パスケース、作る ♪

 今月はほとんどバイクに乗れていない。1500kmも走った先月に比べたら、もう全然乗れてない。それでも友人I氏主催のキャンプに誘ってもらったりで、後半に期待したい!

 で、忘れずやってますよ、レザークラフト♪ 最近クラフトねたもアップしてなかったねぇ~。今回はちょっと軽めのやつをご紹介。

201309KC3Z1290.jpg

 パスケースです。体験教室なんかで作れちゃうやつですが、朱染めの栃木レザーのヌメを手縫いで仕上げた上質な一品です。お友達へのちょっとしたお礼なんかに重宝するようで、この1、2か月で3つ目と地味に数が伸びてきてます♪
スポンサーサイト

試走!関宿城へ!

2013.9.14
 キャブのメンテに思った以上の時間を取られちまったが、あとの2日間は台風の予報だ。今日のうちに走っとかないとね!ということで久々に関宿城に向かった。

 終始県道を使ってのローカルな道で、中低速でのギクシャクの改善を確認するため、特に車を追い越すことなく、ゆっくりと走らせてみる。秋の雲が浮かぶ空を見ながら、久しぶりの一人でのツーリング。空気も少し涼しくなってきたみたいで、ゆるゆる流していても暑いとは感じない♪

 肝心のバイクの調子も、特にギクシャクすることもなく、ゆっくり走らせることにストレスは感じなかった。信号待ちでもアイドリングが落ち込む様子もなく、終始ごきげんのパクチョイ号♪ 街並みを抜け、畑の中の一本道まで来ると、関宿城が見えてくる。

20130914KC3Z1277.jpg


 そして、関宿城に到着~。今日はクルマは少なく、バイクは誰もいない。駐輪スペースにバイクを止めて、エンジン切る前にミクスチャーの調整をしてみる。うん、出発前にちょちょいと調整したポイントと変わらないね。

20130914KC3Z1280.jpg


 本当はここで、ミントチョコのアイスを食いたかったんだけど、残念ながら売り切れ・・・まぁどうでもいいことか。

 少し景色を見ながら休憩の後、来た道を戻って帰路に着くことにした。帰りはクルマも少ないんで、少し強めにスロットルをひねってムチをいれてやる。だらだら流していた時は、ちょっと重たいかなぁ~なんて思っていたエンジンも、トルクを伴ってそれなりにやる気をみせてくれた。特にパワフルだとか何とかって感じではないけど、まあまあいいんじゃないかなぁ~久々に山、走りに行ってみたいなぁ~♪



SUキャブ・メンテ

 白馬へ行ってきた今年の「いろはツーリング」の道中、しばしばバイクの調子が良くないときがあった。大体、スロットルを開けて走っているときは好調で、市街地などをゆっくりパーシャルで走っているとギクシャクしたり、信号待ちでスローが不安定でエンストしたりといった感じだった。

 はじめは高地に来ているせいで、燃調が狂ったのかな?なんて思っていたが、調整しても大して変わらんし、千葉に戻ってきても調子はいまいち。そこで原因を探るべくキャブの分解清掃を行ってみた。

20130914KC3Z1322.jpg
▲ニードルジェット 下:大分擦り減っちまったな           ▲アイドルアジャストスクリュー 下:こいつも減っちまってるな

 とりあえずニードルジェットは新品に。

20130914KC3Z1319.jpg
▲アジャストスクリューも調整しやすいデカいのに交換。自分でつまみを付けたネジも愛着はあるけど・・・寿命だな。

20130914KC3Z1271.jpg
▲そしてSPGもボールベアリングタイプに戻す。        ▲ミクスチャー調整のネジもつまみ付きに交換♪

 かじり防止に使っている人も多いSPG。オレも乗り出す前に友人から言われ、交換していた・・・写真のSPG、なんでアルミテープなんか巻いてあるか分かる? ドームのスリーブとのクリアランス・・・つーか隙間がでかくてガタ付くんだよ。さらにSPG内側とサクションピストンのガイドとのガタ付きも酷い。

 ドームにSPGを介してサクションピストンを組んで、横にして動かすと、サクションピストンが傾いてドームに擦れちまう。しかしボールベアリングの場合は、ドームに触れることなく、ピストンがスムーズに動くのだよ!個体差もあるだろうから一概には言えないけど、オレのキャブの場合は間違いなくオリジナルのベアリング付スリーブの方が精度が良いみたい。

 だったらSPG以外の方法で「かじり」対策してやれば、いいんじゃない?ってことで色々いじっていて気付いたのが、ベアリング・スリーブのタッパが短いために、ドーム内で随分と上下に動いちまうこと。
 こいつが大きく動いた時に、ピストンのガイドがベアリング位置から外れちまう。そのままピストンが動こうとすると、かじることがあるみたいなのだ。

 で、ベアリング・スリーブが動かないように、押さえるスリーブを作ってみることにする。

20130914KC3Z1270.jpg
▲廃品置き場から、マグライトのボディーを持ってきて外径をドーム内のスリーブ内径に合わせて削ってゆく。

 またしても廃品利用だぜ。これだって立派な?アルミのパイプだしね!ただし道具がないんで、棒やすりで削っては測り、削っては測りを繰り返す・・・しんどい。

20130914KC3Z1273.jpg
▲長さを測って切断すれば、押さえ用スリーブの出来上がり。ベアリング・スリーブの上から挿入っす!

20130914KC3Z1276.jpg ▲アイドルアジャストスクリューとミクスチャー調整用のつまみは専用部品だけに無加工でOK♪

 さて試乗だぜ!これでかじってエンストしたら笑えるな・・・いや笑えないか。

ショベルの試練?

 オレがバイクに乗る前の、クルマで遊んでいたころからの友人、太氏がバイクを買い替えた。クルマはハコスカ!バイクはZ!という太氏がZ1から乗り換えたのはなんとショベル・リジット!太氏、やっちまったなぁ~!

20130831KC3Z1271.jpg
▲フロントに35φナローを組んだアメリカ直輸入のマシン!現車を見ると機関上等です。

 随分前からいろいろ物色していたようで、購入先はなんとネットで見つけての個人売買!いやぁ~チャレンジャーですなぁ・・・まあオレも個人売買で買ってるか・・・

 購入を相談されたとき、愛車のハコスカのエンジンも自分で組めるくらいだから、少々のことは問題ないだろうということも含めて、いいんじゃない?と言った直後、即購入!

 早速近所を一緒に走ることになった。エンジンはキック一発で始動!アイドリングも整っていて調子よさそう~♪ この日は猛暑!しばらく調子よく走っていたが、信号待ちでちょいとエンストさせてしまった。そして、何故かそのあとエンジンが掛かる気配がない・・・?

20130831KC3Z1272.jpg
▲リジットフレーム公認の新規3年登録だぜ!

 日陰のない炎天下で延々30分、キックを蹴り続ける・・・うーん掛かんねーな?火も飛んでるし、ガスも来てるし、圧縮もある。掛からん理由は無いんだが・・・キャブはオレの嫌いなEキャブ。オレん時も夏に突然掛からなくなったことがあったな・・・そん時は、エアクリーナー外して、ガスをシコタマ送ってスロットル全開でキック! お!掛かる気配ありだぜ!・・・ってな感じで何とか再始動に成功。

 その後、特に不調は見られない。なにが原因なんだろうね? 周りに色々聞いてみるとEキャブのキック車両では、チンチンにエンジンが暖まってるときに、たまに見られる症状らしい。ひたすら燃調を取るしかないだろうとのことなのだが・・・まぁ太氏曰く、これから気長に付き合って行きますよ♪とのこと。健闘を祈る!
 

今年もお世話になりました。いろはツーリング!

2013.8.26~27
 地元のお寿司屋さん「いろは鮨」さんが毎年企画してくれる夏の宿泊ツーリングに、今年も参加させてもらった。例年40台前後、今年は少し少ない様だったが、それでもオレが参加するこれだけの台数でのマスツーリングは1年でこれだけである。

 普段のオレのツーリングを知ってる人には、こういったツーリングにオレが参加していることが意外かもしれないが、パクチョイ号とオレにとって修行ともいえるこの道程を経た後のビールの味というもの、また格別なのである。

20130826KC3Z1270.jpg
▲首都圏は渋滞が予想されるため、最初の給油場所である関越道・上里SAから合流することにした。

20130826KC3Z1271.jpg
▲待つこと1時間・・・これだけ増えたぜ

20130826KC3Z1272.jpg
▲到着早々、お店を広げるヒトもいる。針金でマフラー吊ったりしてます。

 ここから上信越道長野ICまでひたすら高速道路を走ってゆく。昼食は途中のPAで済ませ、柏から距離にして240kmを淡々と走る・・・そして長野IC下車。

 ここから国406で白馬に抜けるのだが、楽しそうな山道も平日であるため、途中まではダンプが多く、流れは良くない。途中トラブった車両も何台かいたようで、若干バラける。そんなころ鬼無里で休憩となる。

20130826KC3Z1275.jpg
▲予約していたのは、おやきで有名な「いろは堂」おやきとお茶を頂きましたぁ♪ とても旨いっす!

20130826KC3Z1276.jpg
▲引き続き国406を進むと出てくる白沢峠

20130826KC3Z1278.jpg
▲国406を終点まで走ると白馬村。今夜のお宿「ローゼンハイム白馬」に到着~! 修行の終了だぜ!

 強アルカリ温泉(だったかな?)の露天風呂で疲れを癒したあとは、大広間で宴会♪ 参加者はオレよりかなり年上の方々が多いし、乗ってるバイクも大きくて立派なのが多い。しかしながら趣向は違えど、そんなことは関係なく、皆このツーリングを楽しんでいる。もちろんオレも、そのあと部屋での2次会まで楽しませてもらった。

20130826KC3Z1279.jpg
▲晩は結構雨が降っていたが、翌朝は絶好のツー日和♪ スキーのジャンプ台が近くに見える

 さて、今回オレは1泊で参加しているのだが、全体の予定は2泊。このあと1泊組も含めてひたすら高速道路を走るということなので、朝の出発時点で別行動とさせてもらい、帰路に着くことにした。

20130827KC3Z1283.jpg
▲以前チビタンで一緒に頑張ったツヨシ君、今回デカいので参加?ちょっと寂しいぞ!

20130827KC3Z1285.jpg
▲下道を楽しむオレのお供はマフラーやキックアームを落っことしたN山氏

 身軽になったオレ達は、白馬から県33~31の通称オリンピック道路を快走♪ 長野市からの県34は結構タイトでやや難所だったが、そのあとの国406では軽くワインディングを楽しむことが出来た。しかし市街地が近づくと、クルマの流れが遅く、結構しんどい・・・。また別にアップするが、バイクの調子もイマイチで、それも疲れに拍車をかけやがる。そして昼過ぎ、八ッ場ダム建設によって出来た国145バイパス沿いの蕎麦屋(名前忘れちまった)で昼食にする。

20130827KC3Z1287.jpg
▲以前にも来た蕎麦屋 前回同様マイタケの天ぷらとざるそばを頼む。 蕎麦はもちろん手打ち、天ぷらはサクサクの衣とマイタケのシコシコが何ともいえず旨い♪

 食後は道の流れもスムーズでいい感じ♪ 裏榛名を抜け高崎ICを目指す。裏榛名・・・榛名湖までの14、5km、基本登りメインのワインディングで大きく深いカーブが続く面白い道だ。榛名湖で待てばいいか!とフリー走行で走らせてもらう。十分にバイクとしての走りを楽しんで、榛名湖畔で休憩・・・N山氏、チェーンカバー落としたそうだ(メールにて連絡)。

20130827KC3Z1288.jpg
▲榛名湖畔でN山氏を待ちながら休憩~う~ん気持ちいい♪

20130827KC3Z1289.jpg
▲休憩中にKawasakiに乗るライダーさんとあれこれお話します。大事にされてるバイクは見ていても気持ちいいね♪

 榛名湖から高崎に向かう県28が思った以上に険しい道だったのには驚いたが、無事に高崎ICから関越道にて帰宅、今年のオレの「いろはツーリング」も幕を閉じた。

 主催者の「いろは鮨」ご夫婦、無線搭載でサポートしてくださった皆さん、お世話になりました。2泊目もきっと楽しかったことでしょう。皆さんのおかげで今年も無責任に楽しむことが出来ましたぁ♪ また来年もよろしくお願いしまっす!
プロフィール

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR