鴨川裏道ツーリング!

 今週の月曜日から金曜日に掛けて熊本に行ってきた。仕事の関係で被災地に派遣されたのだが、1日も早く普段どうりの生活が送れるようになって欲しいものです。

2016.4.23
 さて、直前の天気予報で好転した土曜日に、千葉県一の気配り男ことF氏を誘い、久し振りに一緒に走ることにした。彼と走るということは、オレとしても走る気満なわけだ。

20160423KC3Z2018.jpg
▲土曜日なので、柏から千葉市までは結構な渋滞だが、集合場所の木更津東ICを下りるとのどかな田園風景が広がる♪

 9時過ぎに二人で走り出し、向かったのはK32~K177の安房鴨川へ向かう定番のコース。身軽な二人にとってテンションが上がらないわけないでしょ!と久しぶりにハイペースでのローリング♪ 例によってほとんど走るひともいない、信号もほとんどない快走路。存分に楽しんだところで、お馴染み「なかむら」で少し早めの昼食を取ることにする。

20160423KC3Z2020.jpg
▲F氏の4速ショベル。オレの知る中で最も格好良くジョッキーシフトを操る男のひとり

20160423KC3Z2019.jpg
▲なかむらといえば「おらが丼」。「おらが丼」と注文すると「はい!海鮮丼ね!」もいつものこと。

 この後はしばらくR128を西に走る。ここはちょっとした息抜きポイント。鴨川市街を抜けると、走りのステージ?第2弾のK89への入り口が出てくる。交通量は少ないが、ちょっと周りの飛び出しなどに気を付けながら高速コーナーでスピードを乗せていく♪ ・・・気持ち良い♪

 その後、道はタイトになる。棚田の横をぐんぐん昇り、そして下り、くねくねと走り、いったんR410を挟み、再び狭小路は続く。それにしても今日は空いている♪ 

 そして走りのステージ?第3弾!聖なる道K88へと進む。何となく速度コントロールが難しい中速コーナーが続くが、登り坂だから思い切ってコーナーに入っていける♪ あぁ楽しい・・・。長狭街道を挟んでの後半の前半?のタイトなところもクルマがいない!細かい旋回を楽しんだあとは高速コーナーの連続! そして最後のダメ押しはR465。景色の良い緩いカーブとストレートで構成されたコースを楽しむ。

20160423KC3Z2023.jpg
▲もうお腹いっぱいといった感じで、K92沿いのコンビニで最後の休憩をとる。

 その後、二人してアカデミアを抜け流れ解散。木更津北ICから高速に乗って3時半に帰宅した。F氏、毎度のことながらF氏との走りは格別です♪ また走りに行きましょう♪

(文中、制限速度違反を連想させる表現がありますが、あくまで旧式バイクでの体感速度です。交通ルールを守りましょう・・・なんちゃって)
スポンサーサイト

最近の週末は・・・

 秩父ミーティング以降、週末の天気が不安定だ。ってことでツーリングネタがない。こういうときはレザークラフト。今製作中のものは、新潟のちょっぷ君から頼まれたキャンプ用のバック。バイクの荷台から吊るすタイプで、安価な布製のバックが破れてしまったため、革で作れないか?ということで引き受けた・・・2年ちょっと前に。

 2年前の9月のキャンプで頼まれて、次の年のキャンプに持ってくるよ!ということだったが、ついつい時間があるからと後回しになり、気付けばオーダーから2回目の春を迎えてしまった。ということで、今年の秋のキャンプに渡せるようにと、ぽつぽつと作っています。

20160424KC3Z2017.jpg

 あくまでキャンプの時に付けるバックで、ラフに扱うものなので、裏地も無くてよいから出来るだけ安価にというオーダーゆえに、ブログで詳細を公開するようなスペックではありませんが、バイクに付けることを前提に不足なく使えるように考えて作っています。今年こそは、お渡ししますよ!

秩父ミーティングに行ってきたぜ! 2016

2016.4.9~10
 今年で5回目となる秩父ミーティングに行ってきた。ドラゴンウェーブの後を引き継ぐ?形で始まったこのバイカーズ・ミーティングは間違いなく関東屈指の大ミーティンだ。天気が悪かったり、仕事が入っていたり、気分が乗らなかったり?で、これまで1度しか参加していなかったのだが、今年は直前になって行く気満々! 

 当日は最高のツーリング&キャンプ日和♪ 朝7時、ひとり柏ICから関越花園ICを目指しバイクを走らせた。大きな渋滞もなく、スムーズに花園ICを下車。ここから国道と裏道を使って、秩父市内までちょっとツーリングだ。道中も空いててとても快適~♪ 一度会場を通り越して、最寄りのスーパーで買い出し後、11時前に会場入りとなった。

 待たされることなく、入場し、駐輪スペースに誘導してもらう。この時間だと、早いほうみたいで、入場してすぐの音楽堂周辺に誘導される。ところがテントをもってテントサイトを回っても、それほど場所など空いていない。例によってスズランテープで場所取りなどされている花見状態。オレがメガ・ミーティングに今一つ乗り気になれない理由が、この「場所取り」。折角のミートの場なのに、ちょっと残念な気分になる。

20160409KC3Z2019.jpg
▲早い入場時間と言っても、既にこの状態。桜が満開だぜ。

20160409KC3Z2017.jpg
▲オレは予定通り音楽堂の中にテントを張った。ライブ中はかなりうるさいらしく、周囲はガラガラだ。

20160409KC3Z2021.jpg
▲続々と入場してくるバイク。瞬く間に音楽堂周辺は埋まり、通路へとパーキングは広がっていく。

 明るいうちに出店エリアとテントサイトを一回りする。祭りのような雰囲気♪ すると背後から埼玉のY氏に声を掛けられる。これからテントを張る場所を探すとのことで、音楽堂内部にご招待する。乾杯した後は、友人のタープでしばし過ごし、ちょっと早めの夕食?に自分のテントへ戻った。

20160409KC3Z2023.jpg
▲秩父名物といえば豚みそ丼!ってことで、自分で作ってみる。旨い!

 食後、春の陽気のなか、ほろ酔い気分でうつらうつらと昼寝♪ なんとも気持ちが良い。

20160409KC3Z2024.jpg
▲そして夕方。ライブのスタート。まずはアコースティックから。まるで野外フェスの様♪

20160409KC3Z2025.jpg
▲ライブが盛り上がってきたところで、テントを訪ねてくれたヨッチと一緒にステージ前に移動。大音量のシャワーを浴びる!

 ライブ終了後は、再び友人のタープにお邪魔して、1時半寝床についた。

 そして翌朝。素晴らしい天気の元、最悪の気持ち悪さと共に目覚める・・・が起き上がれない。とっとと出発して、昼には帰宅。そんな予定を立てていたのだが、とてもバイクの運転など出来なさそう。まぁ後は帰るだけだからね。ゆっくり行きましょう。

 周りのテントが無くなってきたころで、ようやく出発。帰りは山伏峠を越える旧道を走り、狭山日高ICから高速で帰宅した。この道も交通量が少なく、変化のある楽しい道だ♪ 以前走った時は、下り坂の路面がもっと悪かった気がしたけど、特にそんなこともなく、ツーリングとキャンプ(フェス?)を存分に楽しめた2日間となった。

 テントを訪ねてくれた皆さん、声を掛けてくれた方々、そして一緒に飲んだみんな、これぞバイカーズ・ミーティング!といった時間を過ごせたことに感謝します!

ベガス・ツーリングに参加!

2016.3.27
 本当に久しぶりに、普段お世話になっているバイク屋さん、ベガスモーターサイクルズ主催のツーリングに参加してきた。毎回かなりの台数(100台くらい)が集まるため、ここ数年、参加していなかったのだが、最近は台数限定50台!(それでも多いぜ)でのツーリング。同じくベガスの顧客である友人を誘って参加することにした。

20160327KC3Z2015.jpg
▲やっぱすごい台数だぜ。

 目的地はツインリンク・モテギ。台数が台数だけに、主に高速道路を使う。行きの高速は全員揃ってのマス・ツーリング。しかーし!十分予習してきたにも関わらず、高速を下りた途端、迷子になっちまう。ヨシさんを道連れに、みんなとはぐれ、遠回りして何とか目的地に到着した。ここはサーキットだが、ホンダコレクションを展示した博物館や、遊園地みたいな施設があったりといった感じだ。

20160327KC3Z2003.jpg

20160327KC3Z2006.jpg
▲何だか、今どきのチョッパーの原型のようなバイク。チョッパーカスタムとは先祖返りか?

20160327KC3Z2013.jpg
▲もちろんクルマも市販車からF1までいっぱいある。えぐいエキマニが恰好良いぜ。

 結構広い敷地の中を真冬にバイクに乗る格好で歩くのは、正直しんどい。重たいブーツと膝の動きを拘束するような防寒のレザーパンツ。疲れたな~なんて思いながらも、食堂を探し、昼食を取る。

20160327KC3Z2014.jpg
▲全く期待していなかったけど、とても美味しかった骨付きチキンのカレー♪

 そして帰路。インターまで下道をマスツーリング。しかし、みんなと一緒だったのはここまで。事前にもらったしおりには、ガソリンスタンドの位置がのっていたのだが、インター周辺に全くスタンドがないのだ! しおりに頼ってスタンドを調べていなかったオレは、そのまま高速に乗る訳にも行かず、再びヨシさんを道連れに、スタンドを探して走り回ることに・・・。栃木あたりまで走りようやく給油出来た。

 小さいタンクのバイク乗りにとって、ガソリンは死活問題だけに、やはり他人に頼っていては、ストレスなく楽しむことは出来ないのだと、反省したツーリングだった。ヨシさん、オレの迷走にお付き合いさせてしまい、すいませんでした。やっぱり集団行動は無理みたいです。次回、良い感じで走れるように、少数精鋭で引っ張りますんで、よろしくお付き合いください。

渡良瀬渓谷ツーリング!

2016.3.20
 段々と「ツーリングしたい!」モードにスイッチが切り替わったオレは、北茨城ツーの翌週に渡良瀬渓谷を目的地に、ひとり走ることにした。朝8時ごろに出発。この日は先週ほど寒くない。時間短縮のため、久し振りにR16からR4バイパスに入る。全線2車線での整備が完了しただけあって、とても流れがよい。疲れない程度のスピードで淡々とバイパスを北上し、R121~K3の宇都宮市街地を取り巻く環状線を時計回りに走る。K3になる辺りで少々混み合ってくる。次回はR119から左回りで走ったほうが良さそうだ。

 そしてK70に入る。しばらくは市街地を走るんで、ストップ&ゴーを繰り返す単なる街中の道だが、R121を越えた辺りから、山の裾野を走るローカルな道に変わってくる。走れど走れど前後にクルマ無し、K14に変わると、所々狭小路のアップダウンを伴う峠道となり、なかなか面白い。

 日光ICの辺りから日光市街に入ったのだが、こいつは間違いだった。何しろ世界的観光地日光だ。クルマは全く動かずに道路を埋め尽くす渋滞。歩道には外国人を含めた観光客が大勢歩いている。慎重に路肩をすり抜けし、進んでゆくと清滝IC近くで、急に交通量が減る。

20160320KC3Z2013.jpg
▲清滝IC出口近くで、ようやく最初の休憩。山の北側のせいか、日陰だがそれほど寒くない。

 この先の交差点を左折すれば、いよいよお目当ての渡良瀬渓谷だ。交通量の減ったR121からR122に入ると、更に交通量が減り、前を走る数台のクルマも結構なペースで流れていく。こちらがほどほどのペースで流して行く分には、前に詰まってイライラすることはない。そしてここから一気に気温が下がったのがはっきり分かった。路肩には雪が凍ったまま残っていた。

 随分昔に一度走ったときの記憶では、路面が荒れてたと思ったのだが、全くそんなことはなく、山々の景色と隣を流れる神子内川の渓流をお供に、緩やかなカーブの続く道を楽しむことが出来た♪

20160320KC3Z2014.jpg

 そして、途中で渡良瀬川を渡り、K343に移る。草木湖を右手に見ながら走る超ローカルな道で、湖に沿った少々タイトなカーブが続くかなり楽しい道だ♪

20160320KC3Z2016.jpg
▲途中の休憩スペースにバイクを停める。遠くの山々が旅気分を盛り上げてくれる♪

20160320KC3Z2017.jpg
▲休憩スペースからダム湖を望む

 再びR122に戻り、目指すは道の駅「くろほねやまびこ」。ここでうどんを食すのだ♪ 今日は少々時間が掛ったようで、道の駅に着いたのは12時半。丁度昼時で、食堂は満員。早速食券を購入し、待つこと30分以上・・・

20160320KC3Z2019.jpg
▲ようやく天ぷらざるうどんにご対面~♪

 ちょっと時間を読み誤っちまったぜ。いつもなら11時半には食事処に入るのだが、やっぱ昼時は混む。これは当たり前。おいしい食事を済ませ、とっとと出発する。といっても後はただ帰るだけ。R50に入るまでの桐生市内はけっこうな混雑。暖かな日差しの中、グローブの中がちょっと汗ばむ。そしてようやくR50に入り、一路東に移動。とても流れの良いバイパスだが、当初入ろうと思っていた佐野IC手前でかなりの渋滞が発生!アウトレットの影響だな。渋滞を抜けるころには、高速に乗るという考えはなくなり、そのままR50を進み、R4バイパスから途中、関宿を抜けて裏道で17時に帰宅した。

 途中の渋滞には参ったが、いつもとは違うコース。ちょっとした旅行で面白かった♪
プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR