飯岡ソロ・ツーリング

2011.12.25
 おそらくツーリングとして走るのは今年最後の機会だと思い、ひとり千葉県旭市(飯岡)に行くことにした。この日は結構寒くてエンジン掛けるのに20分も掛かっちまった・・・。

 9時40分出発!国16~国6を使い利根川沿いの道を走る。国16は結構渋滞していたが、国6からはクルマは少なくガラガラ。セカセカすり抜けしなくても気持ちよく走れる♪ 出足好調だぜ!

国道356
▲利根川沿いの千葉側を走る国356

 ゆったりと走っていたのもつかの間、神崎の手前、滑川観音の前を通り県79~県74を走る。何回となく紹介してるけど、峠道ではないが、旧市街つなぐ裏道でいろんな表情があって面白い道だ。クルマはほとんどいないが、じっちゃんたちがのんびり走ってることもある。今日はひとりだからサクサクと抜いていく。

県道79
▲表情豊かな県道79~74 町を抜けるときは歩行者に注意だぜ

 飯岡バイパスまで来れば目的地までもうちょっとだ。バイパスを軽快に飛ばし到着したのは「地雷や」。たま~にプラっと寄せてもらうラーメン屋さんで、ハーレーに乗ってるようなバイカーさん達にはちょっと有名なお店だ。この日も忙しい中、厨房から出てきてくれてしばし歓談。ここまでノンストップで走って来たからか体が冷え切っちまっていて、頼んだのは「白ゴマ坦々麺」。ピリ唐で暖まったぜ。

白ゴマ坦々麺
▲白ゴマ坦々麺 写真撮るのを忘れてちょっと食べてしまった・・・

 体が暖まったら復路は来た道を引き返すことに・・・でも途中で気が変わって干潟から佐原に抜け、国356で帰宅した。佐原付近の国356はぱっと見はキレイなのだが、路面が悪いのでリジットでは跳ねまくり!スピードは控えめに。ちなみに新春恒例の「地雷やツーリング」はこの往路を往復使う予定です。

 今回は珍しく道路の様子を写真に撮ってみました。見せたい景色のところは本来止まりたくないところなので、今まで休憩中の写真しかアップしてなかったんだけど・・・正直、面倒くさい。今回限りかな?
スポンサーサイト

木更津アクアツーリング

2011.12.18
 17日の夜は柏近辺のバイク乗りを中心に友達が集まり、地元で忘年会をした。青梅からバイクで参加のP氏はオレのウチに泊まってもらい、翌日はJ氏と共に3人で軽くツーリングすることにした。

 当日は気持ちの良い冬晴れで、風もなく最高のツーリング日和だ。しかしながら忘年会明けということで、距離を押さえかつ、ボヘーっと走れる道ということで千葉県木更津のアクアわくわく市場を目指すことにした。

 ルートは簡単で、国16を柏から千葉方面に進み、海沿いの国16を南下してアクアラインの真下まで来たら東京湾に向かって右折、アクアラインに沿って道なりに進めばそこは「アクアわくわく市場」。

 柏から千葉まではクルマが多く、雑多な街場なので早く通り抜けたくなり段々ペースが上がる!P氏のバイクがデカイのもお構いなしに結構いいペースですり抜けしまくっちまった・・・それでもフツーに着いてくるP氏、あなどれんな。
 国14に入ってからはゆったりとボヘーっとVツインのリズムを楽しみながら走る。こういう大人の走りも良いもんだね♪ そうこうしているうちに目的地に到着!

木更津金田IC
▲アクアライン木更津金田ICの直ぐ近く 今日は穏やかなツーリング日和

アクアわくわく市場
▲観光客のオッサン「これハーレーか?もったいない」 オレ「遊びはもったいないと思われるぐらいで良いんだよ」

 市場と言っても観光市場である。アーケードの四角い通路の両側に店舗が並ぶ。店の名前は忘れちまったが、右奥の方で食事した。オレは煮アナゴ重を注文。柔らかく煮たアナゴさんがお重一面に綺麗に並べられていておいしゅうございました。

市場内
▲左J氏はあなご天丼 右P氏は海鮮丼 手前がオレの煮穴子重

 食事のあと、P氏はアクアラインで帰宅。オレとJ氏は再び来た道を戻るが内陸の国16には入らず国357から県180で松戸にあるベガス3号店に向かう。ここで「関宿散歩」でご一緒したK村氏とレザークラフトのオーダーの打ち合わせ後、帰宅した。
 J氏とP氏、二人のムードメーカーとの走りは穏やかな日和と相まって、忘年会明けのちょっとダルな一日を最高の気分で過ごすことが出来たぜ。

リアブレーキ・ピストン交換

 ちょっと前からリアブレーキがキーキー鳴いて街中では恥ずかしい思いをしていたので、チェックしようとパッドを外してみると片側が斜めに減ってる・・・ピストンを見てみるとこっちも斜めに減っていやがる。

斜めに減ったパッド
▲分かりやすいようにパッドを合わせてみた 左側が右側より狭くなってる

 実はピストンが斜めに減ったのを見つけたのは今回が2回目。最初、気づかずにパッド交換してブレーキをガッツリ掛けるとピストンがキャリパーの中で斜めになってカジッてしまい、ブレーキがロックされてしまったことがあった。そのときはピストンをやすりで削って平らにして組み直したのだが、もう減ってきちまいやがったぜ。

 次回はキャリパー交換しようと思っていたのに、候補に上げていたグリメカ2ポットは生産中止・・・仕方ないのでピストン交換してこのまま使うことにした。

交換部品
▲GMA用ピストンとOリング、パッドを取り寄せる

 ピストンを抜いて新品と比べてみる。

ピストン新旧1
▲左の旧ピストン、下のほうが大きく減っている

ピストン新旧2
▲横から見て比べてみる。減ってるのが分かる?

 レース用なのか?ピストンはアルミ製でダストブーツも無くOリングのみ。アルミだから削るのは楽だけど、それって削れ易いってことでしょ?ストリートユースでどうなのよ?

取り付け終了
▲とにかく組み付けて終了 ブラケットはグリメカ用を偏芯させて流用している

 取りあえず、これでしばらくは問題ないだろう。パッドは特に高性能ってわけではないけど、ローター径をアップしてるからそれなりに効いてくれる・・・でも次回は手間の掛からないキャリパーに交換したいな。

いろはツーリング in 鹿島神宮

2011.12.5
 この日は地元のお鮨屋さん「いろは鮨」さんの年内最後のツーリングに参加してきたぜ。ここのツーリングは月に一度、月曜日に行われている。今年はオレも数回参加させてもらった。夏の宿泊ツーリングは普段会えない楽しいメンバーとも走って、呑んで、話せるのでオレのなかで欠かせないイベントのひとつとなっている。

 はっきり言ってこの月一ツーリング、年齢層が高い。そしてバイクはそろってデカイ!オレも立派な中年ではあるが、このメンツの中では異端だ。この日は約20台が集まった。目的地は鹿島神宮ということで、流山ICから出発!

 常磐道から圏央道を隊列組んでゆるゆる走る♪ いつも高速走行はみんな飛ばすのだが、今日はゆっくり。オレみたいなバイクにはこのくらいのペースが気持ち良いぜ。下道になるとクルマ並みの走りになってしまうのは、まぁしょうがないね。おなかも空きはじめたころに鹿島神宮到着だ。

参加者のみなさん
▲平日にも関らず、結構集まるもんです

参道1
▲山門を潜ると石畳の参道が続く

参道2
▲その先には綺麗に掃き清められた砂地の参道が続く 杉の巨木が立ち並ぶ

お社
▲そこにはしぶーいお社が建つ

 こういう景色に出くわすと清々しい気持ちになるのは日本人だからなのか?それにしても簡単に気持ちの変わるオレって単純だな・・・まぁいいヤツってことだよ。

本殿
▲引き返す途中にある本殿で手を合わせる

 お参りした後はすぐ近所にある蕎麦屋に行く。なんて名前の店だったかな?人に連れられて行くと意外に気にしてないんだよなぁ・・・名前は覚えてないけど蕎麦、旨かったよ。ほんと、蕎麦が旨いなぁって感じがした。

天ざる!
▲オレは天ざるを注文 店の名前は「TAKEYABU」・・・箸袋に書いてあった 天ぷらも超ウマ!

 普段、仲間との走りとは全く違うツーリングだけど、受け入れてくれるヒトがいるなら、ジャンルが違うと切り捨てずに交わってみると意外と楽しいかもよ?

関宿散歩

2011.12.4
 3日の土曜日の夜はHJ氏とそのお友達と共に近所のバーDENで飲んだ。翌日の天気予報は晴れ!お友達はバイクで来ていて、今夜はHJ氏宅にお泊りだ。これは翌日走るしかないでしょ~!

 日曜日は11時に地元のGSに集合。メンバーはHJ氏、弟分のK太郎、オレにとっては初めましてのK村氏の4人。今回はHJ氏が先導してくれることになった。最初の目的地は30kmほど離れたところにある関宿城だ。

 柏から国16を野田方面に走り県17を北上して行けば利根川の支流、江戸川の始りの近くにある関宿城に到着。日差しはあるものの、やはり少し寒い。

関宿城
▲関宿城 ちょっと高台にあるので見晴らしが良い

 冬晴れらしい澄んだ空気に、雲ひとつ無い空!実はこの場所にはたま~にふらりと訪れたりするちょい乗りスポットだったりする。周りに何も無いので辺りが見渡せてちょっとした殿様気分になれる(?)。

 ここから利根川を渡り、国354、県215、ライブライン、県142、県3、県58、ふれあい道路と乗り継ぎ40kmほどのところにある取手のハンバーガーショップ「ビックスマイル」に行く。道は空いていて程よいペースで走る♪

ビックスマイル
▲取手にある「ビックスマイル」

 ここはベースになるハンバーガーにトッピングを加えて注文するシステム。オレはエッグ、アボガド、タルタルをトッピング♪

ビックスマイル店内
▲左からHJ氏、K村氏、K太郎 さわやか~な3人?

 店内は壁一面にお客さんのクルマやバイクの写真が貼られ、テーブルのビニールクロスの下にはアメリカン・ドラッグ系の写真などが飾られている。以前ご主人と話したとき、お互い学園都市のゼロヨンに行っていたことが判明、当時会っていたかも?なんてちょっと盛り上がったことがあったぜ。

K村氏パンヘッド
▲丁寧に整備された感じのK村氏のパンチョッパー  うーん、渋い。 

 今回の目的地、実はオレも同じことを考えていた。まぁルートは若干違うけど凄い偶然だね。ビックスマイルからうちまでは20~30分程度。ここからはオレが先導してK村氏、K太郎両名を柏IC近くまで送って解散。
 HJ氏、先導ごくろうさま。K太郎、また泊まりで遊びに行くぜ。K村氏、レザーのオーダーありがとう!次回からローカルズ・ツーにご招待します!


タロ・キャンプ in 毛呂山

2011.11.26~27
 ここ数年、締めのキャンプになっているのがRUST主催のT氏が催すこのキャンプ、通称「タロ・キャン」。40~50名を目安にT氏の独断による面子を集めてのこのキャンプ、MTGではなく完全なプライベートキャンプだ。

 会場の毛呂山までは柏から約70キロ。出発はちょっと遅めの11時、地元のHJ氏、S氏と共に外環、関越道と淡々と走る。毛呂山市内で名物「豚玉毛丼」を食べる(写真なし)。最近作った名物?らしく、ゆわいるB級グルメだそうで結構美味かったぜ。

 おなかを満たし会場に入る。既に多くのバイクが入場していた。その後もどんどん増え続けるバイク達。今年は40名が集まった。オレが知ってるのは約半分、岐阜(だったかな?)からも参加者がいたりでT氏の顔の広さを実感した。

駐車場

 とにかくこの日は寒かった!陽が落ちてからは本当に、本当に寒かったぜ!みんなでタープに集まり炊き出しはどこも鍋物が多かったな。タープをブルーシートで囲んで防寒対策したり、ホームレスみたいだったね。

キャンプ1

キャンプ2

キャンプ3

 プライベートキャンプってのは、理屈抜きで楽しいね。しかしながらこんな季節でも他にお客が沢山!周りのお客に迷惑かけないように0時には寝袋に入った(本当はスンゲェー寒かったからだけど・・・)

 翌日はバイクウォッチング♪ チョッパーからツアラーまで何でもそろってる。今回も個人的好みで2台をピックアップして紹介するぜ。

’70チョッパー
▲70年代を彷彿させるショベル・チョッパー 初めて見たバイクだけど気になった1台

R.jpg
▲お友達R氏のショベル 乗り込んだバイクならではの雰囲気がカッコ良いね

 帰りはS氏と共にベガス3号店に寄る予定だったのだが・・・高速でS氏がシフトペグを落とし、HJ氏のハンドルが折れた。・・・HJ氏、折れたハンドルってのはビニールテープで巻けば運転できるものなんですか?オレだったらレッカーしますよ。
 S氏は予定通り、そしてHJ氏は予定外にベガスに寄って修理することに。いや~みんな器用に運転してきて無事について良かった良かった。
プロフィール

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR