ガス欠注意!三浦半島ラン

2013.2.24
 この日はお友達のkumaさんからの誘いを受け、三浦半島を走ることになった。天気予報では冬晴れではあるが、強風とのこと。そんな予報にビビリ、集合場所の3K保土ヶ谷PAまではなるべく下道で行くことにした。

 朝7:00柏を出発。風など全く無い穏やかな天気♪ 外環下の国298~環八を走り3Kに乗る。約2時間で保土ヶ谷PAに到着~ぅ

KC3Z1020_convert_20130227212400.jpg
▲強風注意の予報にめげず、保土ヶ谷PAには沢山のバイクが集結! みんな好きだねぇ

 さて、これからkumaさんと二人で三崎目指して出発する。「ガスは3K乗る前に入れたから大丈夫!」と告げ、横横道路に入り終点まで走る。エボに乗るkumaさんもショベルペースで引っ張ってくれるので、無理なく景色を見ながらユルユルと走り、気持ちがよい。下車後は真っ直ぐ三浦海岸を目指す。

KC3Z1021_convert_20130227212436.jpg
▲海が見えたところで一休み 左がkumaさんのエボ・ダイナ シーシーバーが特徴的な2台

 ここから三浦半島の南端にあるkumaさん曰く「風の谷」を目指す。県215は交通量も少なく、道路も変化に富んでいて面白い。ここもほどほどのペースで気持ちよく流す♪

KC3Z1022_convert_20130227212503.jpg
▲そして「風の谷」に到着。走行中は他のバイクを見かけないけど、ポイントには結構停まってるね。

KC3Z1023_convert_20130227212528.jpg
▲風車が新鮮な空気を運んでくれるから、「風の谷」は腐海に沈まないの・・・たぶん八景原ってとこなのかな?

 このあとは一大観光地三崎に昼食を食べに行く。さすがに物凄い台数のバイクが停まっていた。kumaさんの案内で入った店は貸切状態で、食後ゆっくりくつろいじまった。そして県26~県214~県26で衣笠ICを目指すが、そこは観光地、結構な渋滞にはまってしまう。でも、三浦半島に来てるんだから、このくらいは想定内。横横道路に乗ってしまえば、順調に帰路に着ける。

 そして3K都筑PAで最後の休憩をとる。ここまで全く強風を感じることなく、冬晴れの気持ち良いツーリングだった。そして別れの握手をして走り出すこと数キロ・・・ぱくちょい号スローダウン、エンジン完全停止・・・ガス欠だぁ~。気付いたkumaさんが素早く停まり、路肩でガスを分けてくれた。ありがとうkumaさん。一人だったら今頃、3Kの路肩に住み着いていたかも・・・。

 三浦半島だと、房総にたとえると富津辺りまで走る感覚。オレの計算では3Kを降りるまで十分もつはずだったんだが・・・あとで計算したら微妙にオーバーしてやがった。以外に距離あるぞ、三浦半島!

スポンサーサイト

地雷やへGO!飯岡ソロ・ツー

2013.2.17
 冬の間は南房総へ走ることが多くなる。微妙に行き先やルートを換えて走るのだが、2月の中旬になると、柏から千葉市までの国16なんかは、もううんざりしてくる。じゃあ銚子か?となるのだが、こちらはルートにバリエーションが少ない・・・う~んと考えて、茨城側を走るコースを新たに開拓してみることにした。

 まず、何故か銚子に向かうのに、柏ICから常磐道に乗り北上。柏から3つ目の桜土浦ICで下車、ここはそのまま国125バイパスになっていて、香取方面に走ってゆく。初めての道だが、走りやすい。山道のようなドキドキは無いけど、高速道路のような追い立てられる感じも無い。クルマの流れは交通量のわりにはゆっくり。交通量が少ないから、抜いてゆくことも出来るが、この日はボーっと流してみる。

 信号が少ないせいか、あっという間に香取に入り、国51で千葉に渡る。佐原の市街地を抜けて県16~県56を走る。ここは以前にも走ったルートで、佐原から旭に真っ直ぐ抜ける最短ルートだ。信号もクルマも少ない丘陵?コース。1本道だから遅いクルマはパスして走る。

 途中、いつも銚子へ向かう県74と交差する。ここから県74~広域農道~飯岡バイパスと走ってゆく。本日の目的地「地雷や」はバイパス沿いにあるラーメン屋さん。オーナーはハーレー乗りで、アメリカンバイク乗りの間では結構有名だったりする。

KC3Z1022_convert_20130223164611.jpg
▲店舗右側のバックヤード的な駐車場に行くと先客が・・・?

KC3Z1021_convert_20130223164655.jpg
▲あれ!オーナーの五代目?日曜の昼時に店にいなくていいんですかぁ?

KC3Z1024_convert_20130223164747.jpg
▲この日も沢山のハーレー乗りが来店。

 オレが五代目と話してる間にも次々バイクがやってくる。オレもメシ、食ってきますわぁっと店内に入る。9年くらい前に雑誌で見かけ、ひとりで来店して以来、たまに顔をだしているのだが、余裕のあるときは厨房から出てきてくれて、いろいろ雑談に付き合ってくれる。が、日曜の昼時はさすがに忙しい・・・さっきまでバイクいじってたけど・・・。

KC3Z1023_convert_20130223164723.jpg
▲この日はカキフライ定食、いただきましたぁ♪

 体が温まったところで帰路に付くが、往路を戻ることにする。こっちのルートのほうが夕方の土手沿いの渋滞みたいなのが無い分、走りやすいかも。なんとなぁーく流すように走りたいときは良いかもね♪ 

今年1回目!ローカルズ・ツーリング

2013.2.11
 完全週遅れのアップではあるが、この日は不定期で行われる「ローカルズ・ツーリング」の今年1回目を企画していた。ユーザーさんと一緒に走ろう!という企画なのだが、なかなか人数が集まらない。今回はローカルズ・ツーの重鎮、P氏と二人で走ることになった。

 なんだかんだでP氏とはサシで走る機会が多いから、オレも自分の走りを楽しみながら、安心して先導できるてもんです。

KC3Z1014_convert_20130220133238.jpg
▲3連休の最終日だが、市原Pには沢山のバイクが集結!いろんな車種が来ていた♪

 P氏とともに市原を出発し君津ICで館山道を降りる。その後はお馴染み国465から県88の鉄板コースを快走♪ 連休中ということで、多少のクルマは覚悟していたのだが、2人ということもあってサクサクと走り、これまたお馴染みの休憩ポイント、道の駅「三芳村 鄙の里」にて休憩~♪

KC3Z1016_convert_20130220133332.jpg
▲ここまで来ると、何だか春っぽいね。 バイクも多数休憩中♪

 この先は野島崎まで抜けるグリーンラインなのだが、南房総は観光シーズン、バスなんか走ってるかなぁ?とやや不安・・・しかぁし!走り出してみると、バスはもちろんクルマなど走ってないし、他のバイクも見かけないといった貸切状態♪ スプロケを戻して初めてのグリーンラインとなったが、ギア比はバッチリ!本当に気持ちよくバイクが動いてくれた♪

 さて、今回の昼食は野島崎灯台付近のホテルでいただくことにする。観光地の食堂でなんちゃら定食とか食べるんだったら、同じ値段でホテルでも食えちゃうぜぇってことでリゾートイン白浜のレストランでランチだぜ。

KC3Z1018_convert_20130220133412.jpg
▲レストランは海に面していて、なんだかオサレ♪

KC3Z1017_convert_20130220133444.jpg
▲オーダーしたのはちょっと高級なサザエカレー♪ ライスはサザエの肝とバターで炒めてある♪

 やはり3連休の最終日、ホテルには1台のクルマもなく、レストランも完全貸しきり状態!とても贅沢なランチでしたぁ♪ 飯を食べたら今度はデザートだ!ってことで、再びグリーンラインを戻り、館山道終点近くの道の駅「とみうら」でビワソフトをいただく。お薦めは濃厚バージョン、今日はソフトクリーム食えるくらい暖かいぜ。

 そして裏手のある菜の花畑に行ってみる。

KC3Z1020_convert_20130220133519.jpg
▲一面、満開の菜の花畑~!ってのはうそで、半分は収穫済み・・・写真を満開っぽく切り取ってみました。

 さて、明るいうちにとっとと帰ろうぜってことで帰路に着くが、当然、高速なんか乗っていかない。ここで初めての道、県185を進んでみる。この道すごいよ。どんどん細くなって、木も茂ってきて、路面なんかコケ生してるんだもん。前走っていたクルマも途中で引き返しちゃうし。デカイロードキングのP氏には大変だったろう思って「すごい険しい道だったね。次は通らないかなぁ」なんていうと「でも、抜け道にはバッチリですね!」と。この男、侮れんなぁ。

 県185から県88に出てからはそのまま北上し、君津IC手前のコンビニで休憩。そして出発しようとしたその時に入って来るバイクが・・・伝説の男N氏とF氏、T1氏と遭遇~ぅ! しばし会話しオレとP氏は帰路についた。

 今回、連絡をくれたのに参加出来なかった皆さん、いつになるか分かりませんが、次回ローカルズ・ツーリングでは是非一緒に走りましょう♪

ソフテイル・サドルバック取り付け

 全くもって週遅れのローカルズ通信、連休2日目の2月10日のお話し。この日は完成しているサドルバックを取り付けにY氏がやってくる。基本的に取り付けは本人にお願いしているのだが、取りに来るついでに付けて行きたいという。そりゃぁそうだ。それならスムーズに付けられる準備をしておこうと、取り付けのための治具?を作ってY氏を待つ。
 取り付けは金物で行う。堅固に取り付けられるが、ルーズなベルト留めと異なり、ボルト穴がずれているとどうやっても付けられない。そこで治具の出番!
 
KC3Z1009_convert_20130216155217.jpg
▲サドルバックの形に切ったアクリル板を車体に当てがい、スイングアームや取り付け金具の位置を書き写す。

 これでサドルバックのどこにボルト穴を開けるのか、バッチリ確認できる。実際にアクリル板に穴を開け、スイングアームに金具を付け、ボルト・ナットを通してみる・・・OK!

 サドルバックの背面は全面にステンレス板がサンドイッチされているから、どの位置でも金物が付けられる。アクリル板を当てて、開いた穴をガイドにしてドリルでバックに穴を開ける。

 実はこっからが結構大変。ボルトの頭は+、ナットは緩み止めのついたナイロンロックナットを使う。バックのなかでドライバーを使って+ネジを回すのだが、当然ちっこいドライバーしか使えない。親指と人差し指でドライバーを回すしかないのだよ。ロックナットじゃぁなければ、どうってことないんだが・・・ナイロンロック付きのナットは回りが渋い!二人で交代しながらちょっとづつネジを回す・・・地味だぜ。

KC3Z1011_convert_20130216155317.jpg
▲じゃーん!苦労の跡を感じさせない取り付け状態♪

KC3Z1010_convert_20130216155352.jpg
▲全体で見るとこんな感じ 実はこのバイク、ヘリテイジだったりする。

 このあと佐倉市にあるカフェインモーターサイクルズまで納品に付き合ってもらう。サドルバック最初の荷物が納品するウォレットになったりしたが、お付き合いいただきありがとうございました。

 実際に付けるまで、内心ドキドキだったよ。現物あわせで採寸したバックが付かなかったら、チョーかっこわるいじゃん? バイクに取り付けた状態を見て本当にホッとしたぜぇ。Y氏が喜んでくれたのが、オレにとっても一番嬉しかったな♪ これからもオーナーさんの想像を超える出来を目標に取り組んで行きますよぉ!

プレーン・ロングウォレット

 3連休初日は、朝からレザークラフトです。既にローカルズのユーザーであり、2つ目のウォレットを納品させてもらったバイク仲間のA氏。彼から紹介いただいたお客様からのオーダーであるウォレットを仕上げます。

 黒のプレーンタイプで、なるべく金物は使わないで欲しいとのこと。しかしフラップ部分は使いやすさを優先してドットボタン使用で!とのオーダーです。

 今回は上質なイタリアンレザーのパット判を使用します。うちのスタンダードでは小銭入れはファスナー仕様ですが、ここは金物を使用しない仕様に変更します。その他はスタンダードと同じく、マチ付きの札入れ1箇所、カード入れ6箇所とマチなしの札入れ1箇所です。

KC3Z1006.jpg
▲ウォレットの内側 今回はじめて小銭入れを金具なしにしました。

 フラップのドットボタンもなるべく金属を表に出さないように革で挟み込みます。そこで問題、ドットボタンの金具って、ずっと使用していくとカシメた穴が広がって外れることがあるんです。革で挟んであると補修しにくいので、ワッシャーをかまして補強しました。

KC3Z1000_convert_20130213214335.jpg
▲右:穴が広がって外れた金物 中:新品の金物に 左:ワッシャーを入れてカシメました。

KC3Z1008_convert_20130213214508.jpg
▲ロープホルダーはDカンを使った仕様を提案させてもらいました。

KC3Z1007_convert_20130213214438.jpg
▲そして完成です。高級イタリアンレザーを総手縫いで仕上げました。大人の持ち物らしい渋いウォレットです。

 オーダーをいただいたのは千葉県佐倉市にある「カフェインモーターサイクルズ」のS氏。ブログ、リンクしましたので、こちらもよろしくです!

ポーチ仕立て直し

KC3Z1030_convert_20130209210448.jpg

 作ったのは随分前のことなのだが、クラフト社認定の教室に通った人なら目にしたことが、若しくは作ったことがあるのでは?というこのポーチ。講師養成クラスの課題なのだが、作り手としては「自分が作りたくて作る」「ヒトから求められて作る」場合はテンションが上がり、よりよい作品にしたいと思う。しかし「課題」となるとちょっと微妙・・・

 オレはポーチを使わないし、人によってはこれをメディスンバックにモデファイしたりするのだが、オレはメディスンバックも身に着けない。そんなわけで、残念ながら使用される予定が無いまま誕生した作品なのだが、オレの母上がこれを気に入った。

 少々やっつけ仕事気味で仕上げた作品だけに、人に使ってもらうにはちょっと問題があった。なので、仕立て直しました。

KC3Z1001_convert_20130209210638.jpg
▲上 肩ひもは既製品。表は色付きで仕上げられているが、裏はボサボサ
  下 既製品から10mm牛レースを両面縫い合わせたものに交換

KC3Z1002_convert_20130209210715.jpg
▲フタの裏や中は革の裏側。当然磨いてあるので課題としてはOK・・・でも裏は裏。

 母上は裁縫をやったりするので、裏張りなしで革の裏面が丸見えというのが、不自然で仕方がないらしい。そう言われたら確かにそうですねぇ。

KC3Z1033_convert_20130209210756.jpg
▲そこで全面に裏張りしました

 これで、夏休みの宿題的な仕上がりから、商品グレードへ格上げ!書いてしまうと簡単のだが、すべて分解しないと出来ない作業なので結構な手間が掛かる。しかしながら、ちょっとした手間を掛けることで作品自体のクオリティーはグッとあがる♪ 表から見て変わらなくても、作り手はもちろん、なにより使ってくれる人の満足度が違ってきます。

房総半島横断ツーリング

2013.2.2
 この前、プライベートキャンプに招いてくれたSHIMAさん。毎年お世話になっている先輩をHJ氏とケンタロウ氏の二人が東関東にご招待した。HJ氏の地元のバーに招いて一緒に呑みましょう!ということらしい。もちろんSHIMAさんには、ケンタロウ氏と供にHJ宅へ泊まってもらうという計画。

 そんな一大プロジェクトのツーリング部門のプロデュースを仰せつかった。HJ氏からの条件は、翌日にツーリングがあるとガッツリ呑めないから、初日にツーリングを行いたい。そしてSHIMAさんからは、初めてで様子が分からないので軽めに、ということだった。

 いろいろ考えて、静岡からくるSHIMAさんには、アクアラインを渡って木更津から千葉に上陸してもらうことにし、柏から南下したオレたちと落ち合うことにした。1月にソロで走った九十九里ツーリングのルートが、走りも楽しめて、早く柏に着ける=気持ちよく呑むことが出来る!だろうと思ったからだ。

 前日の天気予報は午前中弱雨・・・当日、柏cityは朝から曇り空。集合した3人は「なんとかなるだろ!」と出発~っ!・・・そして30分も走らないうちにカッパを着込む。千葉北ICから高速に乗ると音をたててヘルメットに当たる雨粒!そしてバイクを揺らす風!・・・これは弱雨ですか?何かの試練でしょうか?

 幸いカッパを着て、ヘルメットにシールドも付いているから感覚的にはクルマと変わらない。が、コンビニで休憩するときはホームレスみたいだぜ。集合場所のコンビニで、大人の判断、クルマで待っていたF氏と合流。間も無くSHIMAさんも登場~♪

 エボ・ウルトラで来たSHIMAさん、開口一番「なんで中止にしないのよぉ~(笑)」HJ氏の情報では「豪雨でも行きます!だって」と聞いていたが・・・アクアラインでは強風で相当怖い思いをしたらしい・・・です。

 走りを楽しむための軽いワインディングも、雨の中ではただのおっかない道・・・だったみたい・・・ケンタロウ氏、大丈夫でしたか? そして、なんとか、必死の思いで千葉の東海岸、一宮はレストラン・ブルに到着~ぅ!

KC3Z1035_convert_20130206213602.jpg
▲1月に引き続き訪れたBULL ステーキも旨いが、やっと雨に濡れずにくつろげることが嬉しい♪

 この天気じゃあ店は貸切状態。やっと屋根のあるところで、ゆっくりと会話ができたぁ♪ 今回オレはお薦めのステーキをいただいた♪

KC3Z1036_convert_20130206213647.jpg
▲そのうち雨もあがり、晴れ間もチラホラ

 ここからはカッパも不要!F氏からイチゴの差し入れまでいただき、外房有料~東金有料~京葉道路と乗り継ぎ千葉北ICから国16で柏に向かった。予定よりやや遅い16時帰宅。それでも夜の部までは、まだまだ時間もある。ってことでHJ氏のクルマで入浴施設に行ったのち、我が家の近所でもある「食楽酒房DEN」にてガッツリ呑む・・・ガッツリ?う~ん、ちょっと時間は早いけど、HJ宅で2次会もあるようだからここでお開き。オレは夜の部から合流した友人2名とそのまま閉店まで呑み続けました・・・とさ。

 SHIMAさん、遠くからありがとうございました。今度は天気の良いときに「走り」メインでご案内しますんで、スポ号が直ったころにでもお知らせくださ~い♪

行こう!銚子へ ソロ・ラン

2013.1.27
 なんだかとても天気が良い♪ 特に予定はしていなかったが、こんな日に走らない理由は無いぜ!ってことで独り、銚子漁港を目指して走ることにした。

 ルートはいつもの飯岡周り、県74~79の裏道走り♪ サクサクと軽快なペースで走って行ける♪ 今日はとても走りやすい♪ 気分良く走ること3時間弱、銚子漁港に到着~!

KC3Z1027_convert_20130203145713.jpg
▲昼食はおなじみ「海ぼうず」本日は海鮮づけ丼とアラ汁。シメサバはサービスで頂いちゃいました。

 千葉を走ると、食事は海鮮を頂くことが多い。内房、外房、南房総に銚子といづれにも食事処がある。二度と行くかぁ!というところもあれば、ツーリングの目的地として定番化するところもある。そんな中でも特にお気に入りの「海ぼうず」。この日も美味しく頂きましたぁ♪

KC3Z1030_convert_20130203145753.jpg
▲銚子漁港近くの公園から 帰りは奥に見える銚子大橋を渡って帰る

 まだまだ日は短い。なので帰路は時間短縮のため銚子から利根川沿いを走って帰ることにする。来た道で帰るほうが面白いのは分かっているのだが、欲張り過ぎないで早めに帰宅しよう!ということにした。

 土手沿いは真っ直ぐ!久しぶりの景色に、走り始めは気も紛れたが、5分も走ると飽きる。クルマで通ったときは気にならないが、路面はあまり良くない。リジットバイクではとても飛ばせるような道じゃあないな。狙い通り早めの帰宅となったが、やっぱ土手道、つまんなかったなぁ~。往路が楽しかった分、差し引きゼロか?

プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR