2018 GW中部・北陸の旅(3・4日目)

2018.5.5
 中部北陸3日目の朝、目は覚めているものの前日のお酒が楽しくて、ついつい夜更かししてしまったせいか、なかなか起き上がれない。窓からは素晴らしく青い空が見えているのに、早くバイクで走りたいのに、体が反応しやがらない。

 それでも9時には起き上がり、パッキングを済ませ、O貫さんが作ってくれたおむすびと味噌汁をいただく。うーん、こころがほっこりするぜ♪ すっかりお世話になったO貫さんに別れを告げ、10時半にようやく鯖江を出発した。鯖江ICから北陸自動車道に乗り北上する。しかし風が強い! えらい強風でおっかないくらいだ。そんな風の中、ふらふらと100km以上走り続け、能越自動車道へ入る。何もない中に高架で作られた高速道路は、さらに風にあおられ、早く下に降りたいと思ってか、予定していたICのひとつ手前で誤って下りてしまう。

 流れの悪いR8を北上し、さらにR160にスイッチ。目指すは氷見だ。予定では昨年同様「きときと寿司」でお昼を食べようとここまで来たのだが、到着したのはまさに昼時。店には長蛇の列で案内を待つお客が大勢いたため、他を当たることにした。そしてすぐ近くのマップルに載っている寿司屋へ入る。

 なかなか敷居の高そうな立派な店だ。とりあえず海鮮丼なるものを注文する。カウンターでは板さんと卸の旦那夫妻とが、富山湾の魚についてうんちくを交わしている。こりゃ期待できそうだ。そして海鮮丼なるものが出される・・・これが関東なら半分の値段で倍旨いだろうと思ってしまう・・・残念。ただ酢飯の量は多かったから腹は無駄に一杯になったぜ。

 食後は富山湾越しに雪を頂いた黒部の山々を見たくて、富山湾沿いまで出てみたものの、なんとも言えない晴れ曇りでほとんで山々は見えず、がっかりしながらR160を戻るのであった。そしてR8をひたすら東に走る。とにかくひたすら淡々と走る。黒部市に入ると綺麗に整備されたバイパスとなる。陽も傾き始め、変化の少なかったこの日のライディングに体も疲れ始める。そして予定通りの16時、入善駅近くの「ちとせ旅館」に到着する。

20180505KC3Z2652.jpg
▲なんとも落ち着く部屋だぜ

 バイクを宿の正面に停めさせてもらい、一番風呂をいただく。ちょっと熱めの風呂が最高に気持ちよい♪ 風呂上りはビールを求めて散歩がてら近くのコンビニまでフラフラ。

 一杯やってごろっと横になる。そして夕食。

20180505KC3Z2653.jpg
▲子連れのお客さんが多いときはカレーにすることが多いそうだ。ご馳走様でした♪

 今日はとにかく、ひたすら淡々と走ったせいか、早々に就寝し、明日に備えるのであった。

 そして翌朝、朝食をいただき、8時半に出発する。早々に最寄りの朝日ICから北陸自動車道に乗る。本日は上越でチョップ君と待ち合わせなのだ。すぐに着くかと思っていたが、朝日から上越まで70km以上ある。インター入り口で丁度チョップ君とばったりと鉢合わせした。

 挨拶も早々に、チョップ君の先導で走り出す。どこを走ったのだろう・・・後ろについて走っていると道が良く分からない。多分、R405を東に進み、R117を介してR353で十日町へって感じだろうか。すっきりと晴れ渡った空の元、軽快に峠道を走ってゆく♪ 

20180506KC3Z2654.jpg
▲気持ちの良いRUNでした♪

 湯沢IC手前のGSでコーヒー・ブレイク。ちょこっと雑談して、チョップ君は北へ、オレは少し南へ走り、湯沢ICから関越自動車道に乗って、一路千葉を目指すのであった。そこからはもう、マイペースでひたすら南に下り、関越~外環~常磐道流山ICで下り、明るいうちに帰宅となった。

 前半は今一天気が悪かったが、まずまずのツーリングが出来たのではないだろか。2日目、お世話になったO貫さん、どうもありがとうございました。そして4日目に一緒に走ってくれたチョップ君、楽しかったですよ。適当な孤独と、友達との触れ合いと、いいとこ取りの3泊4日ツーリング、無事に終了です!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR