出掛けてはみたものの・・・

 最近、バイクに乗るのも気分がいまいちだが、これではいかん!と南房総にツーリングに出発した。日曜日の朝はR16の流れも良く、すり抜けすることもなく流してゆく。そして館山道に乗り、君津ICまで走る。やっぱり出掛けてみると気持ちが良い♪ と聖なる道であるワインディングの導入部を軽快に走る♪

 あぁやっぱり気持ちよいなぁ~なんて思いながら、いよいよ聖なる道へ入るぜ!という交差点でふと気づく。なんか排気音が変じゃね? 排気漏れみたいなパンパンいう音に、ヘッドとエキパイのボルトが緩んだか?と見てみるが問題なし。おかしいなぁ~と走り出すが、やっぱりへん!と路肩にバイクを停めて、点検しようとバイクを見ると・・・サイレンサーが付いてない!

 インナーサイレンサーではなく、立派な消音器がまるごとなくなっていやがる。どうするか・・・このまま走り出すか・・・いやいや、これじゃマフラーは片持ち支持だ。それにオレの落とし物で誰か事故でも起こしていたら大変!ということで、爆音で戻ること数キロ、無事に回収することができた。マフラーは後ろから差し込んで、ボルトのテンションだけで固定しているため、そのまま後ろにすっぽ抜けてしまったようだ。

20170226KC3Z2296.jpg
▲こいつを飛ばすなんて・・・高速道路なら大事故になったかも!

 マフラーを吊ってるボルトはリアブレーキキャリパーと共締めで、こいつは脱落しないように対策済みなんで、バイクにしっかり残っていた。エキパイとの連結クランプはサイレンサーについたまま回収できたが、適当な締め付けをしていたせいで、締め付けボルトが曲がってしまっていて、微妙にサイズの合わない車載工具では緩めることができない! 外れたんだから、入るだろうとバカぢからでねじ込んで、何とか固定した。

 途中途中で点検しながら、ゆっくりと帰宅。早速しっかりと固定することにした。いざ外そうとすると、今度は外れない。なんなんだよ・・・とにかくサイレンサーを外し、以前から気になっていたサイレンサー固定ボルトに挟んでいるスペーサーを交換することにした。こいつはミラーやメーターを買うと付いてくる異径のワッシャーが重なったようなスペーサーで、2枚重ねて使っていた。材質はよく分からない軽合金ってことで、しばらくすると振動で微妙に摩耗してしまい、ボルトが緩んでしまっていた。

 そこで手持ちのスチールのスペーサーの内径を、ボルト径に合わせて拡大して使うことにした。

20170226KC3Z2297.jpg
▲左:新しく使うスチールスペーサー  右:今まで使っていた軽合金のスペーサー

 そしてクランプの締め付けボルトにもスペーサーを入れて、クランプが変形しないで、かつエキパイとの連結のためにしっかり締め付けられるよう改善することにした。適当なものがないので、スチールの丸棒を1cm程度に切って作ることに。

20170226KC3Z2298.jpg
▲赤矢印は、スペーサーなしで締め付けて曲がってしまった締め付けボルト。黒矢印は新設したスペーサー。

 金のこで切断するのが、ちょっと大変だったが、部材が揃えばただ組み付けるだけ。ついでに物理的に抜けないようにサイレンサーのスライドレールにストッパーとなるネジを打ってやる。

20170226KC3Z2302.jpg
▲黒矢印は入れ替えたスチールスペーサー。赤矢印はストッパーのネジ。

 ついでに、帰宅前にオレの直前にノールックで出てきたクルマの野郎に、クラクションでも鳴らしてやろうとボタンを押したのだが、全くの無音・・・ということで、原因追及と修理をしてやる。

 テスターで色々当たって、断線のチェックと電気がどこまできているのか確認してやる。プラス12Vの電源がホーンのプラス端子に入り、マイナス端子から出て、スイッチに入っていて、スイッチを押すことでボディーにアースされプ~と鳴る仕組みだ。んで、スイッチまで12Vが来ているし、スイッチ自体も単純な仕組みで問題なさそう。何が原因だ? といろいろ見ていると、見つけた! スイッチはハンドルに挟み込み式のステーで取り付けられている。このステーの内側がガッ錆なのだ。テスターで当たってみると、見事に導通しない。

20170226KC3Z2301.jpg
▲スイッチの取り付けステー。点線から上がハンドルとの接触面で左が現状。右はペーパーで磨いた状態。

 ステーの裏側をペーパーで磨き、軽くグリスアップして取り付けてやると、見事にプ~と鳴ってくれて一見落着だ。やはり気持ちが離れると機械も調子を崩すということを体験してしまったのだが、乗る以上はしっかりメンテしなくては。いかん、いかん。

オーディオ雑記~リスニングポイントとスピーカの置き方~

 私的備忘録のオーディオネタです。前回の続きである最近、自身で感じた「オレってマニアだなぁ」の試行錯誤についてです。

~リスニングポイントとスピーカーの置き方~
 音楽を聴く時間が長くなると気になってくるのが椅子の座り心地です。もともと家にあった木製のフレームにビニルレザーを張ったものを使っていましたが、レコードを2枚も聞くとお尻が痛くなってしまいます。クッションなど敷いてみますが、改善されないので椅子を新調することにしました。

 安価なのと使わないときにコンパクトに収納できることからキャンプ用のリラックスチェアーを購入しました。座り心地はとても良く、気持ちよく音楽と向き合えそうだと早速レコード鑑賞です。ところが!なんだか今までと違います。はっきりわかりませんがメリハリの無い、ぼやけた感じでパッとしません。装置のほうは全く手を加えていないのに・・・

 こうなるともう音が気になって、音楽どころではなくなってしまいます。変わったのは椅子だけなので、座った時の姿勢が変わったのと、頭の位置が変わったことが原因ではないかと目星をつけます。同じレコードを繰り返し聞きながら椅子の位置を後壁に近い位置からスピーカーに近接した位置まで、最初は15cmくらいの間隔で移動させ、ある程度目安をつけたら今度は2~3cm単位で追い込んで自分好みの音に感じられるポジションを決定しました。ちなみに以前、スピーカーの位置も壁からの距離をいろいろ変えて決定した経緯があります。

20170226KC3Z2300.jpg
▲問題の? リラックスチェアー

 低音から高音までのバランスが改善され、しばらくはこれでレコード鑑賞を楽しんでいたのですが、今度は低音の締まりの悪さが気になりだします。やはり音楽に集中できなくなり、改善策を考えます。特別なことをするよりも、まず基本的な使い方が出来ているか見直してみます。オーディオ装置は基本的にしっかりとした床にぐらつきのないように設置するものです。我が家の場合、リスニングルームは和室。床は畳敷きのため、しっかりとした床とはいかず、スピーカーは少々ふらついてしまっていました。

 今までも、2×4材を台にしてふらつきを抑えるのと同時に、床から持ち上げることで、低音の量感を抑えていたつもりでしたが、これは改善しなくてはと18mm厚のパインの集成材(600×900)をスピーカーの下に敷いてみました。畳自体が完全に平らではないので、どこまで改善されるのか心配でしたが、意外なほどに安定し、スピーカーは微動だにしなくなりました。ちなみにこの時は板の上に直接スピーカーを置いています。2×4材の台は無しです。肝心の音のほうですが、改善されたような感じはしますが、今までとは違う響きが加わった感じです。嫌な響きではありませんが、やはり余計な感じです。

 オーディオマニアの先輩方は、18mm厚なんて薄い板を敷くから共鳴してるんだと言われるのではないでしょうか。実際、仮想床の材料選びはいろいろ悩んだのです。人造石のオーディオボードも考えましたが、正直なところ2階にあるリスニングルームにあまり重量のあるものを増やしたくないということもあり、また畳の上に敷くことから畳が鳴き止めになるのでは?使わなくなった時に工作用に転用しやすいだろうなどの理由から18mm厚の集成材にしたのですが、やはり共鳴しているようです。

 そこで、2×4材を使って板の鳴きを抑えてやろうと、スピーカーと板の間に台として挟み込みました。とりあえず、あるもので対策しようといったところです。完全ではないのでしょうが良い感じです。

20170226KC3Z2269.jpg
▲左から 畳の上に2×4材の上にSP(スピーカー)、 パインの集成材の上にSP、 集成材の上に2×4材の上にSP SPの位置がそれぞれ微妙に違っています。

 最後にもう一度、スピーカーの壁からの位置を調整して終了です。ぼやけた感じが払拭できたのか? 何がどう変わったのか、上手く表現できませんが、再び気持ちよく音楽を聴いているということは少なからず改善されたということなのでしょう。

 次回はもっともマニアらしいテーマ、スピーカーケーブルの聞き比べについてです。

オーディオ雑記~目的と決まり~

 毎度のことながら、前置きしなくてはならない。オーディオネタは完全な私的備忘録である。泥沼に陥ったとき、あの時はこう考えてたんだ~と振り返るためのものだ。うちのPCにはオフィスが入っていないので、記録としてブログを利用している。本来のローカルズ通信とは目的が違うのだが、悪しからず。

~オーディオ趣味の目的~
 脱オーディオマニアなどと言って、四半世紀ぶりにレコードを聴き始めましたが、当たり前のように「良い音で音楽が聴きたい」という思いはあるわけで、最近もその試行錯誤の方法がマニアっぽいなぁと思い、何故脱!マニアなどといったのか思い返してみました。昔と違い今マニアといえば相当な変わり者、変人というよりは変態に近いニュアンスがあるような気がします。私的備忘録といいながらブログに公開する以上、やはり変態扱いされたくないという心理が働いたのでしょうか・・・趣味はバイクツーリングにキャンプ、レザークラフトに音楽鑑賞です♪なんていうくらいのほうが健全な感じがしますが、やはり私のオーディオとの向き合い方は世間でいうところのマニアなのでしょう。

 オーディオという趣味は、受動的な音楽鑑賞に能動的な要素を加えた非常に素敵な趣味だなぁと思うのですが、目的を見失うと泥沼にはまってしまうという恐ろしい面をもってます。そもそも「良い音」という極めて主観的な他人に分かりずらいものを求めるにもかかわらず、オレの音は他所と比べてどうなのだろうという偏差値を気にするあまり、自分が欲する「良い音」の基準が他人の基準に左右されてしまい、その結果本来の目的を見失ってしまうのではないでしょうか。では私が求める「良い音」とは・・・これが私のオーディオ趣味の目的となるわけです。

 私の求める「良い音」。それは私個人が気持ちよく音楽を聴くことが出来る音です。それじゃなんだか分からんなぁ~と思うでしょうが、ここで言いたいのは、生に近い音や沢山の人が良いと思う音であっても、自身が良いと思えない音では個人の趣味としては本末転倒となってしまうのではないかということです。他人に聞かせる音づくりではなく、自己満足のためのオーディオ。趣味というものは競技を除けば多かれ少なかれ自己満足のためのもの。こう定義づける(開き直る?)とグッと気持ちが楽になりますし、向かうべき方向もわかりやすくなるのではないでしょうか。 

~決まり~
 目的を決めるだけでは泥沼化は避けられません。目的のために金に糸目は付けないぜ!といえるようなら嬉しいところですが、経済的な事情でそうもいきません。また、苦労して買った思い出の機材ということもあり、機材の買い替えは行わない!というルールを決めました。これで私の「良い音」は「今所有している機材で引き出せる自身が気持ちよく音楽を聴くことが出来る音」ということになったわけです。新しい機材が欲しくなった時は、今、現有の機材のポテンシャルをしっかり引き出しているのだろうか?と考えるとなかなか買い替えはできないものです。

 余談ですが、今使っているスピーカーを買いに行ったとき、いろいろと試聴させてもらったのですが、正直何がどう違うのかわかりませんでした。唯一綺麗な音がするなぁ~と思ったのはハーベスの1号機であるHLでしたが、結局は純粋な聴感よりも見た目を含めた所有欲が勝り、少々無理をしてアランデルを買ったのでした。このことは、結局のところ試聴前から単純に私はこのスピーカーが欲しくてしょうがなかったということで、縁あってイギリスからはるばる我が家にやってきたこのスピーカーを使いこなしてやりたいという思いを抱き続けているのです。

 少し長くなってしまいましたので、自分が思った自身の「オレってマニアだなぁ」の試行錯誤は次回にということで。

赤マンボウは、旨いのか?

2017.2.4
 2月になっても相変わらず緩慢な生活を送っている。依然としてバイクに乗りたい!ってテンションにはなっていないが、少しは外出しなければと、この日は前週から出かけることにしていた。

 問題はどこにいくか。贅沢なもんで、身近かなツーリングルートは走り飽きてしまっているし、かといって遠出は怠い。こういうときは食べ物を目標にしよう。なんか旨いもんでもないかなぁ~とぐぐっていると、お馴染み銚子市内に青魚の丼もの専門店なるものを発見!そのなかに「赤マンボウの付丼」という青魚らしくないメニューを発見した。

 赤マンボウとはマンボウではないが、体形が似ていて赤い斑点がある50kgほどの大型魚だそうだ。水揚げが少なく、ほとんど流通していないらしい。ゲテモノは旨いに違いない!と銚子市内に向かうことにした。

 朝、R16のガソリンスタンドに寄ると、偶然にもHJ氏が給油中。ちょっと整備したそうで、これから南房総に試走にいくそうだ。お互い無事を願って別れたのだが、仲が悪いわけじゃないのに、どちらにも寄せないところがオレ達らしいなと、あとからちょっと可笑しくなった。

 働きすぎ(はないか)? 遊びすぎ? なにしろ休息取らずに動き回ってるせいか、のんびり流したくて往路は本当に久しぶりに利根川沿いを走る。土曜日のせいか交通量は少なく、後ろから追い立てられるようなことなく、のんびりとクルージング♪ 直線道路が気持ちよいなんて思ったもは何時振りだろう。

20170204KC3Z2281.jpg

今回の目当ての店は、風光明媚な観光地にある店ではなく、市街地のなか。探すのにちょっと苦労したが、11時半に無事到着した。んで、赤マンボウを注文!

20170204KC3Z2283.jpg
▲店頭での説明はなかったが、HPではつみれも赤マンボウだそうだ。早速いただきま~す♪

 非常にさっぱりとしたお魚だ。もっと脂ののったやつを想像していたんで、ちょっと拍子抜け。けっして旨くないわけではないよ。ネット情報では「とろ」というキーワードも出ていたんで、ねっとりしたやつを思い描いていたけど、個人的な感想は鰆に近いのかな?

 ってことで、何か物足りない。そこで極上さば鮨なるものを追加注文! こいつは文句なし!今は旨い時期だそうだ。

20170204KC3Z2284.jpg
▲赤マンボウのセットにはわらびもちも付く♪(左) お店のメイン、鯖を使った握り(右)こいつは旨かった♪

 さて、銚子に来たらこの後は旧有料を抜けて飯岡灯台に向かう。

20170204KC3Z2286.jpg
▲風もなく、穏やか。少々食休みだ。

 利根川沿いが混み始める前に帰路に着こう。帰路はローカルな道をくねくねと走っていく。正月ツーリングとは少し違うルートで、神崎町の辺りから利根川沿いに出て、まっすぐに帰宅した。

 思い切って出かけたら、楽しいもんだ。今度はオレも南にいってみよう。

AG氏、サドルバック取り付け

 以前、完成した記事をアップしたAG氏の4速ショベル用サドルバック。天気の良い週末にバイクに乗って引き取りに来ていただきました。

20170211KC3Z2272.jpg

 十分に採寸していますが、実車に合わせてみるまでは若干心配です。今回はフェンダーストラットにネジ止めするため、バックの取り付け部分も形を合わせています。実際に当てがってみると、きちんとラインも合っていました。また、裏側には振れ止めのタイラップを通すループを縫い付けてありますが、こちらも予定していた位置にピッタリと来ていることが確認できて、ひと安心しました。

20170211KC3Z2276.jpg

 ボルト位置にドリルで穴を開け、私の作業は一応終了。AG氏自らボルト留めを行います。

20170211KC3Z2278.jpg

 クールな4速ショベルのイメージを損なわない良い仕上がりと思っています(自画自賛)。オーナーのAG氏にも喜んでいただき、無事納品となりました。AG氏、何かありましたら遠慮なくご相談ください。

20170211KC3Z2279.jpg
プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
バイクに乗って走り回ってます。
楽しかったツーリングのことや、
革細工のことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR