河津キャンプ・フィナル!~1日目

2018.1.20~
 静岡の先輩シマさんが主宰してくれる1月恒例の伊豆は河津でのキャンプに今年もお邪魔した。毎年、参加者はそれぞれ好きな道を走って来て、現地に集合するというスタイルもすっかり定着している。このキャンプ、今回が最後と聞いていたので、伊豆半島の西側を半周し、会場入りしようとひとり計画を立てていた。

 1週間ほど前になって、町屋のM先輩から一緒に行くとの連絡があった。ひとりは一人の、ふたりには二人の楽しさがあるってことで、楽しみにしていたのだが、なんと直前にM先輩がインフルエンザに罹ってしまったとの連絡が。そんな時、確か青梅のP氏が初参加だったのでは?と思いだす。

 会場のCYCLE:YA!への入り口はちょっと分かりにくい。ってことでP氏を誘って一緒に行くことになった。更に、仕事の関係でなかなかご一緒できないT樫さんも一緒だというレアなメンバーで西伊豆ツーリングすることになった。

 朝7時半、柏を出発。首都高はいきなり三郷料金所で渋滞。ちょっと雨がパラついてきた。C2は問題なく流れるが、板橋JCTとその先の山手トンネル内は渋滞。それでも3号線、東名も流れはよく、集合場所の足柄SAには予定の30分前の9時半に到着した。が、ここで携帯を忘れたことに気が付く・・・そんなことで、今回の写真は全てP氏から送ってもらったものだ。P氏、ありがとう。

 約束の10時にP氏とT樫さんというオレの知る中でもかなりの大男二人がローキンとウルトラというこれまた大きなバイクで登場。今回のオレは完全に捕まった宇宙人サイズだ。

captured_alien01.jpg

 そんな凸凹トリオで、いざ出発! 沼津ICで下車し、混み合うR414を南下、沼津マリーナのある江浦湾からK17にスイッチし、ひたすら海岸線を進んでいく。交通量はぐっと少なくなり、道も海岸線でありながら房総半島のような直線ではない。かなり連続したカーブが続く変化に富んだ道で、飽きることがない。

20180120DSC_0105.jpg
▲そして夕映えの丘で駿河湾越しの富士山を堪能♪ 左の小さい坊主がオレ、右の大男がT樫さん。

 丘を下った戸田で昼食を取る。西伊豆ならではの深海魚でも食べよう!と「ゆうなぎ」へ。

20180120DSC_0108.jpg
▲オレは煮つけ定食 本日はイサキとブダイ。深海魚?じゃないけど旨い!

20180120DSC_0107.jpg
▲P氏は刺身定食 いろんな種類で旨そう。でも魚の種類の説明はなし

20180120DSC_0110.jpg
▲T樫さんは天丼大盛!

 丁度昼時で、隣の有名店は駐車場もいっぱい。でもこっちは余裕で食事に有り付くことができた♪ さて、この後も土肥、宇久須、松崎といった市街地を繋ぐR136をひたすら南下していく。特に松崎から石廊崎にかけての約30kmは自然の中を走るワインディングで貸し切り状態♪ 3人で程よいペースでツーリングを楽しむ♪ 

20180120DSC_0112.jpg
▲そして石廊崎

 伊豆半島最南端の景色を楽しんだ後は、道の駅開国下田みなとへ。ここでのお目当ては下田バーガー!

20180120DSC_0115.jpg
▲金目のフライとカマンベールチーズの乗った下田バーガー(左上) P氏は生ハムと何とかのバーガー(右上) T樫さんは天丼の胸焼けが残り、ソフトクリームの予定が何故かフライドポテト?

 ここで時間は3時半。海岸沿いのR135を東に進み、河津からK14に入る。会場はすぐそこ。会場手前のコンビニでF氏とばったり会う。毎回、ここで誰かと会うのもお約束。もうみんな来てるかな? なんて言いながら会場入りする。

 主催のシマさんとクルマで参加のM女史がお出迎え。えっ まだ誰も来ていないんですか? とちょっと驚くが、取りあえず乾杯させてもらいましょう! 

 ~次回 2日目へと続く~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR