シマさんキャンプ!冬編~1日目

2014.1.25~
 毎年恒例となっている、静岡の先輩シマさん主催の伊豆は河津でのキャンプ。今年もお誘いを受け、行って来たぜ♪
 夜勤明けでの参加となった千葉県一の気配り男F氏と東名海老名SAで待ち合わせる。するとF氏のほかに栃木のI氏の姿も!まあ、行き先は決まっているし、時間に特に決まりはない。各々自由に現地集合ってやつだ。

 I氏を残し、F氏と二人、東名から小田厚道路にスイッチする。昨年は東名で沼津ICまで行き、西伊豆の海岸線を走って会場入りしたのだが、今年は途中、温泉にでも入って、昼寝なぞしてって感じのまったりコースだ。

 小田厚を終点まで行き、箱根新道で箱根峠を目指し、十国峠を抜け、伊豆スカイラインに入る。この辺りは標高も高く、凍結の心配もあったが、ここまで通行規制もなく、天気も良い♪ 伊豆スカイラインに入ると直ぐ右手に雄大な富士山がガッチリ見える!正直路面はちょっと心配だが、クルマも少なく、気持ち良いペースで景色を楽しみながらワインディングを駆け抜けていく♪

 山伏峠でスカイラインを下りると、今後はタイトな峠道に入る。F氏の先導の元、軽快に飛ばして行く♪ 県80で修善寺まできたところで、昼食にすることにした。

20140125KC3Z1385.jpg
▲F氏リサーチの食堂。おすすめメニューのロースかつ定食を頂く♪ すげーボリュームだった。

 次は温泉だぜ!ってことで、国136沿いの「湯の国会館」に寄ってひとっ風呂浴びる。時間帯のせいかガラガラで、ゆっくり温泉に浸かったあとは広間でごろっと横になる。っと!そのまえに牛乳飲まねーとな!

20140125KC3Z1387.jpg
▲十分休憩することが出来ました♪ お世話さま~♪

 ここから国414で河津までは1本道。とりあえずは天城越えだ。しかし、なんだね~1本道だけに流れがかったるいね~。大型車も走るからクルマが繋がっちまって遅い遅い・・・とりあえず道の駅「天城越え」で休憩。

20140125KC3Z1389.jpg
▲今年で9回目?くらいか? この時期、路肩に雪が積もってない天城峠は初めてだね。

KC3Z1024_convert_20130127153610.jpg
▲去年はこんな感じ

 再び国414を南下するのだが、本当にこの道はノロノロだ・・・これ以上遅くなるとバイク倒れちまうよ。

 さて、会場まであと少しのところにあるコンビニに、見慣れたバイクが数台とまってるじゃないか。ってことでオレ達も寄り道する。

20140125KC3Z1390.jpg
▲HJ氏と共に来た超久しぶりのS氏、海老名であったI氏、それから一旦帰ってから再びやって来たイケちゃんと偶然にも合流。

 さて、ここから会場である「Cycleや」までみんなで移動。

20140125KC3Z1392.jpg
▲料理の仕度をしてくれているシマさんのお世話になりながら、外で飲み始める♪ 今年は温かいぜ♪ 

20140125KC3Z1393.jpg
▲さすがに陽が落ちてからは常設テントの中に移動。中央に炊いた火の回りで歓談だ♪

 今年はシマさんをはじめ総勢13名、バイク12台、クルマ1台での集まりとなった。F氏の冗舌が冴えわたり、会話の内容は「お・げ・れ・つ」中心。男が集まると(女子もいたけどね)会話の内容はこんなもんだよね♪ とにかく下らなくって、楽しい時間はアッという間に経っちまう。シマさん、しめに頂いた「カレーリゾット・焦がしチーズ乗せ」今年も旨かったです~ぅ♪ そんな感じで、複数ある常設テントに3~4人づつに分かれて就寝~♪

 ~2日目へとつづく~ 
スポンサーサイト

年末年始のバイクトラブル

 トラブル知らずのように思われているパクチョイ号であるが、機械である以上、細かいトラブルが出ることがある。エンジンやミッション内部のパーツの金属疲労からくる破損や電装品の故障など、日頃のメンテでは予見しえないこともあるが、今回は何れも細かなチェック不足。旧車(ショベルが旧車かどうかは、とりあえず置いといて)乗りとしてはちょっと恥ずかしい。

 年末最後の「いろは鮨」さんのツーリングでのこと。国6から利根川沿いを東に走っていた時のこと。安食の交差点手前、信号の関係で、ちょっと流れが滞っていた時の低速走行時、右足にペグからコツン!と軽い衝撃があった。こりゃフットブレーキに何かあったな!と感じてからのブレーキング。予想通り全く減速しない。

 予想していたお蔭で、パニクることなく、フロントブレーキで停止。その場でツーリングから離脱した。

20131209KC3Z1330.jpg
▲コンビニでチェックすると、本来吊り下げられているブレーキが、180°反対方向に。

 テンションロッドを留めてるボルト・ナットの脱落でキャリパーがローターと一緒に回ってしまったようだ。

20131209KC3Z1333.jpg
▲そのせいでブレーキホースブッチギレ。

 リアブレーキ主体のパクチョイ号ではあるが、フロントブレーキを使って帰ることは出来る。問題だったのは切れたホースから漏れたブレーキフルードでリアタイヤの右側がツルツルになっちまったことだ。時たまリアの挙動がおかしくて、特に右カーブに気を付けて帰宅。

20131209KC3Z1334.jpg
▲帰宅後、ホースを交換してエア抜き。

20131209KC3Z1332.jpg
▲で、この位置が本来のブレーキキャリパーの位置。作業終了だ。

 原因はもちろん振動によるボルトの緩み。結構太い細目のボルトだが、定期的な点検が必要なんだね。

20131209KC3Z1335.jpg
▲ダブルナットで対策してみた。割りピンなんかで機械的に緩まないようにするほうが確実かも。

 もう一つは、オレが引っ張る新春ツーでのこと。帰路の途中での初詣を済ませ、最後の休憩場所であるコンビニに到着する寸前のこと。エンジンがバラついて、何か様子が変だ。コンデンサーか?バッテリーか?とコンビニであれこれチェックしていると、全ての灯火が付かなくなってしまう。こりゃメイン配線のか、キーシリンダー辺りだろうと、配線を探っていると

20140126KC3Z1371.jpg
▲後付けのヒューズボックスの配線のカシメがすっぽ抜け。

 とりあえず予備の電線を使ってジャンプさせ応急処置して帰宅。ヒューズボックスを分解して、金具と配線をハンダ付けして修理した。たまに見た目は繋がってるのに、じつは端子の金具のなかで断線していた!ってことがある。出来ればカシメだけじゃなくてハンダ付けと併用したほうが、確実に接続できるだろう・・・ハンダ付けした配線は固くなるから折れて断線する、という話しも聞くが・・・。

 大したトラブルではなかったが、これもシュツエーションによっては大事故になる可能性もある。最近乗りっぱなしだったからな・・・ちょっと反省。

※いづれの作業も自己責任でお願いします。ブレーキに関する作業は整備資格者以外やっちゃいけなかった・・・と思う。

グルメな週末とデンジャラス・ゾーン

2014.1.18
 この日は、ローカルズのヘビーユーザーであるA氏のお薦めのステーキ屋「REVステーキ」に行ってきた。この店、なんとバイク仲間のRUSTのT氏も知っていた。

 11時過ぎの来店を目指して、冬晴れの中、バイクを走らせた。隣町だし、幹線道路を真っ直ぐ行くだけだから、ツーリングといえるのかどうか・・・

20140119KC3Z1386.jpg
▲こいつがランチメニューの「さがりのステーキ300g!」

 さがりとはハラミのこと。焼き方は表面を炙っただけの超レア。オレはレア大好きだからぺろりと完食したが、赤いのがダメなヒトは無理かも。時間帯のせいか、静かな店内で十二分に「ニク」を満喫したぜ♪

2014.1.19
 次の日はまさかの積雪! にも係らず勝浦に向かってひとりバイクを走らす。京葉道路の側道から茂原街道に入り、うぐいすラインを走る・・・やっぱ所々凍結してるね~。ちょっとやばいかな。

20140119KC3Z1388.jpg
▲うぐいすラインを抜けたところで、いま来た山を振り返り休憩。チャリダーたちもやばい!やばいを連呼

 この先の道路状況に一抹の不安を感じながらも、国297を南下して行く。圏央道のICを過ぎた辺りから、融雪のためか道路がビチョビチョである!まあ凍ってるよりまし!と走り続け、到着したのは大多喜のベジタブルガーデン♪

20140119KC3Z1389.jpg
▲大きな温室のような建物がベジタブルガーデン。

20140119KC3Z1391.jpg
▲中は温かく、ハーブ園があったり、食堂があったりと癒しの空間となっている。

20140119KC3Z1392.jpg
▲ハーブオムライスのベジタブルセットを頂く♪

 なんとも言えぬ癒しの空間で寛いだあと、勝浦目指して再び国297を南下して行く・・・が、道路状況は悪くなる一方!国道のくせに日陰はばっちり凍っていやがる!ちょっとびびりながらも太平洋に面した国128に出る。さすがにここの道はドライだ。

 しかし困ったのは、どの道を通って帰路に着くかだ。どの道も山道で、凍結の危険大!う~ん、どうするオレ・・・そして何を血迷ったのか、オレが進んだのは清澄養老ライン!

 最初は順調?しかし、少し登ると全面凍結した高低差のあるヘアピンカーブでクルマが事故ってる。その横を、バイクでそろそろと登って行くオレ。その後も度々訪れる白く光る圧雪路のトラップ!そろりそろりとクリアして行くオレ。なんで戻らないんだオレ?結構怖い思いをして通り抜けて来ただけに、再びあのトラップを通りたくないってことなのだが、この先どうなってんだろう・・・

 ガーン!下りのバンク付カーブの圧雪路!距離も結構長い。こりゃダメだと思いながらも、そこに進んでゆくオレ。だってこんな山ん中で止まってたってどうにもならんもんな。・・・そしてやっぱりコケた。

 自分の足で立って・・・いや立とうとして初めて知ったが、ヒトが立てないような凍った斜面だぜ。バイク起こせるのかオレ? まぁ起こせたからこうやってブログを書いていられるんだけど、こんな時に、普段の筋トレの成果が発揮されるんだな。結果、左に1回、右に1回コカしたが、エアクリーナーのカバーを潰しただけで、ヒトもバイクも実働可能だった。

 ここでまだ白岩温泉の手前辺り。その後も危険なゾーンは続き、自分でも感心するくらい集中力が続いたぜ。国465に入っても、亀山大橋を過ぎるまでは、日陰はバッチリ凍結していて、ここでもクルマが横転していた。

 なんとか無事?に帰ってきたけど、このとき不思議と後悔の気持ちはなかった。走りたくて走って来たんだし、結果として帰ってこられた充実感?に浸っていたけど・・・振り返ってみれば、やっぱこんな日はバイクに乗るもんじゃないね。

伝説と走ろう!鴨川ツーリング

2014.1.12
 伝説の男N氏と知り合ったのは、9年も前のこと。伝説の男は、自ら伝説を語ることはないので、彼が伝説の男であることを知ったのは大分後のことだ。まだ道もろくに知らなかったオレは、当時N氏に先導されてのツーリングで、千葉の裏道を走る楽しさを教えてもらったのだ。

 今回は、久々にN氏の先導で走りたくなって、おまかせでツーリングをお願いした。目的地は千葉県一の気配り男F氏の探してきた鴨川のカフェ?食堂?ということで、浜野のコンビニでN氏と待ち合わせる。

 本当に久しぶりに海沿いの国16を南下。そのまま国127にスイッチ。N氏の先導は、決して急がない。片側2車線の国道でもひたすらマイペースで走る。といっても、決してダラダラ走っているわけではない。途中、スポーツスターに乗る変な奴がちょろちょろまとわりついてきて、キレそうになるも、伝説の男は、まるで眼中にない様子。このへんは見習いたいもんだ。

20140112KC3Z1387.jpg
▲N氏とサシのツーリング。昔に帰ったみたいで、なんか懐かしい♪

 国道で保田まで下り、長狭街道に入る。ここは良い感じのワインディングで、前にクルマの居ない時にはそこそこのペースで気持ちよく走る♪ 長狭街道を西に走りきると、鴨川に到着だ!

20140112KC3Z1391.jpg
▲やって来たのは、レストラン・オリーブ

 店は新しく、時期的にお客はあまり入って居なかった。駐車場は広いから、みんなで来ても良いと思う。ただし、海の目の前=海鮮と思って来るのはNG!

20140112KC3Z1388.jpg
▲N氏のお薦め「岡村隆定食」なるものを注文。刺身とカキフライの定食。ボリューム満点だぜ。

20140112KC3Z1390.jpg
▲店にはテラス席もある。この日、鴨川は温かく、食後はテラス席で休憩♪

20140112KC3Z1392.jpg
▲目の前は海!太平洋は穏やかだった。

 食後は、国道128を勝浦方面に少し走る。ここを走るのも久しぶりだ。天津小湊から県82に入る。ここからは結構な山道。伝説の男も飛ばすときは飛ばす!県82から国297に入り北上、うぐいすラインから茂原街道に入り、流れ解散となった。

 本当に、9年前に帰ったかのような不思議な感覚だった。ここ数年、やや強引に飛ばすことが多かったオレのツーリングだが、昔から走り続けてきた先輩から学ぶことはまだまだあるな。景色を見て、風を感じる。多少道が混んでたってイライラしない。行くつもりなら先に行けるんだ。という気持ちのゆとり・・・なのだろうか。

シェリダンスタイル・カービング・ウォレット!

 立て続けにレザークラフトねたをアップ!です。色々な注文を頂き、それはもちろん全力で満足してもらえる物作りを心掛けているのですが、何故かウォレットというやつは、自分の中で最もテンションが上がる作品だったりします。


20140111KC3Z1384.jpg
▲得意のシェリダンスタイル・カービングに本物のモルガン・コンチョを奢りました。仕立ては総手縫いです。

20140111KC3Z1381.jpg
▲カービングの全容はこんな感じ。渾身の作品です。

20140111KC3Z1380.jpg
▲内側はシックな黒革で高級感を演出します。

20140111KC3Z1379.jpg
▲札入れにはマチが付きます。

 引き渡しまでの間、日焼けしないように眺めています。毎度のことながら、気に入って欲しいけど、手元に置いておきたいような・・・複雑な心境です。まぁ自分で欲しいと思えるということは、満足のいく出来なのでしょう♪ 嫁ぐ日まで、あとわずか・・・です。

新春!レザークラフト♪

 昨年末には、久々にカービングを施した革製品のオーダーを沢山頂いた。ウォレットやサドルバックといった大物は言うに及ばず、名刺入れといった小品でも非常にグレードの高い持ち物となるでしょう。

 新春一発目の完成品は、ワンポイント・カービングを施したパス・ケースです。パス・ケースは以前数品作っていますが、何れも機械染めされた色革を使っていたので、カービングは無理だと思っていました。しかし!今年の年末年始は長期休暇でレザークラフトに回す時間が沢山取れたため、ダメもとでカービングをしてみたら・・・まあまあ見てくれ良く刻印が入るじゃありませんか♪

20140104KC3Z1377.jpg
▲カービングでワンポイント入れてみました♪ 写真では分かりませんが、従来のものより縁を薄く漉いて縫い合わせているので、女性の持ち物らしいスマートさが感じられます♪

 同時進行のウォレットもコンチョ待ちの状態です。それから、1度失敗してしまったサドルバックも、再びカービングに入っています。今後、ご紹介していきたいと思ってます♪

新春!地雷やツーリング

 昨年の走行距離を確認してみると14,100kmだった。一昨年とほぼ同じだが、色々なところへ、色々な人たちと走ることができた。趣味で乗るバイクというものは、距離を走ってる奴が偉いとか、速い奴が偉いとか、長く乗ってる奴が偉いとかそんな物差しはなく(・・・もちろん行くところまで行ってみないと分からない世界があるのも事実ではあるが)楽しんでる奴だけが得をしているってことではないのだろうか。そんな感じで、今年も超自己中に突っ走って行きまっせ!

2014.1.2
 2014年、1発目のツーリングは、毎年恒例の飯岡にある「地雷や」へのRUNだ。例によって利根川沿いから外れ、多古、干潟を通る県道を走って行く裏道ツーリングだ!
 出発地点で9台、途中合流1台、現地合流2台とオレが引っ張るツーリングとしては限界の台数。参加してくれたみんなをご紹介!

20140102KC3Z1375.jpg
▲ゆたかです。今年もレザークラフト「ローカルズ」頑張っていきます♪

20140102KC3Z1372.jpg
▲ご近所のHJ氏、新春ツー皆勤です。

20140102KC3Z1378.jpg
▲S兄弟のお兄さん、超スーサイド・セットアップのバイクで、久々の参加!

20140102KC3Z1376.jpg
▲S兄弟の弟J氏、兄弟揃うと悪のオーラもパワーアップ?

20140102KC3Z1379.jpg
▲昨年Z1で参加した太氏、今年はショベル・リジットで参加。

20140102KC3Z1371.jpg
▲走り納めを同行したN氏、調子よいと言っていたショベルは・・・完走ごくろうさま。

20140102KC3Z1374.jpg
▲N氏の嫁、カスタム前の最後の姿になるのか?(バイクのほうね)(お顔はこちらで目線いれました。女子なんでね)

20140102KC3Z1381.jpg
▲途中合流のRUSTのT氏、今回は借り物のバイクで参加。愛車のカスタム、楽しみだぜ!

20140102KC3Z1384.jpg
▲N氏の巻き添えとなり?現地合流となったT1氏。

20140102KC3Z1373.jpg
▲J氏の盟友N村氏は、今年も顔出しNGです。

20140102KC3Z1377.jpg
▲J氏紹介のNさん(今年はNさん多いな)。バイクだけパチリ。

20140102KC3Z1385.jpg
▲正月早々バイクトラブルなってしまった伝説の男N氏。トラブル解決後、地雷やにて合流!

 さて、S兄弟の兄貴は所用のため、T氏の待つ合流ポイントまでの参加だったのだが、ここで弟のJ氏のショベルがインマニからの2次エア吸い込みのため、リタイヤ。オレも部品の提供は出来るものの、先導であるが故、留まって修理することまではしてあげられない。それが新春ツーのルールなのだ!

 いつものルートながら、本当に表情豊かな楽しいツーリングコース。今年は温かく、手足の寒さも感じやしない♪ 信号も少なく、田舎道を快走し、「地雷や」到着~!

20140102KC3Z1383.jpg
▲毎年食べてる「白ごまタンタンメン」。汁も残さず完食です♪

 遅れて到着した伝説の男N氏とT1氏が食べ終わるのを待って、地雷やのオーナーK氏に見送られ初詣に出発!来た道を戻って走り出すが、来る時より空いていて、さらに気持ち良い♪

20140102KC3Z1387.jpg
▲初詣は今年も滑川観音。立派な山門を潜って中へ進みます。

20140102KC3Z1386.jpg
▲そして本殿で参拝。今年も良い年でありますように。

 最後の休憩ポイントであるコンビニに向かって走っていると、どうもバイクの調子が悪い。コンビニ到着後燃調を取っても変化なし。こりゃ電装系、バッテリーかコンデンサー・・・しかしオレのはハイパーコンデンサー。まさかバッテリー? いやいや簡単にチェックするとメイン配線の断線ってことで、予備の電線を使ってジャンプさせてササッと解決! 調子の悪かったN氏も2次エア―からの吸い込み対策を施しバイクの状態をなんとか維持させる。

 J氏のリタイヤ、伝説の男N氏のトラブル、N氏の2次エア―吸い込みに、オレの断線と、いつになくトラブルの多かった(全部ショベルだし・・・)新春ツーであったが、事故もなく、スケジュールどおり、明るいうちに帰宅できる時間で、解散となった。
 今年も、昨年に負けないくらい内容の濃いバイクライフを送って行きたいと思います。よろしくお付き合いください!
プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR