サドルバック取り付け

 「やなせ」から帰った日の午後、以前アップしたN氏オーダーのリジッド用サドルバックの取り付けを行いました。

20150713KC3Z1824.jpg
▲前回掲載の完成したサドルバック

 午後4時、バイクに乗ってN氏登場です。うちでは特にバイクへの取り付けを行っているわけではないのですが、そりゃ取りに来た時に付けていきたいですよね。金具と工具を用意して貸出するので、自分で付けてもらいます。

20150720KC3Z1840.jpg
▲何故か、テールランプを分解しだします・・・?

 N氏曰く、「テールランプを点灯させてなければ、ブレーキランプは点く。しかーし、テールランプを点灯させているとブレーキランプ点かない。」そうです。仕方ないので、まず球を変えてみますが、変化なし。次にテスターでソケットや線の導通を確認しますが、これも異常なし。そしてテールランプへの3本の線の電圧を見てみると・・・ブレーキへのプラス、異常なし。しかしテールランプの電圧がマイナスになっています・・・アースとテールランプへのプラスが逆になっていました。N氏の名誉のために断っておきますが、これは製品の線の色が間違っていました。線をつなぎ直してめでたしめでたし・・・ではなく、本題のバックの取り付けです。

 うちのバックはベルトで取りつけません。伸びてだらーんとなるのが嫌だからです。そこで水道管のサドル金具を用いて取り付けるのですが、背面のどこにでも金具が取り付けられるように、背面前面のステンレス板を挟み込んでいます。この金具をナベ頭の薄いプラスネジとウレタンロックのナットとで固定していきます。今回バックが大きかったので、バックの裏に手が入らず、相当苦労してましたね。

20150720KC3Z1841.jpg
20150720KC3Z1842.jpg
▲そして苦労の跡が分からない仕上がり。

 バックの手前にあるピストンは、ジョッキーシフトのシフトノブ。この辺りまで大丈夫だね!なんて採寸したのですが、最後の最後で、ノブがバックにギリで当たってしまうことが判明。「ノブの角度、変えます。」とのN氏の話でした。走行出来ない訳ではなかったので、シフトの度に、ゴッと音を立てて走りさっていきました。自分で付けたからこそ、バックの取り付けがいかに大変だったか分かると思います。N氏は溶接のプロなので、ノブの角度変更というのは正しい判断ですね。とりあえず、毎度ありがとうございました!
スポンサーサイト

ジュピアからの~大子キャンプ

2015.7.19~20
~前回からの続き

 ジュピアMTGが行われた福島県平田村を出発し、マップルを見て「通りたいなぁ~」と思っていた国349に入る。想像通りの阿武隈高地を気持ちよく抜けていく変化に富んだ道で、所々狭小&路面が悪いところもあったが、まぁ裏道ってのは(国道だけどな)こんなもんだろう。それより信号も交通量も少ないことのほうがプラス評価ってもんさ♪

 矢祭に出るまでの約60km、温度的にもかなり快適なツーリングを堪能したのだが、国118に出る少し手前で、急に気温が上がったのが分かった。ここから目的のキャンプ場「やなせ」は間もなくだが、その前に昼食だ。久しぶりに月待の滝にあるもみじ庵にいったのだが、丁度昼時。人気店だけに気の遠くなる待ち時間だったため、向かったのはケンちゃんの店「みのわ」。駐車場は結構混雑していたのだが、すぐに昼食にありつくことが出来た♪ やっぱ浮気しちゃいかんのだな。

20150719KC3Z1833.jpg
▲猛烈な暑さに、頼んだのは山菜なめこ蕎麦。もちろん冷!

 千葉へ向かうキヨ氏と別れ、午後の猛烈な暑さの中、到着したキャンプ場「やなせ」。さすが3連休ってことで、子供連れが多い。茨城北部に位置する大子町だが、盆地の為か夏は強烈な暑さになるそうだ。受付後、早速タープを張り本営を築く。なんか基地っぽくて良いね♪ そして各々テントを張ったら、買い出し&温泉に入りに出かけることにした。

 キャンプ場から近い「関所の湯」に行くが、あと30分経てば半額とのことで、先にコンビニに買い出しに向かった。実は昨夜の残りの食材や酒やらが結構あるんで、買ったのは酒の買い足しとロックアイスくらいのもの。再び関所の湯へ向かい、さっぱりと一汗流すことが出来た♪

20150719KC3Z1834.jpg
▲キャンプ場に戻ると、陽も陰りだし、ずいぶん過ごしやすくなってきた♪ 

 さて、これで乾杯っす! やっと落ち着きましたぁ~♪ なんて飲んでいると、偶然ファミリーキャンプにきていたS兄弟兄貴が顔を出してくれた! 久々に話をし、来月に予定されている地元のバイク仲間との、ここでのキャンプで再会する約束をした。

 オレ達のつまみは昨夜の残りの食材をヨシさんとM女史がアレンジして提供してくれ、オレは旨い!旨い!と食べる。そして、なんと、すっかり暗くなったころ、本格的に雨が降り出しやがる~ぅ。やっぱタープ張っといてよかったねなんて言いながら飲み続け、ビールが無くなってからは、オレの残りのハニーをヨシさんと二人で空け、ちょっと飲み過ぎたかなぁってところで就寝した。

 翌朝、雨はすっかり上がり、また激しい日差しが照り付けている。またもや装備を乾かしながら撤収する。つーか暑すぎじゃね?3人の一致した意見としては、「今の時期、キャンプは無理だ・・・」

 汗だくでパッキングを済ませ、大子へ来る時のお気に入りのルート、タバッコ峠を抜けて帰路に着くことにした。相変わらずの快走路を楽しんだ後は、国293を走り再び裏道感満載の県102~バードラインを走り、那珂ICから高速にて家路に着いたのだった♪

 ジュピアキャンプから大子でのプライベートキャンプまで、ご一緒した皆さん、いろいろお世話になりました。後から合流したにも関わらず、2日目からは先導まで任せてもらい、お蔭で「走りたいなぁ~」なんて思っていたルートも走ることが出来て、猛暑を除けば言うこと無しの夏キャンプでした!今度は空調の効いた宿泊りで夏ツーリングしたいー!

目指せ!ジュピア 2015

2015.7.18~19
 毎年、海の日の3連休は友人R氏のキャンプにお邪魔させてもらうのが恒例となっていた。だけど今年はオレの中でMTG熱が再発した感じで、とにかく色々と走り回りたいのだ。ここ数年、一緒に行動することが多い東京のヨシさんからジュピアの話を聞いて、オレも行ってみることにした。初ジュピアだぜ!

 が、初日18日は昼まで仕事が入りやがる。ヨシさん、キヨ氏、M女史と皆それぞれのルートでツーリングを楽しみながら福島を目指すというが、オレが出発できたのは14時30分、柏ICから常磐道で直行することにした。

 出発前、ヨシさんに連絡すると、現地は軽く雨降りの模様。これを受けてタープを追加し、最寄りの柏ICから一路磐越道いわき三和ICを目指した。乗り出しから小雨が降っていたが、カッパ着るほどではないと判断し進んでいく。友部と中郷で給油し、とにかく先に進んだのだが、磐越道に入る10kmほど手前で、雨脚が強くなりやがる! 瞬く間にびしょ濡れになり湯ノ岳PAにてカッパを着こみ、いわき三和ICからは国45をひたすら北に走った。

 大きなカーブの続く、交通量の少ない1本道で、雨にも負けず軽快に追い越しを掛けながら暗くなる前に平田村にあるジュピアランドに到着した。満員に近いテントサイトは既に上がっていた雨のせいで足場は良い状態ではなかったが、ヨシさんが確保していてくれたスペースにタープとテントの設営を済ませた。

 やっぱタープ張ると、みんなの居場所って感じがしてよいね♪ とくにこんな天気では。そんな話をしながらビールを呑み、乾きものをかるく摘まむ。しかし、ジュピアもまたデイ・トリップ同様イベント型MTG。ここの常連であるヨシさんとキヨ氏はもうじっとしてられないようで、みんなでメイン会場を回ることにした。

20150718KC3Z1827.jpg
▲メイン会場のステージを上から見る。すごい盛り上がり

 ステージではバイブズのおねーさん達が、踊って?いたりで男どもが大勢集まっていた。いつも間にかヨシさんもキヨ氏も姿が見えず、M女史と出店を見て回ることにした。そして再びステージ前。しばらくコニーのライブを楽しむも腹が減って来ちゃったし、ヨシさんも見つからないし、とテントに戻る途中でヨシさんに遭遇!いやはや・・・

 結局、ヨシさんは再びステージへ、オレとM女史はテントサイトに戻り腹ごしらえすることにした。何しろ生ものは今日のうちに食べておかないとね。

 オレとM女史がお腹いっぱいになったころ、ヨシさんも戻り、ヨシさんが寝た後に、朝まで戻ってこないと思われたキヨ氏も戻ってきた。なんだかんだでオレは1時、ほろ酔い気分で就寝~♪

 んで、2日目の朝。朝からピーカン! おひさまって素晴らしい! 湿ったものがドンドン乾いていく♪ さてせっかくの3連休。このまま帰って良いものか・・・ヨシさんは新潟方面に移動してキャンプ、キヨ氏は地元千葉に戻ってキャンプ、M女史も誰か連泊するだろうと予想していたとのこと。オレは往路をほぼ全て高速道路を使い、全くツーリングが楽しめていなかったんで、是非、大子へ向かう国349を走りたいと、約束のあるキヨ氏以外の2人を道ずれにバイク仲間の営むキャンプ場、大子の「やなせ」を目指すことにした。

20150719KC3Z1831.jpg
▲昨日と打って変わり素晴らしい天気!ってか暑いぜ

~次回へ続く

デイ・トリップ 2015へ行くぜ!

2015.7.11~12
 有名なイベント型MTG、デイ・トリップ。以前はとても楽しみにしていたMTGだった。そのうちMTGで知り合ったバイク仲間同士で、こじんまりとキャンプするのが楽しくなり、イベント型のMTGに行かなくなって数年・・・でも今年は違う。今年のオレは、何だかMTGにいっぱい行きたい気分。そんな訳で、行ってきました!

 東京のヨシさんに声を掛け、秩父にある道の駅「あしがくぼ」で待ち合わせることに。圏央道狭山日高ICで下り、国299で向かったのだが・・・流れが遅くて全然だめ!こんなことなら県33で向かうべきだったぜ。と少し遅刻してヨシさんと落ち合った。

 ここからはヨシさんの先導で国140を西に走る。山深い景色になり、空いていればかなり面白い道だぜ♪ しかし甲府へ向かう1本道。土曜日ということで大型車も走っていて、途中からどうにもならないくらい流れが悪くなっちまう。

20150711KC3Z1807.jpg
▲いわずと知れた大滝ループ橋

20150711KC3Z1809.jpg
▲あまりの流れの悪さに滝沢ダムで休憩~

20150711KC3Z1806.jpg
▲ダム、でけぇ

20150711KC3Z1808.jpg
▲ダム湖側の景色もなかなかのもの♪

 周りの景色を見ると、東京からちょっと走っただけで、すごいところまで来たんだなぁ~と思う。さて、気を取り直して出発するぜ!すると、あんなに混雑していた国140が、今度は貸切状態になる。よくわからんが、こいつは面白い♪ 快走じゃあ~♪

 そして夏の間、無料になっている日本一長い一般道のトンネル、雁坂トンネルを抜けると山梨県に入る。道の駅「みとみ」で昼食休憩じゃ♪

20150711KC3Z1810.jpg
▲周りの人も結構頼んでいた角煮丼! 濃い目の甘い味付けとトロトロの角煮。旨し!

20150711KC3Z1811.jpg
▲食後は白桃を食って、もう満腹♪

 甲府市街までの道はかなりの快走路。ヨシさん、珍しく激しく前を走る国産バイクを攻めていきます。甲府市内で若干混雑した後は、国358にスイッチ。精進湖から国139へ出たら、会場のフジテンはもうすぐだぜ!

 入り口に来るまで、荷物を積んだバイクを全く見かけていない。日にち間違えたか?ってくらい。でも大丈夫。ちゃんとやっていましたデイ・トリップ! 15時過ぎと、ちょっと遅めの会場入りだぜ。

20150711KC3Z1813.jpg
▲テントサイトは駐車場。ペグが打てないのは承知の話。こんなサイトが2~3段ある。

設営を済ませ、まずはビールで乾杯! う~ん、のどに染み渡りますぅ♪ とりあえず明るいうちに出店エリアを一周り。なんだか夏祭りみたいで楽しい♪

20150711KC3Z1818.jpg
▲そして陽が落ちてくるとまた良い感じ

20150711KC3Z1820.jpg
▲この手のイベント型MTGはやっぱ夜! ステージも熱を帯びてくる!

20150711KC3Z1821.jpg
▲出店エリアも華やいでくるぜ

 久しぶりにきたデイ・トリップ。ずいぶん大人のヒトが多いなぁ~ってのがオレの印象。大人=おとなしいではなく、悪ぶったガキではなくって、すごく楽しそうなんだけど、怖そうな大人のヒトが多いってこと。最近こういう人たちってあんまり見かけてなかったぁ~なんだかMTGに行き始めたころのドキドキワクワクを思い出してしまった。そんな中、数年ぶりに安房の山中でエンコしたオレを助けてくれた長野のT氏にも遭遇!相変わらずのマッチョぶりが凄かった~。

 そんな楽しい夜を過ごし、朝は少々早仕度する。午後から用事があるというヨシさんと会場を出て直ぐに別れ、一路河口湖から国137で甲府を目指す。まだ朝早いせいか、道路は空いていて快走♪快走♪ 国411にスイッチして目指すは青梅街道・大菩薩ライン! 途中目にするバイク、クルマもほとんどいない貸切状態で、思う存分柳沢峠を堪能♪・・・というには、ちょっと疲れ気味。道の駅「たばやま」までは、思う存分峠道を走らせることができた。

20150712KC3Z1822.jpg
▲道の駅「たばやま」 結構バイクがいる。さすが有名なツーリングルートだけに荷物満載のハーレーはオレだけ。

 最近、どーも疲れがとれない。日々エナジードリンクのお世話になっていたオレは、キャンプの2日目、やっぱ疲れていたみたい。なんと出発するときに立ちごけしてしまう・・・あぁ情けない。それでも荷物満載のハーレーをひとりで引き起こし、青梅街道を進んだ。この辺りから道路は混雑し始め、超が付くほどの低速走行になっちまう。本当は並走する国45を行きたかったのだが、地図を見て予習が出来なかったため、国411を進み、ようやく青梅ICから圏央道に乗ることができた。

 若干、予習不足からルート選定に失敗があったけど、行きも帰りも初めての道を十分楽しめたし、久し振りに本格的なイベント型MTGも楽しむことが出来たんで、大満足です♪ ヨシさん、今度はジュピアキャンプ、よろしくお願いします!

リジッド用?サドルバック

 本当に久しぶりのレザークラフトネタです。革細工の方は、決してサボっていたわけではないのですが、本業が忙しく、週末はキャンプとなかなか時間が取れなくて・・・少しづつ作業を進めていました。

 今回のオーダーは地元の後輩N氏からで、サドルレザーを使ったサドルバック、プレーンの黒で、サイズはざっくりとW300、H400といった感じです。

20150713KC3Z1786.jpg
▲これがN氏の年季の入ったショベル・リジッド。結構オレのツボに入ってます。恰好良いです。

20150713KC3Z1785.jpg
▲N氏に手伝ってもらい、採寸します。

 正直なところ、カービングの装飾の入らない場合、市販のものより割高になってしまいます。「普通に買った方が安いよ」なんて言わせてもらいましが、この大きさの市販品はないとのこと。N氏立ち合いで慎重に採寸し、大きさを決めます。

20150713KC3Z1787.jpg
▲今回も建築用のフリーソフトを使って絵を起こします。

20150713KC3Z1784.jpg
▲注文した革が届いたら、裁断します。今回はサドルレザースタンダートの2ミリ張り合わせです。

 前にも書きましたが、革の値段は同じ種類なら、厚さではなく、面積で決まります。本当なら厚い1枚革を使えば良いのですが、バイクに着けっぱなしのサドルバックは雨やキャンプ時の夜露など吸湿と乾燥を繰り返えすと、革が反ってきてしまいます。これを張り合わせにすることで、少しでも抑えようというのが、うちのこだわりです。強度も当然、吟面(表側)が強いので、2枚張りにすることで型崩れを抑えます。ということで使用パーツは上写真のように通常の倍の数になってしまいます。

20150713KC3Z1805.jpg
▲まずはマチの部分を作っていきます。オーナーからの希望で変形防止のステンレス板を底に張ります。

20150713KC3Z1823.jpg
▲角を曲げた状態で張り合わせ、少しでも変形を防ぎます。

20150713KC3Z1822.jpg
▲続いてお胴を張り合わせます。バイクへの取り付け面はステンレス板を挟み込みます。

20150713KC3Z1824.jpg
▲切り口を磨いたら、完成です!

20150713KC3Z1825.jpg
▲面積が広いので薄く見えますが、W100あります。内側にはマチと同様に2枚張り合わせのフラップがあり、荷物の飛び出し防止とバックの変形を抑えます。

 さぁ、N氏と日取りの調整をして、いよいよ取り付けです! その前に金具を作らなくては・・・。

目指せ!富士の麓 その2

2015.6.27~28
 ~前回からの続き~
 陽が落ちてきても、落ち着くどころか肉料理のボリュームは増すばかり! オレは宴の席から立ち上がり、シマさん夫妻が動き回る調理場へ移動。せっかく来たのにシマさんと話が出来ないもんね。

20150627KC3Z1815.jpg
▲オレ達には調理をさせないシマさんだが、プロの板前イケちゃんには肉を焼かせる。イケちゃんご苦労様。旨かったよ♪

 MTG会場と違って、ここは普通のキャンプ場だ。22時消灯となっている。時間にはまだ早いが、他のお客さんもいて、管理人からやんわり注意される。ここから消灯までは静かに語り?22時になるとともに酒とつまみを持って部屋の中へ場所を移した。しばらくワイワイと飲んでしゃべるが、なんだか眠くなっちゃったぁ~となんの前触れもなく、いきなり寝袋に潜り込むオレ。同室のヨシさんは既に夢の中だったし、HJ氏もお休みだったせいか、残りの若い衆?も間もなく寝たみたい・・・多分。

 翌日は朝から素晴らしい晴れ! 朝からシマさんは朝食の準備に忙しい。半年ぶりのホットサンドと卵サンドを一杯頂く♪ 相変わらずボリューム満点で旨いっす!

20150628KC3Z1817.jpg
▲まぶしいくらいの日差しのなかでのブレックファースト。なんとも贅沢です♪

 食事の後は、皆、荷物をまとめ、調理場の後片付けや、資材の積み込みなどをお手伝い。最後にシマさんからシメの挨拶をもらい、各々帰路に着くこととなった。

 オレはM女史とイケちゃん、ヨシさんと共に出発。富士山の西側、国139を北上していく。もう富士山見放題♪ 裾野まで広がるザ!富士山って姿をいつまでも見られる素晴らしい景色。交通量は少なくないが、流れ良く、程よいスピードで快走する♪

20150628KC3Z1818.jpg
▲この時期、こんなにハッキリ富士山が見えるのは、本当に久しぶりだぜ。(ヨシさんと富士山)

 ヨシさんとは精進湖の辺りでお別れ、イケちゃんは河口湖ICから高速に乗っていった。後ろを振り返るとM女史のみ!何となく沢山道連れがいたような錯覚をしていたので、ちょっとびっくり! オレ達2人は若干道に迷いながら、国139で大月方面に走り、初めての道、県35にスイッチする。T氏お薦めのこの道、なかなか変化に富んだ面白い道で、飽きることはなかった。基本的にタイトなカーブがメインの道だったけど、クルマは少なく、初めてにしてはまずまずのペースで走れたのでは? 30kmほどのこの道は荷物を積んで走るには、結構走り応えがあったぜ。最後は上野原辺りの国20に出る。

20150628KC3Z1819.jpg
▲相模湖ICに乗る前にコンビニで軽い昼食がてら休憩です。

 M女史ともここでお別れし、中央道に乗る。電装系に不安を抱えていたオレは、山の手トンネルにビビッて圏央道で関越~外環というルートを選択。しかーし!圏央道、トンネル多いやないかーい!とはいえ、何事もなく無事に帰宅出来た(・・・やっぱ遠回りだぜ)。

 今回、欲張って色んな道を走り回った。釣られて迷子になったT氏、M女史、迷惑かけました。仕事が忙しくてルートの予習が足りなかったね・・・と言い訳させてください。また先導することがあれば、気持ち良く走れるように頑張るんでよろしく。
 そして、シマの兄貴。1月の河津キャンプに続き、今回も大変おせわになりました。自分は調理してもてなすようなことは出来ませんが、今年も南房総宿泊ツーリングやりたいと思いますんで、よろしくお願いしまっす!

目指せ!富士の麓 その1

2015.6.27~28
 今年も静岡の先輩シマさんから夏キャンプのお誘いをいただいた♪ 昨年は東名を走行中に2回のパンクにめげて、参加できなかっただけに、前週からバイクの整備を行う。それが、前回アップの記事の最後の電装系トラブルとなってしまったのだが・・・

 天気予報は雨!しかぁーし、オレの予想では朝に雨は上がる!ってことになっていた。出発時間の9時、路面はウェットだが、天気は限りなく細かい霧雨まで回復。カッパも着ずに柏ICから高速に乗る。

 今回のルートは、折角富士山の麓まで行くんだから西湘バイパスを走り、ターンパイクを走り、富士山を見ながら国469を走ろう!と計画。ってことで、まずは首都高から横浜新道を目指す。電装系に不安を抱えているから、なるべくトンネルは通りたくないなぁ~と三郷から真っ直ぐ湾岸線まで出て、東海JCTからK1に入る。でも、K1って結構狭いんだね。ここでエンコしたら即死だな。

 とりあえず無事にK2から横浜新道にスイッチ。そのまま国1に。たちまち大渋滞に巻き込まれちまう。大型車が多いからすり抜けもままならないぜ。と、平塚で合流予定の稲毛のT氏と遭遇。そのまま二人で新湘南バイパスに入る。すげー快適だぁ~♪ さっきまでの渋滞がうその様!さすが有料道路だぜ♪ そして相模湾沿いの国134から国1へスイッチし、M女史との待ち合わせ場所であるガストに到着~!

 3人で昼食を取り、まず最初の目的である西湘バイパスを走る。真っ直ぐな道は3分で飽きる!が口癖のオレであるが、この日は別。左手に相模湾を見ながらゆったりと左車線を流していく~♪ 気もちいぜ~♪ ちょっと曇ってるけど、雲のある空は嫌いじゃない。

 十分海沿いの景色を堪能したあとは、2番目の目的であるターンパイクに入る。料金所のオジサンに「上の方、風が強いみたいですから気を付けて」と言われる。うりゃー上り坂だぜ!白バイに警戒しながらほどほどのスピードで走っていく。ターンパイクってこんな道だったっけ?なんかイマイチだなぁなんて思っていると、どんどん視界が悪くなる。モヤ?霧?そのうち直前の視界の確保も難しくなる!ってこりゃ危ないぜ。突然現れた標識に、行先もよくわからないまま左に曲がるが、こいつが大間違い!

 道はひたすら下り坂になる。本来なら国1で三島に向かってるはずだが、コケ蒸した路面は絶対国1じゃあないよな。かなーり、かなーり視界の悪い濡れた路面のコーナーばかりの下り坂を走り続け、ようやく霧も晴れ、街?に出る。ここでマップルで現在地をチェック。今いるのは県75。ここでまたまた間違い。オレはてっきり仙石原側の県75にいると思ってのだが、実際は真鶴側だった。

 国135に出て、あるはずのない真鶴道路に吸い込まれるように入ってしまう。ここでようやく自分の居場所を確認できた。再び小田原に来る。さすがにターンパイクには行かず、今度は箱根新道で山を越える。クルマが多くて、流れは悪いが、ターンパイクより遙かに安全だ。そして三島への下りだが、空いてれば気持ちの良さそうな道も、クルマの列と共にだらだらと下っていく。ようやく伊豆縦貫に当たり、国246へ出る。裾野ICをかすめるように県24に入るも流れはイマイチ。

20150627KC3Z1809.jpg
▲県24沿いで休憩。富士山がデカデカと見えるはずなのだが・・・

 そして3つ目の目的である国469に入る。ここは快走路~♪ 交通量も一気に減って、見通しの良い快走路を軽快に飛ばしていく♪ この辺りから雲は姿を消して、日差しと富士山がドーン! あぁ富士山の近くに来たんだなぁ~と実感! そして県72で富士宮方面に向かう。ここは気持ちの良い林間道路で、カーブも少し増える。中々楽しい道だ♪ そして会場である新富士キャンプ場に到着~ぅ!

20150627KC3Z1810.jpg
▲シマさんに誘導され、バイクを停める。 なんだかMCのクラブハウスみたい♪

 既にHJ氏にヨシさん、イケちゃんが到着していた。みんなに挨拶を済ませ、荷物を下ろしたら、シマさんの音頭で乾杯!一杯飲んだら、さぁ風呂いこうぜ!とHJ氏、ヨシさん、イケちゃんと共にキャンプ場の風呂へ直行!やっぱ風呂、気持ちいね!

20150627KC3Z1813.jpg
▲キャンプ場からも、もちろん富士山!見えます!

 風呂上りは再びビールっしょ! と冷え冷えのビールをいただき、調理された沢山の料理を摘まむ♪ 最年長のシマさんと、奥さんが休みなしに調理して、オレらがひたすら飲み食いする! 肉、肉、肉!と肉三昧♪ ビールからウイスキーにスイッチし、いつも通り茶色いもののみの飲食となる♪

20150627KC3Z1811.jpg
▲まだまだ明るい。みんな元気!

20150627KC3Z1814.jpg
▲引きで見ると緑の中。マイナスオン全開♪

 ということで、次回に続く~
プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR