千葉・御宿ツーリング

2011.7.24
 今日は「千葉を走る伝説の男」N氏とツーリングだ!N氏との集合場所、千葉市浜野までは友人J氏と行く。9:00に浜野でN氏とその友人2人と合流、出発だぁ!
KC360039_convert_20110728205924.jpg
▲「伝説の男」登場!

 ルートは千葉の道を知り尽くしたN氏におまかせ。国16から国297、途中から県道を使いカーブいっぱいの山道を走り御宿で昼食。その後外房沿いに九十九里を走るという結構ハードな内容。
 予定通り国297で大多喜まで来た時、N氏から提案が・・・「オサムくんちへクルマ見に行かない?」オサムくんとはこのツーリングに参加しているN氏の友人のひとりだ。
 そんなわけで、オサムさんを先頭に走り出す。どこを走っているんだろう?藪の中の狭い道を猛スピードで先導するオサムさん。しばらく走ると道が広がり、そこにバイクを止めると目の前がオサムさんちだった。
KC360048.jpg
▲オサムさんの48パンを先頭に並ぶショベルたち

 早速ガレージに向かう
KC360041_convert_20110728211438.jpg
▲32デュース・クーペ!

 まさかデュースにお目に掛かれるとは思ってなかったよ。サイダーをご馳走になりながら色々と話し込む。山深い景色と真夏の青い空のせいか、田舎の親戚の家に遊びに来たような・・・ちょっと懐かしい感じですっかりくつろいでしまった。
KC360046_convert_20110728211523.jpg
▲少年のころの夏の思い出?的な景色

 再びツーに戻り、県168から県173と思われる道をぐねぐねと走り回る。途中、高滝湖でN氏の友人と偶然出会い、そのままツーに参加することになった。県道から国465から国297へ、そこから県82、県174、県176と再び山道をグルグルと走り、御宿のお目当ての店に到着。出てきた料理は特盛りでインパクトは大!味のほうは・・・感想と写真は無しです。
 食後はスペイン記念塔へ行って休憩することに。あまり知られていないのか、ほとんど人がいない。
KC360051_convert_20110728211558.jpg
▲スペイン記念塔 本当に高い!

 高くそびえる記念塔の向こう側に行くと・・・
KC360052_convert_20110728211627.jpg
素晴らしいオーシャンビュー!開けた視界は180度以上広がる太平洋を眺めることが出来る絶景ポイント♪ だたし夜間は進入禁止。
 そのあとは御宿海岸を流して国128で九十九里に向かう。県30に分岐するまでの渋滞は避けようが無いね。県30はテラス付きのレストラやカフェ、サーフショップが並ぶお洒落な通り。そこを通り抜け波乗り有料道路に入りPAで休憩、ここで解散となった。
 このあとN氏以外は千葉東金道路に乗って帰るため、再びオサムさんを先頭に走り、高速道路で流れ解散した。5台のペースを合わせるため、傾き始めた日差しの中をゆったり走るバイク。高速道路もこんな風にのんびり走れると気持ち良いね。
 山の中を走り回り、絶景を見て、潮の香りを感じ、夕涼みする・・・そんな子供のころの夏の思い出みたいなツーリングでした。
スポンサーサイト

旅団キャンプ(3日目)

2011.7.18
 楽しかったキャンプもついに最終日。帰りのルートは十国峠を越え、そのまま国462で本庄児玉まで行き、関越道で帰ることにした。
KC360030_convert_20110723225831.jpg
▲まだ開園前の滝沢牧場メイン広場 やはり緑のマシンがセンターを占める

 十国峠に行くまでの国141は流れが悪く、この先一本道の国299の様子を心配したけど道はガラガラ。峠に入る前の道は幅広く、直線と大きなカーブの組み合わせで気持ちよく走れる。長野の山々を目に焼きつけながら快走♪
 ところが十国峠に入るとやっぱ狭い。でも交通量は少なく、同じ進行方向ではクルマを1台追い越しただけ。バイクはゼロ。気合い系ライダーが後ろから来ないかとバックミラーを気にしつつ、見通しの悪い前方に目を凝らす・・・結構長いよなぁ。
 十国峠を抜けると道幅も広がり快走♪ 快走♪ ペースも上がって気持ち良いから休憩もしないで走り続ける・・・だから写真も無い。
 国299から国462に入ってからも進行方向には誰も居ない。信号も無い。ハイペースで走れるけど景色は往路の国299のほうが良かったなぁ・・・なんて思っていると神流湖沿いに出る。うん!ここは良い♪ 変な橋が架かっていたりダムがあったりで景色を見ながら快走♪ さすがにICが近づくと混んできたけど往路の秩父よりはましだな。
 本庄児玉ICから関越道を上る。一番端を走るトラックの後ろをポテポテ走り、外環経由で常磐道流山IC下車で帰宅。ロンさん夫妻とキャンプで仲良くしてくれたお友達、楽しかったよ!

旅団キャンプIN野辺山(2日目)

2011.7.17
 1日目には約20人が集まり、日が沈みアルコール燃料が入ったキャンプサイトといったら・・・いや~楽しかった♪ でも楽しんでたあまり写真が無い。
KC360023_convert_20110720230721.jpg
▲1日目の駐車場 さらにぽちぽちとバイクは増えていく

 2日目は近く?をツーリングしながら蕎麦を食べ、ケーキを食べ、温泉に入りに行くことに。どこをどう走ったのかな?カーブの続く景色の良い道だけど先導してくれたセンセについていっただけで全くわからない。
 よく分からないまま到着した蕎麦屋は三分一?とかいう水源のあるところで、林の中に綺麗な水が懇々と湧き出していて手が痛くなるほど冷たくて、誰が一番長く手を漬けていられるか競争したりした。
KC360026_convert_20110723224244.jpg
▲三分一?の水源 水源からの水をここで3方に分けている

 蕎麦、ケーキ、温泉と楽しみ満載だったのだが、蕎麦が来るのを待ってる間に眠くなっちまって、それはそれは我慢できないほど・・・そんなわけでオレは一足先にアルコールを買ってサイトに戻ることにした。センセ、先導ありがとうございました。
 サイトには2日目からの参加者がぞくぞく集まって来ていて、初日からの参加者と合わせて約40人に。楽しいキャンプの様子は、リンクにある「風に愛されるものたちへ・・・」から見てほしい。素敵な写真やキャンプ参加者それぞれのブログへ飛べるからね。

旅団キャンプIN野辺山(1日目)

2011.7.16
 今日から3日間に渡り長野県野辺山の滝沢牧場でキャンプだあ!主催してくれたのは板橋に住むJET・CITYな男、ロン氏夫妻。
 往路はご近所のHJ氏と一緒に行くことになった。同じようなバイクに乗る年も近いイケメン野郎です。オレと同じように高速道路が嫌いなHJ氏、野辺山までのルートはオレの提案に乗ってくれて下道メインとなった。
 朝8:00集合していきなり柏ICから常磐道に乗り三郷から外環、そのまま関越道、圏央道に入り狭山日高ICで下車。外環、関越道はずっと渋滞だった。さっさとすり抜けしてお楽しみの下道に出る。・・・が、ここからひたすら国299を西に進んでいくのだが、秩父に出るまでずっと遅いクルマがいる。いくら抜いてもその先にまた別のやつがいる・・・正直まいったね。
 小鹿野を抜けるとクルマも少なくなりペースも上がってくる。道は綺麗でカーブは大きくハーレーでも走り易い。景色はぐっと山深くなり走っていて本当に気持ち良い。写真が無いのは気持ちよく走っていた証拠です。
 国462と合流して間も無くの道の駅「上野」で休憩する。ちょうど12:00なので昼食を食べに併設されているそば処「福寿庵」に入る。ここで冷たいおそば「十石蕎麦」をいただく。
KC360021_convert_20110720230503.jpg
▲道の駅 上野「福寿庵」の十石蕎麦

 正直、道の駅ってことであんまり期待してなっかたの。でもこの蕎麦、旨かったぁ。期待してなった分、得した感じ。さあ飯にも走りにも満足ニコニコ状態で出発する。この先、十石峠・・・地図で見てもずいぶん狭そうな道だ。しかも長い。実際に走ってみると・・・狭い&見通しの悪いカーブの連続。バイク同士ですれ違う時でも、いきなり出くわす感じだからちょっとびっくりする。基本的にクルマはほとんど走ってない。バイクも少ない、が荷物満載では文字通りちょっと荷が重い。幸い気合い系ライダーに後ろから突っつかれることなく国141に出る。国141を25kmほど南下すれば目的地「滝沢牧場」だ。
KC360024_convert_20110720230615.jpg
▲一緒に柏から走ってきたショベル兄弟(左オレ・右HJ)
KC360031_convert_20110720232757.jpg
▲入り口をくぐるとこんな感じ 緑のマシンが格好良いぜ!

 友達同士のキャンプって単純に楽しいよね?このキャンプではプラス普段会えない友達にも会える。関東からだけじゃなく名古屋、新潟からも集まってくる。なんかテンション上がるね♪

銚子ツーリング

2011年7月9日
 どうも梅雨があけたみたいだ。最近やたら暑い。でも雨さえ降らなきゃバイクに乗るしかないでしょ!ってことで、職場の先輩YさんとAさんを誘って県内ツーリングの鉄板コース、銚子に行くことにした。
 朝9:00と遅めに地元のコンビニに集合する。朝から暑い。なんか空気が重いぜ。オレを先頭に走り出す。国16、国6とすり抜けしながら軽快に走る。走ってれば暑さは気にならない。国6から利根川の千葉県側、県170に入る。みんな銚子を目指すといったら、やっぱ利根川沿いをガーッと走ると思うのかな?でもオレは曲がったコトが好き・・・いや曲がった道が好きだから、土手沿いを走るのは神崎の手前まで。県79を使って多古町へ出る。この県79、国51を横切るまでの約10キロはちょっとしたスペシャルステージ?でクルマは少なくカーブは大きく結構なペースで走ることが出来る。多古からは県74に入るが完全な裏道で信号もほとんどない。田舎のおばあちゃんチの家の前の道って感じで峠道ではないが、カーブがいっぱい続いている。旭市まで来ると飯岡バイパスに出て国126で銚子に向かう。混むのはこの市街地を抜けるときだけ。もうすぐ目的地の銚子漁港だ!

金目あぶり丼
▲海ぼうずの金目あぶり丼

 時間は12:00ちょっと前、風が涼しい。柏に比べてずいぶん気温が低く感じる。お目当ての店「海ぼうず」に入る。ここはひとりでもよく来るお気に入りの店だ。ここの漬け丼はどれも濃厚で旨いのだが、新作「金目あぶり丼」を3人そろって頂くことにした。うん♪ サッと炙ってあるせいか脂が乗ってるのにしつこくなく、とっても食べやすい。小食なオレはいつも漬け丼でおなかいっぱいで苦しかったのだが、これはサラッと完食。金目の味が良く分かる贅沢な料理でした。
 食後は旧銚子有料を使い飯岡灯台のある刑部岬に移動。水平線の丸く見える太平洋や飯岡市街から九十九里浜が見られる展望台があるが、ここに寄った目的は食後のソフトクリームを食べること。結構でかいので早く食べないとお手手がべとべとになってしまうので気をつけてくれ。ここでチクハグな3台をならべて記念撮影。

コピー ~ KC360020
▲左からA氏のスズキさん・Y氏のダイナさん・オレのパクチョイさん

 後は帰るだけだが、道をちょっと変えてみた。飯岡バイパスから県74までは同じだが、途中で県56を使い佐原市へ抜ける。この県56は丘陵地帯を抜ける感じの道で空いていて走りやすい。佐原からは利根川沿いをひたすら真っ直ぐに走る・・・ん?真っ直ぐは嫌いなんじゃないかって?まぁ往路だけで結構な充実感を得ちゃってんだよね。なにせ途中休憩なしだから。もちろん往復県79を走ることもあるよ。でもこの後Yさんがお子さんをプールに連れてくっていうんでサクサクと帰ることにした。
 今回のコース、二人とも満足してくれました。県79,74は一本道ではないので、二人ともどこを走ったのか分からなかったみたい。でもこの道はお勧めだから色んな友達に紹介していきたいな♪

昔の仲間と

 昔、クルマで遊んでたころの友人達と一緒に飲んだ。平日にもかかわらず遅くまで付き合ってくれて楽しかったよ。
 元々の目的は革製品の納品と新たなオーダーの内容確認。いまやバイク乗りじゃなくてもウォレットを使ったりするでしょ?成人式2回を超えたような大人になるとプライベートで使うの財布だって気を使いたくなるよね。以前ウォレットを購入してくれたM氏。その後追加オーダーで受けた携帯ケースとキーホルダーの納品と、新たにカップルでウォレットの製作依頼をくれたA氏との打ち合わせが同じタイミングとなった。二人ともクルマで遊んだ友人。それならと近所に住む同じくクルマ仲間だった太氏を誘ってのちょっとした暑気払いとなったってわけ♪
lt="M氏所有ウォレット" border="0" width="240" height="320" />
▲M氏所有のウォレット

 しかしなんだねぇ、知り合いなのにちゃんとお金払ってオレの作った物を欲しいって言ってくれるなんてうれしいね。みんなには本当、感謝してるよ。これから製作にはいるウォレット、気合いれて作るから待ってて!

ロングウォレット

 先月、一緒に日光にツーリングに言ったP氏。実は青梅で「PETER・MACHINE」というセレクトショップをやっている。バイカー趣味オンリーというわけではなく、スケートなんかも交えたカリフォルニアスタイルとでもいうのだろうか。P氏の格好良いと思うブランドを取り揃えている。
 そんなP氏、オレの革製品のユーザーでもある。P氏が使ってるロングウォレットはオレが初めてシェリダンスタイル以外のカービング装飾をしたモデルで、ガラガラヘビの骸骨をモチーフにしたものだ。初期の作品であり、自分のなかでは結構気に入っていたので、これを選んでくれたのは嬉しい
       繝斐・繧ソ繝シ豌乗園譛雲convert_20110702212324

ちなみに「PETER・MACHINE」にはうちの「ローカルズ」製品も一部陳列してくれている。興味のある方は是非青梅の店舗に行ってみて!
プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR