カスタムペイントに挑戦!

 うちの周りでは、未だに日陰に雪が残っている。1年中バイクで走れる千葉県でありながら、今年の2月は殆ど乗れていない。流石に幹線道路は問題ないだろうが、幹線道路を走ったところで、果たしてオレが楽しめるのか?・・・やっぱ、ただバイクに乗りゃあ良いってもんじゃないよな。

 そんなわけでレザークラフトねたが続いたが、オレとしてもちょっと飽きてきた。そこでレザークラフトと並行して夏季用ヘルメットのカスタムペイントに挑戦してみた。

 最初に決めたテーマは70年代&銀ラメ!あと我が家の家訓として、ヘルメットは白!という決まりがある。そこで白と銀ラメをメインに、一部に涼しげにクリアブルーを入れて・・・どうせならレインボーカラーのグラデーションにしようか!などなど妄想は膨らみ、そうだ、白の代わりにパールホワイトにしよう!と思った辺りから構想が変わっていった。

 頭の中で、段々と銀ラメ&白からパールホワイトにテーマが変わり、ラメの面積がどんどん減っていく・・・更に銀はほとんど無くなり、ブルーの面積が逆転!・・・じゃあメタリックで良いんじゃね?(自問自答)・・・ってことでラメは完全に無くなった。缶スプレーのみで塗装するから、胡椒のビンにラメを入れてパラパラ振りたかったのだが、これで一気に作業が楽になった。

20140222KC3Z1406.jpg
▲ベースはダムとラックスのブラスター!オレのお気に入りの一品。

20140222KC3Z1411.jpg
▲ロゴはシールで、上からクリアでコートされているため剥がすことは出来ない。微妙な段差があるから、パテを打って1週間乾燥させ研磨&足付け

 下地塗装としてプラサフを吹いたのだが・・・研磨の時にクリアとシールまで削っちまったみたいで、シールの糊がプラサフの溶剤に侵されシワシワに・・・

20140222KC3Z1414.jpg
▲プラサフを厚めに吹いて、侵され部分を削り取り、パテで穴埋め。

20140222KC3Z1415.jpg
▲再び研磨のあと、プラサフを吹くが、微妙に跡が出ちまう。今度は削り取らず、さらにプラサフを厚吹きし、研磨! これで跡は消え、下地は完了!

20140222KC3Z1416.jpg
▲続いてベースカラーとなるシルバーを吹く・・・が塗料が残り少なかったのか、ブチブチブチ・・とゆず肌になっちまう。がっ!この失敗は逆に面白い仕上がりになりそうなんで、特に修正せずにこのまま続行!

 っと、現在はここまで。このあとクリアーを捨て吹きしてマスキング、パールホワイト塗装、クリア捨て吹き、マスキング、ブルーメタリック塗装・・・と色々続く予定!
スポンサーサイト

またしてもレザークラフト!

 今年はよく雪が降るねぇ~ったく困ったもんだよ。バイク、乗れねーじゃん。そんなわけで今回もレザークラフトねたです♪

 世間では、昨日はバレンタインデーだったそうだ。んで、ローカルズのヘビーユーザーさんの彼女さんから、プレゼント用にとコインケースのオーダーを受けていた。

 コインケース・・・ずいぶん前に馬蹄型のコインケースをいくつか作成したことがあった。でも今は廃版っす。だって手間と値段があわなくって!そんなわけで生意気にも小品はお断りすることが多かったのだ。

 今回はボックス型のコインケースが欲しい!という形についても明確な希望があり、ボックス型なら全部外縫いだし、それならコインケースらしい値段で提供できるかな?という感じでオーダーを受けることにしたのだった。

20140209KC3Z1396.jpg
▲カービングを施した小さなコインケース♪ 一般的な物より少し小さな9cm×6cm

20140209KC3Z1395.jpg
▲ウォレット同様、中は黒!結構容量あります。

 実は、この9cm×6cmという大きさにはちゃんと理由があります。初めての作品なので、まず適当な大きさで試作品を作ってみました。大きさは7cm×7cm。これに小銭を入れて、振ったり、投げあげて床に落としたりと、何とか中の小銭を出そうと画策します。少々振ったくらいでは出ませんが、色々やってると小銭が出やすい向きや動きがあることが分かりました。

 今度は、どうすれば小銭が出ないようになるかを考えます。確実に、物理的に小銭が出ない縦横寸法がありそうなので、CADで図面を起こして確認。その結果、9cm×6cmに落ち着きましたぁ。

20140209KC3Z1394.jpg
▲試作品を作ったり、大きさが決まってからも様々な型紙をつくってメイク&トライ!

 完成品はバネホック小を隠しホックとして、表にホック頭が出ないデザインとしました。がっ!最後の最後に3パターンの写真を送って先方の希望を確認します。

20140209KC3Z1399.jpg
▲上段が隠しホックで仕上げたもの。中段はホック小を表しにしたイメージ。下段はドットボタンとコンチョを組み合わせた場合のイメージ。

 中段、下段を希望した場合に対応できるように、もう1枚、カービングした表革を用意していましたが、上段の隠しホック仕様を選んでいただき、無事納品となりましたぁ~♪ ありがとうございました♪

 初めて作るときは、試行錯誤することもありますが、今回、型紙が出来たんで、コインケース、定番商品化決定です!
 

レザークラフトあれこれ

 以前、A氏より紹介いただき、フルカービング・ウォレットを納品させて頂いた方より、名刺入れのオーダーを頂いた。

20140203KC3Z1392.jpg
▲A氏に収めたものと同じ名刺れ。ウォレットとお揃いのデザイン。

 もう一つ、太氏よりオーダーを受けたサドルバック。蓋のカービングの染色で失敗してしまい、再度やり直しをしていたところです。

20140203KC3Z1390.jpg
▲先週、ようやくカービングが終わりました♪

 こいつを黒く染めていきます。うちはカービングにはツーリング・レザーを使っていますが、多脂皮革のため、なかなか染まってくれません。

20140209KC3Z1402.jpg
▲ブラック・カービング・・・なかなか恰好良いのではないでしょうか。

 更にもう一つ、小物の製作が終わっています。こいつは納品後の紹介とさせて頂きます

なんだか、ぐずぐず・・・チョイ乗り

2014.2.1
 楽しかった伊豆のキャンプから普通の日常生活に戻り一週間、待ちに待った週末である。しかしながら仕事疲れのせいか、バイクに乗るテンションが上がらない。土曜日にゆっくり休んで、日曜日に走ろうと思っていたが、雨の予報・・・バイクに2週間乗らずに居られないだろうと、土曜日にテンションいまいちのまま近くを走ることにした。

 いつもなら、ツーリング前はルートを考えて、折角の時間を無駄なく楽しもうと段取りするのだが、この日はなんとなく家を出ちまった。幕張メッセ周辺をアーバン・ツーリングして松戸でステーキでも食おうかなぁ~と思ったものの、地元の市街地の渋滞で、既にテンションガタ落ち。家に帰ろうかなぁ~なんて戻る途中で、田舎道をのんびり流したら気持ち良いだろうなぁ~なんて思い、急遽、関宿城を目指して走ることにした。

 今日は前のクルマがどんなに遅くても、ゆっくりと追走~ちょっと疲れ気味の体には、こんなペースでも楽しい。周りの景色を見ながら、田舎道をのんびりと走る~♪ そして関宿城到着~ぅ!

20140202KC3Z1386.jpg
▲高台から城下?を見下ろす。気分もゆったり♪

 昼時なので、飯を食いたいのだが、売店に弁当は売られていない・・・炊き込みご飯みたいなスローフードが食べたかったのに~。で、城下のけやき茶屋に初めて入ってみた。正直、外観からは全く期待出来なかったから、今までスルーしてた。

20140202KC3Z1387.jpg
▲んで、うな丼を頼んでみた。さっきまでスローフードが食いたいと言ってたのに・・・

 うな丼・・・香ばしい炭火焼・・・ってわけにはいかないが、値段を考えたら十分かな。モツ煮やうどん・そばもあったから、今度は違うものを頼んでみよう。

20140202KC3Z1388.jpg
▲暖かな店内でほっこりした後、関宿城を後にした。

 帰路は埼玉側を幸手から吉川まで広域農道を走って帰ろうかなぁ~と、1度しか通ったことのない道を目指したのだが、見事に迷子に・・・この辺りは道路の案内標識に県道の番号が載ってないんだよなぁ。広域農道に入ったものの、吉川まで行くはずが、何故か国16で曲がってしまう・・・この道は通るなってことか?

 とりあえず国16で帰宅したもの、田舎道をのんびり走る!という目的の達成度は半分ってとこだな。広域農道は1本道で大型車も多いから、次回は無しだな。よく目的地を決めずに、行き当たりばったりで走るヒトがいるけど、オレは無理。今回は大した距離じゃないのに、無駄(無駄もまた楽し!というレベルではなく)が多かったなぁ~

シマさんキャンプ!冬編~2日目

2014.1.26
 さて、今年の伊豆は暖かく、寒さの心配などしないで気持ちよく就寝した・・・のだが、天気予報では日付が変わる頃から雨の予報だった。酔っ払って寝ちまってるから、誰も何にも気にしてなかったが、常設テントは中で焚火が出来るように屋根の真ん中が開いている。それに気が付いたのは明け方。

 横で寝ているHJ氏がゴソゴソと寝床を移動してる音に目が覚める。テントを打つ雨の音が結構激しい・・・ん?雨漏ってる?オレは眠さに負けて、ちょっと横にずれただけで火の粉除けの毛布を雨よけに寝袋の上から被り再び就寝した。んで、朝だ。起き上がってびっくり!床がびしょ濡れだぜ~。そりゃそうだよなぁ天井開いてるんだもん。他のテントも同じような状況だったみたい。

20140126KC3Z1397.jpg
▲起床したころには、すっきり晴れた空に!

20140126KC3Z1396.jpg
▲湿気るとエンジンの掛が悪くなりそうな面子は、屋根の下に駐輪

20140126KC3Z1395.jpg
▲湿気に強い面々は外に駐輪!

20140126KC3Z1398.jpg
▲本日も温かい。朝食は外で立食♪

 今年も朝からシマさんの特製ホットサンドとコーヒーで腹を満たす♪ ありがとうございます。相変わらず旨いっす♪

 さて、この後はシマさんの先導で沼津ICへ向かう組と、F氏の先導で伊豆スカイラインから箱根~小田厚道路へ向かう組とに分かれて帰路に着くことになった。

 オレはF氏と共に帰ることに。このルートは来た道を逆に走るルートだ。F氏を先頭に総勢6名で走り出す。来たとき同様、県80はタイトで完全な裏道だ。オレ以外のメンバーは本当に伊豆スカにたどり着くのか心配だったみたいだ。

 山伏峠より無事?伊豆スカイラインに乗り、ここから終点(起点?)の熱海峠までフリー走行となった。今日は凍結の心配もなさそうだ。無理のない範囲で気持ちよく飛ばす♪ なんて気持ち良いんだろう~・・・ところが終点近くになると辺りは濃い霧が立ち込めてくる。それはもう小雨といえるくらいの濃霧だ。

20140126KC3Z1401.jpg


 料金所でみんなと合流して、箱根新道を小田原に向かうが、相変わらずすごい霧&ノロノロ走るクルマの列が出来ちまう。標高が下がり、濃霧を脱してもクルマの列はなくならない。まぁ1本道だからしょうがないな・・・

 徐々に解散しながら小田厚道路に入ると軽快に走り出す♪ 東名に入り海老名SAにはいると、シマさんと一緒に帰路に着いたHJ氏たちと再会する。本当に今回は会ったり別れたりを繰り返すツーリングだぜ。
 しかし海老名ってことは人が多いね~飯食って解散にしようと思ったのに、食堂いっぱいだもんな。お弁当を買って外で食べ、ここで解散となった。このあとの首都高での風が強かったことといったら!ほんと怖かったぜ。今年の冬は天候荒れてる気がするぜ~。

 シマさん、毎年ありがとうございます。本当、楽しませてもらうばかりですが、またよろしくお願いします。一緒に楽しんだ皆さん、皆さんのお蔭で飽きることなく楽しい時間が過ごせましたぁ~♪ またツーやキャンプで会ったときは楽しくやりましょう!
プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR