ヒトの優しさに触れる

2014.6.21
 この日は、静岡のS先輩のお誘いで、富士五湖の西湖畔でのキャンプに向け、朝から首都高を抜け、東名を走っていた。微妙な天気予報のため、クルマかバイク、どちらで行くか迷っていたが、なんとかなりそう!とバイクで出発。大渋滞の高速道路をすり抜けしながら、やっぱバイクで正解だったな~♪と思っていたのだが・・・

 海老名で給油後、厚木を過ぎて間もなく、すり抜け中のバイクの挙動がおかしいのを感じ、確認すると、リアタイヤが激しく潰れてる~!ってパンクかよ!と慌てて、渋滞の中、路肩にバイクを停めた。

 それはもう、完全にぺったん状態でいやがる。くそ重たいバイクを少しずつ動かし、パンクの原因を探るが、ネジ、釘を拾ってる様子はない。ナセルの中からスプレー式のパンク補修材を取り出し、注入!・・・空気入らねーな。古いからなのか、重量級のバイクで、完全に空気が抜けちまってるせいか、半分くらいタイヤが膨らんだところで終わっちまった。
 んで、ナセルを戻してる間に、潰れちまったよ。

 こうなると、もうレッカーしかない。いつもお世話になっている松戸のベガスさんに相談し、オレが入会している距離無制限のレッカーサービスで、最寄りのバイク屋に運んで修理してもらうのが、最善と判断し、レッカーサービスに電話したのだが・・・

20140621KC3Z1481.jpg

 「運搬先は、お客様で指定してください。」とのこと。おいおい、オレはそんなネットワークもってねーよ。(本来は、自宅か加盟した店・・・オレの場合はベガス・・・に運搬する、という規約らしい) 仕方がないので再びベガスに電話。nekoさんにお願いし、厚木周辺のハーレーのカスタムバイクのパンク修理が出来る店!という条件で店舗を探してもらった。

 その結果、デイ・トリップさんを見つけ、オレに変わって修理の引き受けの確認を取ってもらい、レッカーサービスにも店舗情報を含めて連絡してくれたのだ。まさに地獄に仏、ありがとうございました。その間、公団やパトカーに発煙筒やカラーコーンを置いてもらう。どーもお世話様です。

 んで、デイ・トリップに到着。ベガスから連絡してもらってる者だと告げると、仕事を中断して、快くバイクの状態をチェックしてくれた。どーもパンクしている様子はない。ムシを交換して空気を入れ、30分ほど様子をみるが、やっぱ漏れてない。
 きっとムシが劣化して空気が抜けたんだろう・・・という結論で、再び高速に乗った。

 既に渋滞が解消した東名を、様子を見ながら慎重に走らせること約50キロ。足柄SAで遅くなった昼食を取り、タイヤチェック。大丈夫、ちゃんと空気入ってるぜ。そして足柄を出て約2キロ、再びバイクが腰砕け状態に~!
  やっぱパンクです。完全にタイヤが潰れてペッタペタです。なんで?今から修理しての会場入りは無理と判断し、S先輩に断りの電話を入れ、再びベガスnekoさんに電話する。 「遠いところ、すいませんが、引き取りに来てくださ~い」と・・・

 しかし暇だ。どうせならSAにいるときに空気が抜けてくれれば良かったのに・・・なんて思いながら、ガードレールの外の草むらに座り、ウトウトしてると、公団の黄色いパトカーがやってくる。そして「もうそんなに暑くないけど(もう夕方だからね)、お水置いてきます。あとこれ、虫よけなんで使ってください。」とペットボトルとブレスレットタイプの虫よけを渡してくれた。あ~ぁどうもありがとうございます。

20140621KC3Z1485.jpg

 そして、2時間半掛けてやって来たベガスさんのトラックで、再び2時間半掛けて千葉へと戻ったときは、既に閉店時間を30分ほど過ぎていたが、営業さんも残っていてくれて、代車を借りて家路に着くことが出来た。

 出来れば体験したくないことだけど、本当に色々なヒトの親切さを感じることが出来た。1円にもならないのにバイク屋を検索、手配してくれたnekoさんはじめ、デイ・トリップの社長さん、水と虫よけをくれた公団の方、遠くまで引き上げに来てくれたベガスSさん等々、本当にありがとうございました。

 さて、翌日にはチューブ交換を済ませ復活したパクチョイ号だが、パンクの原因は?・・・これが、なんだかよくわからないのだよ。タイヤの裏側にパンク補修材の漏れた跡はないし、タイヤのトレッド面、サイドウォールにも傷は無し・・・チューブ自体は1年前に交換しているし・・・う~ん、やっぱご先祖様の霊がオレの西湖行きを止めたってことなのかぁ?
スポンサーサイト

ピーター・ファミリー地雷やキャンプ!

2014.6.14~15
 久しぶりにP氏から誘いを受け、千葉は飯岡にあるラーメン屋「地雷や」の駐車場にテントを張って、飲み食いしてくる「地雷やキャンプ」に参加してきた。

 P氏達とは現地で落ち合うこととし、11時にJ氏と二人、柏を出発!一路飯岡を目指した。 梅雨に入ったというのに、素晴らしい天気!普段なら裏道で向かう銚子方面も、今日の気分は利根川沿いをダー!と流したい感じで、土手沿いを走ることにした。いつもは単調で、すぐに飽きちまう1本道も、晴れ渡った空と、一面濃い緑色に覆われた田園風景のなか、走ると少し涼しい風を受けていると、気持ち良い♪という言葉以外思いつないほど快適だった♪

 最初に向かったのは、銚子漁港にある「海ぼうず」。ここで少し遅めの昼食を取ろうという算段だ。

20140614KC3Z1482.jpg
▲磯ガキのシーズンが始まったので、こいつを摘まんでみたかったのが、ここに寄った理由。大粒の磯ガキを焼きガキにして2つほど、濃厚なアラ汁と共に頂いた♪今度は生で食べに来よう~♪

昼食を終えた時点で3時半。犬吠埼を廻り、飯岡灯台を目指し、バイクを走らせる~♪ 

20140614KC3Z1485.jpg
▲素晴らしく晴れ渡った空と太平洋が果てしなく広がる景色は素晴らしい♪今日は風もなく最高だぜ!

20140614KC3Z1489.jpg
▲日帰りツーならとっくに帰っている時間だが、今日はのんびり時間調整~♪ 展望台から九十九里浜を望む!

20140614KC3Z1491.jpg
▲少し陽が傾き始めた5時ごろ、地雷や駐車場に向かうと、既にP氏をはじめ数名がテントを張って、一杯やっていた。

 早速、オレ達もテントを設営し、乾杯~♪

20140614KC3Z1493.jpg
▲いい感じの空。実は夕焼けが好きだったりする。

 暗くなってからは、場所を店の中に移し、一気にペースアップ!バイク仲間とは住んでる場所もバラバラだったりするから、キャンプ以外の店で飲むというのは、結構珍しい。こういうのも楽しいね♪

20140614KC3Z1495.jpg
▲約10名中、女史3名と華やいだ?コンパ??です♪(ブレブレなんで目線いれてません)

 0時の閉店と共に、再び外に場所を変え、コンビニで買い出しした酒で飲み続ける。走りと飲みの満足感と共に就寝~♪ そして翌朝、ダラダラと撤収し、各々帰路に着くのだが、オレが先頭での、飯岡からの裏道ツーリングにJ氏のほか3名が参加。ローカルな裏道を軽快に走り、この日もツーリングを楽しんだ♪

20140615KC3Z1502.jpg
▲この日も素晴らしい天気!なんという幸運♪

 P氏のお蔭で、みんなで飲んで話して、とても楽しかったぜ。ピーター・ファミリーの一員として、今後ともよろしく!今度は「柏飲み」かぁ?といったところで、また!

注)事前連絡の上、懇意にしている地雷やのオーナーの好意によりテントを設営しています。勝手にテント張っちゃダメよ。

コインケース

 最近、ご無沙汰だったレザークラフトねたです。静岡のS先輩からのオーダーのコインケースを作ります。以前にも革
くるみバックルや黒革のカード入れを納めさせてもらいました。今回のコインケースは、装飾を排して、なるべく薄くとのことなので、カード入れ同様に、黒のイタリアンレザーを使いました。

 形はボックス型でいきます。

20140613KC3Z1451.jpg
▲最近作成したボックス型コインケースは、カービングやスタンピングを施したものだったので、表皮に厚みのあるツーリングレザーを使っていました。

20140613KC3Z1481.jpg
▲今回は薄めで、しなやかなリオのパット版にアンティーク・メッキのホックを使いました。

20140613KC3Z1484.jpg
▲もちろん裏張りも怠りません。

 さて、これと並行して作成しているのが、太氏からのオーダーのツール・ロールです。こちらは以前納品したサドルバックとお揃いということで、シェリダン・スタイルのカービングを施した、ツール・ロールとしては、非常に手間の掛かったものになります。全て1.5~2.5ミリのサドルレザーを張り合わせて作るので、使用する革は通常の2倍です。

20140613KC3Z1478.jpg
▲サドルバックと同じツーリング・レザーにカービングを施します。現在、真黒に染色されています。


20140613KC3Z1485.jpg
▲マチも2重張りします。少し反っているところがミソ!

 こちら、ツール・ロールの続きは、追々紹介していきます。

千葉を走るぜ!峠ツーリング

2014.6.1
 キャンプシーズンの開幕と共に、5月はキャンプが2週連続で続いた。そうなると、今度は荷物を積まずに、軽快に走りたくなる。さあ、どこを走ろうかなぁ~♪ なんて思っていると、オレの地元の元膝スリ小僧のハーレー乗りから、ツーリングの誘いをもらった。元膝スリ小僧のY1氏は通常、平日休み。たまたまの日曜休みということで、サシで走るのは初めてだ。

 ということで、オレが先導して走ることになったのだが、そうなるとテキトーなプランで引っ張るわけにもいかない。そこで、道も飯も折り紙付きのおすすめコース「天津小湊へ海鮮食べにいくぜ!ツー」を案内することにした。

20140601KC3Z1480.jpg
▲朝から真夏日!日差しが強いぜ。Y1氏のツインカム・ダイナと途中までお見送りの太氏のショベル

 交通量の少ない日曜日の朝の国16を快調に飛ばし、穴川ICより館山道に乗る。程よいスピードで気持ちよく高速を走り、市原SAで休憩。三人でしばし歓談し、姉袖ICで下り、ここで太氏と別れ、県24から国410を南下。そして、ここからがこのコースの面白くなるところ、県160~県32を走る。変化に富んだ楽しい道が続く。人家があるところを抜けるから、スピードは控えめ。

 そして大多喜に入ったところで、県177に入る。以前にも書いたが、ここから14~5km、信号のない山道が続く♪ 真夏日ではあるが、走っていればとても気持ち良い♪ 山深い緑の景色の中を快走だぜ~♪

20140601KC3Z1483.jpg
▲身に受ける風が急に冷たくなると、もう間もなく海に出る。しかし、振り返れば紛れもなく山!だぜ。

20140601KC3Z1482.jpg
▲やってきたのはお馴染みの店 今回も11時着で1番のり

20140601KC3Z1481.jpg
▲頼んだのは海鮮丼♪ 奇しくも2週連続での海鮮丼対決となってしまった。幸せ。

 食後は海沿いの国128を鴨川方面に進む。今日はシーワールド周辺も渋滞はなくスムーズだ。折角だから海沿いで休憩しようと、自販機と駐車場がある場所を探し、以前、伝説の男と行った海沿いのレストラン前にて、太平洋を見ながら、のんびりとした時間を過ごした。

20140601KC3Z1485.jpg
▲海も穏やか。日差しはまるで夏。風は心地よい♪

 そんな時、近くでハンバーガーを食べていた子供をかすめるように黒い影が!

20140601KC3Z1487.jpg
▲食べ物を狙ってトビが群れる上空 油断出来ねーぜ

 十分休憩したあとは、県89を使って内陸に向かう。まだまだ、カーブの深さなど覚えきれていないが、今回で3回目。今日は特にクルマも少なく、道は進むほどに山深くなり快走♪ 快走♪
 そんな快走路を18kmほど走ると、更なる快走路、県88に入る。タイトな狭小部分もあるが、中速のコーナーが続くところは気持ちよく飛ばせる♪ し、タイトなところもグリングリン旋回してかなり面白い♪
 終盤から国465は高速コーナーと直線が続く。こいつは文句なく面白い。さすがに!目いっぱいな走り方はしないけど、オレもY1氏も、もう峠道、おなか一杯です~!といった感じ。あ~ぁ本当にここが終点だったら言うこと無しなんだが・・・

 そうもいってられないんで、木更津北ICから高速に乗って千葉北ICで下り、国16で帰宅した。Y1氏、楽しかったね♪また、一緒に走ろうぜ!
プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR