オーディオ雑記~リスニングポイントとスピーカの置き方~

 私的備忘録のオーディオネタです。前回の続きである最近、自身で感じた「オレってマニアだなぁ」の試行錯誤についてです。

~リスニングポイントとスピーカーの置き方~
 音楽を聴く時間が長くなると気になってくるのが椅子の座り心地です。もともと家にあった木製のフレームにビニルレザーを張ったものを使っていましたが、レコードを2枚も聞くとお尻が痛くなってしまいます。クッションなど敷いてみますが、改善されないので椅子を新調することにしました。

 安価なのと使わないときにコンパクトに収納できることからキャンプ用のリラックスチェアーを購入しました。座り心地はとても良く、気持ちよく音楽と向き合えそうだと早速レコード鑑賞です。ところが!なんだか今までと違います。はっきりわかりませんがメリハリの無い、ぼやけた感じでパッとしません。装置のほうは全く手を加えていないのに・・・

 こうなるともう音が気になって、音楽どころではなくなってしまいます。変わったのは椅子だけなので、座った時の姿勢が変わったのと、頭の位置が変わったことが原因ではないかと目星をつけます。同じレコードを繰り返し聞きながら椅子の位置を後壁に近い位置からスピーカーに近接した位置まで、最初は15cmくらいの間隔で移動させ、ある程度目安をつけたら今度は2~3cm単位で追い込んで自分好みの音に感じられるポジションを決定しました。ちなみに以前、スピーカーの位置も壁からの距離をいろいろ変えて決定した経緯があります。

20170226KC3Z2300.jpg
▲問題の? リラックスチェアー

 低音から高音までのバランスが改善され、しばらくはこれでレコード鑑賞を楽しんでいたのですが、今度は低音の締まりの悪さが気になりだします。やはり音楽に集中できなくなり、改善策を考えます。特別なことをするよりも、まず基本的な使い方が出来ているか見直してみます。オーディオ装置は基本的にしっかりとした床にぐらつきのないように設置するものです。我が家の場合、リスニングルームは和室。床は畳敷きのため、しっかりとした床とはいかず、スピーカーは少々ふらついてしまっていました。

 今までも、2×4材を台にしてふらつきを抑えるのと同時に、床から持ち上げることで、低音の量感を抑えていたつもりでしたが、これは改善しなくてはと18mm厚のパインの集成材(600×900)をスピーカーの下に敷いてみました。畳自体が完全に平らではないので、どこまで改善されるのか心配でしたが、意外なほどに安定し、スピーカーは微動だにしなくなりました。ちなみにこの時は板の上に直接スピーカーを置いています。2×4材の台は無しです。肝心の音のほうですが、改善されたような感じはしますが、今までとは違う響きが加わった感じです。嫌な響きではありませんが、やはり余計な感じです。

 オーディオマニアの先輩方は、18mm厚なんて薄い板を敷くから共鳴してるんだと言われるのではないでしょうか。実際、仮想床の材料選びはいろいろ悩んだのです。人造石のオーディオボードも考えましたが、正直なところ2階にあるリスニングルームにあまり重量のあるものを増やしたくないということもあり、また畳の上に敷くことから畳が鳴き止めになるのでは?使わなくなった時に工作用に転用しやすいだろうなどの理由から18mm厚の集成材にしたのですが、やはり共鳴しているようです。

 そこで、2×4材を使って板の鳴きを抑えてやろうと、スピーカーと板の間に台として挟み込みました。とりあえず、あるもので対策しようといったところです。完全ではないのでしょうが良い感じです。

20170226KC3Z2269.jpg
▲左から 畳の上に2×4材の上にSP(スピーカー)、 パインの集成材の上にSP、 集成材の上に2×4材の上にSP SPの位置がそれぞれ微妙に違っています。

 最後にもう一度、スピーカーの壁からの位置を調整して終了です。ぼやけた感じが払拭できたのか? 何がどう変わったのか、上手く表現できませんが、再び気持ちよく音楽を聴いているということは少なからず改善されたということなのでしょう。

 次回はもっともマニアらしいテーマ、スピーカーケーブルの聞き比べについてです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR