パンヘッドは絶好調!?ツーリング

2013.4.28
 友人I氏のパンヘッドが6年ぶりに復活した。本人以外からも「絶好調!」との話しをきいていたのだが、天候不順で延び延びになってしまっていた復活ツーリングをやっと行うことができた♪

 ノンロッカーのスーサイドセットアップにまだ慣れていないとのことで、そこそこの距離の銚子漁港へ海鮮を食べに行くことにした。

KC3Z1086_convert_20130429212720.jpg
▲オレとしては結構ツボなI氏のパンヘッド なかなか格好良いです!

 メンバーはI氏とJ氏。柏のコンビニで集合したが、パンのギアが入りにくいとのこと。これから走るのに、それはいかん!ということでチェックするとクラッチがキチンと切れていないことが判明。ロッドの長さを調整して出発だぁ!・・・しかしI氏のキックに応えることなく、沈黙を続けるパンヘッド。それでもI氏の気合でエンジン始動。さぁ出発するぜー!

 この日は暖かな日差しに満ちた絶好のツーリング日和♪ 市街地もすり抜けすることもなくユルユルと流します。成田から飯岡へ抜けるいつもの県道はGWにも係らず、普段の週末よりも空いていて、トコトコと軽快に走って行く♪

KC3Z1090_convert_20130429213006.jpg
▲途中のコンビニで休憩 なんて気持ちが良いんだろう♪

 銚子市街も特別混雑している様子も無いまま犬吠埼を回って銚子漁港に到着ぅ~。おっ!混んでるぜ!

KC3Z1093_convert_20130429213116.jpg
▲数年ぶりに見たよ。こんなに賑わってる様子を。

 まだ正午まえっだていうのに、行列の出来ている店も何件かあるよ。オレたちはいつもの「海ぼうず」へ入る。さすがにこの日は入店まで少し待つことになったけど、震災以来客足が遠のいていたのに、やっと元に戻ってきたのかな。

KC3Z1091_convert_20130429213204.jpg
▲新メニューと思われる金目とあぶらぼうずの2色丼を漬けにしてもらいましたぁ♪

 白身のトロといわれるあぶらぼうずだが、脂がのっているがプリッとした食感がまた旨い!金目は特に説明なし。旨いに決まっているのだ♪ 贅沢な食事のあと、少し休憩し、帰りは土手沿いに走っていくことにして銚子大橋を渡って国124を快走♪ 利根川大橋袂からの中洲を走る道に入る前にコンビニ休憩する。

 ここで、帰路を走り出してから信号で停まるたびに気になっていた「カタカタ、ガランガラン!」という音の原因がJ氏のショベルからしていたことが判明!オープンプライマリーのエンジン側のプーリーボルトが緩んでプーリーがガタついて音がしていたのだ。偶然にも道路向かいにGS発見!ピットもあるデカイGSだ。そこで大型のインパクトレンチで増し締めしてもらった。これで問題解決ぅ~!

KC3Z1094_convert_20130429213245.jpg
▲ちょっとやらかしてくれたJ氏のチョッパー 何故か緩んでしまうことがあるそうです。

 このあとは利根川の土手に沿って軽快に走る♪ 神崎大橋で茨城県から千葉県へと渡り、しばらく走ると少し渋滞するものの流れは悪くない。そのまま3人でライコランドに行くこととにしたのだが、途中のGSで給油後、再びI氏のパンが沈黙~。オレとJ氏が見守る中、再び気合でエンジンを掛ける。I氏、本当にお疲れ様でした。しばらくすればバイクのくせやキックのコツを掴むことでしょう。また走りに行きましょうね!
スポンサーサイト

カービング・モバイルケース

 忙しい・・・なんだってこんなに慌しいんだ(本業)。レザークラフトのほうが、なかなか捗らない。サドルバックのほうも細かな仕上げを残すのみ!となってきたのだが、今日は別ネタ。平行して作ることになった携帯ケースの製作状況をアップしまぁ~す!

 久しぶりのカービング!ってことで力が入ります。そもそもレザークラフトを始めたキッカケがカービングだったからで、別にカービングなしの時に手抜きしているわけじゃありません。どんなものでも、平面だったものが形になっていくのは楽しいものですし、それを手にしたヒトが喜んでくれれば嬉しいものです。
KC3Z1058_convert_20130425212706.jpg
▲切った革に図案を転写!

KC3Z1059_convert_20130425213836.jpg
▲写したラインを専用のナイフでカット!

KC3Z1060_convert_20130425213917.jpg
▲カット完了!

KC3Z1074_convert_20130425213958.jpg
▲カットした輪郭に刻印で凹凸をつける

KC3Z1075_convert_20130425214046.jpg
▲刻印を使って表情を付ける♪

KC3Z1076_convert_20130425214246.jpg
▲デコレーションカットでフィニッシュ!

KC3Z1082_convert_20130425214438.jpg
▲レザーラッカーと染料で仕上げ♪

KC3Z1083_convert_20130425214546.jpg
▲全てのパーツが仕上がり、後は仕立てと細かな仕上げを残すのみ!

 こいつは特別な理由で、5月3日には納品したい品。ここまでくれば大丈夫・・・?

秩父ダム巡りツーリング

2013.4.17
 立て続けに同じところに出掛けることってあるでしょ?それを意図したわけじゃぁないのに、同じ場所が続けて目的地になることって。まさに今回がそんな感じ。不定期で企画される平日ツーリング。お世話になっているベガスのnekoさんとのツーリングだが、3日前にキャンプしていた秩父を偶然にも走ることにしていた。nekoさんにお願いし、ルートから食事処まで全てお任せで先導してもらったぜ!

KC3Z1078_convert_20130421165734.jpg
▲相変わらず正体不明なnekoさんのバイク。やる気を感じるスタイルだが、この2台が一緒に山を走るというのが、また面白い。

 花園IC近くのGSにて集合。国140を進み、秩父市内を抜けたところで県73に入る。結構な急カーブとちょっとした直線が続く難しい道をヒュンヒュン飛ばしてゆくnekoさん。速いっす!やばい、離されるぅ~!ってところで最初の絶景ポイント「裏山ダム」に到着ぅ~。

KC3Z1079_convert_20130421165828.jpg
▲市街地からほんの僅かで、あっというまに山深い景色になる。ダムの上から市街地を望む。

 このダムにはエレベーターがあって、130数メーター(だったかな?)下に降りることが出来る。エレベーターホールから外までは30年に渡るダム建設の様子がパネル展示されていて、ちょっとした見学会のよう。

KC3Z1080_convert_20130421165901.jpg
▲ダムを下から見上げる。写真じゃあ大きさが伝わらないなぁ・・・実際に見ると凄い迫力だぜ。

 次のポイントに向けて再び国140を西に向かう。川沿いの渓谷を走るカーブの続く楽しい道♪ 国道だけあって車にペースを乱されることがあるのが、やや残念ではあるが、新緑の芽吹く緑の景色を眺めながら走るのも、また楽しい♪ 進むこと20数キロ、渓谷の景色から突然現れたループ橋を抜けると、次のポイント「滝沢ダム」に到着ぅ~!

KC3Z1084_convert_20130421170152.jpg
▲このダムも綺麗に整備され、見学出来るようになっている。

KC3Z1083_convert_20130421170039.jpg
▲ダムの上から、さっき昇ってきたループ橋を見ることが出来る。

 このあと大峰トンネルを抜けたあと秩父往還で戻るのだが、道は急にタイトになるもののnekoさんは軽快なペースで走って行く。タイトな分だけスピード感もアップ!めちゃ面白いぜ♪ その後信号切り替えの一方通行のトンネルを計3回、ねちっこく通り「二瀬ダム」の堤を往復する。ここは小さなダムで通り抜けるだけ。

 そのまま国140で秩父市街に戻り、名物豚みそ丼の名店「野坂」でちょっと遅めの昼食にすることに♪ この「野坂」、有名店らしく平日の13時過ぎだというのに順番待ちが出来ているほど。せっかくなので、少し待ってでもここで食べることにする。

KC3Z1086_convert_20130421170232.jpg
▲じゃーん!豚みそ丼(ばら)普通盛りと生たまごを注文♪

 やっぱお肉って旨いよねぇ♪ ただね、二人とも40半ばってことでバラ肉はちょっと胃にもたれたかな?でもいい!旨かったもん!でも次はロースにしようかな・・・。

 このあとは国299で正丸峠へ向かう。トンネル手前から県53に入る。実はこの道、オレが免許取立てのころカーブを曲がり切れず路肩に突っ込んだところ。当時はバイクがうまく曲がってくれず、教習所で教わった「曲がりたい方向を見ていれば自然に曲がって行く」という言葉を信じ、コーナーに挑んだものの最初のコーナーでいきなり曲がり損ねたところである。

 今回はnokoさんの先導のもとコーナーリングを楽しみながら走ることが出来た♪ 途中、県70で狭山方面に向かい、狭山日高ICから圏央道~関越道と走り、三芳PAで解散となった。一日を通して暖かく、風も無く気持ちのよいツーリング日和、知らない山道をいっぱい走れて楽しい一日でしたぁ♪ nekoさん、ありがとうございましたぁ! 

秩父ミーティングに行ってきたぜ

厄介な中国版検索エンジンをやっとこさ削除(出来たのかな?)。早速、記事を更新しまぁす!

2013.4.13~14
 最近、あまり行かなくなってしまったバイカーズミーティング。特に人が沢山集まるイベント型ミーティングにはほとんど行っていない。ところが、バイク仲間のケンタロウ氏からMTGのお誘いが!二人目の子供が産まれ、バイクどころではないだろうに、嫁さんから「久々に行ってくれば!」と言われたそうだ。そんなことで彼とMTGに行く、なんてことは非常にレア!ということで行くことにした。

 集合場所に向かうため、外環から関越道を走るが、関越道は終始渋滞!ゆっくりスリ抜けしながら花園ICで下車し、ケンタロウ氏と落ち合う。

KC3Z1063_convert_20130418221746.jpg
▲左:バイクで会うのは久しぶりのケンタロウ氏のナイトトレイン。右:荷物満載のパクチョイ号

 道中は特に工夫も無く、最短ルートで買出し後、会場入りする。イベントステージや出店エリアの犇くメイン会場とキャンプメインの第2会場があったので、迷わず第2会場に入る。昼ごろの会場入りだったから混雑してると思っていたのだが・・・

KC3Z1065_convert_20130418221939.jpg
▲昼を過ぎてもガ~ラガラの第2会場

KC3Z1064_convert_20130418221857.jpg
▲設営後、微妙に残る桜を見ながらビールで乾杯!

 買ってきたおにぎりで昼食を済ませ、ちょこちょことアルコールを摂取したあと、メイン会場を散策しに行ってみた。一向に第2会場に人が来ないので、メイン会場も空いてるのかなぁ?なんて思っていたのだが・・・

KC3Z1068_convert_20130418222032.jpg
▲全くそんなことはなく、凄い台数のバイクが停められているぅ~!

 メイン会場の僅かなテントサイトは様々なクラブタープで犇き合っている。何人かの知り合いのタープに顔を出し、食事や飲み物をご馳走になったり、本当に久しぶりに会った友達と再会を喜んだりして第2会場に戻る。しかし歩くね・・・すっごい遠かったよ。たぶんもうメイン会場には行かないな。

KC3Z1070_convert_20130418222304.jpg
▲テントサイトに戻ってくると、さすがにMTGっぽく賑わいだしてきていた。

 ケンタロウ氏以外に声を掛けてくれていたRUSTのT氏達はメイン会場に入ると聞いていたが、オレとしてはケンタロウ氏との久々のキャンプ、二人でまったりキャンプるのも良いかなぁ~なんで思っていたのだが・・・

 いつもキャンプで一緒になる友達連中はみんな第2会場に!二人でまったりも良いけど、今年初めてのMTG、みんなで騒ぐのも楽しいよね♪

KC3Z1071_convert_20130418222401.jpg
▲T氏たちが入れ替わりにメイン会場に行ってる間に、焼き物開始!鳥のモモ肉とマグロのカマが今夜のつまみ。

KC3Z1075_convert_20130418222453.jpg
▲一緒に炭火を囲むY氏が作ってくれた炊き込みご飯♪ ケンタロウ氏がソーセージを焼いて、もう腹一杯です!

 暗くなってからはみんな戻ってきて、いろいろ調理し始める。が!オレはもうお腹一杯。自分で持ってきたマグロのカマも結局一口も食べず終い。ウイスキーをお湯割でいただいていたせいか、早々に撃沈気味れした。

 なんかね、会場に着いた昼ごろから楽しくて♪楽しくて♪ テンション高くてはしゃいじゃってたんだよね。ここんところ、週末の度に天気が悪くってバイクにも乗れず、ストレスが溜まっていたけど、一気に払拭できたって感じだったのかなぁ~。
 しかしせっかくのミーティングなのに仲間うちだけで固まって場所取っちゃてる輩が多いよね。今回オレたちも結果として集まっちゃたけど・・・ソロで来たもの同士が気軽にミート出来るような感じだと、もっと楽しいと思うんだけどなぁ。

おわび

 最近、更新が停まってしまっている「ローカルズ通信」だが、現在悪質なチャイナ・プログラムの削除に苦労しているところです。なにしろ超がつくほどのアナログ人間が、反応時間がやたら遅いPCを使っているもんで・・・しばしお待ちを。

ぼちぼちと・・・

 3月の終わりに新潟のSTさんからオーダーを頂いたサドルバック、残業も少なくなって、ぼちぼちと進んでいます。タイプはオレのと同じ、柔らかいオイルレザーを使った上部の薄いタイプ。ここで試作として作った自分のバックが生かされてきます!

KC3Z1058_convert_20130410220539.jpg
▲本体の表~裏は1枚革で通し、2枚張り合わせで作ります。背面にはステンレスの板をべたで入れま~す。それ以外のところにはガラス繊維の織布を補強として貼り付けます。

KC3Z1059.jpg
▲フタも2枚張り合わせで作ります。試作では補強なしでしたが、ここもガラス繊維織布で補強します!

KC3Z1060_convert_20130410220649.jpg
▲補強を隠すように革を張り合わせたら、本体とフタを縫い付けます。これで補強は一切見えません。

KC3Z1061_convert_20130410220715.jpg
▲フタの開閉はベルトにして!のリクエストに応えるため、底の補強も兼ねてベルトを縫い付けます。

 いまのところはここまで。あとは前後にマチを縫い付ければとりあえず形になります。その後、バックルを付けたり、切り口を磨くなど細かい仕上げを施せば完成です!

 やっと残業が減ってきたけど、特急で携帯ケースをつくることになったので、平行して作業することになりそう・・・しばしお待ちを。

当時モノ?

 本日は夜から荒天の予報だった。それなら雨が降り出す前にひと仕事しよう!とフロントフォークのインナーチューブ交換をすることにした。2オーバーからスタンダードにする。

KC3Z1049.jpg
▲当然、フォークカバーもアフター物から純正に換える。長さが変わるからね。

KC3Z1053_convert_20130406204327.jpg
▲当時もののインナーチューブ。こういうものにわび・さびを感じるのは日本人だけなのかな?つーかただの錆?耐水ペーパーとピカールでラッピングして使用することにした。

 いままで付けてたのはW&Wの2オーバー。これを純正に換えるのだが、車高が下がってもサイドスタンドがきちんと掛けられるのを確認して、作業開始。

KC3Z1059_convert_20130406204421.jpg
▲で取り外して分解する。下に並ぶインナーチューブ。上がW&Wの2オーバー、下が純正の当時モノ・・・ところで、なんかおかしくねーか?

KC3Z1060.jpg
▲インナーのスプリングの下側が折れちまってる~!

 左右ともスプリングは折損しちまっていた・・・何故?

KC3Z1061_convert_20130406204511.jpg
▲左は純正のインナーチューブ、右はアフター物。純正は赤、白2箇所の段差がある。アフター物には1箇所のみ。

 インナーチューブの中に入るダンパーチューブは純正の場合、下からしか入らない。そして赤矢印の段差で止まるようになる。しかしアフター物では下から入れたダンパーチューブが上から取り出せる状態。よくわからんが、このへんの違いがスプリングに負担が掛かりすぎた原因かな・・・。

 しかしこのまま組み付けるわけにはいかねーし、それでも今日中に作業は終えたい。困ったときのベガスさんに聞いてみるもドンピシャのスプリングは在庫なし。・・・ドンピシャが無しなら、流用だ!ってことで、以前RUSTのT氏からもらったエボのワイドフォークの存在を思い出す。そして分解。

KC3Z1064.jpg
▲上がエボ用?下がFL用。

 エボ用?のほうがバネの巻きが荒い。しかし、荒い分には密着することはないだろう。手で押して見る限りバネの強さは同じ(本当かよ?)。ただ長さが45㎜ほど短い。ちょっと迷ったけど足りない分はカラーを入れることにして、組み付け完了!トリプルの上下のブラケット間はバッチリ黒錆状態でフォークブーツも艶が引けて自然な感じ。やっぱわび・さびなのか?個人的には好み。フォーク長さも変わったことだし、ビフォー・アフターの写真を撮ったけど・・・写真の角度がちょっと合ってなくて、載せられない・・・。

※作業は自己責任でお願いしまぁ~す。 

昔話-その1

 先週末はツーリングの予定だったのだが、生憎の雨・・・当然、ツーリングは中止・・・そんなわけでブログねたがない。そんなときは、今まで作ったウォレット特集~!でもして、ローカルズの宣伝でもしようか、なんて思ったりしたが、今回はちょっと昔話を。

 オレがバイクという乗り物に出会う前、クルマに夢中になっていたころがあった。どんな風に夢中になっていたのかをサラッと綴ってみよう。フィルムの写真を携帯のカメラで撮っているから、画像の風合いがノスタルジックだぜ。

 免許を取ってから、4座のS30Zを2台乗り継ぎ、今から11年前に2座のS30を購入!その時の写真がこれ!

KC3Z1063_convert_20130403234439.jpg

 決してゴミではない。当時は旧車ブームで高値だったS30。書類付のベース車を25万で購入。友人の工場の前に置かせてもらい、ボディー造りを始めたのだった。

KC3Z1061_convert_20130403234520.jpg
▲完全なホワイトボディーにして、板金・塗装をする。

KC3Z1062_convert_20130403234545.jpg
▲灯火類や足回りを付け、電線や燃料配管は完全引き直し!

KC3Z1059_convert_20130403234626.jpg
▲内装は内張りなし。ダッシュボードもメーター類も全て作り直した。

KC3Z1058_convert_20130403235330.jpg
▲エンジンも組み直し、自宅で乗せ換える。ここまで約3ヶ月。

KC3Z1060_convert_20130403234700.jpg
▲こうして出来上がったクルマはストリート・ゼロヨン(もう時効・・・かな?)やカー雑誌主催のドラッグレースなんかにもっていって、よく走らせていたなぁ~

 最近、くるま時代の友人と飲んだ。デチューンして綺麗に乗っていたり、改造途中でそのままになっていたりと様々だった。このクルマも8年くらい前に友人に売却。行方不明な友人の車庫の中で、もう何年もバラされたまま放置されている。ちょっと勿体無いけど、今からZをさわる情熱や気合は・・・オレには無いな・・・。
プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR