オーディオ雑記~レコード再生の工夫2~

 この夏は、色々な名曲喫茶に伺いました。オーナーの嗜好を垣間見ることが出来るような納得の音や、純粋に美しい音楽を堪能させていただいたところもあれば、ブログにアップしていませんが、正直、あまりパッとしなかった(失礼)ところもありました。

 ところで我が家の音はどうなったのか。細かな工夫の積み重ねをしてきましたが、今回は大きく変わったことが実感できました。私の30年前のオーディオの常識では、レコード盤はターンテーブル(シート)に密着していることを理想としていて、ゴムや金属のすり鉢状のシートと重量級のスタビライザーを組み合わせ、レコードの反りを強制&シートに密着させるアクセサリーが出回っていました。

 結局、我が家では高価な金属製ターンテーブルシートやスタビライザーの導入には至りませんでしたが、アナログブームが去ろうとしていた末期に、現品限りの吸着ポンプ付のターンテーブルシートを購入しました。しかし、パッキンのゴムの劣化か、レコード片面を聴き終わると、既に浮き上がってしまっていたという残念な結果でした。

 我が家のプレーヤーに付属しているターンテーブルシートは、ブチルゴム系で、30年間、ずっとすり鉢状だと信じていたのですが、定規を当ててみると見事に真っ平ら。今回の工夫のきっかけは、このシートの外周に噛ませ物をして、シートをすり鉢状にし、スタビライザーと組み合わせて密着させようということから始まりました。

20170916KC3Z2489.jpg
▲ターンテーブル外周部分に浅い溝があるので、そこにφ2のシリコンゴムを挟んでみました。この上に付属のゴムシートを敷きます。

 これは、すり鉢というより、外周部のエッジが急激に立ち上がっていて、レコードが密着しているのか、外周部以外が浮いているのか、よく分かりません。音は外周ではしっかりとしたような感じですが、内周ではなんか違ってきているような・・・そもそもレコードは内周の方が再生が難しいし・・・うーん・・・

 そこで、今度は逆転の発想です。これはオリジナルの発想ではなく、最近読んだオーディオ誌のアナログ特集で、レコードをシートから浮かしている評論家の方や、オイルフロート式のトーンアームで話題のヴィブラボラトリー製のターンテーブルシートでエッジ部分だけでレコードを支持するタイプのものがあるのを見て、最近のトレンド(?)はこれか! と思ったわけです。その他にも密着タイプのシートで、わざとホールを設けて、空間をつくるものもありますね。

20170916KC3Z2491.jpg
▲φ2に変えてφ5のシリコンゴムにします。この上に直接レコードを乗せ、これに軽めのスタビライザーを組み合わせます。付属のゴムシートは使いません。

 結果は・・・! 驚きの変化です。上も下もレンジは広がり、弦楽器の音には艶が乗り、低音楽器は適度に締まり、一段低い倍音を響かせてくれます。今までホールトーンに包まれて、明瞭さを欠いていた感じのレコードも、解像度が上がったのが分かります。しかし! 良いことばかりではありません。レコードの乗せ方によっては、シリコンゴムひもがずれてしまい、レコード盤が波打ってしまったり、シリコンゴムひもの切り口の部分がどうしても綺麗に収まらず、ついには針飛びしてしまう始末。シリコンゴムは両面テープも着かないので、対策が思いつきません。

 うーん、なんとか安全に、見た目もそれなりに、そしてこの音を損なわずに工夫できないものだろうか。ということで、色々考えた結果が滑り止めのゴムパッチです。少ない方が見た目は良いので、最初は12個をターンテーブル外周に均等に貼り付けます。早速、レコードを乗せて試聴です。

 おっ! 良いではないですか。と思ったもの束の間、ウーファーがゆらゆらと大きく振幅しています。これはレコードが反ってる印。

20170916KC3Z2493.jpg
▲目視では、綺麗に回っているように見えるので、ダイヤルゲージで測ってみます。パッチとパッチの中間とパッチの部分で2/10~3/10ミリの差がありました。

20170916KC3Z2499.jpg
▲それではと、3倍の36点で支持してみます。この上に直接レコードを乗せます。

 見た目はともかく、これは良いです。上下にすっきりと抜ける音はそのままに、ウーファーの揺れも許容範囲といった感じです。様々なレコードを聴き直し、楽しんでいます。
 もう少し、中高域にメリハリがあると良いなと思っていたところ、うっかりスタビライザーを乗せ忘れ再生された音が、見事にこの問題を解決するような音を出してくれました。ところが、良いことばかりではなく、静けさに染み入るような繊細な演奏では、少しうるささを感じてしまいます。ここの妥協点を探すために、現在スタビライザーとレコードの間に挟んでいる革パッキンの素材と大きさを色々試しています。

注:レコード再生は繊細な部分があります。装置やレコードの破損、損傷の恐れがあります。お試しの際は自己責任でお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR