オレ達の奥只見キャンプ!

2015.9.19~20
 以前、参加していた奥只見オゾンキャンプMTG。ここ数年は地元千葉で行われるMTGと日程が被ってしまっている。元々、参加者が少なく、そこが良いところでもあったオゾンキャンプなので、んじゃ日にちをずらして、プライベートでキャンプしようぜ!となったのが、福島県只見町はいこいの森キャンプ場でのキャンプなのだ。

 お馴染みのメンバーの日程を調整し、例年通り各々好き勝手な道を走り、現地で落ち合うこととした。オレは急遽参加となった千葉のT1氏の希望で、一緒に現地に向かうことにした。もちろん下道で!

20150919KC3Z1858.jpg
▲久々に荷物満載だぜ!

 朝7時半、柏のコンビニでT1氏と合流。まずは関宿城へ向かう県道で野田市内を北上する。茨城の境から利根川を渡り、国4バイパスへ入る。ここから栃木県の矢板までの約70kmは高速道路のようなバイパスをひたすら北上する。いつも寒い思いをして向かう記憶があるんで、今年はTシャツ+ロンTにデッキ―ズのジャケットで走る。これでとりあえずは震えることはない程度だ。

 矢板からは退屈なバイパスから離れ、景色の綺麗な県30に入る。前半は市街地だが、後半は軽いワインディングとともに那須塩原の山々を望む気持ちの良い道だ♪ 那須塩原からは国400で西に走り、国121に出る。国121を北に少し走れば道の駅「たじま」でしばし休憩。何もない「たじま」を早々に出発し、国352に入る。ここからは交通量の少ない、大小のカーブと直線が絡む、オレの好きな道のひとつなのだ♪ 

 今年は前の週に降った大雨のせいで、所々土が流れ出ていたり、並走する舘岩川が氾濫して、道路が寸断されていたり(通行できるように仮復旧されていた)と災害の爪痕が垣間見られた。そして昨年と同じ「曲屋」に昼食のため寄ることにした。

20150919KC3Z1864.jpg
▲昨年は葺き替え作業中だったが、今年は綺麗な姿を見ることができた「曲屋」

20150919KC3Z1861.jpg
▲毎年同じメニュー「ばんでいセット」を注文♪

20150919KC3Z1862.jpg
▲店の裏手を流れる舘岩川。やはり今年は少し濁っているな。

 昼食後は、国401を北上。そのまま国289に入り、一路只見を目指す。最寄りのスーパーで買い出しを済ませ、14時半、キャンプ場に到着~ぅ♪

20150919KC3Z1866.jpg
▲気持ちの良いキャンプ場♪ 既に東京のヨシさん、K村氏が到着してます。

20150919KC3Z1867.jpg
▲今年も東屋をゲット!

 昨年は貸切状態だったキャンプ場。今年はSWってことで、大勢の人たちがキャンプに来ていた。東屋ゲットは困難かと思っていたが、東屋ゲットを目指し、昼食も取らずに直行したヨシさん。しかし東屋にはハイエースの姿が・・・なんとこれがK村氏だったという。今年はK村氏のバイクが車検のため、クルマで参加。沢山のキャンプ道具まで持参してもらいビックリ!

 その後、会津に馬刺しを買いに行っていた新潟のチョップ君といつものメンバーが揃い、加えて魚沼側からやってきた平塚のM女史、青梅のP氏、千葉のキヨ氏と総勢8名が揃った。

20150919KC3Z1870.jpg
▲今年は3つの大きなランタンに3つの焼き台と、なんだか豪勢!

20150919KC3Z1871.jpg
▲K村氏持参の焚火台はキャンプファイヤーの様!暖かい~♪

20150919KC3Z1872.jpg
▲ひときわ明るいオレ達のベース♪

 今年はオレ達の他にもキャンプを楽しむ人たちが大勢いる。21時以降は静寂タイムということなんで、トーンを落として歓談。やっぱ夜は冷える!マイクロダウン着てるのに、寒くてしょうがない。それに加えて、昼間も十分に走ってきた疲労感とともに、適当なところで就寝・・・したのだが、若干名、遊び足りないメンツが夜通し喋っていやがった。周囲の皆さま、ご迷惑を掛けたようなら、申し訳ありません。バイク乗りはこんなのばかりではありませんので。

 ゆっくりと起き、まったりと朝食を取り、しばしボーっとする。今日は帰路の途中に当たる栃木県の都賀での、友人主催のキャンプに参加するため、そんなに急いで撤収する必要がないのだ。

20150920KC3Z1874.jpg
▲そんな中、家の用事で一足先に帰路に付くチョップ君。1年ぶりの再会、楽しかったですよ~また会いましょう♪

 残りのメンツも帰路に付くもの、都賀に向かうもの、他のキャンプに参加するものと、皆それぞれに仕度を済ませ出発するのであった。皆、かなりの装備を持ち合う奥只見キャンプ。とりわけ今年はK村氏にはお世話になりましたね。クルマでの参加ということもあったけど、皆さん、場所取りも含めて、あまり負担にならない程度にしてくださいね。来年も緩く楽しみましょう♪
スポンサーサイト

安房千倉 宿泊ツーリング

 もう1カ月近く前の話になるのだが、オレのバイク仲間が事故にあってしまった。幸い、大きな怪我はなく、救急車で運ばれたものの、即日退院となり、元気そうにしているのだが、すり抜け中に車線変更してきた車に接触してしまったそうだ。これを読んでいるライダーさんたち、こちらの注意だけではかわせないこともあるのが事故だが、笑顔で帰宅を目的に、バイクライフを楽しんでほしい。

2015.8.29~30
 昨年も泊りに行った南房総千倉のペンション「C-キャビン」。洒落た雰囲気と丁寧な接客が印象にあり、今年もお世話になることにした。昨年同様3名で宿泊したかったのだが、調整がつかず2名で決行することになった。

 当日の朝、時折小雨がパラつく微妙な天気に、カッパを着こみ出発。待ち合わせ場所の君津IC近くに到着するも、相棒の姿は無し。いつも待ち合わせ時間のかなり前から待っているのに珍しいなぁ~なんて思ったのだが、これが冒頭に述べた事故だったのだ。 色々思案を巡らすも、結果からいえば一人でツーリングを続行することにしたのだった。

 夏の間、千葉県内の有料道路が無料になっているところがある!との情報に、普段は恐れ多くて通れない房総スカイラインから鴨川道路を走ることにする。さすが有料道路だけあって、空いていれば気持ちの良いツーリングコースになるのだろう・・・空いていれば。結局無料化されてる時期は、内房から鴨川へのメインルートとなる訳で、ノリノリのライディングなど望めないのだ・・・残念。

 鴨川から国128でお馴染みの安房小湊の「なかむら」を目指す。この辺りは雨が降った形跡もなく、晴れ間が出てるほど。「なかむら」に到着後、カッパを脱ぐ。

20150829KC3Z1851.jpg
▲今回は贅沢にウニ丼を注文!

 食後はカッパを着ずに、国128を西にもどり、鴨川から県89に入る。近頃、この県89を走ることが多い。交通量と信号が少なく、気合系の走り屋も居ない(昼間ね。夜は知らん)。大きいコーナーからタイトなカーブまで、起伏に富んだコースには飽きる暇がない♪ 途中、小雨のパラつきにカッパを着こんで、内房は「とみやま」の道の駅まで、一気に走り抜けた。

 その後、内房沿いを国127から北条海岸を横目に、県257で洲崎を回って、房総フラワーラインを走った。ここを走るのは、とっても久しぶりだ。久々に真っ直ぐな道をユルユルと飛ばす。あぁこれで天気が良ければ・・・そして連れが居たなら・・・しかし現実を嘆いてもしょうがない。とりあえず今を楽しむことに専念するのだ。

 白浜から、県88で再び内陸に入る。これは一度通ってみたい道、県188を走るためだ。結果からいえば、県188の東側は、普通の裏道って感じで、特筆するようなところはなかった。ルートによっては抜け道として利用できるかな?というところか。そしてこの日のシメ、安房グリーンラインを下る!路面はほぼドライ、交通量極少ってことで、ゼブラを気にしつつも(自分の中では)豪快に飛ばし、野島崎から再び房総フラワーラインで道の駅「ちくら潮さい王国」に向かった。

20150829KC3Z1852.jpg
▲あぁ天気がイマイチ・・・哀愁を感じるぜ

 しばし太平洋を見ながら黄昏た後、目的地「C-キャビン」に向かってバイクを走らせた。

20150829KC3Z1855.jpg
▲まさに隠れ家!といったところに建つ「C-キャビン」。無事に到着~。

 チェックインを済ませ、早速お風呂をいただく。ツーリングの後の風呂は最高だぜ~♪ そして、C-キャビンといえば、看板猫の「とまと」さんに挨拶せねば♪ 

20150829KC3Z1858.jpg
▲外に出ると、早速スリスリしてきます♪

20150829KC3Z1857.jpg
▲なでなでをご所望です♪

20150829KC3Z1861.jpg
▲写真を撮ろうとすると「手を休めるな!」とずんずんと頭から突進してきます♪

20150829KC3Z1862.jpg
▲じっとしていそうな時、写真を撮ろうとするも、シャッターと共にプイと横を向いてしまいます。絶対に正面を撮らしてくれません・・・

 食事は、通常食堂なのだが、今回は部屋に用意してもらいました。

20150829KC3Z1885.jpg
▲前菜から

20150829KC3Z1886.jpg
▲魚料理♪

20150829KC3Z1887.jpg
▲メインの肉料理とデザートのアイス♪

 いや~お腹いっぱい。満足♪満足♪ 部屋でまったり寛いで、C-キャビン名物のバーカウンターが空くのを待つ。9時ごろにオーナーから「カウンター空きました」と連絡をもらい、持参したボトルを持って(?)バーを訪ねる。実は予約の時に、昨年館山で見つけられなかったハニーウイスキーを持参するので、一杯やりましょう!とコメントしていたのだ。

20150829KC3Z1889.jpg
▲オーナーには、意図せずボッチ旅となってしまったオレとのサシ飲み、お付き合いいただきました。ありがとうございました♪

 やはり、ひとりだと酔いが回るのが早いようで、部屋に戻ってからすぐに就寝~♪

 そして朝、雨音と共に起床・・・雨か。

20150830KC3Z1891.jpg
▲朝食にふさわしいヘルシーで家庭的な料理です♪

 帰路も出発時から雨・・・普通に降ってますなぁ。高速で帰るのはつまらん、ということでグリーンラインから県88を使って帰ることにする。少々のウェット路面なら、そんなに気を使わなくても、それなりに楽しめることを発見! 天気も悪いんで、どこにも寄らず真っ直ぐ帰宅した。冬はお客さんが少なくなるとのことなので、機会を見つけて、またみんなで行きたいね。

マス・ツーからのソロ・ツー

2015.8.25
 30台もの台数で走った地元のお寿司屋さん「いろは鮨」宿泊ツーリング。昨夜の大宴会から明けての2日目。2泊目を目指す本体約20台と、今日帰路に付く約10台に別れるのだが、オレはひとり、奥只見から南会津を回り、ツーリングを満喫してから帰路に付くことにした。

20150825KC3Z1901.jpg
▲出発前に全員で記念撮影のために並べたバイクをパチリ

 さあ、ここからは気ままなソロ・ツーリングの始まりだ! 六日町IC近くの現在地から国291を少し北上し、国252に入る。平日の朝だが、通勤による渋滞などはなく、爽快な空気を吸いながら流していく。しかし交通量は少ないがペースが遅い。異常に遅い。国252は只見へ抜ける山中の1本道、市街地を抜ければクルマなど居なくなるだろうと思い、しばらく後ろを辛抱強く走る・・・が状況がかわらないんで、失礼ながら追い越して先へ進む。
 追い越したのも束の間、道の駅「いりひろせ」が出てきたので、とりあえず休憩に寄ることにした。

20150825KC3Z1903.jpg
▲道の駅「いりひろせ」。入って初めて、以前に通った道であることに気付く。

 ここで地元のライダー親子としばし雑談。親子が出発して、しばらくしてからオレも出発することにした。道の駅からの出発前に、さっき追い越したクルマが通過していくのを目にしたのだが、不思議なことに行けども行けども見当たらない。不思議じゃ・・・まぁいいや・・・と、誰も走っていない国252を快走~♪

 かなりハイペースで、とっとこ、とっとこ走っていく。山中のワインディングは変化に富んで飽きることがない。山深い景色も目に優しい♪ 新潟~福島の県境を過ぎた辺りから続くスノーシェルター越しの景色もまた面白いがあまりよそ見をすると、コーナーがキツかったりして、ちょっと危ない。道の駅を出てから約30km、注意散漫にならないように、集中!集中!と自分に言い聞かせながら走り続ける。

 そして、山々の間から田子倉湖がチラチラ見え隠れしだす。この辺りの景色が素晴らしい♪ 山道が好きで、色々走っているが、緑の中を走る景色は綺麗だけれど、正直どこも同じようなもの・・・だったのだが、この辺りは本当に美しい! 空、木々の緑、湖と他の場所と何が違うのかわからないが、とにかくオレにとっては、とても感動的とさえ思える景色だった。

20150825KC3Z1905.jpg
▲峠を抜け、山を下り、直線道路となった辺りで、ようやうバイクを停めてパチリ

 ドゥービーBr.sの歌で「UKIAH」というのがある。カリフォルニア北部の高原にある町の地名で、各地から流れてきたミュージシャンが住む美しい緑の地・・・という解説がついていた。今回、只見を走って感動したオレの感想が、まさに「UKIAHだ!」といった感じだった・・・カリフォルニア、行ったことないけど。

 只見を過ぎても、国252を只見川沿いに進んでいく。まだまだオレの「UKIAH」は続く♪ 道はさっきまでと比べ、単調にはなるが、景色を楽しみながら気分よく快走~♪ そして、クルマが詰まり出したころ、国400にスイッチ。再び山中に入っていく。それにつれて気温が下がっていく。涼しいを通り越して、何か寒いぜ・・・なんて思っていると、道路わきの気温表示は14度。上着は着てるが、夏装備じゃちと寒いぜ。

 なんだか寒いし、お腹も空いてきたなぁ~なんて思っていると道の駅が出てくる。オレのマップルには載っていないが、ここで昼飯にしよう。

20150825KC3Z1906.jpg
▲ミニ天丼とざるそばのセットを注文♪

 空腹を満たし、一息ついたら再び走り出す。会津田島からは国121に入り南下する。道の駅「たじま」を過ぎると、スピードの乗るコーナーが続くワインディングだ♪ もうすぐ国400に入るあたりで小雨が降り始める。大した雨じゃないが、なにしろ寒いんで、濡れたら大変とカッパを着こむ。温かくて丁度良いぜ。

 もう十二分にワインディング・ランを堪能したんで、西那須野塩原ICから高速に乗り帰路に付いた。雨は降ったり止んだりといった感じで、ずっとカッパを着たままだったが、濡れる前にカッパを着てたことと、シールド付きヘルメットのお蔭で、特に気にならず、無事帰宅した。

 いろは鮨大将ご夫妻と無線をもってサポートしてくださった皆様。ご一緒したのは1日だけでしたが、色々楽しめた1泊二日でした。平日オンリーということで、来年も行けるかどうか分かりませんが、次回もよろしくお願いします~♪

いろは鮨ツーリング・五十沢温泉!

2015.8.24~
 地元のお寿司屋さん「いろは鮨」のご夫妻が主催する、毎年恒例の宿泊ツーリング。平日の3日間を使っての2泊3日のツーリングだ。今年は休みが取れたので、最初の1泊で参加させてもらった。

 朝9:00に集合して外環を大泉に向かって走るというので、渋滞必至! オレは最初の休憩給油ポイントの関越道・高坂SAにて合流させてもらうことにした。案の定、外環は川口辺りから大渋滞! 

20150824KC3Z1886.jpg
▲一足先に到着して、皆さんをお出迎え。

 今年は30台くらいと、少しすくなめ。ピーク時は50台くらいいたからね。オレも40代後半だけど、ほとんどのメンバーはオレよりも随分と年上の方々が多い。毎年、少しづつ台数が減ってきている気がするって、おいおい。

 さて、これだけの台数で、スムースに移動するには、やはり高速道路が間違いない。事前に渡された手作りの「しおり」には、ルートや休憩、食事のポイントや予定が細かに書かれているので、十分に予習しておいた。これで万が一、はぐれても宿で落ち合えるってもんだ。

 30台もの台数で、高速道路を隊列を作って走っていく。せっかちなオレは、いつも先頭集団にいるのだが、今年は後ろの方でのんびりと走る♪ やっぱこの位のポジションが良いね♪ そして沼田ICで下り、向かったのは道の駅「川場田園プラザ」

20150824KC3Z1891.jpg
▲初めて来たけど、平日なのに凄い賑わい。4輪駐車場なんか空いてないほど! さすがに2輪はがら空きだったがオレ達で埋め尽くす。

20150824KC3Z1888.jpg
▲園内は広く、複数の食事処が点在しているが、どこも満席!

20150824KC3Z1890.jpg
▲池にはなんかの鳥もいて、子供たちも楽しそう♪

 食事休憩後、予定では三国峠を越えて南魚沼に向かうはずだったが、どうも下道は雨らしいとのこと。ということで、再び関越道に乗り、北上することになった。出発前、オレはカッパを取り出しやすいように、パッキングをし直したのだが、これが失敗。なんと高速走行中に、荷崩れをおこしてしまう!しばらく片手で押さえて走っていたが、途中で路肩に停まってパッキングをし直すことにした。その後、本体を追いかけたが、PAで休憩している横を通り過ぎてしまう。まぁそのあと、無事合流できたんだが、サポートの皆さん、ご心配かけました。

20150824KC3Z1898.jpg
▲そして今夜のお宿、五十沢温泉ゆもとかんに大分早くに到着~♪

 各自3~4人の相部屋で、部屋割に従って、荷物を降ろしたあとは、やっぱ温泉でしょ~♪ とひっ風呂浴びる。そして部屋飲み開始。

20150824KC3Z1894.jpg
▲今夜のメインは、今や懐かしの大宴会スタイルでの宴会~♪ 抽選会、4等いただきました~♪

 部屋に戻って、どこかの部屋での2次会に備えていたが、ちょっと宴会場に戻ってみる。何故か数名が残っていて、カラオケなんかやっていたりする。オレもマイクを渡されたんで、1曲唸っといた。

20150824KC3Z1896.jpg
▲温泉卓球中のN山氏嫁も飛び入り。弟子のK女子もラケットで歌う? テンションおかしかったよ?

 その後、どこかの1室で2次会が始まり、がっつりと楽しませてもらった♪ ちょっと余計に飲んじまったが、明日のツーリングに備えて、就寝♪~

 明日は、2泊目の宿に向かう本体約20台と、帰路に付く10台に別れるのだが、実はオレは一人、別行動でツーリングを楽しもうと企んでいるのであった。

~次回につづく~
プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR