Eキャブのその後とスプロケ交換

 昨年7月にキャブをSUからEに交換した記事を書いた。その後、よくオレと走る友達は知っていると思うが頻繁にSUに戻したり、Eにしてみたりを繰り返していた。理由は簡単、調子が悪かったから。高速走行では100km/h程度まででそれ以上加速させるとカブッたように失速する始末。(でもプラグは真っ白?)

 10月にベガスの新村店長に見てもらいやっとまともに走るようになった。何が悪かったのか?きちんと報告したいと思う。それは「アメリカ製品の~用」を信用してしまったから! 

 それは「Eキャブ用エアクリーナーバックプレート」。このメーカーって日本語で広告も出してるし、なんか日本製みたいな安心感があってアメリカ製って意識がなかった・・・実際にボルトオンで付いたけど、ボルト穴以外の穴が足りなかったぜ。

KC3Z0344.jpg
▲矢印が開いてなかった穴 チョークに繋がる

 もちろん穴が開いてないのには気付いてたよ。でもチョーク機能は殺したままにするつもりだったから「ここに穴いるの?」って誰か(バイク屋さんね)に聞いてるんだよ。まあヒトのせいにしてもしょうがないし、アメリカ製のバイク(クルマも)部品の「~用」に疑いを持たなかったオレの失敗だね。それにしっかりした作りで安価だし、不良品だなんて全く思ってないよ!

 そんな苦労?の末、まともに走るようになったマイ・ショベル。半年前にタイヤの銘柄を変えたら外径が小さくなっていたのだが、SUのときは何も感じなかった。ところがEにしたらエンジンが余計に回る分、車速が伸びてこないことが気になった。そこでリアスプロケを2丁落としてみた。

スプロケ
▲48丁から46丁へダウン 重ねてみてもほとんど変わらない

 理屈では今まで100km/hで走ってた回転数で走ると105km/h程度のスピードになるはず。また、もし5000回転回っていたとすると4800回転で同じ速度が出ることになる。これって微妙すぎて分かんないんじゃね?って思ってたんだよ・・・山走るまでは。

 先週のローカルズツーが仕様変更しての初走り。国道や高速はゆるゆる流してたから変化に気が付かない。しかぁ~し!山道を走り出すと様子がおかしい。いつもと同じようにコーナーに入ってゆくと曲がりづらい!え!何で!アウトいっぱいまで膨らんじゃうよ!・・・答えは進入速度が上がったから。なぁ~んも気にせず、いつもどうりのエンジンのうなり具合でコーナーに進入していくと曲がれないのだ!

 はっきりいって怖かったよ。ホント、こんなに違うのかって。だんだん慣れてきてコーナーの出口でスロットルをグワっと開けてやると面白いくらい加速していきやがる!(・・・あくまで今までと比べてね)
 早くこのずれを覚えないと・・・山で事故るな・・・なんか楽しみの方向性がずれてきている気がする。調子に乗らないようにしないと。
スポンサーサイト

ローカルズ・ツーリングin館山

2012.2.19
 ローカルズ・ツーリングに限らず、ツーリングを企画するときは参加してくれたヒトに楽しんでもらいたいという気持ちがある。ローカルズ・ツーは自身のブランド「ローカルズ」のユーザーさんとのツーリングというのが前提ではあるが、ユーザーさん以外のゲスト参加もある。

 年度末で忙しいなか、ユーザーさんではこの前Iフォンケースを購入していただいたK村氏が参加!ゲストとして半年間の夜勤で一緒に走れなかったR氏が参加してくれた。

Iフォンケース
▲K村さん、ご愛用ありがとうございます。

 ルートは集合場所である館山道市原PAを出発したあと木更津北IC下車、県33、92を経て、高速コーナーの続く国465から聖なる道、県88で館山市内に向かうハードな道だ。

 今日、オレのマシンは絶好調。峠好きのR氏によろこんでもらおうと頑張って飛ばすのだが、塩カルが撒かれた路面は白く濁り凍っているように見え、体がビビッてバイクが寝かせられず、カーブが曲がれない~!そんな感じで道の駅「三芳村」で休憩。

参加者
▲左 K村氏のパンチョッパー 右 R氏のFLH?山道早かったね

 K村氏のパンチョッパーは派手さはないがきちんと整備されていてオーナーの愛情を感じる。対してR氏のショベルは乗り込んだ歴史を感じさせる佇まい。どちらも良い雰囲気だ。

 食事処は館山市内の「とんかつ こぶた」11:45入店時には空いていた。以前に来店して味は確認済み!

ロースカツ定食
▲今回は3人ともロースカツ定食 肉の厚さ25ミリはあるな

 満足出来た食事の後、北条海岸に出て海沿いを北上、道の駅「とみうら」で菜の花鑑賞♪ なのだが・・・菜の花畑の半分は終わってやがった。数年前に満開の菜の花畑を目にして以来、来てるのだがその後満開には一度も出会えない。

とみうら
▲道の駅の裏手に広がる菜の花畑 なんとか満開に見えるように撮ってみたけど・・・

 日中の館山市内は温かく、3人で名産びわを使ったソフトクリームを堪能♪ ハーレー乗りの団体としばし会話し、再び往路と同じ道を戻った。さっきまであんなに温かかったのに山に入ると指先が冷えてくる。市原PAで挨拶を交わし、宮野木JCTで流れ解散となった。オレの先導でどのくらい楽しんでもらえたのか気になるところだが、良かったら又参加してくださいね!

トートバック装飾

 ずいぶん前からオーダーを頂いていたトートバック。年明けからようやく製作に入ることになり先月打ち合わせさせてもらいました。内容が決まってからは日々製作しているのだが、本業から帰宅してから僅かな時間しか割けないため牛歩のごとき進捗である。それでも装飾部分のカービングが終わりました♪

カービング
▲まだ表面にはなんの仕上げも行っていない彫りあがった素の状態

 これから表面に仕上げを行うが、S氏こだわりのオーダーにより今回は真っ黒に染色する。シックでクールな出来映えを目指して製作続行中! S氏、しばしお待ちを。

ターシー・ツーリングin千倉

2012.2.11
 いつもツーリングは声を掛ける方が多いのだが、この日は珍しくお誘いをもらった。誰が来るのかは聞かず、知らないヒト達と走って交流を広げるのも良いかな?って感じで参加させてもらった。道の駅やちよで主催のターシーさんと合流、次の集合場所である君津PAへ4人で出発!

 ターシーさんの先導でサクサクと走り君津PAに着くと、既に他の参加者は到着していた・・・ほとんど知ってるヒトだぜ。まあいいけど。総勢7人で初対面は1人だけ。残りの5人中4人とは一緒に走ったこともあるなぁ。でもヒトのツーリングに参加するのは自分とは違う視点で構成してくれるから結構楽しい♪

kimitu.jpg
▲ハーレーばかりだったけどナックルからツインカムまでいろいろ集まった

 館山道を終点まで行き道の駅とみうらで休憩した後、北条海岸から洲崎と海沿いを走りフラワーライン沿いの道の駅南房パラダイスで休憩。ここでターシーさんはクラブハーレーの撮影の約束だったようで、しばし撮影待ちに。

撮影風景
▲ターシーとゆかいな仲間達の撮影風景 オレともう1台のチョップバイクは雑誌のカラーを考え自主規制

スタッフ
▲編集部員のナナちゃん(だったかな?) かわいかったので逆光にもかかわらずパチリ

 う~ん、撮影はいいけどお腹空いたよぉ~ってことで向かったのは千倉にあるインディー。かなり人気店だそうだが、テラス席に直ぐに座れた(予約してたのか?)

インディー
▲格好良い外観のインディー オーナーさんはバイク乗り

ピザ
▲石釜で焼くピザはとっても美味しい 7種類頼んで(写真は構成上6種類)取り分けて頂いた

 ちなみに今の時期にオレがツーリングを企画した場合、明るいうちに帰宅出来るスケジュールで走る。しかしこの時点で14:30。ずいぶんのんびりしてるなぁーとタイムスケジュールを確認すると、みなさんフツーに夜まで過ごすとのこと・・・いやオレはもう帰りますよ。用事もあるんでってことで偶然参加していた同じ地元のショベラーN氏とここで失礼させてもらった。

ショベルヘッド
▲クラブハーレーの撮影を自主規制した2台 いろんな事情があるんです

 ここからN氏を引っ張り県88を使って北上したのだが・・・概ね評判の良い県88なのだが、N氏いわく「険しすぎます・・・」との感想。その後木更津北ICから高速に乗ったのだが、N氏のショベル、電線の断線でエンコしちまった。まぁちょっとした落ちもついたが無事に帰宅。主催のターシーさん、誘ってくれたヨッチャンありがとう!

 

銚子漁港ソロ・ツーリング

2012.2.5
 久々に銚子漁港を訪れたくてソロで走ることにした。この日はオレのためだけのツーリング、オレが楽しむためだけのツーリングだぜ!朝は寒いんで、出発はちょっと遅めの9時。愛車のショベルも快調だ。いつものように取手から利根川の千葉側を走り、成田辺りからお気に入りの県79、県74を快走する。

 この日は地元柏を出発したときからクルマが少ない。バイクに至ってはほとんど見掛けない。県道に入ってからも相変わらずだ。たまーに走ってるクルマに追いつくと、さっさと抜き去っていく♪ 後ろを気にする必要が全くないから本当に気ままに好きなように走る♪ 結果、飯岡周りのルートにも係らず11時半に銚子漁港に到着。

銚子漁港
▲漁港の建物は震災の被害をうけて今でも立ち入り禁止になったまま。駐車した反対側に店が並ぶ

海ぼうず
▲訪れたのは毎度おなじみ「海ぼうず」

 「海ぼうず」は10年近く通っているお気に入りの店。ここの漬け丼はスゲー旨い!いろんな漬け丼があるけど、今回は生まぐろの漬け丼を注文。銚子ってーとイワシ?サンマ?でも銚子ってマグロ水揚げの基地だって知ってた?

まぐろ漬け丼とあら汁
▲まぐろ漬け丼とあら汁。サワラのかま焼きを付けてもらったぜ!

 いやー旨かったなぁ♪ だいたい海鮮丼ってどこも同じで飽きてくるんだけど、ここの漬けシリーズはいつ食っても満足できる。今回のあら汁にはプリプリの伊勢海老まで入っていてこれも最高♪ サービスしてもらったサワラも程よく脂がのってて旨かったぁ。毎回ここに来て思うのは、味はもちろん、もてなしを受けているという贅沢さを味あわせてくれること。

 帰り道も土手沿いを走るつもりが、気まぐれで同じくねくね道を走って帰ることにした。往路同様、気ままに走りバイクの自由さを満喫♪ お気に入りの道に気ままな走りとお気に入りの店。まさにオレのための一日、こんな気持ち良さも久々だったぁ!

房総保田・企画ツーリング

2012.2.5
 一週間遅れのアップとなってしまったが、この日は千葉を走る伝説の男N氏とオレが万全の信頼を寄せるツーリング・コーディネーターF氏、そしてオレの3人で千葉の内房、保田を目指しツーリングした。

 前の週に関東は雪が積もり山道は凍結している可能性があったため、姉崎のコンビニで集合した後、珍しく国16、国127と内房を廻る国道を使い南下していった。周りの流れに合わせマッタリとしたペースで走ることになったが、先週バイクに乗っていないもんだから、バイクに乗れる!ってだけで楽しいぜ。

集合
▲朝の集合時、曇り空でとても寒い。3者3様のショベルとN氏(左)とF氏(右)

 オレとしては保田にある漁協直営の「ばんや」での昼食を提案したのだが、N氏から「飽きた」と却下。そこでF氏からちょいと気になる店が・・・と提案があり、「ばんや」にほど近いそば屋?に行くことにした。
 3人とも様々なツーリングで先導をすることが多いから「旨い店、新規開拓!」を合言葉に企画ものツーリング?としてポコポコ走り出すのだった。

 目的の店はごくフツーの街のおそば屋さん。メニューには海鮮掻揚げ!と大々的に書かれているため海鮮掻揚げ天丼なるものを注文。・・・お好み焼きみたいにねっとりした食感(あくまで食感ね)を味わえる一つで2倍お得な掻揚げだったぜ・・・F氏、気にしねーでくだせー。あなたが悪いわけじゃありません。

 今後ツーリングの目的地にされることのないこの店を出て、店にあったグルメマップ(もはや信用出来んな)を見ながら勝山漁港辺りを散策。

勝山漁港
▲勝山漁港にバイクを停め、辺りを散策

浮島
▲休憩するもこの日の最高気温は5℃。風も強く休憩にならんくらい寒い。日差しが恋しいぜ!

 このメンバーならではの企画ツーとなってしまったが、南国千葉とはいえクソ寒い中集まってくれたN氏、F氏には感謝感謝です。これからも隠された千葉の魅力?を探し、千葉ツーリング盛り上げて行きましょう!

プロフィール

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR