奥久慈・笠間ツーリング

2016.3.13
 先週の筑波山周遊ツーリングで、再び「バイクで走ろう!」というテンションになったオレは、この日北茨城を目指すことにした。先週と打って変わっての真冬日。まさに冬のツーリングといった身の引き締まる空気の中、8時、柏ICから常磐道に乗り、一路北上した。那珂ICで下りて、大子に向かういつものバードライン~K102を快走♪

20160313KC3Z2000.jpg
▲K102 いつもの快走路♪

 その後入ったR293は交通量の少ない走りやすい道で、このルートを知ってから、無理して全線県道を使うこのもなくなった。そして、最も楽しいK32に入る。ほとんど誰にも会わないローカルな道で、幅の広いワインディングからアップダウンの激しい杉木立のなかの狭小路まで変化に富んでいて楽しい♪ ただし、千葉の山中と違い、民家が点在していたり集落があったりするんで、スピードはほどほどにして気持ち良く流す♪

 そして民家の全くない峠道アップルラインを走り、道の駅だいごに到着~♪ しばし一息つくもまだ10時半。元来た道を再び走ることにした。

20160313KC3Z2005.jpg
▲K32 山深い変化に富んだワインディング 大子へ向かうオレの鉄板ルート♪

20160313KC3Z2007.jpg
▲北茨城でも関東平野の広さを実感!

 途中、バードラインへは入らず、K61で笠間へ抜けることにした。R50に出たら8kmほど西に進む。以前走った時は結構渋滞していたと思ったが、丁度昼時のせいか流れは良い。昼食に向かったのは出雲大社常盤分社に隣接するガラス工房兼食堂。以前いろは鮨さんのツーリングで来たところだ。鴨付け汁うどんの旨さが忘れられなくて、またお邪魔した。

20160313KC3Z2008.jpg
▲鴨付け汁の稲庭うどんを注文~♪ 食堂は混雑していたんで、ちょっと待たされた。うつらうつらしてしまった。

 おなかも満たされ、体も温まったところで、大社の展望台に上がってみる。

20160313KC3Z2009.jpg
▲方角としては筑波山だと思うが・・・よくわからん。

 笠間西ICの前を通り過ぎてK64からフルーツラインに入る。ここは先週走った「北海道風」道路。そのまま朝日トンネルを抜け、土浦北ICから常磐道に乗った。調子に乗って追い越し車線に入り、少しスピードアップしてみると、突然パン!パン!と大きなアフターファイヤーとともに明らかなパワーダウン。なんとか守谷SAまで走るが、丁度SAに入ったところでエンジンが停まってしまう。ここまで調子よく走っていたのに、どうしたんだ?とマシンをチェック・・・プラグコードのコイル側の差し込みが抜けかかっているぜ。振動で抜けちゃうことがあるのかな?

 最後の最後でヒヤッとしたが、15時、無事に帰宅した。気持ちの良い「冬のツーリング」、終了~♪
スポンサーサイト

筑波山周遊ツーリング!

2016.3.6
 更新が遅れているが、3月初めの週末のこと。相変わらず天気の悪い週末だったが、日曜日は雨上がりの曇りの予報が外れ、素晴らしい天気!少々出遅れちまったが、こりゃ走りに行くしかないだろう!ってことで、太氏を誘い、オレにとって初めての筑波山の周りを走りに行くことにした。

 風区明媚なツーリングスポットだが、2輪通行禁止ゾーンが多く、白バイが張っていたり、そこに至る学園都市は直線が続く・・・ってことで、はるか昔に山頂駐車場に行ったくらいで、まったく魅力を感じていなかったのだ。

 10時という中途半端な時間に出発して、走って来られるところ・・・ってことで、メインのルートを外す感じでコースを考え、いざ出発だ! 目吹橋を渡り、20年前に学園都市にゼロヨンしにいっていた懐かしい道を走る。学園都市を縦断するK45はひたすらに真っ直ぐ!茨城を走ってると、ここが関東平野であることを実感する。どこまでも開けた平らな景色が見渡せる。

20160306KC3Z2016.jpg
▲そして南西方向から筑波山を望む

 ここから本日のメインルート、K138にはいるのだが、入り口の余りの狭さから若干迷子になりながらも、何とかK138に入った。道幅は狭く、クルマのすれ違いは非常に難しい。木々の生い茂る路肩に落ち葉が溜まったちょっと苔むした趣のある道で、タイトすぎない程度のタイトコーナー?が続く高低差のある昔ながらの峠道っていう感じ♪ スピード出して攻めるような道じゃないけど、非常に面白かった♪♪♪

20160306KC3Z2017.jpg
▲筑波山の南側を西から東に抜け、峠から里に下りたところで山を振り返る。

20160306KC3Z2018.jpg
▲若干曇っているが、梅も満開♪

 ここからフルーツラインで筑波山の東側を南から北に向かって走る。この辺りは、再び真っ直ぐな道で、少々アップダウンのある北海道っぽい(走ったことないけど)景色が広がる。6~7km走り、筑波山の北側を横断するK7で上曽峠を越えて東側に向かう。ここはセンターラインのある広い峠道。ゼブラが入っているけど走りやすかったぜ。

 そして筑波山の西側を縦断するK41に出て南下、再び学園都市を走るK45を走って戻ってきた。常総市からR294を激走し、ちょっと遅めの昼食に向かったのは、太氏はまだ行ったことがないとのことで、取手のハンバーガーショップ「ビックスマイル」。

20160306KC3Z2019.jpg
▲残念ながらパテが品切れで、チキンをいただく。しかーし、こいつもメチャ旨かった~♪

 ここから家までは直ぐ。ゆっくり休憩して15時には帰宅した。春の気配を感じる温かい1日。久々にライダースで走ってきたけど、寒いこともなく、短い時間だったけど楽しかったぜ♪ そうそう、太氏、V誌掲載おめでとう♪

バイク整備

2016.2.28
 2月は何故かバイクに乗るテンションが上がらない。取りあえずこの日は近くをぶらついてみる。

20160228KC3Z2004.jpg
▲久しぶりの関宿城!(写真を撮るのにバイクを移動させただけで、決して身障者用Pに留めてたわけではないぜ)

 乗ったら乗ったで楽しいんだけどなぁ~と、気分が乗らないこんな時こそ、バイクをチェックしておくか!ということで、2月から3月にかけて、ぼちぼちと点検してみました♪ 

 まずは洗車から。ハーレー乗りには「オレは洗車しねぇ」というワイルドな方もいるが、個人的に、機械はしっかりと手入れされているのが好み。バイクに限らず、機械を良い状態に維持しておくことは、それを造った人や、修理を頼むときに引き受けてくれる人に対して、そして自分が使う機械に対する自分の感謝の気持ちだと思っている(とりあえず出来る範囲でってことで)。例えば(プロのメカニックでは、そんなことはないのだろうが)オレの場合、他人のバイクの修理を頼まれたとき、泥まみれオイルまみれのまま持ってくるようなら、とっととお引き取り願いたいと思ってしまう。まぁあくまで個人的意見ってことで。

 そして洗車(といっても拭き車だが・・・)は、車体の様々な不具合を発見させてくれる。

2016.2.13
 洗車によって発見された消耗品が届いたんで、交換する。

20160213KC3Z1997.jpg
▲前回いつ代えたのか覚えていないが、クラッチレバー。支点の穴が、広がっちまったんで、交換しとこう。

20160213KC3Z1996.jpg
▲そして、これは初めて。コイルにクラックが!

 こいつは、何年も経ってはいない気がするが・・・このまま放置してもろくなことはないだろうから、とっと新品に交換する。交換後の試乗では、心なしかアイドリングも安定して、乗り味もパワフルになった気がするような、しないような。

2016.3.5
 今度は、アドバンスユニットを交換する。以前チェックしたとき、ウエイトの軸が摩耗してしまい、ウエイトが開きすぎてケースに当たっているのを確認していたのだ。

20160305KC3Z2005.jpg
▲取り外したユニット。赤丸で囲ったところがケースに当たっているところ。

 なんだ、大したことないじゃん!と思うなかれ

20160305KC3Z2007.jpg
▲ウエイトは固く、ケースはアルミ。ケース側はしっかり削れいているぜ。

20160305KC3Z2011.jpg
▲ユニットを分解すると、軸は摩耗、ウエイトの穴も広がっちゃってる。

20160305KC3Z2013.jpg
▲で、今回仕入れたのは、なんとベアリング入りのユニット!機械好きにはたまらん響きだぜ♪

 いままで使っていたのは、プリモ製。今回のはネオ製で、正直ポイントカムの出来は断然プリモ製が良い。今回もプリモのポイントカムを使おうとしたのだが、前回の交換時と同様に、カムが入らない! ってことで、ベアリングを中心に十分グリスアップして、セットのカムを組んでボルトオン。

 エンジンを始動させて様子を見ようとキック!・・・キック!キック!キック・・・(以下、永遠と蹴り続ける)・・・全く掛からん。

 もう一度、ユニットを取り外し、今まで使っていたプリモのユニットと並べてにらめっこ・・・カム山の向きが明らかに違う! てっきりどれも同じだと思い込んでいたけど、国産じゃあるまいしそんなことないよな。微妙にずれていて、気付かないよりマシか。

20160305KC3Z2014.jpg
▲元々赤矢印の位置に合わせていたポイントベースが、黒矢印の位置まで移動した。こりゃ掛からんはずだ。ちなみに白矢印の電線は+12Vが来てるんで、ショートしないようにきちんと保護してやったぜ。

 これでキック一発で、あっけなく始動♪ 最近、朝一の始動でよくケッチンくらっていたが、そんな気配もない♪ やっぱ機械は正しく動いてこそ、気分よく使えるってもんだな♪ ところで、以前アドバンスを交換した記事をアップしていたんで、どのくらいの期間があったのか見てみると、3年ちょっとで約4万キロ。面倒だけど、こまめなグリスアップをしたほうがよさそうだな。



飯岡灯台を目指して

2016.2.21
 どーも土日の天気が良くない。周期的に悪くなってしまったようで、毎週のようにパッとしない。仕事も忙しくって、休みの日もなんだか疲れちゃって、気分も乗らない・・・この日は、半ば強引にバイクに乗って出掛けることにした。しかーし!前日の夜に降った雨のせいで路面はウェット。気持ちに整理をつけて出発したのは9:30になったころだった。

 目指したのは飯岡灯台のある刑部岬。ここでサンマの姿寿しを食べることを目的に定めた。R6から利根川沿いのK170に入り、土手沿いを走る。天気は残念な曇り空だ。今回はちょっとルートを変えてみた。いつもの滑川から南に下るんではなく、もう少し先の神崎大橋の交差点を右折する。2キロ弱走り、ここでK110に入る。初めての道だぜ!ローカルな道を7キロほど走ると、R51にでる。R51を介してK113に入る。この道も初めて。9キロほど走ると、いつものルートの合流する。なかなか走りやすい道だった。ちょっと使えるかも♪

 この後は、いつものルートで、飯岡灯台を目指す。概ね快調に走り、12:00に目当ての店に到着した。

20160221KC3Z2005.jpg
▲お馴染みの店、海辺里に到着~!

 丁度昼飯時になっちまったんで、店内は少々混雑していた。少し待って席へ案内される。注文はもちろん

20160221KC3Z2004.jpg
▲「サンマの姿寿し」!

 去年の秋以来だぜ~その時より頭んところは柔らかいなぁ~時期によって少し味(食感)も変わるのも面白い♪

20160221KC3Z2006.jpg
▲食後は、岬へ移動して小休止。

 この日は、本当にちょこっと居ただけで、帰路に着いた。帰りも同じルートを辿る。いつもの道よりなんだかスムーズだね。そして15:30帰宅。わぁーと行って、わぁーと帰ってきた感じのせわしないツーリング。やっぱ心から走りたいって思ってないんだな。すっきり晴れた空の下、テンション上げて走りに行きたいもんですなぁ~。
プロフィール

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR