南房総ゴリゴリ峠ツーリング!

2013.6.9
 5月末に行った「どこ鉄」で久々に会ったT氏とM女史。「最近ツーリング、誘ってくれないですねぇ」と来たもんだ。だって誘っても来ないじゃん!という話しから、以前走って評判の良かった南房総を走ろう!ってことになった。

 今回、アクアラインからの合流組もいることから、集合場所を君津IC下車してすぐの房の駅(だったかな?)とし、企画の発端となったT氏、M女史に柏のN村氏と東京のY氏を加えた総勢5人で南房総の山道を激走!?することにした。

ゴリゴリKC3Z1155
▲今回はツインカム2台、エボスポーツ2台ということで、ショベルで引っ張るには結構気合がいるぜ。

 県92の裏道から国465に入る。ここは高速コーナーが続き、結構スピードを乗せて走れる気持ち良いコース♪ そのあと聖なる道、県88にはいると大小様々なコーナーと起伏に富んだ表情豊かな道となる。オレの後ろには、一人でも十分走れるメンツが4台、曲がり角の手前でミラーに全員映っているのを確認するくらいで、十分先導の役目は果たせるな♪ と飛ばしてゆく♪

ゴリゴリKC3Z1157
▲そしてあっという間に道の駅「三芳村 鄙の里」に到着~ぅ!バイクシーズンだけあって単車がいっぱい!

 軽く休憩した後、オレの最も好きな道のひとつグリーンラインに入る。道の駅でのバイクの多さから、ちょっと不安もあった(気合系ライダーとかに、突然ぶち抜かれるとかね)。ところが走ってみるとバイクも車もはぼゼロの貸切状態♪ 全く、ここはいつ走っても気分が良い~♪

 そして房総半島最南端の野島崎に到着~ぅ!今日の昼食はオサレにカフェで頂くことにする。丁度昼どきになってたんで、混んでるかなぁ?と思いきや、余裕で席に着くことができた。オレ達は2回のテラス席に座ることにした。

ゴリゴリKC3Z1158
▲太平洋や、道行くバイクを眺めることができるテラス席。ちょっと得した気分♪

ゴリゴリKC3Z1159
▲ちょっと高いかな?と思ったけど、シーフードカレーもオムライスも十分納得♪

 食休みのあとは、再びグリーンラインを快走♪し、県296から久々に国410を走ることにした。長狭街道から南の国410はクルマも少なく、ツーリングのコースとしてもなかなかのものだが、ここを走った目的は・・・

ゴリゴリKC3Z1165
▲ここ酪農の里に寄るためぇ~♪ (T氏、スマートになったね)

ゴリゴリKC3Z1164
▲そして、やっぱソフトクリームでしょ!

 この日、国410は思いの外、空いていた。ので、そのまま北上し小櫃のコンビニで最後の休憩となった。このあとは流れ解散となり、オレは松戸経由で、ベガスさんでリアタイヤを交換したのち、帰宅した。

 T氏、M女史、来てくれるんだったら、いつでも誘うからね!Y氏、N村氏もお付き合いいただきありがとうございました。ほとんどほったらかしの先導でしたが(本当はちゃんと後ろ見てますよ!)、最高に楽しいゴリゴリツーでしたぁ♪

※気持ちよく飛ばしている速度は、制限速度をMAXとしています。
スポンサーサイト

ナセル顔の困りごと

 さて、前回バイクの顔をナセルに変更した記事をアップしたが、ちょっと困ったことがあった。以前のワイドフォークにベイツライトのときは、ライトの上にツールバックを括りつけていた。ショベルにはツーリング時の工具やスペアパーツの携行は必須だし、ツールバックの付いたバイクの顔も好きだったから何も問題はなかった。

 ナセル顔にすると、さすがにフロント周りにツールバックを付けるのはちょっと・・・と思い、ほかの場所を考えてみたが、いまいちここだ!という場所がない。そこでツールバックの中身をサドルバックに入れ、サドルバックから嵩張るスペアパーツを移動させることにした。

KC3Z1151.jpg
▲余り革をつぎはぎしてパーツを入れるポーチを作ってみました。

ポーチKC3Z1150
▲中にはレギュレター、コイル、パンク補修キットの出来れば登場してほしくない3点セットを収納!

 ツールバックを廃しても、ポーチを付けたら一緒じゃねぇー?いやいや、ちょっと小さくなったこのサイズも重要なのだよ。なんてったってコイツの取り付け場所は・・・

ポーチKC3Z1153
▲ナセルの中だからね!

 ということで、外観はフロントからツールバックを外してるけど、今まで持ち歩いていたパーツ&工具は全て携行できるということなのだ♪ おまけにサドルバックは今までよりも荷物が減ったし!良いこと尽くめ♪

 ナセルからパーツを取り出すのにはドライバー1本でOKだし、何よりこれらのパーツが必要な時は、出し入れが面倒・・・なんて言ってられない状況だろう。今後とも出番のないことを祈ってるぜ!

真の目的?

 オレのパクチョイ号は元々フロント周りに74スプリンガー・レプリカの2オーバーを組んでいた。そりゃもう、完全に見た目重視!しかしながら、スプリンガーにリジットフレームの組み合わせからくる走り味は想像するよりましなもんで、原始的なダイレクト感は楽しいものではあった♪

 だんだん走りこんでくると、もう少し走り側に振ったバイク作りをしたくなって、スプリンガーからテレスコに変更することにしたのだった。中古で入手した初期のディスクブレーキ仕様のショベル用FLフォークにエボ用のトリプルを組み合わせ、前から使っていたワイド用ハブの21インチホイールを引き継づき使用した。

 普通だったら、なるべくすっきりさせるのがチョッパービルドのお約束・・・でもオレはフォークカバーなんかつけてたんだよねぇ~♪

 そしてこの前、エボ用トリプルをショベル用に交換することにした。

トリプル交換KC3Z1144
▲エボ用(上)とショベル用(下)では幅が違う。ネックとフォークの位置関係も違う!

トリプル交換KC3Z1137
▲変更に当たり、まず丸棒を切断、鉄片と三角形に整形する。

トリプル変更KC3Z1141
▲こいつはアンダーブリッジに溶接し、ハンドルストッパーのかさ上げを行う。こいつをやらないとハンドルが90度近く切れてしまい、取り回しずらいったらありゃしない!

 折角、落ち着いていたのに、なぜトリプルを交換したのか?・・・オレにはスプリンガーからワイドフォークに変更した時から思い描いていたバイクの姿があったのだ! それにはどうしてもショベル用のトリプルに変更しなくてはならなかった・・・それは

ナセルKC3Z1156
▲それはナセル♪

 何故かナセルが大好きだったオレ。やっと入手したナセルだが、合わせてみるとエボ用トリプルでは寸法が違ったというわけだ。

 ここからFLスタイルに仕様変更か?と思ったあなた、甘い!もうひとつオレが好きなアイテムがこれ!

ナセルKC3Z1162
▲まるでちゃりのような細いワッパ。結構インパクトのあるタイヤだぜ。

 そんな感じで出来上がったスタイルのビフォー・アフター

ナセルKC3Z1164
▲右:ビフォー  左:アフター 同じ21インチでも幅が違う。リムも交換。

ナセルKC3Z1166
▲タイヤのインパクトを強調するため、フェンダーを短くする 右→左

 どうです?この変態っぷり。スリムなジリットフレームの車体にナセル顔のワイドフォーク+ちゃりワッパ! 好きなものを色々ぶっこんだこのスタイル、傍から見るとちぐはぐかもしれないけど、オレは大満足♪

ナセルKC3Z1170
▲とりあえず真の目的が達成されました♪ 

秩父豚丼ツーリング

2013.6.2
 以前nekoさんと共に訪れた秩父のみそ豚丼の店「野坂」。いつも千葉ばかり走っていると、違うところを走りたくなるもんで、この日はJ氏を連れ立って秩父ツーリングに出発!目的地を「野坂」に定めた。

 関越道三芳SAで待ち合わせ走り出すが、まあ混んでるねぇ~。ほんと絶望的な渋滞だよ。慎重にすり抜けしながら嵐山小川ICで降り、県296で花園へ、そこから国140で長瀞へ、長瀞からは国道の裏道になる県82で秩父市内まで走るが、この道、なかなか面白い♪ ただし有料道路と交差するまでは交通量は少なくない。

 秩父市街に近づくと、生活道路らしくなってくるが、それでも国140で来るよりは随分走りやすかったぜ。そして11:30、豚丼の名店「野坂」に到着~ぅ。

KC3Z1140-1.jpg
▲すでに駐車場は満車。バイクはちょっとした隙間に止められるから、クルマよりは来店しやすい♪

 覚悟はしていたけど、結構な順番待ちだった。それでも食べたいみそ豚丼♪ 前回はバラ肉を食したが、旨かったものの、後半はちょっと胃もたれ気味だった・・・ので、今回はロースを注文。

KC3Z1141.jpg
▲ロースはしっかりとした肉の旨みが感じられた♪ 値段はバラよりちょっと高い

 いやぁ~ロース、旨かった♪ でもね、ロース食うとバラを食いたくなるんだよなぁ~ってことで、偶数人で来店した時は、ロースとバラを注文して、半分ずつにすると丁度良いかも?

 さて、飯の後は再び走りを楽しむことにする。国299を正丸トンネルに向かって進み、トンネルの手前から県53を走る。さすがに交通量は少なく、結構なペースで走ることができるが、割とタイトでカーブもキツかったりする。地図で見ると短い距離だが、実際走るとかなり距離を感じる険しい道だ。その後、県70に分岐。圏央道に乗る前にコンビニ休憩する。

KC3Z1142.jpg
▲だんだん曇ってきた空模様。結構険しい道でしたねぇとしばし休憩

 圏央道狭山日高ICから高速に乗り、関越道に入るはずが・・・真っ直ぐ行っちゃった。結局坂戸から地図を見ながら下道で外環沿いの国298まで来たものの、J氏は夕方から用事があったため、外環に乗って帰宅。オレはそのまま下道で、松戸にあるベガスまでパーツを取りに寄ってから帰宅した。

 J氏、すんません。余裕で帰って来られたはずだったんですが・・・道、間違えちまいました。今回のコース、道さえ間違えなければショートツーリングって感じで走れちゃう・・・かな? たまには千葉を飛び出してのツーリング、やっぱ新鮮だね♪

「どこ鉄」へ行くぜ!

2013.5.25~26
 友人のクラブ主催のバイカーズミーティングが2年ぶりに行われた。オープン参加ではないらしいから、これは呼ばれた以上参加しなくては!(雨じゃなければね)ということで一人、柏を出発した。

 会場は神奈川県丹沢湖の少し南にある河内川ふれあいビレッジ。最寄りのICは東名の大井松田なのだが、オレが走ったのは中央道。折角のツーリング日和、ちょっと遠回りして行こう!というわけだ。

 相模湖ICで降り、県76を南下、道志道こと国413に出て山中湖方面へ走った。県76は道志道への単なる繋ぎで通ったのだが、これがなかなか面白い♪ ちょっと得した感じだった♪ ツーリングコースとして有名な道志道なのだが、空いていれば結構走り応えのある道だが、残念ながら終始流れが遅い。オレの中では景色を見ながらゆっく~り走る道と割り切っている。景色は良いから、高速道路を走るよりはマシ・・・(失礼)。

PAP_1137.jpg
▲途中にある道の駅「どうし」バイク駐車場に十分なスペースを取ってくれてる。なんかうれしい♪

 山中湖まで来るとデカい富士山がどーん!と正面に見えて、ちょっと興奮する。国138を南下、ここも空いてれば面白い道だが終始流れが遅い。走り屋ぽいのも見かけたりするが、いつ走ってんだろう?オレが通るような昼間は、どのバイクも行儀よく走ってたな。

 富士山麓の独特な景色を見ながら走ったあと、買い出しを済ませ会場入りした。久しぶりに会う友人たち。笑顔と握手で迎えてくれる♪

KC3Z1157.jpg
▲メイン会場にある厨房。カレー、焼きそば、お好み焼きなど食べ放題。発泡酒、酎ハイも飲み放題だ!

KC3Z1165.jpg
▲広い会場に点在するテント。ひとりぽつんと設営・・・まあ寝に帰るだけだからね。それにしても良い天気♪

KC3Z1158.jpg
▲事故から復活した友人M。新たなバイクはショベルチョッパー!キッカーシフトだぜ!

 明るいうちはテントサイトでひとりまったりと休息し、自然を楽しむ。さて、暗くなるとパーティータイム?だ!メイン会場キッチン前に終始居座り、飲み放題壁放題を満喫♪ RUSTのT氏、平塚のM女史をはじめ旧知の友人たちと馬鹿話で盛り上がる♪

KC3Z1162.jpg
▲メイン会場の一角ではメンバーG氏による革細工教室も行われていた。オレのレザークラフトはG氏の影響だったりする。
 
 参加者がだんだんと就寝しはじめるころ、オレもメイン会場を後にし、マイテントにて就寝。翌日、今日は真っ直ぐ帰宅するだけってことで、ゆっくり起床。ボーとしながらコーヒーを飲んで朝食の炊き出しをもらう。まったく至れり尽くせりだぜ♪

 この日はハーレーのディーラー系の大きなイベントや、有名なスワップミートがあったりだったが、どうもキャンプの2日目ってのは、ぐずぐずでテンションが上がらないねぇってことで、大井松田ICから真っ直ぐ帰宅した。

 昨年は開催されなかったが、少ないクラブメンバーとサポートしてくれる友人たちのがんばりのお蔭で、オレ達は至れり尽くせりの手放し状態で楽しめるんだね。今回6回目を迎えた「どこまでも繋がれ鉄馬の絆」、これからもこのイベントが長く続いてゆくことを願ってます。
 

奥久慈キャンプへ行くぜ!

2013.5.18~19
 奥久慈キャンプ・・・通称奥キャン。茨城県大子町は上小川の久慈川沿いのキャンプ場「やなせ」で行われるMTGに今年も参加してきた。昨年はひとりでふらっと行って、のんびり楽しんで来たのだが、今年はJ氏と共に参加を決定!素晴らしい晴天の元、常磐道は友部SAにてJ氏と待ち合わせた。

KC3Z1145.jpg
▲絶好のツーリング&キャンプ日和♪ 昼前にJ氏と友部で落ち合う

 当初、友部で昼食を取るつもりでいたが、予定していた集合時間より二人とも早めに到着したため、そのまま出発。那珂ICで降り、そのあとはひたすら裏道を使い北上。大子へ向かうメインルートは国118なのだが、こいつは1本道の国道であるため、はっきり言ってかったるい。久慈川沿いの景色はなかなかのものだが、オレは殆ど使っていない。

 それでも、下小川のさらに南で国118に出て、久慈川沿いに大子市街地まで北上。ここでFLHに乗るケンちゃんの店で昼食を取り、買い出しを済ませ、再び国118を南下、会場であるキャンプ場「やなせ」に入場したのであった。

 設営を済ませ、晴天の元、J氏と乾杯!する♪ いやぁ~気持ち良いね♪ オレ達のテントサイトに友人たちが何人か訪れてくれた。その中のヨシさんには腰を落ち着けて、一緒にキャンプを楽しんでもらうことにした♪

KC3Z1147.jpg
▲陽が傾き始めると、なんとも良い雰囲気~♪

KC3Z1149.jpg
▲全体MTGの始まるころには焚火も燃え盛る。夜は寒いので火の傍はひときわ暖かい。

 テントサイトに戻ったら、今夜の飯の仕度だぜ~。原点に戻って、キャンプの料理はカレーだぜ!ってことで用意したのはパックのごはんとレトルトのカレー。こいつを15分湯煎したものに、牛の切り落とし肉を炒めてトッピング!これで肉大盛りビーフカレーの出来上がり♪ ご飯のトレーをそのまま皿代わりにして、洗物も省略だぜ!

 しかし、なんだね、夜になると随分寒いね。ほんと寒くって、ガスランタンを終始又に挟んで温まっていないと居られないぐらい寒かったよ・・・オレだけね。二人ともそれほど寒くはなかったみたい。なんでじゃ?

 酒の力もあってか、とりあえず寝ることは出来た。でも明け方は寒くて目が覚めちまったよ。それでも朝の空気は冷たくて清々しく、最高に気分がよい♪ 下りの天気予報だったが、なんの!昨日に続いて良い天気だぜ♪

KC3Z1150.jpg
▲いや~気持ち良い朝だぁ

 2日目はただ帰るだけ。ってことでJ氏、ヨシ氏とともに完全裏道で那珂ICに向かって出発!県道を乗り継ぐこのルート、少々分かりずらいが、交通量は少なく、信号も少なく、国道より大分遠回りになるのだが、足を着くのも片手程度といった快走路♪ 民家が多いため、ぶっ飛ばして走るわけにはいかないが、田舎の景色を眺めながら、適度なカーブを楽しんで気持ちよく走ることができるオレの好きな道のひとつだ♪

 そのまま3人で那珂ICから高速に乗り、友部SAで昼食を取った。ここで食後に長~い休憩を取ったのち、流れ解散となった。

KC3Z1153.jpg
▲本当に穏やかなツーリング日和。時間も早いし、そりゃ休憩も長くなるってもんさ♪ ヨシ氏(左)とオレ(中)のパッキングが激似!J氏(右)は全ての荷物をリュックで背負う!

 今年の奥キャンもゆったりのんびり+友人たちのお蔭で楽しかったよぉ~♪ また遊びましょう!

ブレーキが利かない!!!

 さて、岐阜にツーリングに行った時から症状が出ていた「リアブレーキが利かない」病だが、前回の館山ツーの時はフロントブレーキを積極的に使うことで対応した。が、当然しっかり治しておく必要がある。

 そこで検証。リアブレーキはGMA製のビレットタイプ、対向2ピストン。バイク屋さんに相談してみると「ダストカバーがないタイプなので、ブレーキダストによってピストンの動きが渋くなってるのでは?」と。
 そーか、そーか。それは納得できる。早速キャリパーを外し、パッドを外し、歯ブラシとクリーナーでキャリパー本体とピストンとの隙間をシコシコ掃除してみた。

 そして、外れたままの状態でブレーキペダルを少しずつポンピングして、ピストンの動きをチェックしてみると・・・片方しか動いていない~。動くピストンをバイスグリップで固定して再びポンピング!無理やり動かない方のピストンを動かしてみると・・・

KC3Z1138.jpg
▲キャリパー本体とピストンがカジってしまって、すごい傷だぜ~

 普通だったらピストン交換なのだが、このキャリパー、製廃でリプレイスパーツの入手が不可能らしい!と来たもんだ!ピストンどころかシール類も手に入らないとは・・・

 そこで、ピストンが小さくなってシールとの隙間からブレーキオイルが漏ってこない程度に傷を磨いて消すことにした。

KC3Z1139.jpg
▲コンパウンドを使って軽くラッピングしてみました。

 これで、左右のピストンが均等に動くようになり、問題は解決。で、原因は・・・

KC3Z1140.jpg
▲またしてもブレーキパットの片減りです。パットに合わせてピストンが傾き、キャリパーとカジってしまったらしい・・・ちくしょう。

 幸いピストン自体の偏摩耗はなかったから、現在はパットを新品にして、問題なく利きが復活しているリアブレーキ。ではパット片減りの原因は?パット(裏板じゃなくて摩擦材部分)の中心とピストンの中心がずれているからなのかな~? それなら他にも同じトラブルの人が居そうなもんだが・・・そろそろキャリパー自体を交換かぁ!?
プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR