オーディオ装置の復活 その1

 今回は、普段ローカルズ通信を覗いてくださる方や、一緒にバイクで遊んでいるお友達も余り知らないオレの趣味?オーディオについてだ。30年前に購入した装置を今年、復活させようと企てている。

 10代のころを中心に、オーディオ病に取りつかれていたオレは、秋葉原の店を巡ってカタログを集めたり、様々な機器を見たり、聞いたりと将来自分の元に来るであろう装置達を妄想していた。そして、とある店で偶然見てしまったタンノイのスピーカー。その瞬間オレはタンノイの虜になってしまう。当然音のことなんかロクにわかならいガキだったが、そのヨーロッパのアンティーク高級家具のような佇まいは、これまで見た(中学生だけどね)どのスピーカーとも違うオーラを放っていた。

 その時目にしたのは、G.R.Fメモリーとエジンバラ。コルク貼りのバッフルに衝撃を受けた。視聴室にはウエストミンスターもあったが、とても一般人に手が出せる代物ではなかった。当時のラインアップには、日本で人気のあったアーデンの後継機アランデルやバラモラルといったトールボーイスタイルの機種もあり、その店にも実物が置かれていた。

 子供だったオレが、何をどうしたのか覚えていないが、そのアランデルを買ってしまう。上級気に比べればお値段は安いが、それでも上等なシステムコンポがワンセット買えてしまうような値段。そして、トールボーイスタイルとは名ばかりの、立1m、横幅約50cm、奥行き約50cmという堂々たるプロポーション。そうそう、当時家にはオーディオ装置なんか無かったんで、オレはラジカセにレコードプレーヤーとタンノイ様を繋いで、4畳半の勉強部屋にブチ込むという暴挙に出たのだった。

 それ以降、アンプを購入し、プレーヤーを変え、カートリッジをとっかえひっかえ、小遣いの全てはレコード代となった。しかぁーし、20代になって運転免許を取得したオレの興味は、次第にオーディオから離れていって・・・はや25年以上。んで、最近、職場の別の部署の課長さん(この方はJBL+アキュフェーズでジャズを聴く)とオーディオの話になり、急に我が家の装置達が気になってきて、ボロボロになってしまっていたタンノイ様のエッジを直してやろうと思ったのが、ことの始まりである。

20150129KC3Z1630.jpg
▲加水分解でボロボロになってしまったタンノイ様の15インチユニット。

 さて、どうやって直すか・・・方法は3つ。1.正規代理店に送って純正部品による修理。2.アフターマーケットでの修理。3.アフターマーケットでエッジを購入して自分で張替る。以前のオレなら、間違いなく3だと思う。何の根拠もないが、自分で手を入れた方が音が良くなるはず!エッジ交換ぐらい自分で出来るぜ!と。でもね、25年も前に聞いていた自分にとっての宝物、音を良くしたいとかってことよりも、オーディオ装置に心躍らせていたあの頃を振り返ってみたいという懐古趣味的な思いが強くって、現在代理店に送って修理中である。
スポンサーサイト

バイブズラリーに参加だぜ!(その2)

~前回からの続き~
 ヨシさんが帰るのを見送ったあと、S氏と共に酒とつまみと椅子持参でテントサイトを回ることにした。通常のタープ下にはあまり人が居ない。やっぱ寒いのかな?そんな中、大きなテントみたいなタープ(四方が塞がっていて、中が見えないタイプ)の中から聞き覚えのある声が。

 元RUSTのT氏の声に釣られ、そのタープにヅケヅケとお邪魔する。T氏のほか、同じ千葉のクラブの面々に、なんと香川からの参加者も居たりで、しばし歓談♪ そのうち一人、二人と人が減っていったので、S氏、T氏とともにバイブズ編集部の方々が居候しているタープに行くことにした。

 「ここですよ」とT氏に教えられたのは、さっきと同じ、中の見えないタープ。躊躇なく入り口を開け「お邪魔していいですかぁ~?」といいながら中に座ってしまう。ほとんど初対面のヒト達だが、せっかくのミートの場。ぐいぐい行きまっせ! 初対面の植村編集長の印象は物静かなインテリ。自ら色々話すより、ヒトの話をしっかり聞くタイプのように感じた。

20150111KC3Z1680.jpg
▲初対面の皆さん、失礼を承知で飛び込みましたが、楽しい時間を過ごさせていただきました!

 持参した酒を全て空け、S氏が置いていった日本酒もなくなり、頂いたお酒を飲んで気持ち良くなったところで、タープから失礼し、部屋に戻った途端爆睡・・・♪

 明けて翌朝。心配した二日酔いもなく、朝風呂に入った後、お邪魔したタープの方々に昨夜のお礼と、無礼をお詫びする。そこで「最近、タープ回るヒト、少なくなってきたね~」なんて話しを聞く。昨日のオレ、大丈夫だったみたい。

20150112KC3Z1685.jpg
▲テントサイトは日陰だが、この日も良い天気だ♪

20150112KC3Z1687.jpg
▲何故か人気?のパクチョイ号

20150112KC3Z1688.jpg
▲そして伝説の男N氏の登場!

 N氏と植村さんは旧知の仲のようで、この日の先導はN氏に託されることになった・・・さすが伝説の男だぜ。本日のルートは国297を海沿いまで戻り、国128で房総半島の外周を左回りで走って行く。途中数台のグループがいくつか合流して台数を増やしながら九十九里波乗り道路に乗る。

20150112KC3Z1690.jpg
▲一宮PAで休憩~。結構な台数ですなぁ~♪

 今日は全員で、不動堂IC近くの焼き浜の店で昼食となった。といっても4人づつくらいで、どんどんテーブルに着いていくから、実質バラバラ。まぁ人数が人数だから、しょうがないよね。

 さて、ここで、N氏、S氏とオレの3人は、本体とお別れし、一足先に出発!N氏の先導で、芝山はにわ道で成田方面に向かい、各々帰路に着いたのだった~♪ 今回のバイブズラリー、自分らしいスタンスで存分に楽しむことが出来たと思う。折角の房総半島だからね!山道も、海鮮も、出会いも、そして負担にならない程度にマス・ツーも・・・という具合に楽しいことテンコ盛りの2日間だったぜぇ~♪ 係った皆さんに感謝!

バイブズラリーに参加だぜ!(その1)

2015.1.11 
バイブズラリーが千葉であるらしいけど、行かない?~という話しを昨年の忘年会の時に伝説の男N氏から聞いた。オレを良く知る友人たちは、オレが人が大勢いるところに行きたがらないことを知っていると思う。「バイブズ」という名前と「千葉」という場所から、こりゃ大勢集まりそうだなぁ~ツーリングも団子状態だろうなぁ~との予想から参加へのテンションは低かった。

 その数日後、S氏からメールにて、バイブズラリーへの参加について、どう?なんて話がある。この時も、この時期のキャンプはちょっと・・・&参加者一杯でしょう・・・なんて答えたのだった。しかし更にS氏から、2泊目のキャンプ場には宿泊施設もあるらしいよ♪との連絡が。
 
 S氏とは数年前の奥キャンで知り合ったのだが、休みが合わないため、あまり一緒に行動する機会がない。一連のやり取りで、S氏が泊りでラリーに参加したいのだと悟ったオレは、滅多に一緒に走れないS氏とラリーに参加することに決めたのだった。

 ラリーの2日目、S氏とは夕方に宿泊地で合流する約束をし、東京のヨシさんと10時に君津で待ち合わせ、ツーリングがてら、ラリー本体との合流を試みようということにした。ラリーのタイムスケジュールは、どこにも載っていないのだ。

20150111KC3Z1668.jpg
▲東京のヨシさん。ヨシさんからもラリー参加のお誘いをもらいました。ありがとうございました。

 南房総への鉄板ルート、聖なる道88号からグリーンラインを快走!・・・しかぁ~し!日陰がちょっと凍っているぜ。危ない危ない。まぁ気を付けるところは気を付け、飛ばせるところは気持ちよく飛ばすって感じで、快走!快走!

20150111KC3Z1669.jpg
▲この日は風もない冬晴れの、ツーリング日和♪ 気持ちいいっす!

 とりあえず、房総半島の最南端まで一気に走り、ラリー本体を追うことにする。この時点で11時30分。宿泊地まで合流できないかもね~なんて言ってると、白浜の漁港でいきなり本体発見!

20150111KC3Z1670.jpg
▲開けたところに黒い集団。予想とは反対にあっけなく合流!

 さて皆さん(?)、バイブズ編集部のヒト達ってどんな印象でしょう? MTGなどで話したことがあるひともいるけど、合流したオレ達に近づいてきたのは初対面の植村さん。オレの紙面での印象はロックでパンクでちょっと怖いヒト。そのヒトの口から開口一番「今日はよろしくお願いします」と大人として真っ当な言葉をもらい、逆に誰かと間違えられてんのかなぁ・・・とちょっとドキドキ。

 その後、本体とともに出発!30台を少し切るくらいの台数だろうか。30分ほど走り、再び道の駅で休憩となった。基本的に全員で何かをするということはなく、合流したり離れたりしながら、なんとなく進んでいくという感じなのだろう。

 どうせ給油や、夜に備えての買い出しで、バラバラになるだろうということで、オレとヨシさんは本体を離れ出発。鴨川のスーパーで買い出しした後、安房小湊の「なかむら」に昼食に寄った。

20150111KC3Z1675.jpg
▲時刻は2時。ランチタイムの終了間際、危なかったぜ~

20150111KC3Z1674.jpg
▲安定の海鮮丼を堪能♪ う~ん満足ですぅ♪

 宿泊地は大多喜街道を7kmほど内陸に入ったところになるのだが、オレが国道をルートに選ぶわけもなく、県82号で向かうことにする。入り口は若干タイトで、クルマが詰まっちまうが、信号の少ないローカルな道で、間違いなく国297を走るより面白い。そして宿泊地「つるんつるん温泉」に本体より一足先に到着~!

 S氏に予約してもらった部屋に荷物を入れ、この日、日帰りのヨシさんと風呂に入る♪ この日は身軽に峠ツーリングを楽しみ、バイブズラリー本体とも上手く合流、旨い海鮮を堪能し、温泉でサッパリ!と絵に描いたようなスケジュールでしたね!とビールを飲みながら(ヨシさんはノン・アル)くつろぐ。そしてS氏も到着。風呂の後に部屋で少し歓談し、ヨシさんは帰宅した。(次回その2に続く)

新春ツーリング 2015

2015.1.2
 年明け最初のツーリングは、恒例の千葉県旭市飯岡にあるラーメン屋「地雷や」へのRUNだ。今年は参加者がちょっと少なかったが、なかなか濃いメンツが集まってくれた♪

20150102KC3Z1663.jpg
▲今年はチョッパーオンリーのツーリング! 21インチーズ!

20150102KC3Z1662.jpg
▲昨年サドルバックや風防のオーダーをいただいた太氏!ジャパンスタイル!

20150102KC3Z1657.jpg
▲久々のN村氏。今年もよろしくです。

20150102KC3Z1658.jpg
▲そしてマスター。今年はお見送りということで、ここまで。食楽酒房DENをよろしく!

20150102KC3Z1659.jpg
▲不良のカリスマJ氏。永久レンタルのバットボーイ、もはやJ氏色ですなぁ~

20150102KC3Z1660.jpg
▲昨年はJ氏と一緒に、キャンプもしましたね、のnaokiさん。

20150102KC3Z1661.jpg
▲そしてオレのパクチョイ号!今年も絶好調!

 そうそうたるメンツを先導して、手賀沼の畔から木下バイパスを走り、利根川沿いに出る。いつものように滑川から県79を走る!この日は道も空いていて、気持ち良く走れるぜ~♪

20150102KC3Z1664.jpg
▲途中休憩の駐車場でもチョッパー・オンリー 何か気持ちも高ぶる? ここで伝説の男N氏がクルマで合流。

 今回は、ちょっといつもとルートを変えて、県道でもなんでもないマップルでいうところの白い道(まだナビにも載ってないぜ)を走る。なかなか良い感じの快走路!こいつは儲けもんだぜ~♪ かなりローカルな道を走り、県74にスイッチし、広域農道を走り、飯岡バイパスで地雷や到着だ!

20150102KC3Z1669.jpg
▲今年も飯岡でS氏合流!

20150102KC3Z1666.jpg
▲体を暖めましょ♪と。オレは白ごまタンタンメン

20150102KC3Z1665.jpg
▲J氏はドでかいカツカレー!

2050102KC3Z1667.jpg
▲歓談♪歓談♪

 さて、陽が短いからね。帰路に着くとしますか。往路を戻るが・・・初めて走った白い道、やっぱちょこっと間違えちまいました。そして、これまた恒例の初詣!

20150102KC3Z1670.jpg
▲滑川観音に参拝します。

20150102KC3Z1671.jpg
▲立派な神社ですが、いつも空いています。今年一年の仲間の安全を祈願します。

 今年の一発目の走り初めも無事に終えることができました♪ 稀に見る気持ちの良いツーリングに大満足の1日でした♪ 今年もガンガン走って行きまっせ!



新年ですが

 明けましておめでとうございます。昨年はローカルズをご愛顧くださいまして、ありがとうございました。今年もオーダー下さった方は勿論、自身も納得できるようなレザークラフトを行っていきたいと思います。
 さて、バイクライフの方は、昨年の走行距離は約12,000kmと一昨年と比べ2,000kmほど短かったのですが、中身の濃い、充実したバイクライフが送れたと思っています。

 今年最初のローカルズ通信は、昨年アップできなかった残り物ネタです。ご近所のショベラー太氏からオーダーがあったのは、愛用の旭風防の垂れ部分を革で作れないか?というものでした。さすがにカービングは却下させていただきましたが、黒色でとのオーダーに、表面がコーティングされたシボの入った皮革で作成しました。

20150104KC3Z1646.jpg
▲留めのコンチョは太氏のアイデア。ちょっと高級感のあるアメリカン?な風防の完成です!

 そしてもうひとつ、どうしても昨年中に上げたかったのが、イッサ君のツールバック。先に作成したバッテリーカバーの採寸を行ったのが5月。その納品が8月の終わり。バッテリーカバーもツールバックも汎用品でなく、家も離れていて、休みも中々合わないことから、その作成は随分難航しました。

20150104KC3Z1653.jpg
▲ナックルのショーバイク。キメキメの形に合わせての作成となりました。

 出張しての採寸と、現物合わせを経て、ようやく12月に完成しました。

20150104KC3Z1627.jpg
▲バッテリーカバーとお揃いのフローラルカービングを施し、全てを2枚張りで作りました。

20150104KC3Z1628.jpg
▲矢印の部分はバッテリーケーブルの逃げ。ワンオフならではの処理ですね。

20150104KC3Z1652.jpg
▲年末、家まで来てもらって取り付けました。

20150104KC3Z1651.jpg
▲アップです。綺麗に収まってホッとしました。

20150104KC3Z1469.jpg
▲ちなみに元の姿は、こんな感じです。

 そのほか、昨年中にオーダー頂いたものも、鋭意作成中?です・・・多分・・・気長にお待ちください。
 
 それでは、今年もよろしくお願いします!

プロフィール

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR