奥久慈キャンプへ行くぜ!2015

2015.5.16~17
 毎年恒例となっている奥キャンへ、今年も参加してきた。1年を通して様々なMTGがあるが、そこへ至る道が好きだったり、会場で会う人たちに魅力があったり、場所が好きだったり色々な理由で参加を決めるのだが、奥キャンについては、道、会場、ヒト、全てがお気に入りの数少ないMTGのひとつなのだ。当日は雨のため、予定を1時間遅らせて出発だ!

20150516KC3Z1799.jpg
▲今回は珍しく、友達に声を掛ける。東京のヨシさん、K村氏と常磐道友部SAで集合!

 ここからオレの先導で常磐道は那珂ICまで走り、ここからローカル感満載のツーリングとなる♪ ICを下りて、まず、バードラインを10kmほど北上。信号の少ない快適なワインディングだ♪ そのあとの県102も裏道感満載♪ 国293に出ると、さすがに道幅も広く、カーブも緩やかだ。ここまで来ると国道といえど、交通量は少なく、ペースが上がる。県32に入ると、再びローカルな道になる。入り口は道幅広い快走路だ♪

 そうそう、この日は小雨がパラつく残念な曇り空。山に入るとシールドが曇っちまうほど湿気ている。タバッコ峠に入るとシールドが曇って前が見えねぇ~。シールドを上げてアップルラインに突入!する。一部ゼブラ舗装がされているが、綺麗に舗装された高低差のある道で、深いカーブと直線とが繰り返す。こいつを越えると大子市街へ入る。

20150516KC3Z1800.jpg
▲大子といえばケンちゃんの店「みのわ」。オレはヒレカツカレーを注文♪

 「みのわ」でケンちゃんとまったり話し込んだあと、買い出しを済ませ、国118で会場であるキャンプ村「やなせ」に入る。先に会場入りしたP氏に迎えられ、バイクを停める。さて、タープを張ってベースを作るか!とタープを取り出す・・・ロープ持ってくるの忘れた・・・。

20150516KC3Z1802.jpg
▲この時点で雨はすっかり上がっている。地面も濡れてないぜ。

 毎年、会場で会う栃木のI氏も合流。I氏もロープは持ってきていないので、

20150516KC3Z1806.jpg
▲とりあえず露天で始めましょう♪

 皆が持ち寄ったつまみを肴にビールで乾杯! その後、オレはバーボンのソーダ割りにスイッチ!旨いですなぁ~♪

20150516KC3Z1808.jpg
▲そして、陽が暮れ始めるころに、メイン会場で抽選会が始まる。

 友人たちも出店を見たり、抽選会に参加するためメイン会場へと移動。ここでオレにはやっておかなかればならない仕事を始める。

20150516KC3Z1807.jpg
▲それは肉を焼くこと! 鶏ももを1kgほど買ってきたので、炭を起こして、ひたすら肉を焼く!

 なにしろ生ものは持って帰れない。捨てるのも勿体ない。ってことは食べつくすことになるのだが、持参したものはとっとと調理して振舞わないと、後半になると皆、満腹で箸が進まなくなるのだ。皆が戻ってくる前に、2枚ほど焼きあがってしまったので、丸々1枚は自身で平らげる。旨い♪ このプリプリ感は炭火焼だからなのか? この日は4枚を焼いた。

 肉を食ったあとは、ヨシさんが振舞ってくれたおでんをいただく。さっぱりして美味しい~♪ もう腹いっぱいだぜ~と飲みに集中する♪ 22時を過ぎたころ、千葉からキヨ氏が到着する。タープを持ってきてくれたのだが、「今からタープ張るのも面倒だね~。もういっか?」なんて言ったとたん、パラパラっと雨が降って来る。おいおい本当かよ~なんて思っていると、どんどん強く降ってきやがる! みんなで慌ててタープを設営!なんとかセーフだぜ~。

 その後、雨脚はドンドン強くなり、24時辺りまで降り続いた。キヨ氏、タープ助かったぜ。そんな感じで、雨音を聞きながら就寝~。

20150517KC3Z1809.jpg
▲翌日は晴れ!暑いくらいだぜ。

 二日酔いもなく、気分よく起床! 朝食を済ませ、グダグダしたあと、汗をかきながら撤収する。帰りはヨシさんはI氏と下道で帰るとのことなので、K村氏とP氏、キヨ氏を先導し、往路と同じ道を逆に走って帰路に着いた。シールドが曇ることもなく、往路とは比べ物にならないほど気持ち良く走れたぜ♪ 一緒に過ごした皆さん、今年も大好きな奥キャンを気持ちよく過ごすことが出来ました!次はどこで会うんでしょうかね? また、よろしくです!
スポンサーサイト

ツインレイクMTGに行ってきたぜ!

2015.5.9~10
 岐阜から帰って来たその週末、茨城は霞ヶ浦湖畔の公園で、MTGが行われる。いつもなら、岐阜を走った満足感で、直近の週末は、バイクのメンテをしながらのんびり過ごしているところだ。が!今年は本業(つまらん会社務めですよ)が忙しい。GWをキャンプとツーリングで過ごし、あんなに満足していたのに、たった2日、仕事をしただけで、現実逃避したくなっちまう。

 ってことで、行ってきました「ツインレイクMTG」。当日は東京のヨシさんはクラブ単位で、不良のカリスマJ氏は、屯しているバイクショップ「A-シックス」の仲間たちと来ているとのこと。新しいキャンプアイテムも買ったことだし、半分ミーティング、半分ボッチキャンプを楽しもう!って感じで、雨が降りそうな曇り空の元、ひとり柏を出発した。

 ルートは、以前J氏と霞ヶ浦周辺を走った時と同じ、国6牛久から農道を走り、カントリーライン、県206から国51へと抜けるローカルなコース。クルマも少なく、なかなかに気持ち良く走ることが出来た♪

20150509KC3Z1784.jpg
▲昼食は、どうしても食べたかった鰻!ひつまぶしで頂く♪

 会場は直ぐ。買い出しのあと、若干、入り口を探しながら受付を済ます。

20150509KC3Z1785.jpg
▲会場の公園は霞ヶ浦の畔。天気が良ければ、かなり良いシュチュエーション。天気がちょっと残念。

 会場入りしてすぐに、ヨシさん、J氏、ナオキさんに声を掛けてもらう。オレがひとりで来ているということで、皆さん、気を使ってくれる。ありがたいことです。

20150509KC3Z1786.jpg
▲会場内は結構混んでいる。旧車チョッパーが多い。

20150509KC3Z1789.jpg
▲ステージでは、矢沢とアユが、かなりアバウトなものまねを披露!

 A-シックスの皆さんと、ステージを楽しんだあとは、ボッチキャンプを楽しむことにする。何しろ仕事が忙しいので、ひとりでホッとする時間も取りたいのだ。

20150509KC3Z1791.jpg
▲友人たちお薦めの折り畳み式ウレタンマットに、フライパンとミニテーブルを購入♪ 前室に仕度し、引きこもり準備OK!

 夕食は、簡単にパックのごはんと、レトルトのおかずを新調したフライパンで湯煎する。ご飯のお供は、バーボンのソーダ割り♪ ソーダと氷を入れるクーラーバックなど、最近荷物が随分増えちまった・・・。

 飯を済ませ、一息付くと、今度は外へ。

20150509KC3Z1795.jpg
▲A-シックスさんのタープ?にお邪魔し、楽しく過ごす♪

 夜も更けて、酒も回り、気持ち良くなったところで、我が城に戻り就寝~♪

20150510KC3Z1798.jpg
▲翌日は、素晴らしい晴天! これが昨日だったら、もっとテンション高かったのに~。

 この日は、伝説の男N氏も会場に遊びに来るなど、ちょっとしたサプライズもあったりで、予期せぬ友人たちとも話が出来たりした。場所が家から近いだけに、だらだらと過ごしてしまうが、まだまだ連休の遊び疲れが抜けていない。あまり億劫になる前に、帰るとしよう。翌週の奥キャンに備えて♪

富山・岐阜キャンプツーリング!2日目~最終日

2015.5.2~5
 富山県は黒部の手前、墓ノ木キャンプ場で、清々しい2日目の朝を向かえる。今日の野営地は、同じ富山県だが、能登半島の付け根を少し上がったくらいのところにある大境近辺。黙って走れば100kmそこそこであっという間に到着する距離だ。そんなことで、ダラダラと過ごそうとするが、特にやることもないんで、さっさと出発することになった。

 県14で国8に出て、ひたすら西に移動する。さすがに幹線道路だけあって、オレの地元、柏の国16と変わらない混み具合。この辺りは、なんとなくライダーの肩身が狭いのか、バイク人口が少ないのか、クルマがブイブイ幅を利かせていやがるんで、ゴリゴリすり抜けし、バンバン飛ばして、あっという間に国160へ分岐し、能登半島の付け根まで来てしまう。

 う~ん、野営地は直ぐだし、昼飯には早いし、どうするよ?・・・ってことで、能登半島の中腹、七尾まで行って、能登島へ渡ってみよう!北上することにした。

 氷見市街地では片側2車線だったバイパスも市街を過ぎると片側1車線の普通の道路となる。七尾までは、海沿いを走る1本道だが、これが素晴らしい! まず、交通量が少ない。そして地元のクルマはとても遅いが、余りに遅くて簡単に追い越せる♪ 海沿いの1本道だが、中速カーブの連続で、信号も少なくって、ペースを落とさずに走れる快走路だ♪

 そして、七尾市内へ入ると、まさかの大渋滞・・・こいつは予想外。腹も減って、ちょっとかったるいなぁ~と思いながら、いよいよ能登島上陸か?っといった瞬間、パクチョイ号、まさかのスローダウン・・・ガス欠だぜ。

 戻るしかないんだが、この日の気温は30度。おいおいこんなに天気良くなくったって良いんだぜ・・・なんて思いながらキャンプ道具満載のハーレーを押してゆく。そしてコンビニ行って、ポカリを一気飲みして休憩♪ いやいやもう島なんか行かねーよ、とばかりに、来た道を引き返すことにした。

20150502KC3Z1794.jpg
▲行きはスルーした道の駅「いおり」で休憩。行きの時のほうが、景色が遠くまで見えてたなぁ。

 そして、現地で落ち合う予定の岐阜のTKOが、軽トラで到着。大境のホテルの日帰り温泉でひとっ風呂浴びていると、TKOの弟OSMも合流。もはや、飯を食う気力もないオレは広間で横になってごろごろしながら時間を潰す。そして15時を過ぎたころ、同じく本日合流予定の埼玉のイケちゃんが現地に着いたととのこと。よっしゃ、現地入りするか!

20150502KC3Z1796.jpg
▲イケちゃん、お気に入りの野営地。入り口分かりずら! その分、ヒトが入ってこないね。

 荷物を降ろして、氷見まで買い出しに行き、やっとこれで落ち着けるってもんだ♪ いや~長い1日だったよぉ~お疲れ様!っと乾杯する♪ 今日はガラッと変わって5人でワイワイと過ごす♪

20150502KC3Z1797.jpg
▲月明かりがとても明るい。海は穏やかで、常になぎ状態。平和だ。

20150502KC3Z1798.jpg
▲一夜明けて、今日も素晴らしい晴天!

 3日目はいよいよ岐阜のTKO達の実家に向かう。軽トラのTKOは、ひとり、みんなの荷物を持って別ルートで戻り、オレ達はOSMの先導で、岐阜を目指すこととなった・・・が、早くも富山市内で道を間違え、イケちゃんが先導を代わる。ルート自体は、OSMの組んだコースをたどるが、後からTKOにも聞くと、この日はどのルートも大渋滞だったようだ。オレ達は国41を南下していたのだが、富山の市街地を抜けても渋滞が続き、白バイまでうろうろしている始末。慎重に、ゆっくりとクルマについてのろのろと進み、県75に入って渋滞と別れるも、その先の県479への入り口がどうしても分からず、再び国41へ。そして高山市内の大渋滞に突入! その後、清美で昼食を取り、一気に高速でTKOの実家に到着したのだった。

 すっかり魂の抜けた、オレ達(オレだけか?)を、庭に張ったタープで、親父さんが迎えてくれる。丁度、図ったように別働だったHJ氏も到着する。ビールで乾杯し、ウイスキーを呑み、美味しい料理をごちそうになる♪ やっとほっとしたぜ~♪

 そして埼玉からkumaさんも到着!これで揃うべきメンツが全員揃った♪ 親父さんとの1年ぶりの再会を喜び、日中の疲れとともに就寝~♪

 4日目。この日は親父さんとの岐阜ツーリングの予定だったが、朝から雨・・・。そんな中、仕事や家庭の関係で、kumaさんとHJ氏は帰路に着いた。うーんバイカーだね。残ったメンツは朝からアルコールの摂取のあと、クルマで(もちろん運転手はシラフだぜ)うろうろし、ラーメン食って、健康センターでひとっ風呂浴びる。そして帰宅しアルコール摂取。オレは夕方辺りが疲れのピークだったかな。夜には恒例の飛騨牛のでっかい塊が入った特製のシチューを頂く♪ う~ん、この味ですよぉ~♪

 そして5日目。朝からスペシャルなビーフシチューを頂き、元気を付け、イケちゃんとともに高速道路で帰路に着いた。共にと言っても、行動はバラバラ。給油の数も違うしね。家に到着した時間も2人とも、ほぼ同じと、ノントラブルの帰路だった。

 後半は駆け足での紹介となったが、今年も岐阜を満喫することが出来た。お世話になった親父さんにおふくろさん、今年もありがとうございました♪ TKOもOSMも千葉に来ることがあったら、オレのとっておきのルートを案内しちゃうから、連絡くれよ♪

富山・岐阜キャンプツーリング!1日目

2015.5.1
 毎年、岐阜のTKO、OSMの実家に連泊させてもらっているGWの宿泊ツー。今年は趣向を変えて、キャンプを交えてみようと、5月1日、世間より少し早めにオレのGWはスタートした。

 本日の目的地は富山は黒部近くの墓ノ木キャンプ場。柏から上信越道小諸まで高速を使い、そこから下道で黒部を目指すことにした。

 朝6時、柏を出発。ライダースにネックウォーマー、ガントレットのグローブで走るが、走りっぱなしの高速道路はどんどん体が冷えていく。上里で給油休憩し、再び走り出すが、佐久辺りから一段と寒くなり、もうたまらん!ってところで小諸に到着~。

2050501KC3Z1785.jpg
▲ここからは下道だぜ~と思うと、少し安心だ♪

 まずは、県79~県4~県35で長野市を目指す。この辺りは予想通り交通量の少ない走りやすいローカルな道♪高速道路での自分との戦いのような走りとは違い、まだ朝の清々しい空気の中、下道ツーを楽しんだ♪

 長野市街に入ると、流石に渋滞し始める。結構激しいぜ。大荷物を積んでいるんで、あまり気が進まないが、すり抜けしながらなんとか市街地を抜け、国406で白馬を目指す。この道は以前に走ったことがあるのだが、一本道なだけに、1台遅いクルマがいるとかなりのんびりペースになっちまう。まぁ旅気分でのんびりと行きましょう♪

20150501KC3Z1787.jpg
▲途中、おやきで有名な「いろは堂」に寄って休憩~♪

20150501KC3Z1786.jpg
▲もちろん、おやきを頂きます♪ 野沢菜とブナシメジを注文したら野菜ミックスをひとつおまけしてもらいました♪旨い!

 この先、結構路面が荒れてくる。やっぱ雪国は舗装が痛むのか?なんて思いながら、慎重に山を上がってゆく。この道は、2回目は無いなぁ~なんて思っていると・・・

20150501KC3Z1788.jpg
▲目の前に、雪を頂いた連山がドーン!

 荒路の疲れなど、吹き飛ぶくらいの景色を見て、無事白馬に到着。ここでは給油とコンビニ休憩だけで、今度は糸魚川市に向けて国149を北上する。このルートはマップルによると大型車が多く、トンネルは埃が酷いとなっていて、当初は避けようかと考えたのだが、どうにも他にルートがない。仕方なく選択したのだが、これが予想と違って気持ち良く走ることが出来た♪ トンネルとスノージェットが続く景色は、関東では味わえない不思議な絵で、なかなか楽しかった。

 交通量が増えてきたところで、日本海に面した国8に出る。ここもトンネルとジェットが続く不思議な道で、平日のせいか流れは良く、快走♪

20150501KC3Z1790.jpg
▲道の駅親不知ピアパークで休憩。海は濁っていて感動はいまいち。

 入善で買い出しして、県13で目的のキャンプ場を通り越し、黒部の手前、宇奈月温泉郷を目指す。ここの共同浴場でひとっ風呂浴びて、無料の墓ノ木キャンプ場にてテントを設営した。

20150501KC3Z1793.jpg
▲キャンプ場内に小川が流れている。

 屋外で飲む酒は旨い。初日の充実した走りを振り返りながら早めの就寝となったのでした~♪

バスケット柄ウォレット

 GW前に上げなければならなかったウォレット3部作の最後の1品は、岐阜のOSMからオーダーのあったバスケット柄のウォレットです。

 昨年のGWに岐阜にお邪魔した際、お土産代わりにOSMをイメージして作ったバスケット柄の小銭入れを持っていきました。どうも気に入ってもらえた様で、昨年11月に同柄のウォレットのオーダーをもらったのでした♪

20140419KC3Z1420.jpg
▲昨年作った小銭入れ。ターミネーターのようなOSMをイメージした、ちょっと悪そうな感じ。

 さて、今回のウォレットの構成は、スタンダードなものとしました。やはり、おしりのポケットに差した時に、スタイルを崩さない程度に厚みを抑える必要がありますよね。

20150505KC3Z1782.jpg
▲構成はマチなし札入れ1、カードポケット6、マチ付き札入れ1、ファスナー小銭入れ1のスタンダード仕様です。

20150505KC3Z1783.jpg
▲表はツーリングレザーを黒染したバスケットス柄に、ブラスのコンチョをトッピング。バイク乗りなのでブラスのドロップハンドルも標準装備です。

 今年も、既に岐阜からのキャンプツーリングから帰宅しています。ということで、キャンプの2日目にOSMに納品しました。3日目にOSMの岐阜の実家にお邪魔した際に、親父さんからも「それ、いいなぁ~」とのお言葉。作り手としては、とてもありがたいことです。

 その岐阜キャンプツーリングのことは、次回アップさせていただきます♪
プロフィール

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR