大多喜キャンプ!

2017.7.16~17
 千葉を走る、生きる伝説N氏から、海の日に行われているキャンプに誘ってもらった。毎年何らかのイベントに行っていて参加できなかったが、今年は参加させてもらった。

 8時に柏のコンビニにJ氏達と集合し、そこから下道で一気にうぐいすラインとR410との交差点にあるコンビニに行く。ここを10時半に出発の予定だが、まだ9時半。結構早く着いちまったんで、炎天下の元、アイスを食ってN氏を待つ。ここでオレが声を掛けたヨシさんとS氏が合流する。

 そして、N氏の到着と共にR297を下っていく。が!大多喜市街手前の九十九折れの下り坂の上から大渋滞。やはり夏の千葉は観光シーズンなのだ。

 路肩をすり抜けして坂を下り、裏道を走り昼食と買い出しのために市街のスーパーに入る。ここでクルマ組のT1氏とヘリさんと合流。昼食後、買い出しを済ませ、いざ会場へ向かう。

20170716KC3Z2453.jpg
▲キャンプ場の一番奥のコテージがオレたちの場所

 荷物を下して、テーブルや焼き台の段取りをしたら乾杯だ! とにかく暑い! 冷えたビールを体に流し込むが、全部汗となって出てきてしまうような感覚だ。それでもT1氏が用意してくれた焼き台で肉を焼いては食べ、食べては飲むを繰り返す。そうそう、T1氏の用意してくれた大きなサーモンのお刺身もとても美味しかったですよ♪

 ようやく陽も傾き始め、気温も落ち着いてきたころ、場内のシャワーを浴びて汗を流す。これでなんとなくリセットされた感じがする。その後、いつものバーボンのソーダ割にスイッチし、酔いも回ったところでテント組とコテージ組に分かれて就寝。オレはコテージにマットを敷いて寝床としたのだが、途中、目を覚ますと田舎の田んぼのカジカの合唱のように、いびきが応呼しあっていた。

 次の日は若干の曇り空。キャンプの朝はやはり早く目覚めてしまう。バルコニーからは既にJ氏達の声が聞こえてきている。しかし、朝はつらい。仕事でも遊びでも朝はテンションが上がらないぜ・・・それでも朝食を適当に済ませ、本格的に暑くなる前に荷物をまとめてしまう。焼き台などは便利グッズの使用もあってか、オレのバイク用の時と違い、さっと綺麗に。そして分解せずにT1氏のクルマに収納された。

 さて、このあとのプランは? というところだが、特に決まっていないみたいだ。N氏はみんなで飯でも食べにいきたいようなのだが、何しろ移動時間が掛からないところにきて、開店まで時間がたっぷりある。時間の潰しようがないのだ。しかも月曜日ってことで定休日かも? ということで、これで解散となった。

20170716KC3Z2450.jpg

 キャンプやミーティングというやつは、不思議なものでそれなりに遠くに行った場合は、帰路はどうしようか? 途中の飯は何を食べようか? なんていろいろプランを考えるのだが、なまじ近いと全く何も考えてなかったりするものだ。それでも、久しぶりの千葉の仲間とのキャンプ、とても楽しかった♪ 誘ってくれたN氏、クルマで準備をしてくれたT1氏とヘリさん、お世話なりました♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR