奥久慈ローカルツーリング

2012.8.26
 この日はお馴染みのP氏、K村氏と伝説の男N氏と共に茨城県大子町へ行こう!ということだったのだが、暑さに負けたN氏が不参加、朝、パンヘッドのエンジンが掛からなかったK村氏も棄権となり、オレとP氏でのサシの走りとなった。

 朝、集合場所の守谷SAで完成したベルトをP氏に納品。P氏からの好感触に一安心。

P氏ベルト
▲早速ベルトをしてくれました。普段はシャツの下で見えませんが、そこがポイントだそうです♪

 ここから那珂ICまでひたすら高速で移動、ほとんどカーブの無い常磐道は退屈極まりないが、これも奥久慈のローカル・ロードを楽しむために我慢、我慢。

 那珂ICからのルートは7月の茨城県大子ソロ・ツーリングのルートをなぞる予定だったのだが、オレが友部SAを飛ばしちまったせいで、P氏ガス欠の危機!予定の8kmほど手前で国118に出ることにした。無事給油を済ませ出発すると・・・遅い。クルマの流れがとてもスローリー。まあ、久慈川の景色でも見ながらのんびり走りますか!

 袋田の滝を越え、久慈川を渡り、大子の市内を抜け県160を北上する。しばらく進むと目的地の蕎麦屋「いちよう」に向かう細い道の入り口が見えくる。進むこと1km、藁葺き屋根の古民家「いちよう」に到着♪

いちよう
▲相変わらずお店っぽくない。ご主人夫婦も商売人ぽくない。

 いつも思うのは、田舎の親戚の家に遊びに来たような感じ。全然お店に来た感じがしない。一つは場所が分かりづらく、お客が少ないこと。もう一つは古民家を使った店とご主人夫妻の雰囲気なのだろう。薄暗い部屋の中から残暑の日差しが照りつける外を見ていると、開け放たれた窓から入る爽やかな風や、遠くから聞こえる小鳥の声などまるで小学生のころの絵日記のなかのようで、なんだか懐かしい・・・

かき揚げ蕎麦
▲二人ともかき揚げ蕎麦を注文

ふきのとう
▲ほろ苦いふきのとうとししとうの天ぷらも頼んだ。

 オレたちの他に客はおらず、食後にカステラを出してくれたりして、益々田舎の親戚の家に来た様に感じてしまった。

 食後は県160を北上、県28を使って国118に戻り南下。上小川の辺りから再び久慈川を渡り県32、県29、県102と裏道を走る。人のいない山道という感じではなく、ちょっとした集落を抜けたりするところあり、大小カーブの山道ありといった感じで、走っていて楽しい♪ もちろんクルマも信号もほとんど無い状態が続く♪ 房総の山道のようにガンガン走るというより、気分よくテンポ良く走るといった余裕を感じるツーリングかな。

 帰りも那珂ICから高速に乗る予定だったのだが、今度はオレがガス欠の危機。裏道で来たせいかIC周辺にスタンドがありやがらねぇ!結局水戸市内をぐるぐる走らされ、ちょっとイラっときたが無事に水戸ICから常磐道乗ることが出来た。守谷SAの木陰でP氏と長い休憩をとり、今回のツーリングのローカル度を確認し解散となった。

 またローカルで面白いコースを見つけたら誘っちゃうから、お付き合いください♪(バイクの写真撮ってないや・・・)
スポンサーサイト

バスケット・スタンプ

 ローカルズではカービングを施した革製品の製作を行っているが、オーダーがあればカービング以外の仕上げも行っている。以前オーダーを頂いたA氏のウォレットは中身の構成を特注で変更していたが、表面は黒のプレーンだった。

 そのA氏から2つ目となるウォレットの注文を頂いた。色は黒、中身は前回と同様特注でというものだが、表面はバスケットスタンプで!ということだった。バスケット・スタンプ・・・うちの場合、小物に使ったり、カービングのちょっとした隙間を埋めるのに使ったり、といった程度でウォレット一面に打つのは初めて。

 簡単な気持ちでオーダーを受けたのだが、ウォレット一面となると結構難しい!スタンプの大きさもお任せだったので、割と細かいスタンプを使用したのだが、当然難易度は上がってしまった。

比較
▲(右)最初に打った方はラインが曲がってしまって歪んで見える。でやり直し(左)

 センターに1本、基準線を描き、そこから刻印を打っていくのだが、端にいくほどラインが曲がってきて全体に歪んできてしまう・・・

基準線

 で、基準線1本では心もとないので、斜めにもガイドになるラインをいっぱい入れて打ち直した。熟練した職人なら1本の基準線でばっちり仕上げるのだろうが、今オレに出来る最も綺麗にバスケットを打つ方法はこうなるのだろう。手間は掛かっても仕上がりが良ければそれで良いのだ。もちろん余計な手間はオレの損になるのだが、それは勉強代。

バスケット
▲そんなこんなでここまで出来ました。

染色
▲オーダー通りの染色をするとこんな感じ。

 ひとまわり大きな刻印を使うことも考えてけど、細かい刻印でビッシリ打ち込んだ美しさはやっぱ良いなぁ♪

FBB・BBQ

2012.8.18~19
 今年もフリー・バード・ブロスMC主催のキャンプBBQに参加してきた。毎年招待頂いてるのだが、基本的に招待者のみで勝手にヒトを誘ってはいけないというクローズドなプライベートキャンプだ。なので、ソロのオレはいつも独りで会場入り。誰が来てるのかは行ってみてのお楽しみ・・・って感じだ。

 場所は、地理的にはよくオレがランする銚子の手前。下道で2時間くらい。銚子に行くときは裏道バリバリなのだが、今回は利根川沿いのスーパー堤防を終点の佐原まで走る。天気が良くて、見通しが良い、田園風景が楽しめる直線道路なのだが、残念ながら佐原付近は路面が悪い。分かっていても首が痛くなっちまったぜ。

ぱくちょい号
▲会場の勝手も分かってるから荷物は少なめ。鞄がしぼんでるぜ。

 飲み物、食べ物は全て主催者で用意してくれるので、テントと椅子ぐらいを持って行けば良い。毎年、開場の15時からオレがテントに入る24時くらいまで、常に誰かが何かを調理し、振舞ってくれる。

 午前中は雨が降っていたせいか、昨年より随分ヒトが少ない気がするなぁ・・・

テントサイト
▲芝生が綺麗なテントサイト 最高に気持ち良い!

宴会場
▲みんなが集まれるテントや照明もバッチリ!

 知り合いを見つけて乾杯!し、明るい内から飲み始める♪ 陽が落ちてくると皆テンションがあがってきて会話が盛り上がってくる。別の知り合いの傍に席を移動すると、その周りのお初の方々とも会話が生まれる。う~んミーティングだねぇ。厳つい感じの人たちが多かったけど、さすが大人のヒトたちで距離感が心地よかった♪

 24時、気持ちよく就寝。ちょっと呑み過ぎたのか翌朝は少し気持ち悪い。調理場ではカレーやホットドックなど朝食が用意されている。気持ち悪いと言いながらも、腹が減ってきたんでカレーを頂いた。おいちい♪

駐輪場
▲翌朝の駐輪場は結構バイクが入っていた。やっぱこうじゃなきゃぁね!

 本当にお客さん待遇で楽チンなのだが、その分主催者は頑張ってくれているんだね。ありがたいことです。また来年も呼んでください♪

 しばらく二日酔いのせいか、だらだらしていたが気温が上がってきて、じっとしてられなくなり、ようやく出発。再びスーパー堤防で帰路に着いたのだった。




レザークラフトねた

 P氏からオーダーをもらっていたベルト。前回試し彫りでP氏にOKをもらったデザインで本番製作だ。試し彫りでは通常の刻印を使ったが、本番ではシェリダン用のものを使ってみた。やっぱり陰影が滑らかな感じでグッド!

P氏ベルト
▲ブラスのバックルを付けて完成しています。

 もうひとつは先週、K村氏からお預かりした携帯ケース。うちのケースはベルトからホルダーを介してぶら下げるタイプなのだが、K村氏いわく、座るときお尻の下に敷いてしまうとのこと。それで2つもアイフォンを壊してしまったとのことで、ベルトに直接固定できるように改造してほしいとのことでした。ドットボタンを革紐巻きにしてはどうか?とかいろいろ提案させてもらいましたが、背面にベルト通しをつけることになりました。

K村氏携帯ケース1
▲(左)使い込まれたK村氏の携帯ケース コンチョも交換されてます。右は展示用の新品

 雨にも打たれてびしょ濡れだったので、陰干ししてオイルアップしておきます。背面にベルト通しを付け、腰に直接固定できるようにします。

K村氏携帯ケース2
▲一回解体しないとベルト通しが付けられませんでしたが、コンチョベルトでも通せると思います。

 P氏、K村氏、来週のツーリングでお渡しできますので、しばしお待ちを。

豪雨!豪雨!の残念ツー

2012.8.12
 久しぶりにローカルズのユーザーさんとのツーリングを企画した。当初の目的地は茨城県大子町。しかぁし、前日の天気予報はいまいち不安定。その時点で雨の確立の少ない千葉県銚子漁港へ目的地を変更した。

 で当日、ぱっとしない天気の中集まってくれた参加者を紹介しましょう♪

T氏バイク
▲オレが一番最初に作ったウォレット(非商品)を使い続けてくれているRUST主催のT氏のマシン

A氏バイク
▲独特な感性のA氏のマシン 中パーツを特注で構成した黒のプレーンウォレット使用

K村氏バイク
▲パンヘッドに乗るK村氏 購入していただいた携帯ケースのカスタム、承りましたぁ。

J氏バイク
▲ゲスト参加はエンジンブローから半年振りに復活したJ氏


ぱくちょい
▲そしてオレのパクチョイ号

 銚子へのルートはいつものとおり利根川沿いから外れて県74、県79で向かうのだが、成田辺りに来ると道路がびしょびしょ・・・雨も降り出してきてコンビニ休憩する。その後少し走ると間も無く大粒の雨がバチバチ降り出しやがる。再び最寄のコンビニに避難。間も無くとんでもない豪雨に!今日、雨降るなんて予報だったかよぉ!


豪雨1
▲洒落にならん豪雨で、一瞬で道路は川に!

 30分くらいかなぁ、ようやく雨も小降りになり再び走りだすものの、すぐに雨雲の中に・・・再びなすすべも無くびしょ濡れになる。閉まっている商店?の軒先でまたまた雨宿り・・・


豪雨2
▲ここでも道路はアッという間に川に。バイクも水没寸前!

 小降りになったのを見計らって、出発!・・・今度は来た方向に・・・さすがに皆、心が折れちまいました。海鮮丼をあきらめ、来た道を戻り始めると、さっき川になっていた道路もほぼドライに・・・どーゆーことさぁ?なんの罰ゲームよ?


晴天
▲利根川沿いはこの青空・・・雨が降ってたなんて信じてもらえないだろうなぁ

 T氏、J氏と流れ解散し、A氏とK村氏と共に娯楽の殿堂ライコランドへ向かう。用事は無いんだけど、なんか解散するには中途半端な感じだったからね。とりとめの無いことを色々しゃべって解散となりましたぁ・・・近いうちにリベンジ・ツーしようぜ!


試し彫り

 久々のレザークラフトネタ。既にローカルズのユーザーであり、ブログにもちょくちょく登場しているP氏。今回、ありがたくベルトのオーダーを頂いた。

 シンプルなヌメのベルトにPETERの文字をカービング、文字を黒に染色で・・・というオーダーだ。どんな感じにしようか考えていたが、デザインは突然思いついたりする。

ベルト試し彫り
▲とりあえず試し彫り・・・P氏に写メを送って確認してもらった。

 今度会うときには渡せるように仕上げておきます。

灼熱の台場!

2012.8.5
 本当なら土日は福島へMTGに出掛ける予定だったのだが、土曜日にバイクを車検に出すことになり、MTGはキャンセル。ポッカリ空いてしまった日曜日の予定・・・暑そうだし、家でボヘーと過そうかなぁ・・・なんて思っていても、青空を見ているとじっとしていられない。

 そういえば、伝説の男N氏は台場のイベントに行くって言っていたなぁ・・・ということで急遽、現地集合の約束をして、台場へ向かってバイクを走らせた。この日はムーンアイズのモーターサイクル・スワップミートが開かれていた。

会場1

 なんて言うんだろう、横浜勢のイベントって洒落者が多いっていうか、不良の集まりっていうか・・・バイクもキャンプでは見かけないような荷物の積めないスタイルが多くて、旧車が中心。駐車場のバイクを見て周るのも楽しい。

バイク1
▲こういった会場では変態的なくらいが格好良い。自分のバイクが普通に見える・・・

バイク2
▲トラや国産も少数ながら来ている。このTR格好イイなぁ

バギー
▲昔、こんなプラモデル作ったような・・・実車を見るのは初めてだぜ。

スワップミート
▲パーツからアパレルまで出店もなんだかオサレ・・・

 最初のころは、この異様な人たちの集う雰囲気を楽しみ、バイクや出店を回っていたが、もともと購買意欲のないオレは正直アキちゃった・・・昼近くになり異様に暑くなってきたし、腹も減ってきたってことで、N氏たちに別れを告げ、帰宅することにした。

 で国357を走行してると、異常に渋滞している・・・なんとバイク事故に遭遇だ!クソ暑い中、他のライダーやドライバーとバイクを移動したり、オマワリや救急に電話したり・・・どうも合流してきた車がバイクを跳ね飛ばしたみたいだが、オレらが動いている時も、クルマのオヤジはボーゼンとしているのか手伝いもしなかったな。バイクなめてるのか?貴様は!って思ったけど、事故の様子も見てないしね。国産バイクに乗ったフツーの青年だったけど、大丈夫だったかな。バイクもクチャっとなっちまって、記憶もちょっと飛んじゃってたみたいだけど・・・

 気を取り直して環7~国6をすり抜けしながら走り抜け、流山にある「いろは鮨」に寄る。ここの大将の企画するツーリングにも顔を出しているのだが、カウンターに座り、今年は恒例の宿泊ツーに参加出来なくて残念!なんつー話をしながら鰻の太巻きを作ってもらう。

うなぎ太巻き
▲特大うなぎだけあってはみ出しまくり。70φくらいある。

 やっぱ旨いなぁ・・・でもボリュームがすごくてお腹が苦しい・・・さりげなくジーンズのボタンを外したりしてみる。夏のツーリング、宿泊は無理だけど初日だけでもご一緒したいです!って意思を伝えて帰宅した。

 今回は幹線道路ばかりでランはいまいち。来週はガッチリ走って来るぜ!

秘密基地キャンプ!

2012.7.28~29
 今年の奥久慈キャンプで知り合ったS氏から「秘密基地キャンプで会いませんか?」と連絡をもらった。土曜日は仕事だったが、場所も近いし、主催のウリューちゃんにも会いたいしってことで、夕方に会場で落ち合うことにした。柏からは国16~国122で約1時間ほど。買出しを済ませ会場入りすると、偶然隣はS氏!夕方と言ってもまだまだ明るい。テントを張る前に、まずは乾杯!

会場1
▲一番手前がS氏のスポスタ 100周年カラーにパイソン柄シート。とても綺麗に乗られていて、バイクもうれしそう♪

 S氏としっかり話をするのは、実は初めて。オレより8つ年上で、今回サシで呑んでるわけだが、とても初めてという気がしない。それはY氏やYOU助、シオさんといった友人達の飛び入りもあるが、やはりS氏の気さくな人柄と、絶妙な距離感ではないだろうか。やっぱり、いっぱい遊んできたヒトなんだろうなぁ。

肉野菜いため
▲この日も乾き物オンリーのオレに変わり、S氏が調理してくれました♪

 そんなわけで、楽しい時間はアッという間に過ぎ、日付けが変わる頃に就寝。酒も進んだせいで翌日は気持ちワルぅ~となってしまった。土日休みというわけではないS氏、またご一緒したいですねぇ。

 気温が上がる前に帰りましょう、ということで8時過ぎに夫々の帰路に着いたのだった。S氏、今度はオレから誘いますよぉ~♪
プロフィール

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR