オーディオ雑記~名曲喫茶訪問4~

2017.8.19
 立て続けに行きまくっている名曲喫茶。今回は隣町、松戸市にある「ふぃあてるぱうぜ」に行ってきました。こちらはジャズ喫茶ということですが、HPを見ると、オールドJBLのアポロとLE8Tの他に、タンノイを置いてあるとのこと。ジャズ喫茶にタンノイ?という不思議さが、こちらへの来店理由となりました。

20170819KC3Z2466.jpg

 じっくりと音を聴いてみたいところですが、お店の方と話もしたくてカウンターに座ります。旦那さんは奥で支度中でしたが、奥様と色々と話が出来ました。20年前まで新松戸で店をやっていたそうで、その時の写真を見せてもらいました。なんとJBLパラゴン!の両脇にタンノイGRF! さらにJBL4350(だったかな?)と名機といわれる大型スピーカーのオンパレードです。日替わりでジャズとクラシックをガッチリ鳴らしていたそうです。「今は会話の邪魔にならない程度、でも聴こうと思えばそれなりに聴ける、そんな音作りを目指してます。」とのこと。

 お店に入って、まず目に入ってくるのがアンプ類です。意外なのがラックスマンの名機SQ38FDがあるじゃないですか。さらにマッキンのプリC29とパワーMC2255のセット。ほかにラックスマンの現行プリメイン507もあり、そのすべての電源が入っていました。来店時はSQ38FDでタンノイを鳴らしていました。リクエストを聞かれたのですが、「ジャズは詳しくないんで、女性ボーカルかテナーサックスをお願いします。」ということで、スローな女性ボーカルものを掛けていただきます。音源はCDです。

20170819KC3Z2465.jpg

 アンプをマッキンに切り替えます。くせがなく自然に、しかしとても綺麗に、本当に美しい声を聴かせてくれます。スピーカーをアポロに切り替えます。一気にレンジが狭まり、ビンテージな雰囲気に空気が変わります。しかし、すぐにそんな違和感はなくなり、しっかりセッティングされたJBLの音を楽しみます。カラっとというよりザラっと?ドライな音ですが曲調がウォームな感じなので、絶妙なバランスで聴き入ってしまいます。

 全く違う音が楽しめる「ふぃあてるぱうぜ」。今回はアポロを中心に聴かせていただきましたが、タンノイの音があまりに素晴らしかったので、帰宅後に調べてみました。奥さま曰く「今はこんな小さいシステムで・・・」なんていわれていましたが、タンノイDC10A、10インチの同軸ユニット1発の細身のトールボーイですが、現代版タンノイのディフェンションシリーズの中でも特別な存在で、メーカーとしてもかなりの拘りをもって作られたようです。会話の邪魔にならない程度に・・・随分謙遜されていますが、とんでもない拘りと、使いこなしがなされていそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR