているスピーカーを買いに行ったとき、いろいろと試聴させてもらったのですが、正直何がどう違うのかわかりませんでした。唯一綺麗な音がするなぁ~と思ったのはハーベスの1号機であるHLでしたが、結局は純粋な聴感よりも見た目を含めた所有欲が勝り、少々無理をしてアランデルを買ったのでした。このことは、結局のところ試聴前から単純に私はこのスピーカーが欲しくてしょうがなかったということで、縁あってイギリスからはるばる我が家にやってきたこのスピーカーを使いこなしてやりたいという思いを抱き続けているのです。

 少し長くなってしまいましたので、自分が思った自身の「オレってマニアだなぁ」の試行錯誤は次回にということで。
プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR