FC2ブログ

オレ達のオゾン・キャンプ

2016.9.3~4
 更新、遅れてます・・・なんだかPCの動きが悪くって・・・のっけから愚痴ってしまったが、バイクライフは復活してます。と、いうことで、不定期ながら毎年恒例となった奥只見でのキャンプに行ってきたぜ!

 オレたちの間ではすっかりお馴染みの現地集合ルールに則って、朝6:30にひとり柏を出発した。残暑厳しいとの天気予報だが、さすがにこの時間は気持ちよい♪ R16からR4バイパスに入り、車の流れに乗って北に向かう。矢板市内まで行くと、ここからが本当のツーリングの始まりとなる♪ K62を西に向かい、R461で鬼怒川沿いに出る。そのままR121で鬼怒川沿いを北上して行く。

 五十里湖沿いは適当なカーブが続き、時折見える湖の景色が素晴らしい、気持ちの良い道だが、残念なくらい車の流れが緩慢だった。お陰で十分に景色を堪能することが出来た♪ 

 湖から離れたところで、車をパスしてペースを上げる。なんだか今日は車が多いなぁ~と思いながらR352に入る。ここからは約束されたような快走路!中速から高速コーナーが続く走りやすい道だが、ここの景色もまた捨てがたい! ほとんど走っている人のいない道なんで、適当なスピードで景色を見ながら流していく♪ 丁度今の時期は蕎麦の花が咲き乱れている♪ この時期に走るのは初めてで、今回この道の周りが蕎麦畑であることを初めて知った。

20160903KC3Z2052.jpg
▲小腹が空いたころ、そば処「曲屋」に到着~ぅ!

20160903KC3Z2055.jpg
▲11時を過ぎたばかりで、オレが最初の客のようだ。今年も「ばんでいセット」を頂く♪

 R352を突き当たると、R401を北に、そのままR289で只見を目指す。山々の間を走って来ていた景色が、田を挟んで遠くに山々を見ながらの大パノラマに変わる。本当に飽きることのない道だ♪ そんなこんなで1時30分、キャンプ場に到着~!

 既に設営を済ませたヨシさんは、買い出し&風呂に出かけていた。オレも設営を済ませ一息ついていると、新潟のチョップ君が到着。涼しかった道中に比べると、キャンプ場は夏日! 大汗をかいて設営を済ませたチョップ君と田子倉ダムまでちょいツーリングに出かける。

20160903KC3Z2056.jpg
▲ダムの上にバイクを止めて田子倉湖から山々を望む。オレの1番好きな景色♪

 びっくりするほど近かった田子倉ダムから戻り(チョップ君は買い出しに)、ひとりでプシュー!とやっているとK村氏とHJ氏も到着、チョップ君とヨシさんも買い出しから戻り、本日のメンバー全員が揃った♪ キャンプ場はほぼ貸し切り状態で、ほかにソロキャンパーが3人ほど点在してる程度。さあ、オレたちのオゾン・キャンプの始まりだぜ♪

20160903KC3Z2062.jpg

20160903KC3Z2061.jpg
▲酔っぱらう前にチョップ君へキャンプ用バックの納品です。

 明るいうちから飲み始めて、暗くなっても飲み続けている。しょうもない話で盛り上がり、それぞれに料理を作っては振る舞う。これが楽しくないわけがない!

20160903KC3Z2063.jpg
▲焚火の明かりがテンションを上げてくれる♪

20160903KC3Z2064.jpg
▲ヨシさん持参のカキ。山の中での海産物はめちゃ旨い!

 そして、キャンプ場で空(星)を見たことがあるか?という話になった。ここは周りに明かりなどないキャンプ場。K村氏がおもむろにグランドシートを広げると、おっさん5人がぎゅうぎゅうになってそこに寝転ぶ。空には満点の星!
「あそこにあるのがサソリ座で・・・オレ、サソリ座だから知ってるんだ。」
「あのエビチリみたいにクルッとしてるやつ?」
「そうそう、あれがサソリの尻尾だよ」なんて会話を酔っ払いがゴロゴロしながら繰り返えす。

 また東屋の屋根の下に戻って、飲んで話して、気が付くとさっきのシートに寝転んだままダメな感じになってしまっている人も出始めたあたりで、寝床についた。

20160903KC3Z2066.jpg


 翌日は雨予報。とはいえ大したことはなさそうなので、反対方向のチョップ君と別れ、残り4人で下道で帰路に着いたのだった。今回も集まってくれた皆さん、大変楽しい時間を共有できて嬉しかったです。来年も奥只見で会いましょう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR